煙草

検索結果:14件

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    2,000

    10


    2021年5月7日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • ギャンブリ・LA

    ギャンブルの秘訣。おたくらは知ってるかい

    0

    0


    2021年5月4日更新

    ギャンブルの都──ラスベガス。 これは、そんな街を舞台にした、ほんの一幕。乾いた風の中に佇む不夜城の裏で繰り広げられる、酒と煙草と暴力が彩る、退廃のエピソードだ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 伸び縮みする黎明

    朝って難しい

    100

    0


    2021年4月22日更新

    ゴミを捨てに行きましょう。話はそこからです。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 煙霞に燃ゆる

    煙で繋がる恋もある。

    1,200

    0


    2021年3月23日更新

    不器用な二人が紡ぐ、冬のお話。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 悪酔

    覚めない悪酔(バッドトリップ)

    1,300

    0


    2020年12月10日更新

    この街には、人を縛る掟や法がない。 誘拐と殺害を繰り返す男。"薬屋"を経営する二人組。人肉を食らう女。そして、憎き親の毒殺計画を進める幼い少女。 この街で生活する彼等の日常と関わり合いを、それぞれの視点から描いていく。 (pixivにて連載してたものの再構成となっております。pixiv掲載中のものとはかなり展開の違う作品として書き進める予定です) ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※本作には過激で残酷な表現をしている箇所があります。それを予めご理解の上、ご閲覧頂きますようお願い致します。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 冷めたコーヒー

    冷めたコーヒーって言葉、いいですよね

    1,500

    0


    2020年11月29日更新

    本を片手に冷めたコーヒーを啜る。 あの人を待って。 そんな冬のひととき。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 好事家は風の流れに笑みをこぼす

    こだわりは、人に押し付けるものではない。

    125,101

    0


    2020年11月8日更新

    ※全て1話完結。どこからでも読めます。 この物語に非日常は無い。 男は、日常に少しだけこだわりを持つ。 彼は誰にも語らず、淡々と、自身のこだわりを日常に持ち込む。 そんな物好きな男の、モノローグと生活録。 ※表紙:入鹿なつさん🐬

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む

  • 生々流転

    ほんのつかの間で読める短編シリーズです

    900

    0


    2020年10月28日更新

    バス停へ向かう途中、路地裏で高校生が煙草を吸っているのが目に入った……

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ナーサリーライムの目覚め

    「女」という呪いを解く物語

    32,300

    200


    2020年9月6日更新

    これは「女」という呪いを解く物語 今を生きるお伽話のヒロインたちを「女」という呪いから解き放つをコンセプトにした短編集。 狼に囚われた赤ずきん――――染谷林檎 取り違えられたシンデレラ――居初宮乃 髪の短いラプンツェル――――似鳥綾 ――私たちは、本当に欲しい物を見つけに行こう。 ※作中に未成年者の喫煙・飲酒の描写を含みますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。予めご了承下さい。 以下、各短編の簡単なあらすじ。軽微なネタバレを含むので、読みたくない方はスルーでお願いします。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1章「果物が落ちた――染谷林檎の物語」 海沿いの田舎町で事務員をしていた染谷林檎は、閉塞した環境に耐えがたい生きづらさを感じていた。 そんな折に祖母のお見舞いに訪れた病院で"狼"に連れ去られる。 狼は欲しい物を与えてくれるが、いつしかそれが自分の欲求とすれ違っていることに気が付く。 もうここにはいられないと思い飛び出した夜の街で、ペンシルハウスに閉じ込められた女の子と邂逅する。 2章「硝子は痛みを透過しない――居初宮乃の物語」 女子大学で学生支援課職員として勤務する居初宮乃は、出産を期に退職してしまう先輩の送別会に参加していた。 尊敬する先輩が、あらゆる努力をしても打ち砕けなかった「ガラスの天井」に絶望しながら、せめて彼女が幸せになることを祈る。 そんな中、帰り道で赤いフードを被った家出少女を保護する。彼女から聞かされた生きづらさは、自分が抱える姉との確執や恋人との関係といった苦しみと、分かちがたく結びついていた。 3章「三月、塔、鳥は飛び立つ――似鳥綾の物語」 休学中の女子大生である似鳥綾は、自分を家や狭い社会に閉じ込めようとする魔女に立ち向かうことを決意して、家出を決行する。 その道中で出会った女性たちは皆、女性であることの呪いを抱えた人たちだった。一つ一つ過去を清算し、自由に生きるために彼女たちは海を目指す。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

  • ひねもす

    惑い、迷走する。

    5,500

    0


    2020年7月18日更新

    太陽と心中すべく街に飛び出した。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 真夜中のベランダ

    同じ事をしているときに浮かんだやつ

    4,300

    0


    2020年7月16日更新

    月が綺麗ですね(笑)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 猫が鳴く夜

    新聞小説を空想意識してみました

    1,000

    0


    2020年5月9日更新

    極道と任侠のはざまにいる感じの主人公は、女に困ってない中年男です。 多分だけど、未婚だろうな。 作中に出てくる部下からかなり、したわれていて、「兄貴」か「おじき」と呼ばれているはず。 今年に入って初めて、近所の猫が盛りで鳴いたので、この作品を思い出して投稿することにしました。 はじまりは、若衆が酔っ払った美女を事務所に連れて来る所からはじまります。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 水は凍る

    寒くなると手が悴んでしまうのです

    500

    0


    2020年2月26日更新

    稀代のマッドサイエンティストであるDr.セキガハラは、世界中の市場に出回る全てのコショウを買い占めて食肉文化圏を中心に大混乱を惹き起こそうと企てていた。しかし世界各国で疫病が蔓延し、家畜の大量死が発生。Dr.セキガハラが通販サイトでコショウを買い占めようとした頃には、既に全世界の精肉市場は大混乱に陥っていた。自然とDr.セキガハラの研究所近くの焼肉屋は全て廃業や撤退を強いられ、その跡地には駐車場やアパレルが建つようになった。Dr.セキガハラはコショウ買い占めの為にクラウドファウンディングで集めた資金を持て余すことになってしまった。そんなことが起きたずっと遠い未来の話。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ドライアイス・エンジン

    煙草×バイク×おじさん=最高。

    25,400

    10


    2019年11月21日更新

    バイクと煙草をこよなく愛する男の、出会いと別れと夢のお話。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む