爽やか

検索結果:6件

  • 音と想い

    エブリスタでも投稿しております

    1,000

    0


    2021年7月17日更新

    主人公、橋本(はしもと)有斗(あると)は高校時代好きだった堀田(ほった)李音(りおん)に再会。忘れかけていた感情が再燃し、喫茶店で過去に想いを巡らせる。 2人は高校時代男声合唱部に所属しており、有斗は季音の美しい高音や、可愛らしい性格がに惹かれていた。だが、自分の気持ちを季音に言うことは出来て居なかった。自分の気持ちを恐れていたのだ。 そして、季音に想いを伝えることが出来る前に、李音は突如転校し、有斗の前から姿を消していた…… そんな季音もある秘密を抱えていて…… 二人の運命は、たった1日でどう動くのか。 楽器店やレコード会社で社会人として働く2人。恋の行方は……? 爽やか、純粋な話で性行為などの描写は一切ありません(書けないので…………) 【設定など】 橋本有斗……背は高く痩せ形。元合唱部でアルトパートを担当していた。現在楽器店で勤務している25歳。一見強気だがすこし控えめで穏やか、そして気持ちを伝えるのが苦手。 堀田李音……小柄で美少女系男子。元合唱部でソプラノパート。父はサックス奏者、姉は歌手など音楽一家で育ち、現在はレコード会社に勤務する25歳。可愛らしく、繊細だが、頑固で芯がある。 舞台……数年後の日本。同性婚が認められていない世界です……。 社会人×社会人 可愛い×かっこいい ※BLです。 現在『BOYSFAN』のコンテストに応募しています! ①のリーマンで参加します。 エブリスタでも公開中。後日談はエブリスタで公開しております。エブリスタで「スター」を押していただいたら見ていただけるシステムです。 エブリスタ公開ページ→ https://estar.jp/novels/25844047

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • さようならの上書き

    かわいい、にがんじがらめの春だった。

    6,500

    0


    2021年2月26日更新

    かわいい、にがんがらじめになる話。 かわいいって簡単で難しい言葉だなと思って書きました。 ちなみに私もかわいいとよく言ってしまいます。 ※服屋の店員さんに失礼な文章でしたら、すみません。本当に特別な意味はありません。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ぼくの名を呼んでほしい

    男子高校生に恋した男子高校生のお話。

    2,300

    30


    2021年1月3日更新

    佐藤涼(さとうりょう)は、十七歳。ただいま同じクラスの人気者男子、栗名紅葉(くりなもみじ)に片思い中。 超マイペースでゴーイングマイウェイな涼は、自分の得意とする絵描きの技術で栗名を手中に収めようと猛アタック。栗名の取り巻きたちはカンカンで……!? *BL作品ですが直接の描写はありません。原稿用紙20枚以内です。 当作品はさまざまな投稿サイトに同内容を掲載しております。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 曇り空の果て

    悩める高校生の、青春の一端

    2,100

    0


    2020年12月15日更新

    男子高校生の蒼汰は、平凡で淡白な夏休みを過ごしていた。ある日近所のCDレンタルショップに外出したところ、小学校の同級生を名乗る少女・梓に出会う。話がしたいという梓のためにファストフード店で蒼汰は、窓の向こうの曇天を見つめながら自分の小学生時代に思いを馳せ始めるが――。 こちらの作品はカクヨムにも掲載しております。 【初稿2017年・カクヨムにて公開】

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • aquarium.

    筆まめだった僕が水槽の中でおとなになる話

    1,000

    0


    2020年5月29日更新

    淡い水色。もうすぐ夏ですね。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ストレート〜僕が大好きな幼馴染みの夢を叶える物語〜

    純粋な心でお楽しみください。

    1,100

    0


    2020年5月27日更新

    野球に興味を無くし、中学で野球を辞めた主人公西川 葵(にしかわあおい)が、不慮の事故で亡くなった幼馴染みの、一ノ瀬 沙月(いちのせさつき)との約束を果たすため、高校の野球部に入部することに。沙月の双子の妹である渚(なぎさ)は、昔から葵のことが嫌いだったが、野球を通して徐々に惹かれ合うようになる。沙月のために努力する主人公と、それを陰で支える渚の、恋と友情の物語。

    読了目安時間:58分

    この作品を読む