片思い

検索結果:102件

  • 異世界に飛ばされた俺っちは邪神と超越者と二股しないと死ぬ ~あんまりだろこれ~

    立て!口説け!お前が始めた二股だろう!?

    29,000

    10


    2022年5月20日更新

    【第一章終了まで、毎日17時更新】 大学デビューをする為に美容院に行ってイメチェンを完了させてきたチャラ男見習い、コーシ。原チャに乗って意気揚々と帰路についていた彼はちょうちょを見つけてわき見運転し、自損事故を起こす。 そうして意識を失ったコーシだったが、気が付くと彼は異世界である惑星ガイアに召喚された。目の前には彼を呼んだと思われるおかっぱ頭の女の子がいる。困惑する彼に向って、彼女は口を開いた。 「お前には邪神と超越者を口説いて、なおかつ互いにそれがバレないように二股して、時間稼ぎをして欲しいのだ」 「待って」 なんとコーシは神々や超越者に好かれやすいという、寵愛の星の元に生まれた人間だった。 指先一つで世界を滅ぼせる系女子が二人もいる為に、惑星があるアンドロメダ銀河の外まで吹っ飛ばす【惑星追放砲(トットトデテイケキャノン)】を放ちたいが、まだエネルギーチャージが終わっていないのだとか。 そこで神々に好かれやすい人間を呼んで接待し、時間稼ぎをすることになった。このまま帰っても事故死してしまうということもあり、コーシはそれを承諾する。 だが、片や紅の炎を操る邪悪なる神、アガトク。片やアンドロメダ銀河のほぼ全てを解析したという超越者、セイカ。規格外の女性二人に挟まれたコーシは、あまりのストレスで身体に異変が……。 そして上手いこと二股してたと思ったら、二柱が遂に面会してしまいッ!? 互いにコイツは誰だと、コーシは問い詰められることになってしまった。頑張れコーシッ! お前がしくじったら世界が終わるぞッ! やり通せ二股ッ! 世界を救う為にッ! ドタバタ二股異世界ラブコメディ、ここに開幕ッ!!!

    読了目安時間:2時間50分

    この作品を読む

  • 猫の行き先

    勉強会で書いた「猫の導き」の完全版です

    3,900

    10


    2022年5月17日更新

    「にゃあ」猫に呼ばれた。 その綺麗な白い猫は私と目が合うと、まるで誘うように踵(きびす)を返して路地裏の細い道に入った。 猫を追った先で眺めた風景、そして会いたかった人、伝えたかった言葉。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • プレイリスト:恋

    100

    0


    2022年5月15日更新

  • おかえりなさいませ、童貞くん

    勘違いから始まらない恋。永遠童貞くん。

    16,877

    0


    2022年5月11日更新

    あのバカで勘違いが酷い童貞くんがまたまた戻ってきた! 今回は、幼少期や青少年時代、結婚後の現在に至るまで、いろんな場面を断片的に書いていこうと思います。 ですが、ネタが尽きたら即終了です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • オーバーオールの裾は濡れて

    雨の匂いを感じて──

    1,900

    0


    2022年5月10日更新

    雨の匂いを感じてもらえたなら──

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 素直になれないツンデレ王女はコワモテ護衛騎士に恋をする。年の差20歳はダメですか?

    ファンギルドシナリオ作品となります。

    18,100

    0


    2022年4月30日更新

    幼い頃、ルチアと母の乗っていた馬車を反貴族派と隣国と手を組んだ兵に襲われる。その時、護衛騎士であったシリルに命を救われたルチアは、シリルに思いを寄せた。しかし、シリルとルチアの歳の差は20もあり、ましてや身分も違う。シリルはルチアを護衛対象として、一線を引いていた。 ある日の晩餐、国王より兄である王太子の結婚が秋に行われることを伝えられる。兄が結婚をすれば、行く行くは王位継承が行われてしまう。そうなれば、城に自分の居場所がなくなることを知っているルチアは、残された時間がもう多くないことを知る。 そんな失意の中、シリルがルチアの元を訪れた。シリルは先ほど、国王より話を聞いたかと言い、二人の会話が噛み合わないことに気付く。思いを告げようとするルチアに、もう約束は守れないというシリル……。 ルチアがずっと願っていたコトは一つだけ。素直になれなくても、どれだけ身分が違っても、歳が離れていようとも、ただずっとシリルの側にありたいと願っていたのに。 涙と共に、ルチアの中での初恋が終わろうとしていた。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • この愛に勝る為の恋を

    恋して、愛する。その覚悟。

    6,500

    0


    2022年3月31日更新

    卑怯と言うなら言うが良い。 残酷と見るなら見るが良い。 恋は競争、愛は戦場。 私は私の気持ちに素直になる。 どんな手段を取ったって。 恋する少女、梶尾史美はそれを成就させるための決意表明を友人江藤美沙にする。 背中を押されたその思いの向かう先は、果たして。 これは、恋を巡る愛の話。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • アネモネの花言葉

    色々暗いし自傷表現あります。

    900

    0


    2022年3月18日更新

    別サイトから再掲作品。 失恋した卑屈メンヘラレズの女の子がオーバードーズしてる話です。暗い片思い百合のような話。自傷痕描写あります。色々注意。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • わたしのマリちゃん

    百合とは……

    1,500

    0


    2022年3月15日更新

    この気持ちは内緒。マリちゃんの恋を応援するよ。だって私は、ずっと側にいられるから。アナタの笑顔が見たいから。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 追憶

    「私」の過去の記憶。大好きだったあの子。

    1,500

    0


    2022年3月9日更新

    公園のベンチにいた二人の少女。片方は泣いているように見えた。 彼女たちの事情を想像するうちに、私は自分が高校を卒業した時のことを思い出した。 大好きだった、紗織のことを。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 其の愛は致死量なりて

    最初で最期の、愛の告白

    4,000

    0


    2022年3月1日更新

    「私ね、結婚するの」 ルームシェアしていた女友達から突然、そんな言葉を告げられた「私」は、内心ひどく狼狽することとなる。何故なら「私」は、彼女のことを、愛していたから。 彼女のそばにいられるだけでよかった。心の底から愛していた彼女の存在を奪われてしまった「私」が、行き着いた答えとは―。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 幼馴染の彼に好きって伝える為、幼稚園児からやり直す私

    甘酸っぱい青春時代に戻ってみませんか?

    0

    0


    2022年2月22日更新

    私は病気で死ぬはずだった。 でも今は飛行機事故で死ぬ寸前…… 私は誰にも何も伝えられないまま死んでしまうの!? そんなの嫌だ!! 家族や友達にも、そして『彼』にも何も伝えないで死ぬのは嫌!! 初恋の『彼』に好きだって想いを伝えられないなんて…… 神様お願い!! 私は死ぬことよりも彼にこの想いを伝えれていないのが辛い。 だからお願いです。 私にチャンスをください。 大好きな『彼』にもう一度だけ会わせてください。 でも願いが叶うことは無く私は死んだはずだった。 あれ? 私は死んだんじゃなかったの? なんか私、身体が小さくなっているような…… ま、まさか!? NOVがおおくりする『タイムリープ作品』第2弾!! あなたも甘酸っぱい青春時代に戻ってみませんか? そして青春をやり直してみたいと思いませんか?

    読了目安時間:7時間14分

    この作品を読む

  • 溶けて、固まる

    好きの種類が変わった瞬間

    1,200

    0


    2022年2月17日更新

    幼馴染であり親友であるリリアが告白されて美姫は動揺する。なんでそんなに動揺するのか分からずに兄や姉のように慕う相手に相談すると、ちょうどバレンタインだしチョコを作ってみればいいと言われる。 言われたとおりにリリアに渡すためにチョコを作った美姫は今まで自覚していなかった感情に気づく。 ※ビーストリー番外編

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 世界が終わる、そういう恋

    好きなだけで、それ、だけで。

    8,000

    0


    2022年2月8日更新

    もしも世界が終わるとしたら、それは恋だと思うよ。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • クェトル&エアリアル

    望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

    229,310

    685


    2022年1月30日更新

    illustration : pikora氏 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間17分

    この作品を読む

  • 私のことなんて誰もわかってくれない

    心の傷は見えない

    21,000

    220


    2022年1月29日更新

    ※本作は『自傷行為』と『性被害』をテーマにしています。 閲覧の際は、十分に気をつけてください。 中学生の時の彼氏に無理やり襲われた神崎 明日香。 それ以来、男を拒絶し、明日香は心に大きな傷を抱えて生きていた。 女子高校に入学できたものの、その痛みが癒えることはない。 ストレスが溜まると、自傷行為を繰り返し、左腕は傷だらけ。 そんな時、女性しかいなかった高校に、代理の教師が現れる。 よりにもよって、そのセンセイは明日香の大嫌いな男。 男なんてもう絶対いらない。 そう思っていたのに……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • ゴメンネ?

    片想いに苦しんだ男の独白

    0

    0


    2022年1月28日更新

    僕の独白で綴られる。 ※ノベルアッププラス、アルファポリスにも掲載中

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • とある巫女の物語

    決して解り合えない者同士の物語

    3,100

    0


    2022年1月16日更新

    人里離れたところにひっそりと佇む神社。 滅多に人の来ないそのお宮に奉仕する一人の巫女のある日の物語。 私が昔書いたSSを気に入った友人・刹那劫さん (https://novelup.plus/user/438371638/profile)がとある方のイラストと共に掲載する二次創作の原作、原案です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 片思い

    片思いがテーマ

    0

    0


    2021年12月6日更新

    片思いをテーマにした詩です。小説家になろうやアルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ずっといっしょ

    ずっといっしょにようね

    2,300

    0


    2021年11月29日更新

    これは、ある少年が善意で行ったことによって起こってしまった悲劇である。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ハロウィンナイトは夢の中

    この夜は夢のようだ

    2,400

    0


    2021年10月29日更新

    10月31日。 放課後にクラスメイトとパーティーをすることになっていた。 しかし、仮眠してしまい、気づけば夜。 失意の中、僕はコンビニへ向かった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 人でナシ

    我等人に有らず、人でナシに御座います

    168,250

    1,920


    2021年9月30日更新

    天界。そこは人の住む世界ではない世界。誰も見たことのない神という存在がいる世界。 その世界の片隅に『天界の監獄』通称『天獄(てんごく)』と呼ばれる特殊な地域があった。天獄には人に危害を加えた者、災いをもたらせた者達が集められ、己の罪を償う為に気の遠くなる程の長い年月を送っている。 そしてもう一つの『天獄』の形・・・それは天獄に住まう化け物達の姿でもあった。 ────『人と同じ姿』 そう、天獄とは『地域』であり『肉体』でもある二重の牢獄。 その化け物達を天獄に閉じ込めた誰も見たこともない神という存在が、彼らに与えた罰はただ一点。『なにもしない』というものだった。 唯一、神と呼ばれる存在が、彼等に与える許しは『死』のみ。その為『死』は己の罪が償い終わったことを示していた。 そんな中、集められた多くの化け物の内で最も罪が重いとされている六体の化け物がいた。その六体の化け物達には、特別な任務が与えられていた。任務遂行の為に人の世界に降り立つ六体の化け物。人を見、人と関わり、化け物達は少しずつ変わっていく。そして、天界の秘密へと繋がっていく。 ───人とは何か? 神とは何者なのか? そして本当の化け物とは? 死ぬことも許されず、過去を胸に抱きながら、それでも尚生き抜こうとする彼らは本当に化け物なのか。 そして最後に神と呼ばれる者の正体を知った彼らは神に挑む・・・! 恋ありバトルありコメディありの化け物視点から人間を描いた和風ファンタジー 、ここに開幕! ※主要キャラの過去を描いた外伝も執筆中 ※HJ大賞2020後期最終選考まで残った作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 素直になれないまま。

    夏の五大小説マラソン5週目です。

    200

    0


    2021年8月10日更新

    夏の五大小説マラソン5週目『宿題』 頑張って勉強しても、世界を変えても、貴女に『一言』言わなければ何も始まらないってことぐらい、分かってはいるけれど。 貴女の将来の夢を聞いてしまって、やっぱり何もしなくて良かったと思った。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ゆらゆら、ゆれて《夏マラソン5週目:宿題》

    宿題、おわりました?

    1,100

    5


    2021年8月8日更新

    ゆらゆら。ねえゆれてしまう、わたしの心模様。君のせいだ――。 夏休みに入るというのにわたしは盛大な宿題を課せられてしまった。 考えるだけで息が詰まりそうだ。 それから毎日「たとえば」からはじまること考えて。 君と過ごすシチュエーションばかり浮かんでしまう。 なにバカやってんだか、なんてダメ出ししているわたしがいて。どうかしてるよ。 とげついたことばが凍てつく前に暑い季節よどうか。 夢見るうちに手にした魔法書開いて口遊む恋の魔法、唱える勇気をわたしにください、と願うんだ。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • フユ

    片想いとカッコつけのアイスコーヒー

    0

    0


    2021年8月5日更新

    グラスを伝う無数の水滴は、握りしめた拳の中。解けた氷がぶつかり合って響かせる高い音は、正面に座る彼女に反応する心臓の音。背景として流れるジャズは、第三者目線であろうとする冷静な自分。ストローを通って舌先に広がる苦味は、嘘を吐く罪悪感。 * 好きな人の前では格好をつけたい男性とアイスコーヒーの話。 【関連作品】 『ハル』 https://novelup.plus/story/537763132 『ナツ』 https://novelup.plus/story/138086725 『アキ』 https://novelup.plus/story/235405602

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • あなたが好きだから

    あなたが淹れるアイスコーヒーは

    5,200

    510


    2021年7月30日更新

    私の会社の社長は、大好きな叔父さん。 毎日、アイスコーヒーばかり飲む彼と、私のある夏の1日。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • カフェとキス

    個人経営カフェオーナーの失恋

    0

    0


    2021年7月30日更新

    経営しているカフェにたまに来るイケメンの客に片思いしている女性とそのイケメンの恋人。 キスが甘々なやつじゃないのでセルフレイティング。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 波間に咲く桔梗

    【夏の5題小説】お題:浜辺の漂流物

    4,600

    100


    2021年7月29日更新

    「お前ってさ、たまに海のほうを見てるよな」 友人からそう言われた建人(けんと)。 海が気になるのは、きっとあのひとのせいだ。彼女はまるで、白い桔梗の花のようなひとだった。 十七歳の夏に出会った、忘れられない女性との記憶。 ※ややホラー風味ですが、ホラーではありません。 ※表紙画像は「写真AC」様からお借りしたものを加工しています。 ※カクヨムに同じ作品を掲載しています。 (https://kakuyomu.jp/works/16816700426418025303)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 打ち上げ花火占い

    【夏の5題小説】お題:打ち上げ花火

    2,000

    0


    2021年7月22日更新

    「夏祭りの花火大会で告白をすると成功率が上がる」 そんな噂を信じ、学(まなぶ)は片思いの相手に告白をした。 ところが、相手は『打ち上げ花火占い』をすると言い出した。 花火が打ち上がるたびに「付き合わない」「付き合う」と呟く彼女。 そこに隠された乙女心とは!? 名探偵の推理が冴える! ※暴力表現があります。 ※表紙画像は「写真AC」様からお借りしたものを加工しています。 ※カクヨムに同じ作品を掲載しています。 (https://kakuyomu.jp/works/16816700426154898107)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 思い出の花火

    花火って良い雰囲気出ますよね

    2,200

    0


    2021年7月16日更新

    高広には付き合ってる彼女がいた。 美月と高広は職場で出会い恋人になった 同棲生活を始めて1年がたとうとしていて 去年の打ち上げ花火の時に高広から同棲を持ち掛けた。 楽しい日々を送る中で、一緒に打ち上げ花火を見に行く約束をした。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む