特殊部隊

検索結果:7件

  • 緊迫の戦場、全てを変える狙撃兵

    ♡28,700

    〇100

    SF・連載中・10話 プライベート・リンクス

    2020年2月23日更新

    世界はそのあり方を変えてしまった。 グールと呼ばれる蘇った死者が跳梁跋扈し、人を襲う。血を啜り、犠牲者をグールへと変える。それに人間は苦戦を強いられ、徐々に追い詰められていた。 その悪夢の始まりであるダウンフォール・デイから5年。「世界をダウンフォール・デイ以前に戻す」をスローガンに、世界各地で多国籍部隊が結成され、生存を賭けた反撃が始まっていた。 日本で結成された多国籍部隊「タスクフォース・アトラス」に派遣された陸上自衛官の"レイジ"は狙撃銃を手に、不可視の長距離から獲物を葬るスナイパーとして博多に降り立つ。 順調に任務を進めていた。それをぶち壊したのはグールが出来るはずのない、一撃必殺の長距離狙撃だった。

  • 元特殊部隊員と魔法少女の異色のタッグ⁉︎

    ♡2,200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・2話 コ●インブリブリにキメ太郎

    2020年2月19日更新

    6年前、極秘裏任務で中東に派遣されたアメリカ軍特殊部隊が壊滅した。 その生き残りである退役軍人、“フォーリー”はニューヨークで民間軍事会社の社員として退屈な日々を過ごしていたが、ある日とある日本人の少女と出会ったのを切っ掛けに自分達の部隊を壊滅させた『怪物』の正体について知り、少女と共に戦う事を決意する。 明るみになる政府の陰謀、見え隠れする他国諜報機関の影、そして自身のトラウマ…… 彼は、生き残る事が出来るか?

  • 酔っ払いから自爆テロまで、国家権力も大変

    ♡11,400

    〇0

    SF・連載中・10話 ニッシー(kokoiti)

    2020年2月11日更新

    第三次世界大戦の後、個人の能力を引き上げる人体拡張技術の躍進によってもたらされた義体化革命によって、廃墟からの復興を遂げた日本。 復興の裏で、貧富が能力に直結し、加速度的に広がる残酷な経済格差が広がり、治安の悪化を招いていた。 そんな中、貧困からの逆転を目指し、警察幹部を育成する警察大学校に入校した主人公。 広がり続ける社会の歪みに翻弄されつつ、その最前線で法と正義の執行者として奮闘する彼らに、様々な脅威が襲いかかる。 酔っ払いから自爆テロ犯、迷子から大規模テロまで、主人公たちは幅広い事態に立ち向かい、これに対処していくが―― **** 作者の『これ好き!』という要素をこれでもかと煮詰め、丹精込めて書いています。面白さは保証します。 設定集:https://kakuyomu.jp/works/1177354054891364497 設定協力:スカイミラージュ(CV.早見沙織)氏 (Twitter:@sky12176)

  • ミリタリー現代ファンタジーです

    ♡18,150

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・37話 高城拓

    2019年12月24日更新

    「第9特設救難小隊」より改題 俺はジョニー・ジャクスン海兵隊二等軍曹。魔王軍海兵隊、衛生特技兵。見ての通りのぶよぶよ野郎、つまるところがスライムだ。仲間からはゴッドスピードとかゴッディと呼ばれている。 雰囲気ミリタリー小説です。 なろうにも掲載していた短編が出発点です。 ※この作品はフィクションです。実在の組織・地名・国家・宗教・軍隊等には一切関係有りません。

  • 表題作の解説集です。

    ♡2,600

    〇0

    その他・完結済・6話 中村尚裕

    2019年8月15日更新

    中村尚裕のミリタリィ作品『■緊急■救出作戦:特殊作戦グループ』の解説集です。 有志連合、匍匐飛行、特殊作戦グループ……。 作中に込めた情報を補完します。 作戦の背景、専門用語、装備などなど、敢えて作中では触れなかった詳細について語ります。 本編をご覧になってから疑問を解決するもよし(ご推奨)。 本編の前に情報量を確かめてみるのもまた一興(マニア向け)。 「情報の説明を描写に転化する」実験の成果物と見ていただくのも一手です(作家さん向け)。 よろしくお付き合いのほどを。 ◇ ※この作品はフィクションです。 ※下記サイトにも投稿しています。 MAGNET MACROLINK カクヨム セルバンテス 小説家になろう

  • 敵中突破の人質救出、薄氷を踏む非正規戦。

    ♡2,900

    〇0

    純文学/文芸・完結済・6話 中村尚裕

    2019年8月15日更新

    【予告編】 ■■作戦要項■■ ■機密レヴェル:【極秘】■ ■黙読のみ可■ ■事案概要■ 事案発生時刻は現地時刻1850時。 エマノン共和国〝ENB放送〟マルガナ支局より、反政府ゲリラ組織〝エマノン独立評議会〟が声明を発表。要点は以下の通り。 1.〝ENB放送〟マルガナ支局は、現地時間1850時をもって当該組織が制圧したことを宣言する。 2.同支局の職員については、10名を当該組織が〝保護〟するものとする。 3.当該組織の要求は下記の通り。 (1)平和維持軍と称しエマノンに駐留している有志連合軍は、国内より24時間以内に撤退すること。 (2)上記(1)が受け入れられない場合、および当該組織が妨害行為を認めた場合、〝保護〟対象の安全は保証しない。 ■作戦目標■ 1.人質(以下、保護目標)の安全確保、並びにエマノン国外への救出。 2.情報担当官による、保護目標の確認。 ■重要事項■ ※保護目標には、中央情報局への現地協力者が含まれる。当該協力者の身分を漏洩することは、これを許可しない。 ※情報担当官2名を随行させ、保護目標を直接確認させること。 ・〝エマノン独立評議会〟構成員の安否については、これを考慮しない。保護目標の救出を全てに優先させること。 ・〝エマノン独立評議会〟の現地勢力については、随行する情報担当官より説明を受けること。 ・エマノン治安組織および有志連合との交戦については、これを許可しない。 ■作戦概要■ 1.保護目標の救出任務には、中央情報局特殊作戦グループを当てるものとする。 2.事案の隠密性を鑑み、現地には地上部隊2個分隊を投入する。装備はCQBを基本とし、個々の裁量を許可する。 3.輸送手段として、投入部隊には航空部隊を随行させる。具体的な輸送手段については、随行する情報担当官より説明を受けること。 ■補足事項■ ※保護目標の秘匿、および安全確保を最優先とする。 ・本国はエマノン共和国の暫定政府、並びに有志連合の構成国家群を仮想敵と認定している。しかしながら国際情勢を鑑み、軍および警察を含む治安組織に対する戦闘行動については、厳にこれを慎むこと。 ■■End Of File■■ ◇ ※この物語はフィクションです。 ※下記サイトにも投稿しています。 MAGNET MACROLINK カクヨム セルバンテス 小説家になろう

  • 楽しんでいってください

    ♡0

    〇0

    その他・連載中・1話 橘 木幡(たちばなの こはた)

    2019年8月13日更新

    2030年。 唯一の無神国家あるいは無一神国家として 成り立っていた国、日本。 そんな日本は宗教「ヴォシュヌ教」により 変わってゆく。 だがその宗教はテロ...紛争を生み出し 日本はテロ宗教国家になりつつあった... そんな日本を変えるべく日本政府は ASO(エーエスオー)通称アッソという 武力部隊を派遣する。 これはその宗教と部隊の戦いの話である。