特殊部隊

検索結果:9件

  • 力量不足ですが応援宜しくお願いします!!

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・連載中・18話・36,538字 友智 コウ

    2021年2月26日更新

    ある日 何気なく過ごしていた矢本紗季は、過労により死亡したが 起きて見ると 身体が若返っていた。 しかし 状況を確認して見ると 矢本紗千が 現在居る場所は、末期大日本帝国だった。 この話は、後にと呼ばれる 最強部隊の話である。 注意 この作品には、史実も入っていますが 大半がフィクションです。 Twitterの方で投稿日時の連絡や雑談をしています。 是非フォローの方を宜しくお願いします。 http://twitter.com@dfbcrkysuxslo9r/

  • 大切なのは勇気と、ほんの少しの体力──

    ♡3,700

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・3話・9,331字 織銀 桜音

    2021年1月9日更新

    ヨルダン陸軍、第七一特別大隊に所属する男──カレッド・アルサイド。彼は仕事を終えて、首都のアンマンに戻る。そこで、上官に新たな仕事を言い渡される。それは、イギリスから留学に来ていた少女、アメリア・エミリー・イアハートの護衛だった。その場に集まっていた彼等は、思った。何故俺達が、縁もゆかりも無いイギリス人を護衛するのか?と。これには政治的、極めてデリケートな問題があった。彼等は当日、空港の外で待機していたが── ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ⚠作中に登場する暴力表現や、その他の行為を推奨する意図は1%たりともありません。危険ですので絶対に真似しないようお願い致します。

  • 甘美で凄惨な戦場を駆け抜ける架空戦記

    ♡81,100

    〇1,490

    歴史/時代・連載中・32話・94,310字 夜桜恭夜

    2021年1月8日更新

    第二部開幕! 我々の目的は一人でも多く同胞を救う事。その為なら敵は屠っても構わない。 たとえ火の中水の中、銃弾飛び交う戦場に、我ら第六連隊支援兵科特殊衛生部隊は今日も行く。全ては傷つき倒れた同胞の為に。 人を救いたいと漠然とした思いを抱きながら看護学校に進んだものの、その成績の悪さから卒業見込みのない燈花・コランダムは、卒業資格を与えてもらえるという条件の下、戦況の悪化した国防を担う為、半強制的に士官学校へ放り込まれた。 半年後、衛生兵として配属されたのは、軍医の資格と地位を持ちながら、戦場の熾天使と名高い衛生兵として戦場を掛ける結月・フォン・リンデンバウム少佐の部隊だった。 後方支援が主の衛生課配属にホッとしたのも束の間、燈花の上官である結月はとんでもない人物だった。 同胞を救う為、本来は後方で負傷兵の治療に当たる筈の衛生兵達に、結月は様々な治療方と戦場で生き残る術をを叩き込んでいく。 彼女の目的は銃弾飛び交う戦場に自ら飛び込んで負傷兵を救出し、あわよくば敵を屠ってくる実働部隊の設立をする事だった。 結月によって集められた新設部隊『第六連隊支援兵科特殊衛生支援部隊』に配属された燈花。 癖のある同僚達と厳しくも優しい上官と共に今日も燈花は同胞を救うべく、今日も戦場を駆け抜ける。 これは、ある衛生兵の過酷な日々を綴った手記の一項である。 毎週金曜20時更新。 手記というコンセプトの為、時系列が前後する場合があります。 少々百合描写がはいる可能性がございますのでご注意下さい。 戦争物という事で、実際の出来事をもとにした表現があります。 残酷描写が含まれますのでご注意下さい。

  • クトゥルフ風味です

    ♡3,700

    〇30

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・13,449字 dgj125qa

    2020年10月18日更新

    今考えるとそれは奇妙な出会いだった。 人付き合いのよい方ではない僕は、人との出会いは多くはないだろう。 けれど、出会いは数ではないと知った。 価値あるのはその中身なのだ。

  • ミリタリー現代ファンタジーです

    ♡33,050

    〇240

    現代/その他ファンタジー・連載中・52話・174,263字 高城拓

    2020年6月17日更新

    俺はジョニー・ジャクスン海兵隊二等軍曹。魔王軍海兵隊、衛生特技兵。見ての通りのぶよぶよ野郎、つまるところがスライムだ。仲間からはゴッドスピードとかゴッディと呼ばれている。 雰囲気ミリタリー小説です。 なろうにも掲載していた短編が出発点です。 ※この作品はフィクションです。実在の組織・地名・国家・宗教・軍隊等には一切関係有りません。

  • 緊迫の戦場、全てを変える狙撃兵

    ♡29,200

    〇100

    SF・連載中・11話・33,036字 プライベート・リンクス

    2020年5月11日更新

    世界はそのあり方を変えてしまった。 グールと呼ばれる蘇った死者が跳梁跋扈し、人を襲う。血を啜り、犠牲者をグールへと変える。それに人間は苦戦を強いられ、徐々に追い詰められていた。 その悪夢の始まりであるダウンフォール・デイから5年。「世界をダウンフォール・デイ以前に戻す」をスローガンに、世界各地で多国籍部隊が結成され、生存を賭けた反撃が始まっていた。 日本で結成された多国籍部隊「タスクフォース・アトラス」に派遣された陸上自衛官の"レイジ"は狙撃銃を手に、不可視の長距離から獲物を葬るスナイパーとして博多に降り立つ。 順調に任務を進めていた。それをぶち壊したのはグールが出来るはずのない、一撃必殺の長距離狙撃だった。

  • 表題作の解説集です。

    ♡2,600

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・6話・8,682字 中村尚裕

    2019年8月15日更新

    中村尚裕のミリタリィ作品『■緊急■救出作戦:特殊作戦グループ』の解説集です。 有志連合、匍匐飛行、特殊作戦グループ……。 作中に込めた情報を補完します。 作戦の背景、専門用語、装備などなど、敢えて作中では触れなかった詳細について語ります。 本編をご覧になってから疑問を解決するもよし(ご推奨)。 本編の前に情報量を確かめてみるのもまた一興(マニア向け)。 「情報の説明を描写に転化する」実験の成果物と見ていただくのも一手です(作家さん向け)。 よろしくお付き合いのほどを。 ◇ ※この作品はフィクションです。 ※下記サイトにも投稿しています。 MAGNET MACROLINK カクヨム セルバンテス 小説家になろう

  • 敵中突破の人質救出、薄氷を踏む非正規戦。

    ♡12,400

    〇100

    文芸/純文学・完結済・6話・25,354字 中村尚裕

    2019年8月15日更新

    【予告編】 ■■作戦要項■■ ■機密レヴェル:【極秘】■ ■黙読のみ可■ ■事案概要■ 事案発生時刻は現地時刻1850時。 エマノン共和国〝ENB放送〟マルガナ支局より、反政府ゲリラ組織〝エマノン独立評議会〟が声明を発表。要点は以下の通り。 1.〝ENB放送〟マルガナ支局は、現地時間1850時をもって当該組織が制圧したことを宣言する。 2.同支局の職員については、10名を当該組織が〝保護〟するものとする。 3.当該組織の要求は下記の通り。 (1)平和維持軍と称しエマノンに駐留している有志連合軍は、国内より24時間以内に撤退すること。 (2)上記(1)が受け入れられない場合、および当該組織が妨害行為を認めた場合、〝保護〟対象の安全は保証しない。 ■作戦目標■ 1.人質(以下、保護目標)の安全確保、並びにエマノン国外への救出。 2.情報担当官による、保護目標の確認。 ■重要事項■ ※保護目標には、中央情報局への現地協力者が含まれる。当該協力者の身分を漏洩することは、これを許可しない。 ※情報担当官2名を随行させ、保護目標を直接確認させること。 ・〝エマノン独立評議会〟構成員の安否については、これを考慮しない。保護目標の救出を全てに優先させること。 ・〝エマノン独立評議会〟の現地勢力については、随行する情報担当官より説明を受けること。 ・エマノン治安組織および有志連合との交戦については、これを許可しない。 ■作戦概要■ 1.保護目標の救出任務には、中央情報局特殊作戦グループを当てるものとする。 2.事案の隠密性を鑑み、現地には地上部隊2個分隊を投入する。装備はCQBを基本とし、個々の裁量を許可する。 3.輸送手段として、投入部隊には航空部隊を随行させる。具体的な輸送手段については、随行する情報担当官より説明を受けること。 ■補足事項■ ※保護目標の秘匿、および安全確保を最優先とする。 ・本国はエマノン共和国の暫定政府、並びに有志連合の構成国家群を仮想敵と認定している。しかしながら国際情勢を鑑み、軍および警察を含む治安組織に対する戦闘行動については、厳にこれを慎むこと。 ■■End Of File■■ ◇ ※この物語はフィクションです。 ※下記サイトにも投稿しています。 MAGNET MACROLINK カクヨム セルバンテス 小説家になろう

  • 楽しんでいってください

    ♡0

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・1話・1,998字 橘 木幡(たちばなの こはた)

    2019年8月13日更新

    2030年。 唯一の無神国家あるいは無一神国家として 成り立っていた国、日本。 そんな日本は宗教「ヴォシュヌ教」により 変わってゆく。 だがその宗教はテロ...紛争を生み出し 日本はテロ宗教国家になりつつあった... そんな日本を変えるべく日本政府は ASO(エーエスオー)通称アッソという 武力部隊を派遣する。 これはその宗教と部隊の戦いの話である。