検索結果:85件

  • 双子の暗躍が始まりました

    19,600

    0


    2021年10月24日更新

    頼堂幸善が拾った黒い犬は言葉を喋った。 それは〝妖怪〟と呼ばれる、動物の姿を模して、その中に紛れ込む存在だった。 しかし、妖怪と話せる存在は他におらず、頼堂幸善はその調査も兼ねて、〝仙人〟による組織〝奇隠〟に出入りすることになった。 その中で、仙人としての素質を見せた幸善は、その力で人間と妖怪の仲を取り持つために、奇隠に所属し、仙人としての活動を始めることになった。 様々な妖怪と出逢い、その対処をしていく中で、幸善は妖怪と人間の関係を更に良くしたいと強く思うようになっていく。 そこで幸善の前に現れたのが、〝人型〟と呼ばれる人間の姿をした妖怪だった。 人型は〝この世界から人間を滅ぼす〟ために動いており、あらゆる妖怪と会話できる幸善がその障害になると判断し、捕まえるために姿を現したのだった。 圧倒的な力を持った人型に幸善は苦戦を強いられるのだが、その戦闘の中で幸善は偶然にも、〝仙術〟と呼ばれる、現在は数人の仙人にしか使えない力に目覚め、無事に人型を退けることに成功した。 そこから、本格的に人型が動き始めるのだが、妖怪と人間の関係を更に良くしたいと思った幸善はその存在に苦悩することが多かった。 奇隠が何とか人型の対処をする一方で、自分の気持ちとは裏腹の結果ばかりが出てくる。 幸善がその悩みに苛まれる中、新たに奇隠を襲撃する存在が現れた。 それが〝11番目の男〟と呼ばれる、かつて奇隠に所属していた仙人だった。 奇隠は11番目の男による急襲を受け、何とか対応しようとするのだが、そこで11番目の男は〝仙術〟を用いて圧倒してきた。 最終的に何とか退けることに成功するものの、11番目の男の目的は不明であり、その力は無視できないものだった。 人間を滅ぼすために動く人型。目的不明の11番目の男。 二つの大きな敵を相手に奇隠は――幸善は戦い続けるのだった。 ※「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間48分

    この作品を読む

  • 『善き児童のための御伽話』超ハーレム映画、爆誕

    オトナって、戦いなのよ

    0

    0


    2021年10月23日更新

    大人たちがラブコメ映画をつくります。かわいい女の子たちが登場すればいいのですが・・・ アニメ監督たちが逆境に立ち向かい、たくさんの二次元美少女が新たな命を吹き込まれます。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 世界⇔異世界 THERE AND BACK!!

    地球と異世界を行き来する少年の成長記

    9,350

    315


    2021年10月23日更新

    友人たちとの下校中に橋で多重事故に巻き込まれたハルアキは、そのきっかけを作った天使からお詫びとしてある能力を授かる。それは、THERE AND BACK=往復。異世界と地球を行き来する能力だった。 しかし異世界へ転移してみると、着いた先は暗い崖の下。しかも出口はどこにもなさそうだ。 「いや、詰んでない? 仕方ない。トンネル掘るか!」 RPGを思わせる魔法やスキルの存在する、剣と魔法のファンタジー世界と地球を往復しながら、ゆっくりじっくりと冒険していきます。 ゆるゆる投稿していくと思います。 カクヨム、小説家になろう、アルファポリスでも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19時間15分

    この作品を読む

  • 犬物語

    犬ってかわいいよね ああ、犬になりたい

    28,600

    240


    2021年10月23日更新

    今後開催されるだろうどうぶつフェアのノベルとして応募する予定だけど先んじての投稿が規約的にアウトだったらあきらめる感じ。でもまあ、書きたいっていうか投稿したいって気持ちがムクムクしちゃったからしゃーない。 少女とわんこが、ちょっとしたかみさまの手違いで入れ替わっちゃうんですよ。 そんでもって、犬と協力して、一緒にもとのすがた(?)にもどりましょうっていう物語です。犬好きの、犬好きによる、犬に捧げんがための物語。 まさに"犬物語" 少女が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、ひとりの少女が雨の中を走っていました。 犬が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、いっぴきの犬が雨の中を走っていました。 ひとりといっぴきは、とあるさくらの木がある広場にたどりつきました。ひとりといっぴきの視線が交錯したしゅんかん、まばゆい光があたりをつつみこみました。 目が覚めたとき、少女は少女でなくなっていました。犬も犬でなくなっていました。 ひとりといっぴきはパニックになりました。 ※最近原盤が投稿されていたサイトの作品を削除したので、もれなくこちらの作品は『ノベプラオンリー』となります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間1分

    この作品を読む

  • この犬は懐かない

    酒とタバコと愛犬にまつわるお話です。

    2,700

    100


    2021年10月16日更新

    酒屋のバイトの「私」と、マルチーズを飼っていた老人との交流を描いた小品です。 小説家になろう様、エブリスタ様、カクヨム様でも公開しております。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • AI童話『ヒールをはいたネコ』

    自分が書くと童話はこうなります(笑)

    3,900

    50


    2021年10月11日更新

    ヒールをはいたネコの前に現れたこわいネコ。 その正体は!?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 人見知りする犬と猫をかんたんになつかせる方法

    子どもと動物の相手は得意だ

    6,100

    0


    2021年10月4日更新

    どうぶつエッセイ応募作品集 人見知りの激しい犬、猫との付き合い方。機会があったら是非試してみてください。驚くほど簡単になついてくれます。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 🍀1〜まいんさんの気まぐれのぉとっ〜

    リアルタイム呟きますありがとうございます

    16,700

    100


    2021年9月26日更新

    リアルタイム呟きますー💖 とりあえずお疲れ様でした😊前向きブログです💖 表紙イラスト、さくら様🌸

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 人攫いの森の奥深く

    \ キュンとするファンタジー /

    1,500

    0


    2021年9月2日更新

    むかし、むかし、争いの無い平和な小さな村に1匹の鬼が現れ、村一番の美女を攫って森の中へ去って行ったという。 それ以来、その森に近づいた若い女が度々行方知らずとなることから、その森は"人攫いの森"と呼ばれ恐れられた。 ある寒い日、1人の少女は森の入口に咲く《長寿の花》を手に入れるべく、その森に足を踏み入れたのだがー-ー 人攫いの森の奥にあったのは、ひどく恐ろしく、恐ろしいほどにキレイな景色だった。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • あなたの犬になりたい

    犬と彼女のちょっと不思議な恋物語

    85,400

    1,640


    2021年8月31日更新

    僕にはこれと言った特技があるわけじゃない。 頭が良いわけでもないし運動だってできない。 人と話すのも苦手で、こんな見た目だから高校生の時もよくクラスメイトからバカにされていた。 でも。それでも僕は構わない。 だって僕には「彼女」がいるから。彼女がいつも僕の隣で笑っていてくれるから。 そんな彼女とは去年から付き合い始めてもうすぐ九ヶ月になる。 彼女は大人しく、いつも一人で勉強をしていた真面目な子。一般的にはモテるタイプとは言えないだろう。 でも、僕にとって彼女は何よりも、そして誰よりも大切な人。彼女こそ僕の生きる理由。 だったのに…… ある夏の雨の日。 彼女から送られてきた突然のメッセージ。 《 ごめんなさい。好きな人ができました ごめんなさい 》 僕は携帯電話を持つ手を小刻みに震わせ、10分程かかって《 それは別れたいってこと? 》 と返事を返した。 ヴゥゥ・ヴゥゥー すぐ鳴るその振動に僕はスマホを手に取った。 《 はい 》 終わった…。何もかも終わった。彼女がいないのなら僕に生きてる意味などない。 僕は家から飛び出して、誰もいない町の中を走った。 嫌だ、離れたくない。ずっと一緒にいようって約束したじゃないか。ずっと側にいようよ……。 そうして僕は、あなたの犬になったーー

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間5分

    この作品を読む

  • 我輩は犬である

    犬です

    800

    0


    2021年8月31日更新

    犬が犬ならではの視点で人間を観察するような話です。 いまの今まで参加することを忘れていたので、短編でもマジで短編になるという。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ごまだれの耳は今日も大変忙しい

    ぼく、ごまだれ。人の心の声が聞こえるの。

    1,500

    0


    2021年8月29日更新

    東京都郊外に住む笠井さん家族に飼われている、シベリアンハスキーのごまだれ。 のんびり屋で穏やか、ちょっとあほの子なごまだれには、「人間の心の声が聞こえる」という不思議な力があった。 優しいお父さんと元気なお母さん、ちょっと気難しいお兄ちゃんに囲まれながら、ごまだれはいろんな心の声を大きな耳で聞いて、悲しい気持ちや寂しい気持ちを何とかしようと頑張る毎日。 そしてごまだれは家族ででかけたある日、とても悲しい気持ちを発する声を聞きつけて……?

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • ミルクカレー

    うちの犬の行動から誕生した物語です。

    100

    0


    2021年8月29日更新

    その白さから悩みに悩んだ末に、〝ミルク〟と名づけられた猫がいた。 その茶色さから悩みに悩んだ末に、〝カレー〟と名づけられた犬がいた。 別々の場所に生まれ、別々の場所で育った二匹が、ミルクの散歩をきっかけに遭遇することになる。 それは世界から見たら、とても小さい、二匹だけの〝戦争〟の始まりだった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • おかえりなさい

    これからもずっと大切に

    2,500

    0


    2021年8月28日更新

    八月、盂蘭盆。 大好きだった人が、今年もまた帰ってくる。 僕には見えないけれど、確かにそうなのだと感じた瞬間がそこにはあった。ちょっぴり不思議な、彼との愛のお話。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 目が覚めたら犬でした【どうぶつ文芸フェア参加作】

    ハッピーエンドなワンワンストーリーです。

    22,330

    0


    2021年8月27日更新

    目が覚めるとそこは近所のペットショップだった。 天才錬金術師のジェルは、自分の姿が痩せっぽちのシベリアンハスキーの子犬になっていることに気づく。 目の前にいるのは「お兄ちゃん」と名乗る、自分と同じ売れ残りの子犬。 「このままだとワタクシ達は処分される……!」 生き残りを賭けたジェルの売り込み作戦が始まった―― ※現代ファンタジーコメディ「それは非売品です!」の番外編です。本編を知らなくても読めます。 ※1日2話ずつ更新で、全10話で完結です。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • ここあと私

    動物を育てるとはどういうことでしょうか。

    500

    0


    2021年8月26日更新

    ここあと私はある珍しい仕事をしている。仕事内容は、簡単そうだが…?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 犬になったアオ

    ショートショート

    3,300

    50


    2021年8月25日更新

    ある日突然犬になった彼。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • おれっちのことは気楽にイッヌと呼んでくれ!

    君だったからこそ一緒にいられたんだ

    4,000

    160


    2021年8月21日更新

    犬を飼うには覚悟が必要です。大変でしたよ。君との十三年間。いろいろな試練がありましたよ。 でも、それ以上に、君との日々は楽しかったです!

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ボクと僕

    少年と犬の物語

    200

    100


    2021年8月11日更新

    主人公コウタとペット茶々丸の物語。 物語はペットの茶々丸視点で執筆しています。 4部に分けて投稿し、中の部分はコウタ視点と茶々丸視点に分けています。(お好きなほうをお読みください) ※小説家になろう様にも掲載しています

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 終わらなかった宿題

    夏5題マラソン:宿題&どうぶつ文芸

    4,900

    0


    2021年8月6日更新

    思い出は人を育てる

    読了目安時間:2分

    この作品を読む