現代ファンタジー

検索結果:177件

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,340,028

    6,835


    2021年4月14日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:14時間14分

    この作品を読む

  • 超能力者の日記

    とある世界にあった日記です

    17,100

    0


    2021年4月14日更新

    とある世界にあった日記。どう感じるかは皆次第です

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 終焉の王子様

    今宵、魔法にかけられて

    500

    0


    2021年4月13日更新

    彼女たちは、ごく普通の女子校生。 しかし、その裏に隠されているのは【トラウマ】という名の【絶望】。 哀しき【呪い】。 果たしてその【呪い】は解けるのか。 真夜中の時計の針が三本重なり合うその時。 さあ、終焉へと向かおうじゃないか。 鐘の音が鳴り始めた頃には、全ての魔法が解けきっている頃だろう。 ………… 友人達にもキャラクターの制作を手伝っていただきました。 制作に携わってくださった皆様ありがとうございます。 制作者様 細喘さく様 しろう様 夏床たゝみ様 ちずを様 はのこ様 埴田小路満作様 ファルク様 …………… ゆっくり更新して行きたいです。よろしくお願いします。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • サイディアン 〜女性守護士と旅人少女のお話〜

    私はある日、異界を旅する少女と出会った

    4,600

    0


    2021年4月13日更新

    近未来の日本で物語は始まった。 突如として荒廃した異界が現実の中に生まれ、電妖体と呼ばれる異形の存在が人類の生ける大地の大部分を蝕みつつあった時代。 現実世界を守る役割を担う守護士の資格を持つ女性・石本加奈は、愛刀と共に電妖体を駆除する仕事に従事し、いつもと変わらない日常を送っていた。 ある日任務を終えた加奈は、異界を旅していたという少女・秋野麻依を救ったことがきっかけで自らの運命を突き動かすことになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 黄昏の銀河鉄道

    銀河の世界、悠久の旅へ

    0

    0


    2021年4月13日更新

    男はその夜酔っぱらっていた。 仕事終わりの飲み屋で酒をたらふく飲んだからだ。 男はふらふらとした足取りでそのまま電車の迫る線路の内へ―。 男が目覚めたとき、そこは木製の列車の中だった。 「こちらは天の川銀河線。あなたを新しい運命の旅へと導きます」 不思議なアナウンスと共に自分の体を見下ろすと―。 高校生程の身長になっていた。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • DIVA LORE

    私はあなたの隣で、一緒に戦いたい。

    2,600

    0


    2021年4月13日更新

    魔物が出没するようになってから300年後の世界。 祖母や初恋の人との約束を果たすために桜川姫歌は国立聖歌騎士育成学園へ入学する。 そこで待っていたのは学園内Sクラス第1位の初恋の人だった。 しかし彼には現在彼女がいて… 触れたくても触れられない彼の謎と、凶暴化する魔物の群れ。 魔物に立ち向かうため、姫歌は歌と変身を駆使して皆で戦う。 自分自身の中にあるトラウマや次々に起こる事件。 何度も心折れそうになりながらも、周りの人に助けられながら成長していく。 そしてそんな姫歌を支え続けるのは、今も変わらない彼の言葉だった。 「俺はどんな時も味方だから。」

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 真名を告げるもの

    異形と対峙する、現代ファンタジーホラー

    11,500

    0


    2021年4月13日更新

    謙介は物心ついた頃から己に付きまとう異形に悩まされていた。 高校二年に進級をした数日後、謙介は不思議な雰囲気を纏う下級生と出会う。彼は謙介に付きまとう異形を「近づくもの」と呼び、その対処法を教える代わりに己と主従の契約を結ぶことを提案してきた。 その日から、謙介はこの世ならざるものと対峙する日々を送ることになる。 怖いだけではない、書籍をめくるような長編現代ファンタジーホラー。

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • Oracle(オラクル) 警視庁刑事部特殊犯罪対策課

    俺たちは、こうしてゆっくり恋をする。

    51,700

    600


    2021年4月13日更新

    特殊な事件を取り扱う警視庁刑事部特殊犯罪対策課——略して特課。櫻場宏斗は特課の刑事として、都市伝説に近い事件ばかりを追う日々を送っていた。 そんな櫻場の前に、高校時代に苦手意識を持っていた後輩の真島崚が現れ、なんとコンビを組むことに。 「一日も早く先輩の右腕になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 そう言って差し出してきた真島の手を、櫻場は取ることが出来なかった。 気まずさと苦い記憶を抱える櫻場だが、事件は容赦なく特課を巻き込んでいく。 果たして二人は、次々と起こる不思議事件を解決することが出来るのか。 同時にゆっくりと進んでいく、恋の行方は――。 M/M(海外BL小説)のような、BLを前提とした本格的なクライムミステリー作品を目指しています。 毎週火曜日・金曜日の朝に更新予定。第一話はBL成分が薄めですが、第二話以降徐々に濃くなっていきます。

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • 可愛いあの子は男前

    6歳の男前に癒される残念美人女優の物語!

    224,200

    1,651


    2021年4月13日更新

    美人で舞台ではスターの女優、海瑠(みちる)だが、神は二物を与えずで、実生活ではできないことだらけ。 男運も悪く、付き合ってない男友達に押し倒されかけ、付き纏う男はストーカー化して、挙句の果てには結婚を約束した相手が妻子持ちで借金を背負わせて消えた。 心労で倒れた海瑠の前に現れたのは、6歳の男の子。 小さいけれど男前の奏歌(かなた)は吸血鬼で、海瑠を運命のひとと言う。 可愛い男前を自分好みに育てるかと思ったら、育てられていた現実。 男運の悪さに疲れ切った年上女性が、年下の可愛い男前男子に癒される、ほのぼの年の差ラブストーリー。 毎朝7時更新! ※人外要素(吸血鬼等)が入ります。 ※イラストは、ひかげそうしさんに描いていただきました。

    読了目安時間:12時間3分

    この作品を読む

  • 『人魚の館』設定集

    自由な妖怪創作世界へようこそ

    76,900

    411


    2021年4月12日更新

    フォロワーキャラ化小説設定集のため、その他ジャンルとさせて頂きます。 (2月から連載開始する本編は現代ファンタジー予定です) 本編『人魚の館』→https://novelup.plus/story/992560404 『大作長編(予定)の設定集。気になりますか?』 「妖怪創作世界って?」 「フォロワーがキャラ化ってなに?」 「初めましてで参加してもいいの?」 さぁよってらっしゃいみてらっしゃい。 ちょっとでも気になった方は是非覗いてください。 まずは「はじめに」を読んでみてくださいな。 一緒に創作を楽しみましょう。 ☆ざっくりとした作品説明 ・妖怪紹介&キャラ化したフォロワー紹介(敬称略してます) ・ツイッターに流したキャラそのまま ・番号順にならべました←整理しやすいように ・本編と並行でどのエピソードにどのキャラが出ているか紹介予定。 ・キャラのポジションわけもする予定(多分 イメージイラスト、FAなど、使用許可をくださったり積極的に協力してくださっている神絵師様方 ※現在の本編表紙→葛西様(@kasai216) ※1話挿絵&FAなどなどツイッターにて→あっきコタロウ様(@and_dance_waltz) ※作中キャライメージイラスト公式担当→大橋なずな様(@oohasinazuna)

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • ふたりぼっちの死霊術師

    作品を読まれないと嘆く全ての作家へ送る

    141,659

    150


    2021年4月12日更新

    ※※ふたりぼっちの死霊術師はこんな人にオススメ※※ ・自分の小説が読まれなくて、寂しい思いをしている人 ➡批判よりも無価値がキツいと感じている少女の一人称視点の物語。故に共感しながら読めます。 ・日常に疎外感を感じている人 ➡人に認知されたい願望を持つ少女が主人公なので、共感しながら読めます。 ・魅力的なキャラに会いたい人 ➡片手欠損の堅苦しい軍人。スケベわんこ。二重人格の少年。大きな光と重い闇を抱えた少年。様々です。 ※※あらすじ※※ この世にある全てのものは世に出回り、認知されることで初めてその存在意義を得る。誰も見向きしなければ価値はない。誰も見向きしないものには価値はない。 そのような考えを持つ中学三年生の少女「足立灯」は常に孤独だった。平凡過ぎて誰も構ってくれない人生を過ごしているが故に、自分の無価値さに苛まれてていた。 無価値である故に発生した「価値がないものは存在してはならない」という脅迫概念やかかわりのない人生から生まれた孤独から逃れる為に、灯は自殺の名所から飛び降り自殺を図った。 しかし、すんでの所で彼女を助けたものがいた。 ――そんな彼女を助けたのは半透明の幽霊だった。 孤独のまま死んだ幽霊は今まで何度も自殺するものを救おうとしてきたが、実体のない体ではそれは不可能だった。そんな彼が唯一救えたのは足立灯だった。 何故灯だけを救えたのか。幽霊はその答えを探し、彼女の孤独を消し去ることを誓い、行動を共にする。 その答えとは、灯たちにかかわりのある「こころ」の問題だった。 こころとは何か? 抽象的で答えのない問いに彼女たちは答えを見つけ出せるのか。 この物語は孤独な少女と幽霊が手を取り合って、こころを駆使して戦い、養いながら、それぞれの答えを見つけ出す現代ファンタジーである。 定期更新日:月・水・金曜日 他不定期更新 〘注意事項〙 本作はフィクションです。実在する地名・人物が作品内に登場しますが、実際の地名・人物とは一切関係がありません。 本作には幾つか物理法則が出てきますが、それらは「ふたりぼっちの死霊術師の世界観」でのみ通用する法則であり、現実では通用しない法則・現象が多数出てきます。それを踏まえて、「現実ではありえない」などの誹謗中傷はご控えください。

    読了目安時間:7時間9分

    この作品を読む

  • sin・sense ~罪人共による異能力の闘争~

    気に入って頂けたのであれば幸いです!

    5,000

    100


    2021年4月11日更新

    舞台は罪名に沿った異能力を持つ、通称『罪人』が蔓延る世界。 異能力というものは入手したいという人が多数を占めるだろう。さらにこの異能力は、誰もが手に入れるチャンスはある。 しかし実際、罪人は世界から忌み嫌われる対象だ。言い換えると、この異能力は手に入れると大抵、罵詈雑言が浴びせられるだろう。 なぜなら、罪人になる条件は『人を殺したという罪悪感を強く持つこと』だからだ。 親友の死によって、『暴行罪』の能力を持つ罪人になってしまった主人公、上浦優貴は何を思って生きていくことになるのか……。 罪人同士による超能力バトル。制するのは正義か、悪か、はたまたその他か。 毎週木曜、日曜の18時投稿予定。(まだ改稿の余地あり。改稿のお知らせもあり。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間54分

    この作品を読む

  • 神指名された選択者

    よろしくお願いいたします。

    1,000

    0


    2021年4月11日更新

    主人公金峰マオは、とある真っ白な空間で神クロノスと名乗る人物より《分岐点の選択者》に選ばれてしまう。 彼ともう1人の選択者により世界は大きく変わろうとしていた。 突然の事にマオは信じられずに居たが、初めて分岐点の選択による効果を目の当たりにして彼は何を分岐させ選択するのだろうか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 探索はボッチでいいです

    器用富豪に仲間はいりません

    400

    0


    2021年4月10日更新

    ダンジョンや魔物が現れた世界で、器用貧乏から器用富豪にレベルアップした主人公が、マイペースにのんびり暮らす話です。 基本ぼっちプレイですが、臨時パーティ有りかも。 カクヨムにも上げています。 更新は超絶スローペースです。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 紅い月夜に花束を

    この恋の結末は……悲劇ですか?

    36,300

    10


    2021年4月10日更新

    目を引く赤い髪。そんな見た目も相まって、この学校で彼を知らない者はいない。 とある噂のある高校で、その渦中の人が彼であることを、新入生は疑ってやまない。それは、入学式当日の朝に目撃したことに起因する。 彼には、想いを寄せる人がいた。人目も憚らず、愛を注ぐほどに溺愛している人が……その様子から、とても彼が噂に見合う人物とは思えなかった。けれど、そんな偏見はすぐに覆される。 ごく普通な高校生活を送っていた。そう見えていた。 赤髪の彼には、秘密があった。想いを寄せている彼女にも秘密にしていること。 ずっと秘密にしたまま、成し遂げたい目的があったのだけれど、それはとある人物の登場により、崩れていく。 彼の目的とは一体……そこに待ち受ける結末は…?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • バーテンダーは夜を隠す

    繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。

    2,000

    0


    2021年4月9日更新

    繁華街の外れにある。雑居ビルの地下に、そのバーはある。 繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。都市伝説から、街で発生した事故や事件の話。 たくさんの噂が存在している。 「知っている?」 「何?」 「雑居ビルの地下にあるバーの話」 「え?何?知らない」 「昼間しか営業していないバーらしいのだけど、夜にバーに訪れると・・・」 「え?ホラー的な話?都市伝説?あのバーなら知っているけど、昼間しか空いてないよ?夜に行っても暗いだけだよ」 「うん。だから、強い。夜を焦がすくらいの”願い”が無いとダメ。”願い”の手助けをしてくれるみたい」 「手助け?」 「そう、”手助け”。それ以上でも、それ以下でもないって話だよ」 「へぇ・・・。でも、でも、あのマスターって・・・」 「うん。不思議だよね。いろいろ知っているけど、流行の話とかには疎いよね」 「うんうん。なんか、子供から急に大人になったみたいな人だよね」 「そうそう。それに、カウンターの奥の席には誰も座らせないみたいだよ」 「えぇ・・・。意味深」 「なんかね。私の友達が、聞いた話だよ。マスターの死んだ奥様の予約席だって・・・」 「えぇ嘘・・・。私は、あの席は、マスターの親友の予約席で、あのドライフラワーの送り主だって聞いたよ」 変わったマスターが営む。バーシオン。 昼間だけの営業時間だ。営業時間外に訪れる場合には、強い願いが必要になる。雑居ビルの地下で、本日も営業している。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 夢食い少女は悪夢がお好き

    すっごく短い長編

    4,600

    20


    2021年4月8日更新

    夜それはあの子のご飯の時間 貴方が呼べば甘い悪夢につられ枕元に現れるかもしれません

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 雷帝と呼ばれる拗らせオネエは、小鳥の少女に癒される

    誰にも愛されないとオネエと彼を愛する少女

    21,100

    30


    2021年4月8日更新

    現代社会に魔族の残した遺跡(いわゆるダンジョン)のある世界。 獣人や妖精種と共に仕事をする五百蔵(いおろい)真珠(しんじゅ)・ヴァレンチノは、遺跡を管理する市の『魔族遺跡監理課』の課長だった。 仕事に関しては妥協を許さず、陰で『雷帝』と恐れられる36歳の真珠には秘密がある。それは、プライベートではオネエ言葉で喋るフレンドリーなキャラを演じていることだ。 素は敬語で堅苦しく面白みのない男と自覚している真珠の癒しは、18歳の少女、舞園(まいぞの)つぐみだった。 つぐちゃんとつぐみを呼んで可愛がる真珠は、ある怪我をきっかけに、つぐみと同棲することになって。 36歳の孤独拗らせオネエと、18歳の合法ロリ少女のラブストーリー。 ※この作品はやしろ様(https://novelup.plus/user/614254159/profile)とのシェアワールド形式で制作しております。 ※設定(https://novelup.plus/story/270129935)はやしろ様と共有しております。(作品を書いたのは秋月です)

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間17分

    この作品を読む

  • 子供の街、唯一の子供と18歳。

    初めてです。頑張りマンゴー。

    0

    0


    2021年4月7日更新

    ここは子供の街。 ここではどんな夢だって叶えられる。 どんな夢だってサメテしまう。 高校を卒業しだらだらと春休みを過ごしていたツボミ。 受験期に病んでしまい、その最中、役者になることを決意した。 しかし、ツボミの心のモヤモヤは残ったままだった。 ある日起きるとツボミは人で溢れ返った見知らぬ街にいた。 偶然入ったオモチャ屋さんで定員であるミサキからここが"子供の街"であることを教えられる。 この街ではどんな夢だって叶えることができるというミサキ。 ここでツボミの心はハレるのか。 "子供の街"でツボミとミサキの二人の冒険が始まる。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 魔導書のしおりは宇宙船のかけら

    紙の本は好きですか?

    43,810

    110


    2021年4月5日更新

    目が覚めると地球を外から眺めていた。同じような人達が五百人ぐらい。どうやら宇宙船にいるらしい。 現れたイケメン宇宙人のクラインさんは、アンケートを実施するために、自分達を集めたのだと説明する。でも内容がちょっとふんわりすぎる。しかもアンケート極厚。やる気をなくして皆さんどんどん帰っていかれる。 それでもこの状況への好奇心でアンケートに参加していると、妖精のお姫様みたいな美少女とお知り合いになれたりして結構楽しい。 しかし宇宙人のクラインさんにはアンケート以外に目的があって、それを自分に頼んできた。笑顔はイケメンだけど圧がすごい。断りづらい……。 その頼み事をきっかけに、どういうわけか異世界の少年剣士や賢者さんと出会ったり、うっかり異世界に行ったり、ダンジョンの皆さんや、三枚目の竜や謎の子猫と遭遇したりとなかなか賑やかだ。 とりあえず、自分がやれることといったら、本を読むこと。 そして、いつか本を知ってもらうこと。

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む