現代日本風

検索結果:15件

  • 不可触の神に愛されて

    よろしくお願いいたします。

    0

    0


    2022年11月27日更新

    触らぬ神に祟りなしを地でいく最強の守護神に愛された飛鳥井久仁彦は、今日も師匠と二人で祓魔師として仕事をする。 妖怪? 怨霊? 祟り神? どんなヤツでもかかってこい。 うちの神さまと師匠は強えぞ、コラ! 現代日本に似たどこかを舞台に、無窮なる深淵の神に愛された男の物語である。 *成分表* 一話あたり2000字~3000字程度 シリアス4 ギャグ3 ホラー2 エログロ・暴力描写1 *注意事項* 本作に出てくる人物や団体、宗教やら何やらぜんぶフィクションです。 現実の団体や人物その他とは一切関係ありません。 オカルトマニアの方は笑って見てやってください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 悪人のSS

    200

    0


    2022年9月24日更新

    俺は悪人だ。 騙し、奪い、殺し、踏みにじった。 結末は決まっていた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 「ウチにきてくれた記念日だよ♡」「は? 騙されて連れてこられたんだが?」

    裏社会にいるハタ迷惑(バ)カップルの話。

    0

    0


    2022年8月1日更新

    莉々(りり)は歓楽島の、山を背にした高級住宅街の一軒家で恋人の若葉(わかば)と共に暮らしている。……より正確には(ほぼ)軟禁生活を送らされている。アウトローの若葉に騙されて、莉々はこの家にやってきたのだ。だが高級レストランでの出来事から莉々は若葉に一泡吹かせてやろうと脱走計画を立てる。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 沼に蓮(はす)

    第3回勉強会参加作品。

    600

    30


    2022年5月25日更新

    ひと山いくらのアウトローであるタケヌマは、事務所に盗みに入った半グレ窃盗団を捕まえた。しばらく界隈で続いていた“事務所荒らし”の正体はこいつらだろう。解せないのは金庫の数字からパソコンのパスワードまでもがすべて漏れていたこと……。だが怯えるか虚勢を張るくらいしかできない半グレ集団の中に異質な少年を見つけて――? ※企画概要「文字数の中で物語を完結させる必要はありません」とのことでしたので、字数制限の都合もあり、本作は導入部のみとなっています。あらかじめご承知おきください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 雪空

    そして世界は氷解する。再掲です。

    1,000

    0


    2022年5月15日更新

    「なぁ……」 思い出すのは他愛のない彼女との日常、満たされた日々だったのだと気が付く、大切だったのだと。 「……」 今更、彼女から沢山の物を貰っていた事に気が付いた。 俺は逆になにを与えられたのだろう。 「なぁ……」 失うことがこんなにも恐ろしい事なのだと身をもって知る。 「……桜」 霞の如く弱々しい彼女の声に安堵する。 「……」 彼女が手のひらにその花弁をのせ握りしめる。 「やっと観られた」 嬉しそうにかみしめ呟く彼女の声に頷く。 「あぁそうだ、桜だよ、だからもう少しあと少し頑張ってくれ」 励ますように言った言葉に返事は無い。 「すぐに散っちゃうらしいから今のうちに観とかないとさほら……」 見上げた先で言葉を失う。 「……随分と綺麗に咲いてるじゃないか……」 血がにじむほど強く唇を噛む。 「そうだったなこの木は桜だったもんな、覚えてたのか」 病院前の短い並木道、花弁1つない桜の並木道、その木々を睨みつけ走る。 「……」 そこには舞い散る桜の花弁の如く散り落ちる雪。俺は彼女を背負いただ走る。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • ドキッ!男だらけの水鉄砲大会!~水も滴る良い執事~

    自創作作品の【夏の番外編】連載です。

    100

    0


    2021年10月6日更新

    それはそれなりに人通りのある商店街。 ……から少し外れた場所。 黒い飾りのついた鉄格子の門を開けば、綺麗に舗装された暖かい色味の煉瓦で出来た道が奥へと続いている。 一歩踏み出せば、季節の花が迎える白が基調の噴水のある庭。 そこを通り抜けるとようやく入口が見えてくる。 白い兎を追いかけて、少女が迷い込むような、そんな異世界感に満ちた店。 bar「Bloody Moon」。 店員全員が「執事」としてお客様を「久々に帰ってきたご主人様」としてお迎えするというコンセプトバー。 新月の意味を持つ「朔月」――本名・白鳥健史。 満月の意味を持つ「望月」――本名・有置後月。 月に2回の満月・ブルームーン由来の「蒼月」――本名・藍川匠。 月に2回の新月・ブラックムーンから「黒月」――本名・今村漣。 それから店長を務めるセバスチャン・グレイ。 店の場所を貸し出しているオーナー。 普段は穏やかな時を提供するbar「Bloody Moon」の面々は、ひょんなことから水鉄砲大会をすることに! ――果たして、勝つのは一体誰なのか。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 自創作漫画「IMMORTAL IMMORALIST」夏の番外編の小説連載です。 紹介から「初見バイバイ拳」感強すぎますが少しずつ初めての長編連載として夏も終わりに始めます。 ノベルアップ+さんの使い方を覚えつつ、少しずつ改善したり内容が地味に調整されたりしながら最後までお付き合いいただけたらと思います。 この紹介文もじわっじわバージョンアップしていきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ★毎週水曜日に更新予定。 【2021/09/22:追記】現在週一更新目標で水~金ぐらいの間に更新しています。安定したら水曜更新になります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 本作品は「全員水着での対人水鉄砲大会」となります。 物語上、現実で行えば危険行為となる可能性の描写をする可能性がある為セルフレイティングにチェックを入れています。 あくまでもフィクションで、全員魔術師や人外です。真似しないで下さい。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • ノベプラサスペンス劇場 天ノ川ステラが事件簿

    ふとした拍子で、ステラは事件の犯人となる

    3,888


    2021年8月28日更新

    仕事の疲れからか、不幸にもステラに当たってしまったノベラ。 そんな些細なすれ違いから、ステラはある凶行に出てしまう。 追い詰められたステラに残された、隠ぺいの方法とは!? 血とうどんのつゆが交わり合う、ノベプラサスペンス劇場開幕! 犯人はステラ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 或る朝

    或る朝のひとコマです。

    1,500

    0


    2021年3月6日更新

    朝。起きなければいけないが、スヌーズをかけたまま寝過ごしてしまう。 慌てて起きて出かけるが、喉が渇いて仕方がない。 何か大事なことを忘れているような、そんな朝の出来事。 何も起こらないただの日常系純文学擬き。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • うちの蟹は氷属性

    彼は蟹だ。そして氷属性。

    400

    0


    2021年2月15日更新

    氷属性の蟹と一緒に暮らしている主人公と蟹のある夜の日常です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 水中花

    美しいものは、時として手に負えない。

    500

    0


    2020年9月28日更新

    美しい池のほとりで、人工的な黒をまとった女性がいた。 吸い込まれそうな真っ黒な瞳で、彼女は見過ぎてしまった。淡く、脆く、美しい人の恋とその末路を。 美しい人が望んだそれに、私は捕らわれて逃げ出せない。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 一般人の日記

    「人の気持ちがわからない子供だった」

    1,500

    0


    2020年9月15日更新

    一般人系主人公、暗めの純文。勇者の話とかもチラ出するのでそういうのが苦手な方はご注意。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 思いがけない彼女の深層

    初投稿作品。ちょっと不思議な恋愛もの。

    3,500

    0


    2020年5月11日更新

    つまらない日常に見つけたオアシスが彼女だった。冴えないただの会社員のぼくが上手くもない一世一代のお近付き作戦を行った結果、意外なことに・・・。読めない彼女は何を思うのか。そして、思いがけない真相とは。ささやかな恋の物語。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

  • 土地神様は背後霊?

    幼女神やもふもふ妖怪との話ですよ!

    11,210

    55


    2020年4月30日更新

    なにやら祖父母の田舎が廃村になっていたらしい。写真を撮ったり祖父母の思い出の品を回収する為に現地に向かう。 廃村の奥には朽ち果てた神社がぽつりと少し寂しげに佇む。祖父母が言ってた土地神の社の最後の参拝をしたら、どうやら俺は捕まってしまったらしい!? え? このままだと消えちゃう? つれて行け? そんなこんなで俺の周囲だけが変わっていく日常。どたばたと色々な事をぶち壊す元・土地神との楽しく愉快でとても変な生活。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む

  • えんじぇるないん ~白球に込めた少女たちの願い~

    少女が野球したっていいじゃない。

    17,300

    0


    2020年2月12日更新

    日本で、女子野球が一大ブームを起こして十数年、今では日本経済の一端を支えるまでに業界は成長した。 女子プロ野球選手は、アイドルや女優、声優に並ぶほど少女たちの憧れの存在になった。 栃木県の片田舎に暮らす小学五年生の女の子、真岡 向日葵(しんおか ひまり)。 彼女もまた、野球に出会い、共に白球を追いかける仲間に出会い、夢への一歩を踏み出そうとしていた。 しかし、親の仕事の都合で数年地元を離れている間に、かつてのチームメイトはバラバラに。 その上、野球部は廃部寸前。それでも諦めきれない向日葵は、再び仲間を集めようと動き出す。 これは、そんな彼女たちの奮闘を描いた、ちょっとした物語。 ※群像劇風 ※不定期投稿

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • やがて比翼連理に至るまで(仮)

    これは代償行動…傷の舐め合いだ。だが……

    300

    0


    2019年7月26日更新

    「オレは男だ!」 「私、女の子だもん!」 ある日二人は邂逅した。 自分は男だと叫ぶ少女と、自分は女だと泣く少年。そして二人は一つの結論へと至る。 「「だったらお互いが理想とする自分を作り合おう!」」 オレがおまえを。私があなたを。 比翼の鳥は空を飛ぶ。 「くそ、髪なんてぱぱっと洗ってババっと拭いちまえばいいじゃねぇか」 「ス、スカート履いてあぐらをかかないでぇ!」 ふらつきながらも空を飛ぶ。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む