現代日本?

検索結果:5件

  • 真夜中のデスペラード

    君たち……おっぱいは、好きかい?

    434,200

    18,410


    2022年6月30日更新

    「おっぱいが……出るようになっちゃった……」 幼馴染の口から零れた言葉は、にわかには 信じがたいものだった。 小学校から、順調にカップを増やしに 増やして中学生となった今。 女性下着メーカーすらも匙を投げるK点 越えの偉業を成した上に――更には 有り得ない事に、おっぱいまで 出るようになったと言う。 これまでどおり、学校に通うためには制服をも 濡らす、おっぱいを……どうにか しなくてはならない。 けれども母乳パッドなんて方法は以ての外。 規格外の乳圧に悲鳴を上げ続けるブラに これ以上の無理はさせられない。 考えあぐねた末の結論が、母乳搾乳器なんて 電化製品のお世話になると言うもの。 行き着いた解答は、ショボかったけれども なんとか取り戻す学校生活。 しかし、次第に冷凍庫を圧迫し 始めていた、そのおっぱいは…… 著しく社会性を欠くアナーキストな主人公の ――斜め上過ぎる活用法のもと 波乱の序章を幕開かせる。 これは、第二次性徴期を迎えたばかりの 少年少女たちによる ほんの少しだけ、艶めかしい ちょっとおかしな ノワール・厨二ボイルド。 この主人公、わりと凶暴です。 表紙の内容が作中で全く関係してこない 訳ではありませんが、 ファンタジー要素はありません。 妊娠経験も無いJCからおっぱいが…… の時点で、ファンタジーと言えば、 ファンタジーかもしれませんが……。 ――――――――――――――――――――――― ※1話辺りの文字数は、およそ2000字前後。 ※書くだけ白々しくは御座いますが、本作に 犯罪を慫慂する意図は有りません。 ※小説家になろうの方でも以下のタイトルで投稿しています。 【真夜中のデスペラード】 https://ncode.syosetu.com/n0488gz/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間39分

    この作品を読む

  • 壊レ者のレクイエム ~da capo~

    コンテスト入賞作品の続編

    30,700

    155


    2021年3月21日更新

    ■SF日間ランキング第4位を記録■ 【こういう方にオススメの作品です】 ・人型ロボットが好き ・メイドが好き ・銃でドンパチするのが好き ・おっさん主人公が好き ・現代日本が舞台だと共感し易い ・ロボット工学三原則に関心がある 【以下ちょっとだけ真面目なあらすじ】 第二次世界大戦末期、技術革新が起きた。 戦争が技術を欲し、技術が機械を求め、機械は知能を獲得した。 無人機から始まり、遠隔操作から自動操縦へと前進し、AIへと到達した。 そして二〇XX年現在、ロボット文明は最盛期を迎えていた。 主人公の職業は『壊し屋』である。 暴走したロボットを破壊する事で制止し、事態を解決するのが彼の職務だ。 今日も彼は「メイドロボを破壊せよ」との依頼を受けて現場へと赴いた。 ――それが如何なる運命に巻き込まれるかも知らずに。 ※『壊レ者のレクイエム』(https://novelup.plus/story/875680876)のリメイク・続編版です。 ※アイザック・アシモフ著『われはロボット』(小尾芙佐訳、早川書房)より引用あり。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • 光彩

    AMG夢コンテスト参加作品です。

    2,300

    0


    2020年9月5日更新

    いつまでも夢を追い続けたい。そんな思いを込めて書きました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • “普通じゃない”世界

    多分おそらくきっとホラーのはず

    1,000

    0


    2019年10月30日更新

    全てにおいて普通の少年は、代わり映えのしない毎日に飽き飽きしていた。そんな少年が、“普通じゃない”世界を望んだら……? 有りがちだけど、有りがちじゃないそんな話。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 幻想の村

    謎を追ってく系の物語です。

    398

    0


    2019年6月3日更新

    普通の男子高校生、浅見大輔(あざみだいすけ)は、下校途中、電車で居眠りをしてしまう。そして気が付くと、普段降りる駅とは全く違った雰囲気のホームに、電車が停車していた。慌てて降りるも、すぐに霧に包まれ、漸く視界が晴れたかと思うと、現代とは思えないほど、寂れた、古くさい村を見下ろす、丘の上に立っていたのだった。 ※この物語はフィクションです。実在、若しくは実在していた名称が出ますが、一切関係はありません。ご了承ください。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む