現地主人公

検索結果:74件

  • 村娘は聖剣の主に選ばれました ~選ばれただけの娘は、未だ謳われることなく~

    訳あり聖剣を持つのは、ごく普通の村娘

    410,700

    1,395


    2021年4月13日更新

    「ローゼ・ファラー様。あなたは神により、聖剣の主として選ばれたのでございます」 辺境の村で暮らしていた娘の日々は、王都の大神殿から来た使者にそう告げられて一変した。 「聖剣の主……? あたしが……?」 大陸には神から与えられた聖剣が10振あるが、聖剣を持つ血筋は決まっている。 もちろん自分とは全く関係のない血筋だ。 戸惑うローゼだったが、よく聞いてみれば与えられるのは400年もの間誰も手にしていない『11振目の聖剣』だという。 しかも「あなたが選ばれた」と言う一方で、使者はローゼに聖剣を持たせたくないようだ。 そこでローゼは何か企んでいるらしい使者ではなく、親しくしている村の神官アーヴィンに聖剣のことを質問してみるのだが、分かったのは 『11振目の聖剣』に関しての記録はほとんど残っておらず、色々と謎がある。 ということだけだった……。 ――こうして、聖剣との出会いで大きく変わった一人の村娘は、やがて世の中をわずかに揺らすこととなる。 ◆展開は遅め。 ◆毎週『火曜』『土曜』に本編更新。たまにお休みすることや、他の曜日で余話更新があるかもしれません(次回更新日については最新話の後書きでお知らせいたします)。 ◆アルファポリス様 ノベルアッププラス様 カクヨム様(3章で終了)でも公開中です。 <表紙イラスト> ◆白玉ぜんざい 様(@shiratama5222) <ロゴ> ◆草食動物 様(@sousyoku_animal) <挿絵> ◆第1章 1話:白玉ぜんざい 様(@shiratama5222) ◆第1章 3話:幡ヶ谷 誓 様(@sei_hatagaya6) ◆第1章 21話:ベアごん 様(@beargon227) ◆第1章 24話:白玉ぜんざい 様(@shiratama5222) ◆第3章(後)余話:エリオット 7:青羽 様(@aoba_bw) ◆第3章(後)36話:白玉ぜんざい 様(@shiratama5222) ◆第3章(後)余話:村祭りの前:宿花 様(@yomihana_second) ◆第3章(後)48話:宿花 様(@yomihana_second) ◆第4章 23話:青羽 様(@aoba_bw)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21時間52分

    この作品を読む

  • 【召喚士の旅】少年は不愛想な人型精霊から、召喚中はどうせ暇だろうと双剣を渡された。

    召喚士と、忠誠を誓い主を育てる精霊の旅

    73,800

    500


    2021年4月13日更新

    【1行紹介】 引っ込み思案だった貧乏召喚士の少年が、クールで優しい人型精霊から1人前に育てられ、仲間と共に悪へと立ち向かうお話。 【あらすじ】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。 しかしその能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 貧乏な村を襲った悲劇のせいで、出遅れてしまった新米召喚士の少年キリムと、そんなキリムを放っておけない不愛想で優しい相棒、人型精霊ステアの旅。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 デルを捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 毎日更新! 世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい! 主人公の成長や相棒との信頼関係、旅の様子、人との繋がりを重視した作品です。 どうか面白いと思っていただけましたら応援を宜しくお願いします。 ※ブックマーク、スタンプ、レビュー、応援ポイント等は有難く頂戴いたしますが、 ノベラポイントは不要です。お気持ちだけで十分です。 カクヨム他でも掲載しております。 カクヨム版作品フォロー1000人突破、14万PV達成! 小説家になろう版1000pt突破、20万PV達成! 有難うございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間41分

    この作品を読む

  • 白銀のヒーローソウル

    ハイファンタジーな王道ヒーローアクション

    38,100

    641


    2021年4月13日更新

    魔獣の力を身に纏い、魔獣の魔法を使う戦士『操獣者』。 その頂点に立つ存在を人々は『ヒーロー』と呼んだ。 ◆ 「ヒーローに憧れた。ヒーローを見続けた。そして……ヒーローを見届けてしまった」 先代ヒーローを父に持つ少年、レイ・クロウリー。 父の背を追いたい彼だが、生まれつき操獣者となる為に必要な『魔核』を持っておらず、街の人々から『トラッシュ』と呼ばれ蔑まれていた。 ある日、操獣者の少女フレイアと出会った事でレイの運命は大きく動き出す。 フレイア率いる操獣者チーム:レッドフレア。 彼らが目指す夢はただ一つ、最高のヒーローになること。 ヒーローに憧れた少女達と、ヒーローを見届けた少年。 彼らは出会い、別れ、そして成長する。 これは彼らが二代目を名乗る為の物語だ! ※ブックマークやスタンプ等はお気軽にどうぞ。 ※不定期更新です。 ※タグの「ロボット」について。これの要素が出るのはPage71からです。 ※この作品は小説家になろう/カクヨムでも掲載しています。 ※本作の一部のエピソードでは未成年のキャラクターが飲酒する描写がありますが、決して未成年飲酒を推奨するものではありません。未成年の方は決して真似をしないでください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間46分

    この作品を読む

  • 傭兵譚

    運命に選ばれし傭兵達の活躍を描きます。

    46,100

    2,000


    2021年4月13日更新

    打ち合う鋼の音色、流れる鮮血、彼らは決して臆さない。サーディス、ローランド、フレデリカ、カティア、今日も戦場へ赴くのみ。 ※時系列はバラバラです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間26分

    この作品を読む

  • 旧支配者のカプリチオ ~異世界化した1000年後の日本にTSして転生した件~

    日本×未来×異世界×TS×クトゥルフ神話

    128,100

    220


    2021年4月12日更新

    ■第2回ノベプラ大賞一次選考通過■ ■異世界ファンタジー日間ランキング第33位を記録■ 【こういう方にオススメの作品です】 ・ステータスやギルドといった世界観は好き ・コンビ・カップリングが多いのも好き ・戦闘は辛勝する方が燃える ・たまにはダークなのも良いよね ・日本が話題になるとテンション上がる ・ポストアポカリプス! そういうのもあるのか ・TS(性転換)は浪漫 ・TSを素直に受け入れていないとなお良い ・キャラは少しくらい狂っている方が魅力的だよね ・クトゥルフ神話に興味がある 【以下ちょっとだけ真面目なあらすじ】 西暦二〇XX年。降臨した邪神により人類は滅亡寸前に追い込まれた。 それから一〇〇〇年後、世界は剣と魔法の異世界と化していた。 主人公は二十一世紀の人間、三十歳の会社員だ。 彼はある神秘により一〇〇〇年間も生き続け、紆余曲折を経て鬼娘に転生した。 主人公は幾人もの狂人達と出会い、ドン引きしながらも、徐々に自らの立ち位置を確立していく。 ――これは、未来に関心がなかった男が一〇〇〇年後の世界で、自らの価値を見付ける話である。 ※クトゥルフ神話とは言いましたが、知識ゼロでも問題なく読めます。 ※2020年2月21日に設定を大幅改訂致しました。シナリオは変わっていません。 ※小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間23分

    この作品を読む

  • 呪怨の女帝は幸せになりたい!

    禁忌の儀式って、私がしたんじゃないのに

    342,650

    12,966


    2021年4月11日更新

    その光景を瞳に映すだけで何もできずに見ていることしか出来なかった。 友の、母の、父の、知り合いの、その命がなくなるその時まで、身動きも、まばたきも出来ずに瞳に映し続けた。私自身、胸を貫かれ溢れる血液が温かいと感じる中で死の訪れを待っていることしか出来なかった。大量虐殺により同族の命を奪われた理由は『大罪の化身を呼び出す生贄とするために丁度良かった』から。”災厄の悪夢”としか呼べない大量虐殺犯は禁断の儀式で召喚した『何か』と共に飛び立っていってしまった。 けれど、”災厄の悪夢”に呼応し召喚されたのは大罪の化身じゃなかったらしいの。誰もいなくなり、死の間際に瞳が映す魔法陣の中央で”災厄の悪夢”を「儀式だけで望みが叶うと思うなんて莫迦にしてるわね」と嘲笑うように現れた真の『大罪の化身』に憑かれてしまった私。私はただ平和に、穏やかに、人並みに、いつか素敵な旦那様を捕まえて小さな家庭を切り盛りするのが夢だったのに・・・・・・なんで私に憑いてくるのよ!?禁忌の儀式してアンタ呼んだの私じゃないのに!!! 禁断の儀式で呼び出された大罪の化身を宿し、何もかもを失ったけど私が悪い訳じゃないんだから!きっちり復讐をして、普通に幸せになりたいの!小さくとも温かい平和な日々を過ごしていきたいの!!これは、種族絶滅という禁断の儀式で呼び出された『大罪の化身セルティ』と、セルティを身に宿した『ちょっと殺意高めな女の子リーフ』の復讐と幸せを掴むための物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間2分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    戦いの中で傷つき、失いながら成長していく

    803,572

    36,335


    2021年4月11日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界7位(現在) 応援してくださる読者様のお陰です、誠に有難う御座います! 3月中はお仕事の関係で更新が遅れています。申し訳ありません!4月からまた再開します!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間45分

    この作品を読む

  • バーボチカの冒険 ~激震のフロンティア~

    英雄少女よ、フロンティアを守れ

    11,000

    0


    2021年4月11日更新

    リョート島、古代に栄えた帝国ヤーポンの最北端に位置する孤島。 かつて人間達に迫害された魔物達が逃れ、命の営みを紡ぎ続けるこの島に今、侵略の手が迫りつつあった。 人類の進出圏を広げるために開拓者が来るまで一か月。 この島に有望な英雄が現れた。彼女の名はバーボチカ。自分よりもはるかに巨大な大男を知略により一人で撃退。 それを聞いた妖精の王は彼女を連れて侵略者を討つための旅へ出ることを決意。 妖精の王に選ばれた少女バーボチカは故郷を守るため過酷な旅へ出ることになる…… ※本作は以前やると言っておきながら結局とん挫したアンケート小説の設定をプロトタイプとした作品です。 毎週日曜日に予約投稿してあるのでゆっくりお楽しみください。 現在最新話でアンケートを実施しています。17日が終わるまでの間受け付けていますので、興味がある方は気軽に入れてください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • シンデレラにはならない

    少女たちは抗うーー剣ではなく言葉で

    290

    0


    2021年4月10日更新

    魔法はないけれど不思議はある、神様が作った世界で。精霊が建国したという伝説の残るとある国の、とある村に、変わった姉妹が住んでいた。 男装を貫き姉のことが好きすぎる妹は、実はこの国の王女様だったようで――!? しかし彼女は王宮に戻ってほしいと頼まれたのに、「姉さんが一緒じゃないと行かない」と言い出す。王家のお家騒動に巻き込まれることになった主人公の明日はどっちだ。 * * * ストックがなくなるまでは(7月くらいまで)毎週投稿。 ノベプラ初心者につき、システム辺りの理解が追いついてません。何か間違ってる時はご指摘くださいな。 『小説家になろう』からの移植 2020.12.31 あらすじを変更

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 夜霧の騎士と聖なる銀月

    この地の全ての民が幸福でありますように

    37,100

    0


    2021年4月10日更新

    伝説上の生命体・妖精人(エルフ)の特徴と同じ銀髪銀眼の青年キリエは教会で育った孤児だったが、ひょんなことから次期国王候補の1人だったと判明した。 孤児として育ってきたからこそ貧しい民の苦しみを知っているキリエは、もっと皆に優しい王国を目指すために次期国王選抜の場を活用すべく、夜霧の騎士・リアム=サリバンに連れられて王都へ向かうのだが──。 ※小説家になろう・カクヨムにも掲載しております

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間53分

    この作品を読む

  • 原点の書と崩壊までの序曲 〜大幅改訂版!〜

    その信念だけは、決して折れない──

    21,700

    200


    2021年4月10日更新

    ──俺は、結局・・・・・・何をしたかったんだ・・・・・・? レイン・クロフォード。『何事もマイペースに。億劫な事は適当に』が座右の銘である彼はある日、鉄道を降りて仕事を済ませた帰りに、ローブ姿の少女に爆殺されかける。すぐにその場から逃げたが、追手が徐々に彼を追い詰めていく。逃げ切れないと判断したレインによって、なんとかローブ姿の集団を制圧した。しかし、集団のリーダーが口にした〝ウロボロス〟という単語。その単語に、レインは途轍もなく嫌な予感を覚える。 後日、上層部からの指示で、帝都に向かう予定だったレインと同僚のステラは、フラウラの森での失踪事件を捜査する事になる。失踪事件の解決後に感じた嫌な視線。 そして〝ウロボロス〟という、たったひとつの単語。全ては始まりの書〝原点の書〟に記されている。 レイン達は、知ることの恐怖、知ったあとの絶望に打ち勝つことは出来るのだろうか? 面倒な汚れ仕事を彼が続けている理由とは? 魔獣や紛争による社会問題が目立つ裏で、ある巨大な組織がレイン達に忍び寄る・・・・・・! ※この小説は、改訂版です。ご注意下さいっ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • <希空> と <奏多> と <魔法学青春誌[スプリングノート]>

    我が道つっ切れ青春反抗記

    4,100

    0


    2021年4月10日更新

    かつて、英雄とまで言われた伝説の風の魔法使い。その孫であるクロード・クロナードは強くて優しい魔法使いに憧れていた。 しかし、一難あって、また一難。彼の元には次々とトラブルが... 図々しいロックンロール少女、自由奔放な発明少女、クールな優等生狩人。 爆発だらけの先輩学生に、色々と不安要素満載な生徒達。 クロード・クロナードの反抗記が始まる____

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間13分

    この作品を読む

  • やりなおし貴族の聖人化レベルアップ

    悪役貴族ポジションから聖人を目指します。

    7,000

    0


    2021年4月9日更新

    冬のある日、セリムは悪魔の誘惑に負けて魔人化した。 彼は勇者に殺されるまでに、王都の民や貴族を虐殺し、王国に悪魔が押し寄せる引き金を引いてしまった。 セリムの死後、悪魔たちは王都を陥落させ、王国を滅亡させる。 悪魔に囚われ、魂だけになって王国の滅亡を見ていたセリムは、気付けば、なぜか14歳の自分に巻き戻っていた。 目の前に浮かぶのは、透明な板に書かれたメッセージ。 《 あなたは求道者になりました。正しい行いをし、徳を積むことでレベルが上がります 》 強さも権力も持っていた。しかし、それでは足りなかった。自分だけのレベルアップで、破滅の未来を変えていく。 ※4/3~各話文字数など、調整改稿している部分があります

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間51分

    この作品を読む

  • 碧色閃光の冒険譚 ~竜の力を宿した俺が、美人魔導師に敵わない~

    剣と魔法の王道物。これぞ最強キャラ小説!

    122,651

    115


    2021年4月8日更新

    竜の存在を信じるかい? 絶滅してから二百年。今や夢物語だ。 でもな、俺の秘密を知る奴は、きっとこう言うはずさ。 あいつは竜の化身だと。 大型魔獣も圧倒の、無双の力を手に入れた。 冒険者の俺に与えられた称号は「碧色の閃光」。 力の謎を解くための旅だったのに、 美人魔導師との出会いが運命を変えたんだ。 きっとこれも何かの縁だ。酒なら奢るよ。 俺の話にとことん付き合ってくれ。 夢と興奮に溢れて、少しスケベな冒険譚。 決して退屈させねぇよ。 著作者:帆ノ風ヒロ 無断転載は固く禁じます。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18時間11分

    この作品を読む

  • ENDLESS CORD (エンドレスコード)

    何万年経っても、記憶を取り戻したい

    36,400

    0


    2021年4月6日更新

    「どうしようもなくなって消えたいと願う者が、生きたいと願う者に永遠の命を与えてこの世から去るのも、まぁ悪くはない。……オレはそう、思わないけどな」 魔術、魔法、潜在能力が入り乱れるこの世界。人でもなく、魔獣でもない主人公たちは一体何者で、どうして過去の記憶を失っているのかを知りたかった。魔術の始祖であり、人に魔術を与えた主人公は、ともに歩む者たちを率いて、記憶に繋がる何かを見つけるため行動する。魔術だけに頼らず、さまざまな依頼を解決していくうちに、手がかりになるものがあると信じて。 ※恋愛要素などは一切ありません。男性キャラが多いので、女性向けだと思います。 ※2021年1月19日 30話全ての内容を修正しました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む

  • 【BL】黒髪のエルフ

    少年少女が紡ぐ、絆と愛の王道ファンタジー

    8,800

    5


    2021年3月31日更新

    記憶喪失の少年は、黒い髪の白エルフ・ユナと出逢った。 真面目で心優しい彼は、闇に堕ちたエルフ……ダークエルフと同じ黒髪を持つがゆえに迫害され、傷つきながらも【魔王】を倒す旅をしていた。 国を追われた半獣人の姫・リサ、ユナを何かと気にかける騎士団員・イオを仲間に加え、四人は絆を紡いでいく。 そして明かされる、残酷な真実……。 「これは、【魔王】に関する最初のお話。 君が生きるための、過酷な物語……」 ――君を信じてる、何があっても。 +++ ※BLです。女の子もいます。 ※しんどい展開あります。 世界から嫌われた主人公と、彼を信じ支える仲間たちの愛と絆の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

  • 追放された剣士の冒険譚

    追放された剣士が新天地で紡ぐお話

    800

    0


    2021年3月27日更新

    エリクシア王国の孤児だったケリンは、今まで入っていたギルドから追放される。 だが、ケリンは剣士だったため、扱いが酷かったこともあり、解放感に満ちていた。 そこでケリンは心機一転に、隣国でやりなおす事にした。 そこで少女からギルドの誘いが来たことで、彼の成り上がりの冒険譚が幕を開ける。 【この作品は「ノベリズム」にて先行して公開しているものです。 この度「小説家になろう」以外にもこの「ノベルアップ+」でも公開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 月下のアトリエ【挿絵入り】

    非チート非ハーレム昔ながらのファンタジー

    219,830

    3,505


    2021年3月27日更新

    田舎町のよろず屋魔術師アミュウ。 義姉ナタリアの縁談相手であるうさんくさい性悪牧師、聖輝と出会ってアミュウの運命は動き始める。 見合いの日、ナタリアをかどわかそうとする聖輝を相手に、姉を取り戻そうと奮闘するアミュウ。 「わが四方に五芒星は燃えて、柱の上に六芒星は輝けり。因縁を断ち切れ!」 二人に縁切りのまじないをかけたら、思わぬ副作用で二人の記憶の一部が失われた。 さらにアミュウは不思議な夢を見るようになって……? ◆異世界が現地、昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はカバラを踏まえた本格派。5話から物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた大河小説で、伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。恋愛要素はビターかつサワーです。 ◆筆者の描いた挿絵がございます。第三章までは毎話挿絵、第四章からはときどき挿絵を挟んでおります。苦手な方はお手数ですが非表示設定にしてください。(右上「表示調整」から「挿絵表示中」をクリック) ◆最新話は「小説家になろう」にて連載中。 三部構成予定のうち、第三章にて第一部(カーター・タウン編)完。 第四章より第二部(ソンブルイユ編)突入! ◇第一章ではアミュウたちと聖輝の出会いが語られます。 ◇第二章では新たな登場人物ジークフリートも加わり、過去へ過去へと伸びていく運命の糸はますます絡まっていきます。 ◇第三章ではアミュウと聖輝の関係に緩やかな変化が訪れ、教会内部の勢力抗争が垣間見えます。 ◇第四章は舞台を王都の玄関口、ラ・ブリーズ・ドランジェに移し、調香師の恋物語をお届けします。 ◆非チート非テンプレ非ハーレム、異世界が現地。昔ながらの王道ファンタジーです。美味しい料理にハーブティーが登場。魔術はオカルトに幻想を乗算した本格派。5話ラストから物語が動き始めます。 ◆アミュウの人生に作中歴史を絡めた、ある種の大河小説とも言えます。伏線と描写もりもり。設定ははじめチョロチョロなかパッパ。 ◆筆者の描いたイラストがてんこもりです。気になる方は本文ページ右上の「設定」から、挿絵非表示の設定になさってください。 ※ 「小説家になろう」にて最新話連載中。 ※ Twitter企画「第二回いっくん大賞」文章力部門受賞。ありがとうございました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間24分

    この作品を読む

  • 【emergency】魔法使いは、喋る伝説の聖剣を拾って旅に出る……魔術書も買わずに。

    再改稿中! 魔法使いと聖剣のバディ物語!

    285,200

    6,735


    2021年3月26日更新

    【2021年2月~書き直し実施中】 ・各場面の加筆、削減を行い、より分かり易く ・文章の見直しを行い、より読み易く 話の大筋は変更しませんが、人物登場時期などが若干前後するかもしれません。 2021年3月15日時点で【5】章を改稿中。 モンスター討伐の冒険者「バスター」を目指す魔法少年シークは、ある日、森で立派な剣を見つけた。 けれど、魔法使いになるのに剣はちょっと……。 と、元の場所に置いて帰ろうとしたら。 「よし、見なかった事にしよう。俺にはどうしようもない」 「はい!? ちょっと、ちょっと、まさか置いていくつもりかい?」 えっ? 今、剣が喋った!? しかも元の持ち主は300年前の伝説の勇者だったと言いだして……!? ああでもない、こうでもないとおだやかな掛け合いを見せつつ、 拾ってしまったが為に聖剣バルドルに言われるがまま剣術で戦うシーク。 色んな人と出会い、色んな場所を巡り、モンスターとの死闘を繰り広げ、 少し他人よりお人好し過ぎるだけで普通の田舎の純朴少年だったシークは、 いつしか仲間と共に英雄と呼ばれるようになっていた……。 魔法を使いたい魔法使いと、剣術で戦わせたい喋る伝説の聖剣が共に旅をする、 ギャグあり、シリアスありの冒険バトルファンタジー! 白熱の戦闘シーンや、シークとバルドルのアメリカのコメディドラマのような、リズミカルで愉快な会話を是非お楽しみ下さい。 * * * * * * * * * * * * * * * * * * 2020.12.07 改稿のため公開再開。 ブックマーク、応援ptやスタンプ等は有難く頂戴いたしますが、 ノベラポイントは遠慮させていただきます。その分、他の方の応援に回して下さい。 完結しましたので、期間限定と謳っていた会話風コメント返信は終了です! 連載中の応援、有難うございました! ※小説家になろう、カクヨムでも公開中です(内容は同じです) 小説家になろう版 160万PV突破、日間ハイファンタジー最高68位! 有難うございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間4分

    この作品を読む

  • ユキノステラ 〜凡骨傭兵と世界最強の吸血鬼〜

    人間×吸血鬼×合法ロリ+オカマッチョ

    200

    0


    2021年3月23日更新

    体術や魔法の才能が軒並み平凡な傭兵クラウドの周りには、合法ロリな姉、変態のイケメン、ムキムキマッチョなオカマetcなど、あまりに濃い仲間がいっぱい! そんな彼が森の中で出会ったのは、世界最高峰の種族、吸血鬼のユキ。空腹で死にかけていたところをユキに助けられたクラウドは、何やかんやあって彼女と友達になることになるのだが、ある日を境にユキを巡る事件に巻き込まれていくことになる。 チート? 特別な血筋? そんなものは一切ない! あるといえば復讐のために身につけた中途半端な知識と経験と、全然言うことを聞いてくれないじゃじゃ馬な武器だけ。これは生粋の弱者であるクラウドが、死ぬ気で足掻き、血反吐を吐きながら勝利を掴む物語。 復讐の道を断たれた傭兵と吸血鬼が紡ぐ破茶滅茶ファンタジー。ここに開幕! なろうとカクヨムにて同作品を投稿しています。そちらもよろしくお願いします。 なろう https://ncode.syosetu.com/n3260gm/ カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054897223074

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む