琉歌

検索結果:1件

  • 黒糖風味語訳『みだれ髪』

    沖縄の琉歌で「みだれ髪」15首を表現

    0

    0


    2022年1月5日更新

    日本本土の和歌に対し、沖縄に古くから伝わる歌形式を琉歌(りゅうか)といいます。基本的に八・八・八・六の三十音で詠みます。 長編小説「サザン・ホスピタル」https://novelup.plus/story/469652282 のヒロインである東風平多恵子(こちんだ・たえこ)は、主人公の上間勉(うえま・つとむ)から「(結婚したら)毎日琉歌詠もーねー!」と言われてしまいました。 いちおう頑張って作っていたらしいんですが、早くもネタ切れを起こした多恵子さん。無謀にも与謝野晶子の不朽の名作『みだれ髪』に手を出してしまいましたとさ……。 ここには、『みだれ髪』に収められた多くの歌の中から、十五首ほど抜き出して琉歌風にアレンジして並べてみました。が、原歌とはかなり、かなり違ってしまっています(汗)。勉君が頭を抱えて苦笑いする姿を思い浮かべながら、お楽しみください。 なお本作品は「第3弾 沖縄・糸満の軽石被害に寄付しようキャンペーン」に参加しています。詳細はURLからアクセスできます。https://ameblo.jp/ulkachan/entry-12751027305.html

    読了目安時間:2分

    この作品を読む