甘々

検索結果:59件

  • 屋上で2人きりのマジックショーを!

    ♡65,200

    〇380

    恋愛/ラブコメ・連載中・27話・52,572字 道野クローバー

    2021年1月25日更新

    藍野隼也《あいの しゅんや》は陰キャで人見知りの少年である。けれどそんな藍野には『マジック』という、誰にも負けない特技を持っていた。 藍野はその持ち前の器用さと発想力で『超天才マジシャン少年』と呼ばれる程の実力者に上り詰めるのだったが……とある事件がきっかけで、人前でマジックを披露しなくなってしまった。 ……それから数年後。高校生になって更に陰キャを拗らせてしまった藍野は、誰に見せるわけでもなく授業中にこっそりコインをイジって遊んでいた。 そんな時……隣の席の元気っ子美少女、雨宮陽菜乃《あまみや ひなの》と目が合ってしまう。 その時は特に気していなかった藍野だったが……何故かそれ以来すっかりと懐かれてしまい、毎日話しかけてきたり、藍野にしか伝わらないような暗号を黒板に書いたりするようになった。 そして最終的にマジシャンであることに気付かれてしまった藍野は陽菜乃に「マジシャンであることを黙っててくれ」とお願いをする。そしたら陽菜乃は。 「いいよー! でも1人でコソコソやるくらいならさ、私にもっと見せてほしいな!」 「え?」 「マジックをだよ!」 それから放課後の屋上で藍野のマジックショーが定期的に開かれるようになって……次第に2人の距離が縮まっていき、お互いに惹かれあっていく。そんな2人の甘々青春物語。 ── マジック要素は少しだけあります。小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

  • ドタバタほっこりラブストーリーです。

    ♡1,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・66話・192,767字 小海音 奏

    2021年1月25日更新

    ある日、同居していた姉から恋人と二人で暮らしたいから引っ越してほしいと告げられ、紗倉華鈴は新しい家を探すことになった。 恋人の塚森一緑にグチをこぼすと、一緑はある提案をした。それは、一緑が住むシェアハウス『AKANA』で同居しないかという内容だった。しかし、同居しているのはセクハラ上等の大家や女性恐怖症の小説家で――?! 七人の個性豊かな住人たちとの賑やかな日々が、幕を開ける。

  • ゆるい!甘い!でも、噛み合ってない!

    ♡11,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・10,028字 浅倉喜織

    2021年1月25日更新

    勇者によって壊滅した魔王軍の元幹部・アシュリー。プライドが高く生意気、自分の美貌に絶対の自信を持つ美少年は、魔王亡き後路頭に迷っていた。 そんな時、偶然にもアシュリーを拾ったのは、大国の美形騎士セオドアだった。 イケメン天然騎士×生意気小悪魔ビッチ美少年(処女)の、噛み合わないけど甘い……でもやっぱりじれったい日常。

  • 今更「お慕いしてます」なんて恥ずかしい

    ♡21,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・14話・46,043字 茄子

    2021年1月22日更新

    第一王子と公爵令嬢は、さかのぼれば血縁関係もある幼馴染であり、同時に家が決めた政略結婚の婚約者同士である。 互いにひとめぼれながら、その思いを告げられないまま十年以上の月日が流れ、初恋を拗らせた二人は「どうせ相手は自分のことを政略結婚の相手としかみてない」と自己完結している。 そんな彼らの間に、伯爵家の庶子の双子が割り込んできてかき回していく。 両想いなのになかなかうまくいかない二人は果たしてお互いの気持ちを確認しあい、結ばれることができるのか。

  • 残念美人幼馴染最高!!!!

    ♡8,460

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話・19,223字 完全理解したかえる

    2021年1月20日更新

    霧崎梨音――俺の幼馴染は、超美人でしかも成績優秀、運動神経抜群のすごい奴だ。 でも、なぜかそんなハイスペック幼馴染はさえない俺にばっかり世話を焼いてくれて、 おいしいご飯を作ってくれたり、一緒に登校してくれたりする。 正直めちゃくちゃ嬉しいし、有難いんだが…… 「俺の家の合鍵を自作して、俺の部屋のエロ本を勝手に探すのをやめないか?」 「ふん。私は幼馴染だし、そのくらいいいでしょ」 「ええ……」 過保護な幼馴染の前に、俺のプライバシーは無いも同然なのだった。 これはちょっと残念な美人幼馴染とさえない男の、奇妙で優しいラブコメディー。 小説家になろう様でも投稿しています。

  • BL☆新入社員・ひとめ惚れ同士

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話・40,210字 悠里

    2021年1月18日更新

    一目惚れだけど男と付き合うのは無理。しばらく片思い生活を楽しんで、忘れるはずが…?

  • 媚びろ、流されろ、ヘラヘラ笑え。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・11,414字 とこー

    2021年1月17日更新

    これは他者に媚び、おだて、空気に読んで逆らわず、それでも大切なものだけは守らんとするかっこいい者たちに送る、キョロ充賛歌である。 花崎春樹の職業は学生にして、キョロ充。 今日もクラスメイトである炎の女王とイケメン王子の側で、ヘラヘラ笑いながら青春を過ごしていた。 いつもの如く"わざとじゃんけんで負けて”グループ分の飲み物の買い出しに行ったところ、同じく買い出しに来ていた別グループのキョロ充少女・灰咲恵良と出会う。 しかし、花崎は灰咲の弱々しい態度に苛立つ。 それでも苛立ちを隠しながらキョロ充らしく手早く灰咲を助けた彼はそこで全てが終わりだと思っていた。 だが、そうは問屋は卸さない。なんと花崎と灰咲はマンションの隣人同士だったのだ。 キョロ充へのプライドを持つ花崎は、キョロ充に向かない灰咲に「リア充になること」を提案するのだった。 そうしてなんやかんや暗躍するうちに花崎と灰咲の距離が縮み、花崎が隠していた本性が認められていったり、女王だなんて言われる学園二大美女に目をつけられたりしちゃうお話です。 ※他サイト様でも投稿中です

  • スケブ少女と季節巡る学園ラブコメ

    ♡52,100

    〇770

    恋愛/ラブコメ・連載中・52話・129,581字 帝亜有花

    2021年1月15日更新

    月島 ほのかはとある特徴のせいで転校先では学校で超モテる男子二人がお世話係? 先輩や保健室の先生にまで迫られてドキドキしっぱなしの毎日! ちょっと天然で食いしん坊なスケブ少女が織りなすほのぼの系でたまに友情と笑いを詰め込んだラブコメ(多分) *ifシリーズは季節のイベント的な? 感じで出しています。時系列はバラバラです。SSとしてお楽しみください。

  • 年下にゃんこ系イケメンは好きですか?

    ♡400

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・8,741字 安東門々

    2021年1月13日更新

    今年で29歳の完璧アラサー街道を歩き続ける神薙 紗香(かんなぎさやか)は、仕事一筋のキャリアウーマン。 男の気配はまるでない。自身でもわかっていたが、中々仕事以外に目がいかなかった。 そこで、自分へのご褒美ということで、少し高いマンションを購入してしまう。 自分の城ができたと思い、ウキウキして部屋に入るとそこには、なぜかお風呂から出てきた取引先のアルバイトくんがいた。 表紙絵 ※ もみじこさん

  • ラブコメ短編、好きな方へ

    ♡4,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,645字 えねるど

    2020年12月28日更新

    弓月 氷柱(ゆみつき つらら)に勝ちたい――。 幼少から始まった俺と弓月との様々な勝負。 俺は負けた悔しさから勝負を挑み続けるが、次第に悔しさよりも大きな感情に気付く。 勝たなければならないのに、一生勝てないお話。

  • 2020年12月24日更新

    『ハルアキくん、大きくなったら結婚しに行くから待っててね』 『うん、ヒナちゃんが来るのをボクずっと待ってるから』 ボク――古賀春明は、幼い頃にかわした約束を今でもずっと大事に覚えていた。 いつヒナちゃんが帰って来てもいいように、それなりに頑張って生きてもきた。 そんなボクの前にある日突然、鴻池陽菜(こうのいけ・はるな)というお嬢さまが現れ、なぜか1か月間『お試しお付き合い』をすることに――!? ヒナちゃんとの淡い初恋の「思い出」と、陽菜と過ごす楽しい「今」に揺れるボクは、1か月後どんな選択をしているのだろうか――。 ーーーーーーーーー 「ハルアキくん♪ お・待・た・せ♪」 お洒落な私服に着替えた陽菜がぴょこっと顔を出した。 「えっと今、陽菜はどこから入ってきたの?」 「もちろん隣の部屋からですよ?」 「隣って確か陽菜の寝室だったよね?」 「いちいち廊下に出てから行き来するのでは同棲感がないので、わたしの部屋と寝室、そしてハルアキくんの部屋をつなげてもらったんです」 「ええっ!?」 慌てて陽菜が顔を出したドアから隣の部屋を覗き込むと、 「つ、繋がってる……!?」 「どうです? これで同棲の雰囲気が上がってきませんか?」

  • イチャイチャ系、お姉さん、糖度500%!

    ♡1,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・21話・31,953字 青空零

    2020年12月20日更新

    日本での生活に憧れていた日本人とカナダのハーフ、大塚和樹(おおつかかずき)は26歳になり家族の元を離れ、念願の日本での一人暮らしが始まった。 そんな彼を待ってていたのはただ仕事をし帰ってくるだけのつまらない生活。毎日、寂しい日々が永遠と続くと思っていた彼と元にやってきた、お隣の美人なお姉さん雪森雫(ゆきもりしずく)だった。 「私の前では頑張らなくってもいいんだよ?よしよし♡」 やたら和樹を甘やかそうとする。 「なんでこの人はこんなにも俺に構うんだよ…」 しかし、時には、 「かずくん、構って〜」 と、和樹に甘えたりもする。 二人のイチャイチャ、ピュアピュアで、バットエンドは絶対に無い!そんな感じの糖度500%の甘々ラブコメです。

  • 主人公最強ものです

    ♡6,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・54話・148,105字 洸夜

    2020年12月20日更新

    魔王バエルに対抗する勇者や魔術師を養成するため、中立都市に設立されたグランレイヴ魔術学院。 バエルの息子であるゼノス・ヴァルフレアは、人間たちの力を見極めるという任務を受け、種族を偽り学院に潜入する。 しかし、潜入初日に出会ったルナミス王国の第一王女、イリス・レーベンハイトに一目惚れをしてしまう。 対するイリスもゼノスに一目惚れをするのだが、お互いに想いを伝えることができないでいた。 ゼノスは任務よりもイリスのことが気になってしまう。 ある日、課外授業でイリスと二人きりでダンジョンに潜ることになり、その時の出来事がキッカケでお互いの想いを伝え合った二人は結ばれたのだった。 しかし、身分が邪魔をして、今のままでは堂々と付き合うことができない。 誰の目も気にせず付き合うにはゼノスが『偉業』、つまり魔族を倒し、勇者に選ばれる必要があるとイリスは言う。 俺、魔王の息子なんですけど…… 「私のために、勇者になってくれますか?」 イリスの願い、ひいては自分のために勇者になることを決意したゼノスだが、本来現れるはずのない高レベルの魔族に襲われたり、帝国の皇帝に気に入られたり、その娘である第一皇女からは執拗なアピールを受け、息子の第一皇子からは友になれと迫られる。 ゼノスはさまざまな障害を乗り越え、二人の仲を進展させることができるのか⁉︎ これは愛する彼女のために、立ちはだかる敵を無双する男の物語。

  • 初めまして、よろしくお願い致します。

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・12,919字 太陽と月

    2020年12月11日更新

    年上のお姉さんと過ごす甘々日常です、 誤字、ご指摘あれば言って頂ければ嬉しいです。 よろしくお願い致します。 主人公・男の子 春夏冬 律(あきなし りつ) 18歳 169cm あまり賑やかなキャラクターではないが自分の思っていることは言える。 慣れていくまでは柔らかい口調で話すが、慣れてくると少し荒くなる。 童顔で声は少し高い方なので、男友達といるときはたまに女の子のような扱いを受けることもある。 甘やかされたい一面もあれば、甘えたい面もあるので、包容力のある女性に憧れを持っている。 私服は黒のスキニーが多く、パーカーなどラフな格好が好み。少しダボっとしたサイズの服を多く着ている。 春から一人暮らしを始めたため、まだあまり慣れていない 自炊は得意ではなく、一人暮らしを始めてから学ぼうと思っている。 お姉さん 秋月 由良里(あきづき ゆらり) 23歳 158cm 大学を卒業して入社した2年目の社会人。素直な性格で周りの意見もよく聞ける。明るく面倒見が良いので学生時代はよく頼られていたため、自分の悩みを他人に打ち明けられず抱え込んでしまうところがある。 私服はズボンよりスカートの方が多く、ロングスカート、ワンピースなど露出度は少なく、ゆったりした格好が多い。 大学時代から一人暮らしをしており、自炊も慣れてきた 男性経験は大学の際に付き合っていた人がいたが、自分の本心を打ち明けられないまま終わってしまっている。 その時の彼氏に同意のないまま押し倒され、少しだけ男性に恐怖心を抱いている。 設定はあとから訂正、追加すると思われます。ご了承ください。

  • 「ようこそ、十八禁の世界へ」

    ♡16,900

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・35話・91,320字 春一

    2020年12月5日更新

    大学受験で二度目の失敗をした新城海翔は、一切の望みを失っていた。改めて勉強をする気力も、バイトをする気力もなかった。家でうじうじと無駄な時間を過ごしていたが、家族の無言の圧力に耐えかねて、家出を決行する。それが単なる現実逃避と知りながらも見知らぬ土地をさ迷い、ある町で一人の女性、真澄真優と出会う。 社会人生活一年にして会社を退職し、落ち込んでいた真澄真優と、お互いの窮状を打ち明け会うことで意気投合。急展開で男女のお付き合いをすることに。 恋愛経験ゼロの海翔は、真優とのオトナの恋にたじたじ。それでも、真優と付きあっていくなかで、次第に自分の行く道も見えてくるように……。

  • 2020年11月27日更新

    ステータスの可視化に成功した世界で、高校に行かず引きこもっていた柿崎源は、高校で〝聖女〟とも〝魔女〟ともされる学級委員の幸田春によって、登校を説得された。 春の人間性に惚れた源は迷った末、登校再開を決意する。 かくしてステータスの上昇やスキルの獲得による人材の合理的育成を目的として設立された第一高校に入学した源だが、彼は実は〝プッストマスター〟などと呼ばれる、世界最高峰のステータス保持者だった。 「学級委員になってほしい」 「誰も、あんたのことをダサいなんて思わないわよ」 「当たり前だろう。見込んだ男は、手放さない主義なんだ。特に、女を守るために何だってする男はな」 「そういうのもさ、俺は全部、源のおかげだって思うぜ」 万能超人な源を認めてくれる人が少しずつ、けれど確かに増えていく。 それに伴って源と春の距離も、どんどん縮んでいき……。 ステータスの世界から自らを追放した源は、知らなかった。 自分の言葉が、力が、才能が、誰に影響を与えていたのかを。 そしてステータスの世界は知らなかった。 ステータスを極めた少年の、ステータスを超えた力の正体を。 ――ちょっとだけ、好きだよ。私のヒーロー これはチート級のステータスを持つ少年が、ステータスなどぶち壊して〝青春〟をエンジョイするラブコメディである。 ※当作品は単純な甘々じゃない、不確かな甘みを味わいたい方にオススメの綿飴でございます。 ※小説家になろう様、カクヨム様でも投稿

  • ジト目ショタ&のじゃロリ義妹&お姉さん達

    ♡13,400

    〇450

    恋愛/ラブコメ・完結済・62話・135,544字 カオス饅頭

    2020年11月26日更新

    蒸気機関と錬金術を合わせたスチームパンク技術、【錬気術】の誕生により、剣と魔術による魔物退治の時代が終わってはや数年。 名門貴族のラッキーダスト侯爵家の次期当主、アダマス・フォン・ラッキーダスト(12)はミステリアスぶってはいるもの、内気で思春期真っ盛りな健全な男子であった。 そんな彼がある日「あ~彼女欲しい」との独り言の後に、どんな女の子と恋愛したいのか具体的に言っていたところ、それを絵にしたような女の子がいつの間にか目の前に現れていて、全部聞かれてしまう。気まずく恥ずかしい気持ちで、父にこれはどういう事かと聞いたところ「お前の新しい妹だ」と押し付けられてしまうのであった。 しかもこの妹、色々と訳アリだ。だが健全な男子ならどうする。決まっている、愛でるに決まっているじゃないか!さあ、一緒に街を冒険だ! 貴族なのでお姉さんのハーレム(合計二名)持ちです。なろう様にも掲載させて頂いております。

  • 双子ヒロインとのイチャイチャ日常ラブコメ

    ♡39,200

    〇1,715

    恋愛/ラブコメ・完結済・120話・411,651字 taqno

    2020年11月22日更新

    「陰キャの俺に美人の双子姉妹が友達とかありえないだろ…」 俺、進藤亮は友達が少ない。そんな陰キャの俺はある朝、読モをやっている美人同級生 朝倉さんのハンカチを拾う。 本人に渡すという選択肢もあったが、女子と話すなんて無理だ。朝倉さんの担任に渡しておけばいいだろう。 思えばこの時の選択が、俺の学園生活を大きく変えてしまうのだった。 拾ったハンカチは読モで有名な朝倉さんのものではなく、実は双子の姉である朝倉ミカのものだったのだ。 姉のミカは大人しくてアニメが大好き、妹のユカは快活で明るい性格で、二人の容姿はそっくりなのに性格は正反対。 そんな双子の美少女姉妹と落とし物を拾った縁で友達になってしまう俺。 それからというもの、学校一の美少女朝倉ユカとその姉朝倉ミカ相手に毎日ドキドキさせられてばっかりだ! 俺の今までの平穏で灰色の陰キャ生活がガラリと変わってしまったじゃないか。 落とし物を拾っただけで、陰キャが双子の美少女と仲良くなっちゃっていいのか!? 双子ヒロインとの高低差ラブコメ、ご覧ください! ※この小説はカクヨム様にも投稿しています

  • 友達以上、恋人未満のジレジレな関係

    ♡1,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,676字 細木あすか

    2020年11月15日更新

    『今まで視界にも入らなかった地味なクラスメイトが、実はかなりのイケメンチャラ男だったなんてことある?』のショートストーリー。 1話完結なので、本編を読んでいない読者さまもお楽しみいただけます。 鈴木梓:家庭的ギャル。ちょっと鈍感な女子高生。 青葉五月:イケメン刺青男子高生。刺青の奥には、傷害事件に巻き込まれた時に出来た大きな傷がある。

  • きゅんとする瞬間〜ショートショート〜

    ♡2,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・587字 咲良

    2020年11月5日更新

    きゅんとするセリフでのショートショート