生物

検索結果:2件

  • 学問で勝つ!異世界“積分”ファンタジー!

    ♡3,400

    〇500

    異世界ファンタジー・連載中・55話 ふーみん

    2020年5月14日更新

    ──まず初めに、これは数学オタクだった高校生が異世界で“積分”を繰り返して成り上がるお話である。 「ジェットコースターを積分する。」 一見、馬鹿みたいな夢であるが、それが数学オタクである葛木一也の夢だった。一也は数学という学問をこよなく愛する高校三年生である。 ジェットコースターを積分するために──小学校からの顔なじみである水谷由香里とデートに行くこととなり、某遊園地でジェットコースターに乗った。しかし、ジェットコースターが急降下しようとした瞬間、安全バーが一也のところだけ上がってしまい、あっさりと外側へ投げ出されて一也は死んだ。 そして一也が目を覚ますとそこには、見慣れない家具や文字が目の前に広がっていたのだった。グラルと名付けられた彼は7歳の洗礼を受けて【積分魔法】を手に入れることになる。 「これでジェットコースターが積分できる……!!」 この作品は他サイトにも投稿しています。

  • 骨格画、骨格描画。

    ♡23,600

    〇650

    童話/絵本/その他・連載中・6話 Wluf_Ulu

    2020年3月23日更新

    僭越ながら、趣味の骨格画の公開への試み。 【補説】 骨格画とは、生物の骨格あるいは標本を描画したものです。芸術または美術の分野で、骨格画という形式はありません。僕が骨格の描写を好んで、骨格図や骨格標本を区別して呼んでいます。ちなみに美術解剖学という分野が存在します。 僕は骨格標本の書籍や図鑑を用いて、あくまでも抽象的に描いており、正確性あるいは鮮明な描画は目指されていません。生体が自然界で躍動する一抹の現実を、生体の骨格から垣間見ることに魅力か、進化の神秘を感じて好奇を寄せています。 具体的に「骨格図」とは、骨格の部位を記載した解剖学的な教示と定義して区別したいと、さらに「骨格標本」とは、動物の骨格を取り出して標本を作製したものより現物のものか、あるいはその写真と定義して区別したいと思います。 【主に骨格画の参考に使用する資料】 湯沢英治氏,東野晃典氏(2013)「REAL BONES 骨格と機能美」早川書房. ジャン=パディスト・ド・パナフィユー氏,パトリック・グリ氏(2011)「骨から見る生体の進化」河出書房新社.