産婦人科

検索結果:1件

  • 2020年5月30日更新

    親に反抗して美大を目指していた益子優太郎は親が入院している病院に行ったところ、そこで働く看護師に一目ぼれ。 再会するには産婦人科医になるしかないと思い、彼女のいる病院に就職するが入社式当日にハラスメントにあい、配属された場所は循環器内科。 数年後にようやく産婦人科に配属されるが、新規規則の導入による大きな人事変更、新病棟の建設、電子カルテの導入による過去データの消失があり高校生の時に覚えていたあの病棟はすでに無く・・・。 配属早々に迷子の幼女を抱きかかえ分娩室に滑り込んだ結果あだ名がラッコにされてしまった益子医師による心の叫びと長期間こじらせた片想い、おまけ程度の病気・治療についての解説を記載していく。 短編集にしていく予定なので、気になったタイトルから読んでいってください。 「心と身体フェア」を見て参加せねば…と思い書き始めました。暑い日のソーメン啜るぐらいの気持ちでさらさらと読んでください。 ※適宜削除・修正したり、話の順番を入れ替えたりすることがございます。