田舎

検索結果:81件

  • 倉敷柚子葉の浮世事情

    想うはあなた一人

    11,650

    0


    2022年12月3日更新

    倉敷柚子葉の甘酸っぱい恋物語。自称、保健室不登校系金髪美少女、七歳だった倉敷柚子葉は十年振りに再会した八童志恩と念願のファーストキスを果たす。 彼との結婚の条件はただ一つ”高校の卒業”だ。 私立の女学園に通っていた女子高生の柚子葉。彼女にとって二回りも歳が離れた志恩という存在は、特別以上なものだった。 十年前の九月二十日、七歳だった倉敷柚子葉は、東京郊外にある薬王院での参拝の帰り道、参道で出遭った一人の赤鬼に霊魂を奪われる。その時、赤鬼に告げられた言葉により、柚子葉は自身が平安時代に存在していた”沙華姫の生まれ変わり”だと確信する。 霊魂を取り戻そうとする兄、倉敷葉月と彼の友人の八童志恩は、参道の脇に佇んでいた”蛸杉”に吸い込まれ、行方不明になる。 それから十年の月日が経ち、倉敷柚子葉が十七歳を迎えようとした夏休み。祖父の家がある”八童子市の河口町”に訪れるが、その数日後、柚子葉は一人の陰陽師と出遭う。 絶体絶命の危機に陥り、死の間際まで追いつめられた柚子葉。 恐る恐る目を開けてみると、そこには十年前に消えたはずの”八童志恩”の姿があった。 「よお柚子葉、大きくなったな」 夏の蒸し暑さが残る夜。倉敷柚子葉を含めた一行は薬王院へと向かうが、十年前の九月を彷彿させるような化け物が参道に現れ、柚子葉は八尾山の山奥へと連れ去られる。 次第に濃くなっていく強力な瘴気。化け物が向かっている先には、化け物を凌ぐような化け物が存在していた。 滝場に連れていかれた彼女は、水面に突き刺さった”七度返りの宝刀”に手を伸ばし、一本の注連縄へと走り出した。 注連縄に封印された妖怪を解き放つ柚子葉。陰陽師と化け物に追い詰められていた彼女の前に現れたのは、戦国甲冑に身を包んだ一人の青鬼。 「童子よ、余の子を孕むつもりはないか?」 幼い頃から想いを寄せていた相手の登場、妖艶な雰囲気を漂わせる青鬼の登場により、柚子葉が抱いていた想いは妄想列車に乗せられ加速していく。 自称、不登校系金髪美少女の彼女を囲む男性たちの姿は刺激的なものばかりであった。 「志恩との結婚条件は”高校卒業”ただ一つ。俺はどんな誘惑にも絶対負けない!」 多くの困難が柚子葉の前に立ちはだかるが、柚子葉は志恩を想い続けた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間57分

    この作品を読む

  • おにぎり食堂「そよかぜ」

    優しいそよ風に包まれた田舎の食堂です

    21,200

    0


    2022年12月3日更新

    観光地からそれほど離れていない田舎。 山の麓のその村は、見渡す限り田んぼと畑ばかりの景色。 そんな中に、ひっそりと営業している食堂があります。 おにぎり食堂「そよかぜ」。 店主・桜井ハルと、看板犬ぽんすけ。そこへ辿り着いた人々との物語。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 最強『寺生まれのTちゃん』と美少女エルフさん ~現代妖怪は異世界ファンタジーの夢を見る?

    現代妖怪少女と異世界エルフ少女の物語です

    23,600

    0


    2022年11月30日更新

    『寺生まれのTちゃん』こと冬羽(とあ)は片田舎で暮らす女子高生。害をなす怪異を「破ァ!」の気合いで祓い(ぶん殴り)青春を謳歌していた。 そんな夏のある日、水田で『くねくね』に襲われていた少女を助けると、なんと「エルフ族」! 彼女は地下の『まる穴』を抜け、異世界から現代日本へ脱出してきたという。 「私達の世界は、星から飛来した邪悪な魔導師に滅ぼされました」 絶望的な悲劇を語るエルフの少女、ロリス。彼女を追うように襲来する異形のモンスター。それは魔導師レプティリア率いる異界の侵略者どもだった。 冬羽(とあ)は戦いを決意、『くねくね』のデバフ(SAN値削り)に『ターボババア』の神速、そして『八尺様』のチャームを駆使し、仲間と共に撃退する。果たして冬羽(とあ)は里の平和と「秘密」を守り抜けるのか――。 ★現代妖怪(ネットロア)×青春×異世界ファンタジー。異界の侵略者VS現代兵器と陰陽道。多次元クロスオーバー・オカルテックストーリー、応援いただけたら嬉しいです★

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • あめふらしがへし

    八尺様みたいな話です。

    0

    0


    2022年10月24日更新

    平成20年くらいの話。 陰陽師のおじさんがお供のおばけとともに村で起こった事件に対応なさいます。 見た目はいっちょ前なのですが、実は転職されて日が浅いため経験乏しく、苦戦されることも多いようです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間2分

    この作品を読む

  • Cherry-blossom ~水神楽町怪異譚~

    守ったげる。隔たり無く彼女はそう言うのだ

    36,300

    515


    2022年10月16日更新

    東北の田舎町~水神楽町~に住む少女〈月宮桜〉は、普通の人には見えないモノが見えてしまう。その力は不必要であり、彼女にとって障害でしか無かった。 しかし、夏休み前の不思議な出会いで、彼女は少しずつ変わる。 喜びも、悲しみも、ただずっと他人事のように感じていたことが、とあることをきっかけと、いろいろな出会いによって彼女は変わっていった。 それは桜にとって、良いことなのか、悪いことなのかわからない。 しかし、彼女は自分で信じる道を歩もうとしている。 親友クロに、自信を持って報告できるように。 この物語はフィクションです。 イベント、お祭りに聞き覚えがあったとしても、フィクションであり、舞台となったその町に妖怪や幽霊などがはびこっているわけではありません。当然、清生学園もありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間32分

    この作品を読む

  • ご近所物語 ハイブラウシティ

    近未来でのラブストーリー

    16,300

    0


    2022年9月16日更新

    西暦2068年。日本は超高齢化によって経済的に衰退していった。銃を持つほどの治安悪化。ノウハウというアンドロイドの出現。仕事がなくなる。そんな世界。 そんな中、夜鶴 公はど田舎A区と裕福B区の貧富の差の板挟みにあっていた。 B区からA区へ追放されると、近所にいた総理大臣の娘と出会い。 板挟みに挟まれながら、命掛けの恋愛に踏み切る。 やがて、二人は国を左右するハイブラウシティという出来事へと巻き込まれていった。 表紙画像フリー素材ぱくたそ様。 素敵な表紙をありがとうございましたm(__)m

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • カントリーガール

    田舎の少女と大都会の上流階級のお話

    16,900

    10


    2022年9月12日更新

    田舎の少女が大都会の上流階級に引き取られるおはなし。19世紀末のニューヨーク、マンハッタン。 *小説家になろうで、ページ割と改行・行間について勉強中です、、、改行ver.はそちらでご確認ください。。

    読了目安時間:3時間43分

    この作品を読む

  • 稲穂の神様

    ジャンルはこれでいいのだろうか・・・・・

    500

    0


    2022年9月5日更新

    民俗学を愛するご隠居が語る、昔見た神様とは――。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 何時何分の空にて

    海洋捜索ファンタジー略してSF。

    33,000

    0


    2022年9月4日更新

    あらすじ: 〜〜〜 昼近くの森林は静寂に包まれているはずだった。白衣を着た子供が草叢を掻き分け、何かから逃れようと足をせっせと動かしているのを除いて。 その右腕から肘にまでくすんだ赤色がへばりついていて、子供が踏んだ跡の枯れ草にゆっくり、点々と血を垂らしている。 「どうしてこのようになったんだろう」航空重砲艦は小さく呟いた。腕に感じる痛みを堪えて、後ろを一瞬振り返った。 ナイフを持った男が、物凄い形相で追いかけてくる。 〜〜〜 何かしらの理由で艦隊から逸れた航空重砲艦は、気がつくと意識が人間の子供に移っていた。 「機械の人工意識を生身の人間に移すなど聞いたことのない技術だ」 その理由を探るべく、航空重砲艦(意識)による航空重砲艦(?)の追跡が始まった。 捜索ファンタジー略してSF。 注:2022年4月24日執筆再開致しました。 二週間に一回の更新目安になります。 ***この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

  • 野菜の無人販売の真犯人

    衝撃の最後の一行に驚愕。大どんでん返し。

    1,000

    0


    2022年9月3日更新

    とある田舎の野菜の無人販売で盗みが発生。 犯人を捕まえるべく、主人公が動き出す。 最後は犯人を見つけて一件落着・・となるはずだったが。 衝撃の最後の一行に驚愕。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 鏡鑑の夏と、曼珠沙華

    ──あの夏の眩しさだけは、覚えていた。

    4,200

    0


    2022年8月3日更新

    文芸部員の雨宮彩織は、夏休みの終わり際、"夏"を探しに田舎へと帰省する。その先で再会したのは、かつての幼馴染であり、彼の初恋の相手──椎奈あやめだった。そこで彩織は、彼女に『自分の色を分ける』ことを決意する。昔とは少し違う夏休みのなかで、ただ夏だけを描き続けた幻想綺譚。どこか懐かしくて物悲しい、狂おしくも儚い夏物語。 『縁なしの紺青の空、ただ立ち昇るだけの入道雲、アスファルトに霞む夏陽炎、降り注ぐような蝉時雨──僕は存在しない虚像の夏に、焦がれている。』

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 避暑地はどこへ……?

    4,514

    10


    2022年8月1日更新

    忘れられない、あの頃の日々。 Master.Yorugeshiki様の個人企画「あぁ…夏だなぁ72文字の短編小説コンテスト」参加用です。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 窒息する街

    青春の一ページを切り取った物語です。

    600

    0


    2022年6月30日更新

    灯台の照らす海辺の田舎町で生きる若者が、過去の別れや明るい日々を振り返り、見通しの立たない未来を夢見ながら生きていく物語です。 GENSEKIコン参加作品です。 コメントをいただけたら嬉しいです。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 俺の嫁が普通じゃない

    もしかして異世界出身の方ですか?

    3,800

    0


    2022年6月28日更新

    自分が開発したゲームが大ヒット。大金を手に入れた俺、佐藤健太は嫁と子供を連れて山奥の田舎へ。 薄々思っていたけど...俺の嫁...普通じゃない気がするんだ!人様の迷惑にならないように田舎に引っ越そう... かわいらしい、娘二人に、やんちゃな息子一人それに普通じゃない嫁を加えて田舎でのんびりスローライフ

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • めでたき人

    ホラーは怖いからいやです。

    2,114

    0


    2022年6月11日更新

    田舎とフリージャーナリスト、夏。それだけ。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • オレンジの浮き輪

    照らされた、そのオレンジが眩しかった。

    2,200

    0


    2022年5月31日更新

    ※GENSEKIコン参加作品です。 少女は声が出なかった。 だから、海に救いを求めた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 幻境に星を畫く

     

    17,100

    0


    2022年5月27日更新

    青春の血潮の最も熱く、最も無謀の特権に甘んじていられた頃、漠たる想望と生来の酔狂が高じ、迂闊にも不毛甚だしき文筆の行路を志すに至った。夢多き眼に未来は万色に映じ、先の時間は無限にも等しく眺められ、遥か人跡未踏の地に己を生かすべき場を見んとしてやまなかった。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 1パーセントの果実

    だってこれが、最初で最後の恋だから。

    1,900

    0


    2022年5月16日更新

    ノベプラ文芸部・小説勉強会(仮)に参加しております。 第2回お題は『主人公の名前の出し方』

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 雨が降りやむ頃に

    その雨の音、あなたにはどう聞こえますか。

    0

    0


    2022年5月16日更新

    もえがみと申します。 初投稿になりますがよろしくお願いします。 とある学生が隣の田舎町に行ってヒロイン達の出会いから生まれる友情を描いた そんな作品です。 最後まで見て下さると嬉しいです。 梅雨に入って間もない五月雨の月。とある高校生は地元近くにある隣町に来ていた。 止めどない降雨。耳元で聞こえる雨音は、時間が経てば経つほど激しさを増す。 彼の降りた先には木小屋の停留所。そこに1人の少女が何かをを熟視しながら座っていた。 少女は、浮かない表情をしている青年に声をかける。 「お兄さんあなたには、この雨の音がどのように聞こえますか?」 雨の音が一瞬止まったそんな気がした――。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 僕はずっとこの夏に出会いたかったんだ。

    たったひと夏の出会い。

    14,700

    175


    2022年5月3日更新

    人の海、東京。特に何もない日常と、自分の将来に悩む彗(けい)は、高校生活2度目となる夏休みに、気分転換にと祖母の家がある田舎へと向かう。 そこで出会ったのは、可愛らしい小屋と女の子。そして彼女の絵。ある1日を境に、彗の世界に色が付く_ 心を癒やしてくれる自然の美しさと、少年の成長の始まりを描く、たったひと夏の青春の物語。 ※初めて執筆した小説故、アドバイス等も頂けると幸いです!

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • お百度参り

    こたつでみかん。実家で長男。家族で団欒。

    0

    0


    2022年4月12日更新

    大晦日の夜、実家に集まった家族は団欒の時を過ごすはずだったが、母の姿はなかった

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 乾燥注意報

    理解できないルールって、ありますよね

    1,000

    0


    2022年2月27日更新

    玄関で靴を履こうとしている時。 「乾燥注意報が出ているから、外にでない方がいい」 お義父さんは確かにそう言った。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 人の心を操る魔法

    楽しんで書きました

    0

    0


    2021年12月18日更新

    死に場所を求めてさまよっていた俺はとある村に辿り着いた。 そこで出会った女性――舞は、自身のことを「魔法使いなの」と言う。 その魔法の正体は「人の心を操る魔法」だった。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • おおこわい

    初めてこういう小説書きます。

    8,300

    15


    2021年12月17日更新

    こんにちは。初めまして

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 案山子を呼ぶ季節

    作者の実体験から生まれた養豚場ホラー。

    115,000

    0


    2021年12月11日更新

    山奥の養豚場に、就業した経験を、ホラー仕立てに描いています。 3万字程度ですが、どうかお楽しみください。 *表紙絵は伽沃様@kayoudark0に頂きました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • 捨てられたモノが進んだ先にヒトはいた

    未来にはこうなると思って書きました。

    100

    0


    2021年11月5日更新

    現代の悩み不法投棄、 それは遠い未来でも変わらない問題であり、もちろん捨てるモノも進化していた。 「捨てちまえ」 真夜中に二人組は不法にモノを捨てその場を去るが、捨てられたモノは動き出す。そのモノはさらに赤子の泣き声を聞き歩き出した。 そして田舎に暮らすみろくは早朝のウォーキングに浴衣を来た女性を見かけると、その人はふらつき倒れた。 捨てられたモノの出会いの物語。 ※アルファポリス・エブリスタでも投稿しています

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 禁踏区

    都市伝説と呪いの田舎ホラー

    11,300

    0


    2021年10月6日更新

    月隠村を取り囲む山には絶対に足を踏み入れてはいけない場所があるらしい。 そこには巨大な屋敷があり、そこに入ると決して生きて帰ることはできないという…… 隠された道の先に聳える巨大な廃屋。 そこで様々な怪異に遭遇する凛達。 しかし、本当の恐怖は廃屋から脱出した後に待ち受けていた──

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

  • 夏と幽霊と裏切りもの

    青春系。夏らしいのを目指しました。

    1,000

    0


    2021年9月3日更新

    生まれ故郷の田舎に帰ってきた女子高生(吉野紗衣)は、空き家に不法侵入する小学生くらいの少女(大淀日葵)と出会った。少女は「龍神様の花嫁」に会いに行くのだという。龍神様の花嫁に興味を持った吉野紗衣は少女について行くのだが…

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む

  • 田舎散歩乙女

    こーいう作品もたまにはね

    700

    0


    2021年9月3日更新

    それは夏季休暇さなかの出来事。本作の主人公である平石柚は電車に乗って図書館に向かっている途中に、狐のような顔をした少女に出会う。 少女は子底傷(こそきず)駅で降車して、その彼女に吸い寄せされるように柚は田舎駅に降り立ったのであった。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 再会からの再開 ~残暑の再会Remix~

    年に一度の墓参りで、高校の同級生と再会。

    0

    0


    2021年8月31日更新

    Twitterの写真にショートストーリーをつけるというのをやってみて、中長編読んでみたいと書いてもらったので、そこからやってみた連ツイ小説。 こちらに移植するに当たって、削りに削った部分をかなり加筆訂正してます。改めて読んでみたいという奇特な方、何だそれ、と気になった方、暇潰しにどうぞ。 <あらすじ> 田坂健は、もうすでに親も親戚も住んでいない田舎に年に一度墓参りに行く。行く途中で立ち寄ったパーキングエリアで、偶然高校の同級生の松野夏帆と再会する。墓参りを一人でするなら私も手伝うという夏帆。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む