異類婚姻譚

検索結果:6件

  • 人と竜が織り成す溺愛系?ファンタジー。

    ★18,950

    異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年7月15日更新

    世界の創造主たる竜神の末裔、竜人(ドラゴノア)。この世界の支配者の椅子に座すことを許されるのは、竜人か、竜人に見初められ契りを交わし番(つがい)となった人間のみと古来より定められている。 人間は、満十五歳になると、竜人が定めた法によって竜人が番として選ぶに相応しい『素質』を備えているかどうかを調べる『選定の儀』に参加することが義務付けられている。竜人たちは、そこで高い素質を備えていると選定された者の中から、自らに相応しいと眼鏡に叶った者を己の番として選ぶのだ。 だが──突如として儀式に割り込んできた一人の竜人の男はこう言い放った。「俺は此処にいるミラ・ユッタと契りを結び、生涯を捧げる剣であり盾となることを此処に宣言する」と。 竜人族で最も高い地位と権力を有する一族の嫡男セトに見初められた人間の娘ミラは、『素質なし』の烙印を押された平凡な庶民から、一夜にして次期王候補の花嫁へと成り上がってしまったのだった。そればかりでなく、セトの兄弟であり彼同様に次期王候補の一人でもある三人の男たちにも気に入られてしまい── これは、何の変哲もない平凡な人間の娘と、彼女を一途に愛する若き次期王たる竜人の青年と、彼女を妹のように溺愛し親友のように接する兄弟たち、そしてそんな彼らの周囲を取り巻く人々と環境に翻弄され笑い涙する、そんな希望と絶望が織り成す小さな恋物語である。

  • これは、「私」が恋を知るまでの物語。

    ★460

    恋愛/ラブコメ
    連載中 34話 / 2019年7月5日更新

    ふよふよ宙に浮かぶ身体、隣に浮かぶ友人のイルカ、そして空には私を連れ去ろうとする宇宙船。 「……私の人生、一体何を間違えたのだろうか」 私の名前は鈴木悟。かつてはごく普通の高校2年生であった。清く正しいハイスクールライフを送ってきた筈の私の人生は、クラスのマドンナに告白した3年前のあの日から狂い始めた――。 恋に恋する宇宙人のお姫様が周囲を振り回して、喋って歩くイルカがドロップキックをして、奇妙な三角関係が繰り広げられた挙句に筋肉男やら探偵男やら読書狂いの美人先輩やらの奇人変人が現れる。 これはそんな混沌渦巻く世界で繰り広げられる、ちょっぴり変なヒトたちの、どこにでもある恋と愛についての物語。

  • エルフの里には、桃の花が咲いています――

    ★4,450

    恋愛/ラブコメ
    完結済 1話 / 2019年6月15日更新

    エルフの隠れ里に迷い込んだ人間の男の子と、年上の優しいエルフお姉さん(巨乳)の恋物語(ラブコメ)です。 カクヨムにも掲載しています。 楽しんでいただければ、幸いです。 では、どうぞ。

  • 特に理由のない悲劇が少女を襲う──!

    ★500

    恋愛/ラブコメ
    連載中 3話 / 2019年6月15日更新

    私、処女だけど赤ちゃんができました。……ってなんで!? 遥か遠い昔、ある悪魔は聖女に恋をしたが、実ることなく儚く散り、愛しい女は悪魔を拒絶しその命を棄ててまで逃げ延びる。だから悪魔は、消えない烙印をその聖女の魂へと刻みつけた。どの時代、どの世界へ転生しようとも必ず聖女を見つけ出すために──。 時を経て現代。ひとりの少女が初潮を迎える。それは悪魔を招く「呼び声」だった……。 ※オールレーティングにつき閲覧注意。過激または刺激が強い描写があります。ご注意ください。

  • 過去に書いた作品です。

    ★430

    現代ファンタジー
    完結済 2話 / 2019年6月4日更新

    少年は妖怪が見えた。人に気味悪がられ、妖怪には追いかけられ、両親に捨てられた。 そんなある日、妖怪に襲われているところ巫女服で野太刀をもつ少女に助けられる。 「私は八重。狛犬兼狗神……妖だよの」 これは孤独の少年と、孤独を生きた妖の物語。

  • 死んだ少女と神様のそれぞれの幸せについて

    ★4,850

    恋愛/ラブコメ
    完結済 7話 / 2019年5月24日更新

    御前様(ごぜんさま)と呼ばれる神様に神楽舞を奉納したことのある鏡子(きょうこ)は交通事故で他界した後、縁あって彼のお社で暮らしている。しかし六年に一度の祭りを控え神社に新たな舞い手が現れたことで、鏡子の心は掻き乱される。