病気

検索結果:11件

  • 青年精神科医と少年秘書のサイコサスペンス

    ♡9,217

    〇225

    その他・連載中・114話 竹比古

    2019年9月20日更新

    USA帰りの青年精神科医、春名と、その秘書だという少年、仁――。 それぞれに過去を抱える二人が、日本の総合病院の一角たる精神科病棟で、或いは行く先々で、ボーダーラインの向こう側にいる人々と出会う。 可ではなく、不可をつけられた人たちと、春名はどう向き合い、接するのか。 何か事情がありそうな少年秘書と、青年精神科医の一話読みきりシリーズ。 大雑把な春名と、小舅のような仁の前に現れる、今日の患者は……。 ※アルファポリス・エブリスタ重複投稿。

  • 「これは台本/脚本です」

    ♡4,400

    〇5

    その他・連載中・10話 degirock

    2019年9月12日更新

    あの日、俺は全てのしがらみを断ち切った それはある意味俺が新しく生まれるような物のハズで、全てを上手くやれる自信もあった あれから数年 暁とも宵とも取れない薄ぼんやりとした闇の中を、まだ歩いていた 太陽の光は、まだ届かない そして今日も行く当ても無く、歴史に置き去りにされたかのような廃線の駅舎跡を見つけ、ただたまたまそこで眠りにつくだけのハズだった —————何度も無為に過ぎ去った夏が、不意に鼓動を始めた—————。

  • 私の原体験

    ♡300

    〇未参加

    純文学/文芸・完結済・5話 コツリス

    2019年9月11日更新

    家庭不和の環境で育ち、人間を愛する心を作れなかった私は犬と生きていく。

  • 一ページ読みきり、医療現場あるある

    ♡89,250

    〇2,170

    その他・連載中・90話 竹比古

    2019年9月7日更新

    クリニックに訪れる患者と、受け付けの華たる栗栖理子女史とのやり取りを、俺――東城慎也の視点から見た物語である。 一話読みきりスタイルでお届けしますので、お気軽にお立ち寄りください。 ※この物語はフィクションであり、登場する人物、団体等の名称は、全て架空のものです。 ※2012年12月02日から2016年07月19日まで小説家になろうに掲載していた作品の再掲になるため、現在の事情とは異なります。 ※現在は当サイトでのみ掲載中。 ※89話より、新規創作話です。

  • 少しでも、知って頂けると嬉しいです!!

    ♡200

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・20話 巴崎 サキ

    2019年8月21日更新

    お願いします。 知って下さい。こういう病気がある事を。 気づいて下さい。病気である事を。 理解して下さい。病気なんだという事を。 発症年齢も25歳以下と低く、受験や就職など頻繁に面接などにぶち当たる時期と重なります。 みなさんも、人ごとではありません。 不眠症と言う言葉はご存知の方も多いと思います。 では、 "過眠症" と言う言葉をご存知でしょうか?? 過眠症とは、不眠症が寝付けないと言う症状に対して、日中いかなる時であっても自分の意思ではどうすることもできないほどの強烈な眠気に襲われる症状を言います。 その中で、ナルコレプシーと言う病名が少し知られるようになってきましたが、今回は私が患っている "特発性過眠症" と、言う病気について偏見や中傷そして対処等、経験してきたことを元に発症した学生時代から、結婚するまでをお話ししていければと思います。 現在、私は病気により陥ってしまった鬱状態も完全に改善し、睡眠発作(強烈な眠気に襲われる症状)も殆ど起らず、諦めかけた夢をもう一度追っています。 失いかけた人生を、取り戻しに掛かっています。 ですが、現在この類の病気により周りから理解されず、偏見や暴言、誤解や差別により苦しんでいる方々が多数いられます。 例えわずかでも構いません。 頭のほんの片隅にでも、この病気を知って覚えて頂けたら幸いです。 そして、知っていただくことによって過眠症を患っている方々が少しでも生きやすくなれば幸いに思います。 症状で悩んでる方、苦しんでる方、どうか自暴自棄にならないでください。個人差はあれど何か病気の改善、環境の改善等の糸口は必ずあるはずです。 あなたは、一人ではありません。 共に、頑張りましょう。 (社会不適合者というのは耳にする方も見えるかと思いますが、今回はあえて "適応者" としています。 社会になかなか適応できなかったとしても、適合すらしていないとは思いたくなくて⋯⋯。)

  • 作者の趣味MAX!閲覧注意

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 黄緑さん

    2019年8月18日更新

    引きこもりの青年、上原 遥はいつのものように日課の深夜ウォーキングをしていた。 いつもの公園を一瞥するとそこには……

  • 不思議ファンタジーです(*^▽^*)

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 雛乃まいん

    2019年8月16日更新

    僕、ココ・サラージュは病気で、リクリの森に行く事に。その森は、魔女がいて子供を食べちゃうらしいけど? でも、その森でアメルというとっても可愛い女の子に出逢って? アメル、君は何者なの? 10歳の男の子の、物語。

  • 奇病に関する民間療法と 奇妙なウ・ワ・サ

    ♡5,900

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・3話 綿暗やむか

    2019年8月14日更新

    節見病院は、世界的にも有名な病院である。 他院には扱えないような病気を直してきた。 不治の病や……様々な奇病を治療する研究をも進めている。 節見病院には、今最も世界で活躍しているという 6人の医者がいる。 ……ところで、この医師たちが、何か計画を企てているという噂があるのだが…… 実はこの節見病院の中に、立ち入り禁止の病棟があるという。 ──厳重に監視されていて、絶対に入れないようになっている。 「ねえ、それって怪しくないですか?」 「もしかして……“人体実験”なんか行われているのでは?」 「……『節見(フシミ)』病院だけに、不死身生物を作ろうとしているのでは……ナ-ンテネ」 「ところで、この話を聞いてしまった貴方────」 これは所詮、噂ですよ。 ですけど、もしかしたら、 貴方も、使われるかもしれませんね……?

  • 甘い偽物も辛い現実も、どちらも大切だった

    ♡4,100

    〇100

    純文学/文芸・連載中・7話 人生依存

    2019年8月11日更新

    ”僕”には、他人に言えないような秘密がある。 それは、初恋の相手が夢の中で出会った少女である事。 僕は、少女に酷い事をしてしまった。 それ以来、彼女は僕の夢に姿を現してはくれない。 僕が少女を傷つけてしまった出来事から何年もの時間が過ぎ、僕にもちゃんとした恋人ができた。 けれど、ある日僕は特殊な病気なのだと診断されてしまう。 病気の名前は『現実性乖離症候群』。 それは、現実を現実だと認識できなくなる病気だった…… 『作者より』 本作は、新人賞へと応募するために書き進めている僕の最高傑作です。 これまでは小説家になろうでのみ公開していましたが、これからはノベルアップ+でも更新していきたいと思います。 毎週土日に更新予定です。 ある意味でハーフフィクションの本作を、人によってハッピーエンドかバッドエンドかの捉え方が変わる本作を、どうか最後までお楽しみください。

  • 夫婦と家族愛がテーマ。老後の第二の人生。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 tukimine

    2019年7月11日更新

    夫、佐々木浩介。妻の秋江と二人で暮らしている。定年退職を迎えたことで新しい人生を歩もうと考えていた矢先、倒れている秋江を発見した。 思いもよらない新たな人世を送ることとなる。

  • 僕の恋愛短編の処女作です。

    ♡1,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 人生依存

    2019年6月23日更新

    どこにでもあるような、ありふれた恋愛のお話を書きたくて書きました。 ちょっと不思議な病気にかかった男女のお話です。