登場人物過多

検索結果:1件

  • その場その場で作者が適当考え乍ら描く物語

    ♡810

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・105話 二職三名人

    2019年8月15日更新

    この物語の世界観は無駄に盛大で、数多くの世界が存在する。 そんな数多くの世界たちは他の世界と無数に隣り合い、無限に重なり合っている。 そんな世界のなかで目立つ唯一無二の世界、どの世界たちにとっても【一番遠くない世界】と言える中心に位置している1つの世界、隣り合い重なり合った他の世界からの侵入者によって世界と世界の間の膜の様な物に、虫食いを連想する傷を負っている。 そんな中心世界がこの物語の基本的な舞台となる。 更に舞台を細かくするならその隣接し重なり合っているような異世界たちから、ファンタジックな物を乗せた空気や、突然変異を起こすものを乗せた空気などが、虫食いの様な穴の開いた空間から入り放題なそんな中心世界の中に、ある世界と同じ様な太陽系で、地球と言う同じ様な名前と造形をした惑星から、または島々から舞台は展開されていく。 活用されるかわからない舞台のお話は此処で切り上げよう、此処から下はこの無駄に盛大な舞台に比べて、ちっぽけな一人の主人公のあらすじ 日本列島にて、不幸の星の元に生まれたような少年【博人】が、親が残した二人の家族と過ごして居たある日、この世のものとは思えぬ化け物に遭遇してしまい……。