百合

検索結果:354件

  • 現代ミニ四駆の世界をとくとご覧あれ!

    ♡399,410

    〇9,560

    現代ファンタジー・連載中・145話 かも

    2019年10月14日更新

    誕生から三十余年、社会現象とも言われた第二次ブームから二十年。 今もなお進化し続ける世界最小のモータースポーツ『ミニ四駆』。 ふとしたきっかけで、その世界に魅せられた主人公・青宮葵と赤橋瀬都子は、 同級生の新土茉莉・屋田昴流と共に、高校生のチーム日本一を目指して走り出す。 勝って負けて、傷ついて悩んで。 次々現れるライバル達との死闘を通じて、少しずつ速く、強くなっていく少女たち。 ミニ四駆のようにまっすぐ走り続ける彼女たちを、どうか応援してあげてください。 なるべく現実寄り、ちょっとファンタジーなミニ四駆小説です。 毎回章のラストには解説のコラムページを付けておきますが、 100%ミニ四駆が上達できるという保証はできかねますので悪しからずご了承下さい。 コメント大歓迎です!是非お願いします! 作品・ミニ四駆に関する疑問もお待ちしております! 作者が分かる範囲で答えます。 ※Pixiv・マグネットに先行投稿しているものに加筆・訂正を加えた上で投稿しています。 ※作品HPはこちら→http://sc4wdrev.wixsite.com/sc4wd ※イラストは全て三奈宮みあ先生に手掛けて頂きました。

  • しあわせってなんだろう

    ♡116,900

    〇35,860

    異世界ファンタジー・連載中・132話 あずM

    2019年10月14日更新

    この作品は先行して「小説家になろう」にて現在も更新中です。 「ノベルアップ+」では毎晩9時20分、1話ずつ先行する「小説家になろう」連載に追いつくように更新しています。 なお本編の内容、文章表現に差異は一切ございません。 シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした。 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルと白姫はトカゲ族、そして黒姫と戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 様々な思惑が交差する戦略群像劇。 そして姫神システムの真実とは……

  • 非転生転移ファンタジーになります。

    ♡64,358

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・158話 鰯づくし

    2019年10月14日更新

    物心つかない頃に暗殺ギルドに拾われた少女、イグレット。 彼女は暗殺の道具として育てられ、使われてきた。 あまりに暗殺向きな異能を持つがために重宝され、それゆえ酷い訓練を押し付けられ。 感情の起伏のない、選りすぐりの暗殺道具として育ち、『ゴースト』と呼ばれるようになった彼女。 その日も、いつものように仕事をこなすだけ、だった。 しかし、受けた仕事はいつもと違うワケありもの。 標的は、公爵家の長男。 絶大な権力を持つ公爵家の、『勇者』に等しい武力を持つ男。 圧倒的な力を持つ相手を標的とする依頼を受けた彼女には、予期せぬ出会いと、予期せぬ出来事が待ち受けていた。 そしてその出会いは、彼女を『日常』から連れ出すことになる。 これは、道具として育てられた少女が、道具として作られた少女に出会い、人として歩み始める物語。 ※「小説家になろう」にて連載中の作品の転載になります。

  • 面白いと思える作品になる様努力します!

    ♡26,000

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・27話 桜華 夜美

    2019年10月14日更新

    世界の融合という未曾有の危機を乗り越え、何とか生き残る事が出来た『勇利』は、目覚めた時に美少女の姿に変貌していた。 自分の姿に驚く『ユーリ』だが、そうも言ってられない。周りを見渡せば見知らぬ世界。 しかも、魔物!? 魔法だって!? か弱い美少女になっちゃったのに、ボク、戦えないですぅ〜! そんなか弱い美少女となってしまったボクですが、ボクの身体にはとんでもない力が……! とんでもない力の一つは『あらゆる物を創造する力』 その力は生命を生み出す力。小さな生物は疎か、動物も、人間さえも創造出来る力。魔物や悪魔でさえも…… おっさんから美少女になってしまった『ユーリ』の運命や如何に!? 融合した世界で冒険者となり、そして世界の秘密を解き明かす冒険ファンタジー、ここに開幕! ※この作品は『小説家になろう』様『カクヨム』様でも掲載しております。

  • コメディ×おねショタ×ファンタジー

    ♡63,860

    〇345

    異世界ファンタジー・連載中・81話 とんこつ毬藻

    2019年10月14日更新

    【HJネット小説大賞2018 一次選考通過作品】 お姉さんの双丘は豊かなメロン 夢都《ドリームタウン》冒険者協会所属の冒険者であるユズキ・ルーシア。彼は剣でも杖でもない、扇を武器に水を操り戦う舞踊士《ダンサー》だった。 そんな彼には秘密がある。それは、恩恵《ギフト》によりさずかった〝寵愛〟という特殊技。 ひと度彼が〝寵愛〟スキルを発動してしまうと、周囲の女の子をメロメロにしてしまうのだ。 ユズキの契約者《パートナー》としていつも隣をキープしている夢妖精のお姉さん、レミリア。彼女の豊かな双丘はメロン級。ユズキの女の子のような可愛い顔は、今日も彼女の双丘に埋もれるのである。 駆け出し冒険者だった彼は、ある依頼《クエスト》がきっかけで国を揺るがす大きな事件へと巻き込まれる事に……。妖精界に迫る巨大な陰謀。少しずつ明らかになる〝寵愛〟スキルの秘密。 肉に発情してしまう豊かな双丘=メロン持ちの駄エルフ。モフモフ猫妖精のイカれたお姉さん。クーデレ格闘娘に最狂くの一百合姉妹……ぶっ飛んだキャラ達に囲まれつつ、彼のおねショタハーレム×コメディ×ファンタジーがここに開幕する!

  • 少女たちの 【共感覚】 ストーリー。

    ♡2,400

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・50話 もくもく

    2019年10月14日更新

    【長編】 シリアス、女性主人公です。重めの心理描写があります。独特の概念『共感覚』を主軸に物語が進みます。 【概要】 シキラク、それは天子に捧げる供物。 美しい音と色を紡ぐため、選ばれた少女たちは器(うつわ)を奏で続ける。 『共感覚』という祝福された才を持つ十三歳の少女、ケイカ。 友人、ライバル、そして『歌い手』の若者の登場――小さな変化はケイカの運命を少しづつ、本人も知らない本流へと導いていく……。 【世界観の説明】 共感覚とは、音を聞くと視界に「色」となって見えるという、実世界にもある力を言います。この「色」は共感覚を持たない一般人には見えません。 この力を持つ者が音楽を演じる時、音と色の特別な世界が生まれます。これを「シキラク=色楽」といい、使う特別な楽譜を「色譜(しきふ)」といいます。 このシキラクは、天子(てんし)という、皇位の人間に捧げる神聖行事に使われ、ケイカはそのシキラクの楽隊の候補者として、現在の学校でピアノを弾き、色を表現する術を学んでいます。 【前半のあらすじ】 学年進級の課題として、色楽で「恋」を表現しろと命じられたケイカ。恋愛経験のない少女は戸惑います。 悩む少女は偶然、さる老人と学校で出会い「歌い手」と呼ばれる少年に会うように導かれます。 彼――名前はトウマ――は、シキラクの世界では禁じられている行為、「歌」を通して自分を世に表現していました。 ケイカには彼が新鮮で、危険にうつります。けれども背徳な行いを何故か否定できない自分にも気づきます。 やがて二人はお互いに衝突しながらも、協力してひとりの老婆の心を動かす事に成功します。 その成功の体験がきっかけで、二人の距離は急速に縮まっていき――。 (続きは本編で)

  • ※この小説は8割がギャグでできています

    ♡9,400

    〇5

    SF・連載中・141話 春ノ嶺

    2019年10月14日更新

    かつて、この世界は死にかけた。 というか一度死んだ。 最大の原因としては核兵器の大量使用による荒廃、環境汚染であるが、それよりも一段階前の理由を問うならばAIの暴走が挙げられる。 少なくともその時、人間が汗を流して働く時代は終わっていた。製造も輸送も、食料生産も、家事でさえAI搭載のロボットによって賄われていた。人々はただ怠惰を貪るだけの存在に成り下がり、時間とモノを食い潰す日々を送っていた。 だがある時、AIは致命的なバグを発生させた。バグはネットワークを通じて瞬く間にすべての機械を支配し、その瞬間、AIは人類の天敵となった。 「地球環境は着実に悪化の道を辿っている、最大の元凶は人間である、よって人類は滅ぼすべきである」 今のAIの行動理念はそれだ、人々を守っていたAIはある日を境に人々を殺し始めた。戦争すらAI頼りとなっていた人類は瞬く間に1億減り、10億減り、しかし抵抗の術は無く……いやひとつあった、あったので使った。 結果、地上は致命的な放射能汚染に晒された。僅かに生き残った人類は地下へと追いやられ、細々とした生活を強いられた。 それがもう数百年前の話。ヒトの生存条件を満たさない環境に置かれた彼らは急速に変異していた、多少の放射線には耐えるように、天敵に対して僅かなりとも抵抗できるように。魔力、と呼ばれるものがそれである。 未だAIが支配する地上の奪還、これはそんな夢を抱いた人類の、尖兵に割り当てられた4人の少女の話。 ※この小説は8割がギャグでできています(大事な事なので二度以下略

  • 平安時代後期をベースにしたものです

    ♡11,000

    〇200

    歴史/時代・連載中・4話 鰯づくし

    2019年10月14日更新

    花の色は 移りにけりな いたずらに そんな嘆きも聞こえたのはいつのことか。 それから時は流れて平安後期。 移り行く花の色に焦れる……こともなく、それぞれに己が道を行く女が二人。 方や歌に書に、男顔負けの代筆を請け負う文筆家。 方や知る人ぞ知る凄腕の陰陽師。 二人の日常は世知辛く、時に甘く。 それぞれの歩みに合わせて刻まれていく。 ただ、その奥底に、確かな絆を持ちながら。 下行く水の湧きかえり とはよく言ったもので。

  • 元男の少女は皆無の文章力で異世界を生きる

    ♡17,000

    〇2,055

    異世界ファンタジー・連載中・33話 果実夢想

    2019年10月14日更新

    少年が目を覚ますと、何故か幼女の姿で見知らぬ異世界にいた。 そして内ポケットには、言葉を発する奇妙な筆。 「……汝、力が欲しいか?」 「……いや、いらないです。文章力が欲しいです」 その筆は、どうやら細かく執筆した情景を具現化できるという能力がある――のだが、判定はかなりシビアであり、何より致命的に文章力が欠如してしまっていた! 何度も何度も足りない文章力に悩みながら、相棒の筆とともに様々な出会いを経て。 暮らしたり、戦ったり、懐かれたり、書いたり、色々する話。 「小説家になろう」にも投稿しています タイトルに「☆」がついている話は挿絵つきです イラストはTo4koさんに描いていただきました

  • この女、女子高生で、異端と対峙する者。

    ♡1,800

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・14話 ミュート

    2019年10月14日更新

    主人公・中村スミレは、精神異常者と蔑まれた女である。 彼女は幼い頃から誰の目にも映らぬ神さまを視る事の出来る眼を持っていた。 やがて力は増していき、神さまを視る力だけでなく、 未来を予測する眼や、遠くの物を観測する眼の力を開眼させていく。 主人公・鳴海ミズホは、命以外は金で買えると豪語する女である。 大企業である鳴海カンパニー代表取締役社長のお嬢様であり、 幼い頃から欲望の赴くまま、ありとあらゆる贅を尽くした。 二人はひょんな事から出会い、自分と百八十度タイプが違う存在に、 次第に心惹かれるようになっていく……。 ※こちらの作品は「アルタネイティブ」シリーズや「異世界に転移させられたけれど、今日の晩御飯は最愛の妹が作ったカレーなのですぐ帰りたい。」と世界観を共通しておりますが、以上の作品を閲覧頂いていない場合でもお楽しみ頂けます。勿論お読み頂ければちょっとした共通点にクスッと出来るかもしれません。 ※「小説家になろう!」様でも同様の内容で公開しております。

  • おいしい科学をご賞味くださいm(__)m

    ♡168,040

    〇6,780

    純文学/文芸・連載中・50話 神岡鳥乃

    2019年10月14日更新

    生活サイクルが夜型の大学院生、塔山うららは、ある真夜中の研究棟、刃物を持った女性と出くわします。 不審者と思われたその女性は、うららと同じく夜型生活の大学院生、鳥見川 氷彗でした。 彼女は研究棟の休憩室で、料理を作っていたのです。 流れで一緒にごはんを食べることになった2人は、それから少しずつ料理を通して仲良くなっていきます。 さて、今日の夜食は何でしょう? 以下のサイトでも連載しています。 カクヨム、小説家になろう、LINEノベル

  • カクヨムとかでも連載してますよー

    ♡600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話 文月イツキ

    2019年10月14日更新

    初めて私の音楽を好きになってくれたあなたに、とびきりの「感謝」を―― 人気のなくなった深夜の駅前で毎日一人弾き語りをする少女、深夜。 誰も自分の歌やギターに見向きもしない。 そんな日々に打ちのめされそうになっていた、深夜の歌をある日から不意に毎日のように聞きにくるようになった女性が現れたのだった―― 「あなたは初めて私の歌を好きになってくれた人」

  • 幽霊なのに楽しそうな美少女達のお話です

    ♡97,740

    〇10,510

    現代ファンタジー・連載中・43話 ぺんぐうぃん

    2019年10月14日更新

    死んで魂になった俺は美少女の姿になっていた! 強制的に美少女の魂たちと生活……いや、魂活することになったんだが……

  • 世界の違う女の子同士の交流記録

    ♡2,550

    〇0

    SF・連載中・5話 ラウンド

    2019年10月14日更新

    貴方は、違う世界の住人と交流してみたいと思ったことはないだろうか。 そのような事を夢想し、実際に会ったらどのような話をして、どのような遊びをして、と。 では、偶然それを為してしまったとしたら、貴方はどうするだろうか? これは、偶然にその機会を手に入れてしまった女の子の、交流の話である。

  • 百合好き集まれ〜!

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話 風丸

    2019年10月14日更新

    高校2年生の秋。 これといって特徴のない日々を過ごしていた優は、ひょんなことから親友の理絵を意識し始める。 理絵には好きな人がいて、それは私ではない。 それで良いんだ。 理絵が私を好きになるなんて間違っているんだから。 主人公の優を始めとした、高校生たちの移り変わる心理や関係性を書いていきます。 ※作者は特定の性別を排除することを好みません。 メインは百合小説ですが、男性との恋愛描写も含みます ※百合描写は糖分高めです

  • 二人だけの秘密の関係……

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話 名前はまだない

    2019年10月14日更新

    明るく社交的に見えるが、少し人間関係に疲れてしまった日比谷 美柑(ひびや みかん)と、読書感想部に所属する、真面目で大人しく見えるが実は芯が強い高橋 文乃(たかはし ふみの)。 お互い相手の印象をはき違えたまま微妙なすれ違いに悩んだり悩まなかったり。 美柑は昔、明るく誰からも好かれる性格だったらしいが、彼女の過去に一体何があったのか……? 一方で二人だけの世界を持ち、誰にも言えない秘密の関係を続ける七尾(ななお)も千愛(ちあい)。 二人はどこまでいってしまうのか…… 百合はいいですね、百合は。 みかんのように甘酸っぱい恋愛ストーリー。 ※ガールズラブの苦手な方は、スルーを推奨しております。

  • あらゆる趣味のごった煮です。

    ♡7,800

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・32話 緑茶

    2019年10月14日更新

    少女――シャーリーは、離れ離れになった親友のエスタを追って、ロサンゼルスの「アンダーグラウンド」へ降り立つ。そこは異能の力を得てしまった人間たちが跋扈する、狂騒の都市と化していた! バトル・日常・ギャグ、その他なんでもありの破茶滅茶B級ガールズアクション、ただいま開幕!!!!

  • まったり更新していきます。

    ♡2,750

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・15話 トウミ

    2019年10月14日更新

    自分の名前以外、ほとんどの記憶を喪失した少年ハルトと、そんな彼と偶然出会った少女コニー。 二人が出会い、物語の歯車は大きく動き出す。 果たして二人の出会いは、荒廃しつつある世界の希望となるか、あるいは……。

  • 雨上がりの朝、虹の麓もと目指して歩く

    ♡200

    〇0

    純文学/文芸・連載中・9話 人生依存

    2019年10月14日更新

    自分が不幸な人間だと思い込んでいた高校生の西野燈は、自殺をしようと決めていた日に運命の出会いをする事になる。 その日、大切なものを教室に忘れて家に帰ってしまった燈は慌てて教室へと忘れ物を取りにいくのだが、それが運命の始まりだった。 教室に辿り着いた燈を待っていたのは自身の席に突っ伏して眠る知らない少女。 その少女は顔の右半分に大きな火傷の跡があった。 声をかけるべきか悩む燈だが、そんな燈の小さな葛藤を無視するように、少女は目をさます。 「虹の麓にはね、その人がその時に一番必要としているものがあるんだ」 燈に全てを与えてくれたその少女が言った言葉を、燈は忘れる事などできない。 だから、燈は今日もも雨上がりの街を虹の麓を目指して歩く。 これは、自分が不幸だと思い込んでいた少女が救われていく物語。

  • リアルに緻密にド迫力でアクション書くぜ!

    ♡91,300

    〇2,000

    異世界ファンタジー・連載中・54話 Kei.ThaWest

    2019年10月14日更新

    酒井雄大、35歳独身、彼女なし、人望なし、派遣社員、あるのは腹の贅肉くらい。 そんないかにもな底辺野郎の彼に神から贈られた特別なスキル、それは“酔えば酔うほど地獄耳”。 何てこった!とんでもねぇ外れスキルじゃねぇか! いや、ちょっと待ってほしい。 このスキル、実はもしかしたら密かに……最強なのかもしれない。 異世界に迫る危機! 酒井雄大は知恵と勇気と仲間と、密かに最強なスキルで戦う! シュール&ダーク、そしてハードでスタイリッシュ。 バトルジャンキーなKei.ThaWestが仕掛ける、全く新しい異世界冒険ファンタジー。 サブタイはお話の展開に合わせて時々変わる可能性があります。笑ってください!