盗賊

検索結果:4件

  • 俺は勇者を殺すために勇者パーティーに入る

    ♡50

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 可児 誠也

    2019年9月16日更新

    『俺は“勇者を殺すため”に勇者パーティーに参加する』 隣国にまで名を響かせた “グロフィン盗賊団”。 主人公 サヴァンは、その盗賊団の首領を務める父親を勇者パーティーに殺害される。 父親の死をキッカケに家族や仲間は危険にさらされ、グロフィン盗賊団は崩壊。 復讐心に捕らわれたサヴァンは父の仇である勇者を討とうと強く胸に誓う。 そうして成長するにつれ復讐心が膨大し続けるサヴァンは性格が歪んだ末、【成長促進スキル】『怨磋早熟ーティシポヌー』を発現、戦闘技術は肉体と共に順調に成長していった。 そして、数年後。 異色の経緯を経てサヴァンは勇者パーティに参加することに。 勇者を殺す機会を伺うサヴァンと、そんなサヴァンの心境を知らない勇者一行の物語が始まる………。

  • 大切にしている作品です。※表紙は自己撮影

    ♡34,800

    〇2,860

    歴史/時代・完結済・26話 綿涙粉緒

    2019年9月3日更新

    お江戸永代橋のたもとに、夜な夜な店を出す屋台の蕎麦屋が一つ。 「仕合せ屋」なんぞという、どうにも優しい名の付いたその蕎麦屋には一人の親父と看板娘が働いていた。 ある寒い夜の事。 そばの香りに誘われて、ふらりと訪れた侍が一人。 お江戸の冷たい夜気とともに厄介ごとを持ち込んできた。 冷たい風の吹き荒れるその厄介ごとに蕎麦屋の親子とその侍で立ち向かう。

  • アマゾネス系女子と盗賊のどたばた劇

    ♡14,400

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・27話 巴 遊夜

    2019年8月30日更新

    弓使いの女戦士であるアーレイは自身の住む森で一人の行き倒れた男を見つける。 男はシャガルと名乗り、遺跡を探している言った。その遺跡に見覚えがあったアーレイはシャガルを案内することになる。 だが、この男。ただの行き倒れた人間ではなかった。 そんな二人のどたばた異世界ファンタジー。 一章完結型の物語になりました。 ようはこの二人の物語の短編詰め込みです。 アマゾネス?的な女子が主人公の物語となっています。 ツッコミどころがあるかもしれません、そっと仕舞っていてください。 慣れない一人称視点なので可笑しな点があるかもしれませんが温かく見守っていただけると助かります。 イラスト:巴遊夜

  • キスで始まる、呪われた盗賊と聖女様の旅。

    ♡1,200

    〇未参加

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話 umekob.

    2019年6月29日更新

    ──魔女にかけられた呪いを解くため、今日も俺は彼女と唇を交わす。 土に根を張ることを許されない浮き草のような、帰る場所を失った人々が暮らす街・ディラシナ。この街で一人生きて来たならず者の青年・トキは、とある人物の元へと辿り着くため盗みや取引を繰り返しながら「女神の涙」と呼ばれる幻の青い宝石を探していた。 そんなある日、彼は北の果てに住むという災厄の魔女に一人の少女が襲われているところを目撃してしまう。その際魔女が彼女から奪ったものが、なんとトキが探し求めていた「女神の涙」だった。 彼は魔女から「女神の涙」を奪おうと立ち向かうが、歴然たる戦力差に手も足も出ず、更には魔女から呪いを受けて生死を彷徨うことに。その呪いの進行を止めるには“光属性の体液”を定期的に摂取しなくてはならないらしく──。 人を信じる事をやめた青年と、神を信仰する心優しい少女の、奇妙な旅が幕を開ける。 ------------------------- 仄暗い世界観のファンタジーです。 R-15ぐらいの描写がちょいちょい入るのでご注意ください。 ※カクヨムで連載しているものを改稿しつつ、順次掲載していきます。 ※挿絵、ロゴ等は自作です。