短歌

検索結果:20件

  • 2007年作

    ♡300

    〇0

    詩/短歌・完結済・13話 有リ

    2020年7月3日更新

    結婚してからいろいろあったなってことを、ぽつぽつ綴っています。

    タグ:

    短歌

  • 言の葉のさざめきに、その身を任せて。

    ♡1,900

    〇100

    詩/短歌・連載中・3話 御子柴 流歌

    2020年7月2日更新

    短歌や詩をメインに、いわゆる小説的ではないタイプの「言の葉」をお届けします。 ちょっとガンバって詠んだモノから、何気なく詠んだモノまで。

  • 変わらない形を、あなたに──

    ♡129,811

    〇3,160

    現代/青春ドラマ・連載中・10話 兎禾

    2020年7月2日更新

    教室を出て廊下を歩き左手にある階段を降りた先、その日私は一人の女生徒と出会う。 その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 彼女達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは、時を超え届けられた想いの形でもあった。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 その先で辿り着いた一つの真実。 彼女達が最後に見るその形とは? 四季織のいろは。変わらない形を、あなたに── ※この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。

  • 貴方を理解する為に知らなければいけない事

    ♡107,760

    〇3,660

    詩/短歌・完結済・24話 s.h.n

    2020年6月30日更新

    小品集です。心と身体フェア応募作品です。 心と身体というテーマに関連する詩や、 自分の経験を短歌と語りで繋いだ短歌物語など、いくつか投稿させていただきます。詩につきまして、小説家になろう様に投稿したものの転載を含みます。 普段は短歌がメインのため不定期の更新ですが、 どうぞよろしくお願いいたします。

  • じめじめした文章を書いております

    ♡100

    〇0

    詩/短歌・連載中・1話 泉田孝明

    2020年6月28日更新

    はじめまして。 創作練習中です。ふだんは小説を書いているので、この作品はあまり更新されないと思います (なぜ一発目でふだん書かないものを投稿するのだ)

    タグ:

    掌編 短歌

  • ひとつでも、夜空に光輝きますように……

    ♡12,500

    〇160

    詩/短歌・連載中・2話 桜 透空

    2020年6月25日更新

    ご訪問、ありがとうございます。 twitterより発信して参りました短歌に加えて、皆様にお返しした返歌を短歌集として残していこうと思いました。 更新は不定期でゆっくりです。 短歌を詠んだのもまだ日が浅いのですが、日本語のもつ美しさに日々勉強中です。 自分らしい言葉で歌を詠めた時はやはり嬉しかったりもします。小説を書く時にも美しく表現できることを期待しつつ……ゆっくりと詠んでいこうかと思っています。 ひとつでも、貴方の心に響いてくれると幸せです。 どうぞよろしくお願い致します。

    タグ:

    短歌 返歌

  • 短歌を載せていきます。

    ♡96,298

    〇1,630

    詩/短歌・連載中・11話 s.h.n

    2020年6月24日更新

    はじめまして、s.h.nと申します。 今年の3月より短歌を始めたのですが、 ほとんどがtwitterが初出となっており、不定期で更新しております。 @shnsongwriter こちらにはある程度まとめたものを不定期で載せさせていただきます。 現在はテーマを絞り寄せ集めた「連作短歌」と、 日頃の短歌や、返歌させていただいたものを集めた 「短歌・返歌集」の、二つの形で投稿させていただきます。 ご指摘、返歌などいただけるととても嬉しいです。 以上、お楽しみいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

    タグ:

    短歌

  • 一部BL/刀と付喪の三十一文字

    ♡0

    二次創作・連載中・6話 五色ひいらぎ

    2020年6月18日更新

    2018年11月から(別名義で)詠んでいる、刀剣乱舞二次創作短歌を集めました。 大部分が「刀剣短歌俳句深夜の60分1本勝負」様への投稿作です。 https://twitter.com/trtankahaiku 日付とお題のみ表記のものはこちらへ投稿したものです。 「BL」の章のものについては、BL(腐向け)を意図しています。 基本的にエピソードは増やさず、各話の内容を編集する形で追加していきます。 タイトルに最終更新日付を付けますので、そちらで追加をご確認ください。 表紙写真: 写真AC/D850様 https://www.photo-ac.com/main/detail/1157697

  • 創作短歌、作中作など。

    ♡5,000

    〇0

    詩/短歌・連載中・20話 うらひと

    2020年6月17日更新

    自作の短歌のほか、作中作やキャラクター紹介のために詠んだものなどをまとめていきます。

  • この世を夢と 信じて生きよ

    ♡9,900

    〇200

    詩/短歌・連載中・4話 双六 人生

    2020年6月12日更新

    Twitterに書いていた短歌と詩を掲載していく予定です。 専門家というわけでもなく、ほぼ現代仮名遣いなので読みやすいと思います。 題 (タイトル)と解説を付けてありますので、情景を思い浮かべる参考にどうぞ。

  • 動く秒針に置いていかれたときの叫び

    ♡100

    〇0

    詩/短歌・連載中・3話 ツグ

    2020年6月4日更新

    詩集です。 長い人生を生きていく中で感じていること、誰かに聞いてほしい言葉を綴ります。 【クロノスタシスとは、時計の針が止まって見える現象】 同じ速度で進むはずの秒針が止まったと感じたとき、 わたしは世界から振り落とされて、 何もない白い部屋でうずくまって叫ぶ、伝える、思う。 ーーーーーー 2020/5/21 連載開始しました! 2020/5/22 ジャンル日別14位 ありがとうございます! ーーーーーー

  • 見つけてしまったので載せてみました

    ♡2,200

    〇0

    詩/短歌・完結済・4話 田中 義男

    2020年5月23日更新

    スマートフォンのメモ帳から発見した、日記のようなそうでもないような短歌達です。 大体、詠んだ時期ごとにまとめています。 途中までは文語調にしていましたが、最後の方は口語調になっています。

    タグ:

    短歌 日常 日記

  • 誰かに覚えていて欲しかったのです

    ♡3,100

    〇0

    詩/短歌・完結済・6話 田中 義男

    2020年5月22日更新

    ペットロスを克服するために詠んでいた、愛猫との日々と別れの歌達です。 ※アルファポリスにも掲載しております。

  • 詩歌(しいか)

    ♡92,910

    〇2,041

    詩/短歌・連載中・15話 兎禾

    2020年5月19日更新

    例えば叶わぬ想いがあるとして、その時あなたは何を想いますか? その日、二人は同じ月を見上げ歌を詠む。 届かぬ想いを歌に込め。 どうか、あなたに届けと想いを馳せて。 ※【夢見月にキミ想ふ】は短歌を元にした短編小説作品となっております。 ーー以下、【詩歌(しいか)】 短歌と詩の作品群となっております。 短歌で詠んだ歌の意味を詩で表現していきます。 ※短歌と詩を合わせて一つとし、週に二作品を目安に投稿致します。 ※新作「四季織のいろは」執筆中につき、一時投稿を不定期とさせて頂きます。

  • 5月5日の空を詠います。

    ♡3,200

    〇0

    詩/短歌・完結済・1話 中村尚裕

    2020年5月5日更新

    【予告編】 空高く 晴れの陽を浴び 翻り 風に泳ぐは 頼もしきかな

  • 三十一文字の詩、書き切れない歌。

    ♡6,300

    〇0

    文芸/純文学・完結済・10話 うらひと

    2020年3月22日更新

    (pixivで開催していた『第2回百合文芸小説コンテスト』参加作品です) バンドのギターボーカル、兼作詞作曲担当を一手に引き受ける歌奈、そして日記のように短歌を詠む詩乃のお話。 バンドのベース担当が離脱した後、歌奈は代わりにベースを担当できる生徒を探していた。決して目立つ方ではないベースパート、首を縦に振る人はそうそう居ない。そんな中、吹奏楽で経験のあるという生徒の噂を聞き、その子を見つけることが出来た。それが、詩乃だった。 即戦力であると確信した歌奈は、ノートを抱える詩乃の腕を引っ張る。地面に落ちて開いたノートの、そこに書かれていた詩乃の『詩』に目を奪われた。 『河川敷歌え歌えと飛ぶカラス秋高き空夜に染めてく』 綺麗な『詩』に、ダメ元で軽い気持ちだった歌奈も本気になった。改めて、歌奈は詩乃にバンドへの加入を、そして、歌詞も手伝ってほしいと頼み込み、詩乃もそれを受け入れた。 言葉を綴り、短歌を詠むほど、歌奈への気持ちが増していく。いざ、歌詞にしようとすると、思いが強すぎてまとまらない。 バンドの仲間、そして歌奈が思いを寄せていた相手に背中を押されながら、たくさんの歌詞を書いては捨て、やがて、一つの歌詞が完成する。 これは、言葉で想いを形にする物語。 『言の葉を重ね合っては書き留めたいつしか詞は恋文になる』 (登場人物と、イメージの短歌) 弓田 詩乃 (Bs.)『便せんに書き連ねては至る先 想いを乗せて歌えよ歌え』 矢坂 歌奈 (Gt./Vo.) 『太陽を木の葉で隠し見る光 近く遠くで共に見ている』 松下 杏子 (Key.) 『木漏れ日に仲間を見つけ上着かけ 眠るふたりの涙を拭う』 柿崎 遥香 (Drs.) 『ひた走る仲間と肩を組み進め 共に咲かせよ向日葵の花』 ???(元Bs.) 『遠くから月明りこそ照らせども その光こそあなたのもので』

  • 世界で一番うちの子がかわいい。以上。

    ♡1,200

    〇10

    童話/絵本/その他・完結済・1話 長月瓦礫

    2020年2月22日更新

    うちの猫さんを観察した結果、生まれました。 ちなみに、川柳や短歌を書くのは初めてだったりします。 2/22 18:00 全1話公開済み。

  • 落語というか漫談風に、短歌を交えて。

    ♡3,100

    〇200

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話 うらひと

    2019年10月20日更新

    台風15号、19号の被害を受けた皆様が、明日の一歩を踏み続けることが出来るよう願って。 落語っぽく見よう見まねの語り部で、連歌を織り込んでみました。

  • 想いの雫に触れたくば……。

    ♡1,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話 moe

    2019年9月13日更新

    永遠の愛は存在しない。 人の感情は不確かなもので、「好き」が「嫌い」になるのも一瞬だ。 親の不仲がきっかけで、人から愛されることを諦めてしまった琴乃。 しかし、琴乃が通う大学の教授の助手として現れた、幼馴染の氷雨と再会し、彼に想いを告げられる。 その感情が信じられない琴乃に、氷雨は百夜彼女の元に通い続ける約束をし……。 (当作品はさくも様のプロローグ祭参加作品です)

  • 純文的なものを目指して紡いだ物語です。

    ♡64,768

    〇300

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 月岡雨音

    2019年6月21日更新

    及川葵は、短歌をこよなく愛する女子高生だ。 スマホで見つけた短歌アプリで、日々の徒然をノート代わりに認めるのが趣味の、真面目な女の子。 ある日そのアプリで、毎回反応をくれる人がいることに気付く。 そしてそこから始まる、永く愛しい物語──…… 表紙イラスト:入鹿なつ様