神隠し

検索結果:5件

  • ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語

    ♡66,300

    〇7,580

    ホラー・連載中・15話・41,856字 文月 絵里奈

    2020年10月25日更新

    神隠し。それは本当に神の仕業なのか? ある、ひとりの少女に巻き起こる数々の恐怖と悲劇の物語が 今、始まろうとしている――。 【神隠し】 『人間がある日忽然と消え失せる現象。神域である山や森で、人が行方不明になったり、街や里からなんの前触れも無く失踪することを、神の仕業としてとらえた概念。古来用いられていたが、現代でも唐突な失踪のことをこの名称で呼ぶことがある。天狗隠しとも言う。』 『一口に「神隠し」と言っても、行方不明者、迷子、家出、失踪、夜逃げ、誘拐、拉致、監禁、口減らし、殺害、事故により身動きが取れないなど、常識的なものに限っても要因は多岐にわたる。』 【寄せられたご感想の一部】 「サイコサスペンス、かな! 冒頭から謎めいた緊張感のある展開が文字を追う目を急がせます!」 「 人の心の闇の深淵さ。。。。覗きたい、でも怖すぎる。でも次の 展開が知りたくて読み続けてしまうな。アディクトすぎるこれ」 「考えさせられる内容がとても面白かったです! 他にはない小説になっていると思います」 尚、当作品は「エブリスタ」にて同時連載しております。 文月 絵里奈 Art by 香月

  • 幻想ホラー

    ♡16,700

    〇0

    ホラー・連載中・12話・3,299字 椿灯夏

    2020年6月9日更新

    あかあかと咲き連なる彼岸花。 夕闇を背にお社の屋根に座る少年と少女。 「はやく帰れ。じゃないと、ここから帰れなくなる」 緋葉――アカハ―― 「隠せばいいわ。緋葉をこんなのにした、ヒトだもの。 だって、ここは――緋葉の領域なんだから」 夕羅――ユラ―― 「……とんでもない場所に迷い込んだ」 木暮歩――コグレアユム―― えんえんと同じ景色を歩いてる事に気がついた時ーー もう、遅い。

  • 神様にもいろいろある。

    ♡1,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・7,511字 緋冷ミツル

    2020年6月1日更新

    俺、|真榊 健人《まさかき けんと》がまだ小さかった頃、妹の朱音《あかね》が攫われてしまった。 そしてこの事件に関係しているのか分からないけど、その日から普通に人には見えない不思議な生き物が見えるようになった。 毎日のように、その不思議な生き物から『お願い』される。 俺は彼らについてよく知るため、京都に向かう。 彼らの正体はいったい何なのか? 朱音がいなくなったことと関わりがあるのか? 俺は意外といた、見えないものが見える人とともに、様々なことに巻き込まれていく。 ※本作の世界はパラレルワールドのようなものです。現実の場所・人物・施設・宗教、その他諸々とは全くの関係がありません。 ※シリアス多め、戦闘少なめです。 ※ひとつひとつの話が短めで、展開を早くしていく予定です。気軽にさらっとどうぞ!!

  • 抗い難い、その味。

    ♡1,900

    〇0

    ホラー・完結済・1話・4,305字 水沢ながる

    2019年10月4日更新

    神隠しにあったように行方不明になった息子が戻って来た。 しかし、彼は何かが変わっていた。 この作品はフィクションです。実際の事故や事件には関係ありません。

  • 神話×信仰×女子小学生

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・8,150字 虎戸リア

    2019年8月22日更新

    夏休み、お盆のと言うことで父の実家を訪れた女子小学生、輝夜。 親戚や父に辟易し、外へと飛び出た輝夜にお婆ちゃんは兎を追うなと忠告する。 輝夜は途中で、芋虫を助け、そして喋る兎を見付けた。 導かれるように輝夜は、ケが来ない永遠のハレの日が続く世界へと迷い込む 不思議の国のアリスをテーマにした短編です。神話と信仰と、少女のお話。