神隠し

検索結果:14件

  • 十三日の未来灯

    灯台の光は、少し先の未来を見せるという

    7,500

    1,000


    2022年5月25日更新

    ★主題イラスト『海をまとう』から着想を得た物語です★ ★「GENSEKI」とノベルアップ+のコラボコンテスト参加作品★ 「お盆に海や川へ入ってはいけないよ」 親もしくは祖父母から聞いたことはありませんか? 私も口酸っぱく言われてきました。 「なぜ入ってはいけないの?」と子どもの頃の疑問を元に書いています。 タイトルの読みは【 じゅうさんにち の みらいとう 】です。 ★★★ お知らせ ★★★★★★ ★★★ 今週の金曜日、プロメテウス文藝部の【海乃 眞】さんに、本作を朗読していただけることになりました。 【5月27日:金曜日:23時頃】 ツイッタースペースにてご視聴いただけます。 ツイッターアカウント URL▶https://twitter.com/prombibliotheca?s=21&t=7L6SI3ZbrDcso_aFT6yPSA その時間に視聴が叶わずとも、録音を聴くことができます。 声で楽しむ「十三日の未来灯」をどうぞよろしくお願い致します。 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ サムネ背景: イラストACより「天の川 きらきら星空背景 七夕」すみかど様 シルエットACより「灯台」素材ID: 163303

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 天狗の棲む山

    神隠しの女、天狗の青年、神主の古老……

    7,600

    0


    2022年3月23日更新

    流れ者のホステスが寂れた町で出会ったのは、天狗と呼ばれる若者だった。 時が止まった地で起きる謎の事件。 * 山新文学賞、準入選作品。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • あさぼらけの唄

    小説家になろうのサイトでも掲載してます。

    100

    0


    2022年3月1日更新

    結構昔。とある里の、とある集落で起こった出来事。 少年たちはいつもの通りに、親の手伝いや弟妹たちの面倒を見て日々を過ごしていた。 ある日、いつもとは違う時間帯、違う顔ぶれで集まるちびっこたちを見つける。そのとき、自分達はまったく知らない唄を歌っていた。 少年と友人は突然不安に襲われ、大人を呼ぼうとその場から一瞬離れる。このときに、幼子が行方不明となる。 大人たちが手分けして探しても見つからず、さらにもう二人、行方不明者が出る。少年も自身の弟がいなくなり、集落中がパニックになる。 神隠しならば諦めるしかないと思い始めたとき、少しの希望があっさりと恐怖に落ちるのは、運命なのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 山のご神木

    ご神木の虚の中は、真っ白な異界だった

    2,700

    0


    2021年12月6日更新

    Twitter企画「ノベルバー」(2021年)参加作品です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 水野を待ちながら

    この状態から取り戻せる青春があります

    27,000

    50


    2021年11月28日更新

    天才、水野秋がバスケ部を辞めた。 それは中一の初夏の頃で、幼馴染みの田島豊花と名波美凪は衝撃を受けた。 インターハイ出場を約束していた彼女の裏切りを二人は簡単には受け入れることが出来なかった。 水野が辞めた理由を突き止めようとする田島と、水野に諦めをつけていく名波。 かつて同じだった思いは解けていき、三人の距離は離れていく――――。

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • あの日の夢

    企画ものです。

    6,100

    0


    2021年9月26日更新

    夢を見た。 その夢はいつも見る夢と全く違っていて。 それは刹那の出会い。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 三国志演義の世界に転生?いや神隠し?

    三国志演義の世界を新解釈も交えて作った?

    100

    0


    2021年9月7日更新

    夜駅から自宅へ自転車で帰宅中に、道路の落下物にぶつかりおきたら、晴天の平原‥「何処やねん」とキレながら歩くとスプラッターな殺人現場と立ち合いする、剣を持つ最近死刑になった某教祖似のおじさんと傘の民族衣装を着た人と遭遇したので、とりあえずおじさんに助太刀するとそのおじさんはまさかの漢の丞相曹操、「まじかよ曹操?趙雲とかが良かったと思いながら」曹操と許都に向かう。 評価が悪くなかったら、割とご都合主義な新解釈な三国志演義の異世界物語を書く予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • カワセミの呼ぶ声

    夏の小説マラソン「秘密基地」

    18,900

    120


    2021年7月10日更新

    小6のユウキとカイは、秘密基地と称したテントに家出する。 翌朝目覚めてみると、そこは全く知らない場所だった。 夏の小説マラソン第1週目「秘密基地」参加作品です。 字数に踊らされた感満載も併せて、お楽しみ下さいm(_ _)m

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 消失する悦び

     

    200

    0


    2021年5月4日更新

    山口 美雪(やまぐち みゆき)は目が覚めると知らない場所にー。 そこは普通の街と変わらずスーパーやコンビニや家がある。 誰もいないその場所は山口 美雪には都合のいい場所だった。 一人、二人とそこに現れる人に彼女は……

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 長い夜

    ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語

    560,579

    76,299


    2021年2月4日更新

    全ては、真夜中にかかってきた一本の電話から始まった。 藤川優という少女が聞いた言葉は『神隠し』 元来、好奇心旺盛だった彼女はその神秘的な言葉に惹かれてしまう。 それが悲劇の始まりだった。 徐々に、優の中に闇が棲んでゆく。 宿ったのは、別人格(ペルソナ)なのか、それとも心霊なのか。 謎が謎を呼ぶ長い夜に終焉のときはやってくるのだろうか? この世界に入った者は、もう引き返せない――。 Art by 香月 @s_z4230

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間5分

    この作品を読む

  • 神隠しの杜

    幻想ホラー

    17,500

    120


    2020年6月9日更新

    あかあかと咲き連なる彼岸花。 夕闇を背にお社の屋根に座る少年と少女。 「はやく帰れ。じゃないと、ここから帰れなくなる」 緋葉――アカハ―― 「隠せばいいわ。緋葉をこんなのにした、ヒトだもの。 だって、ここは――緋葉の領域なんだから」 夕羅――ユラ―― 「……とんでもない場所に迷い込んだ」 木暮歩――コグレアユム―― えんえんと同じ景色を歩いてる事に気がついた時ーー もう、遅い。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 神様、願い事を伺います。(仮)

    神様にもいろいろある。

    1,800

    0


    2020年6月1日更新

    俺、|真榊 健人《まさかき けんと》がまだ小さかった頃、妹の朱音《あかね》が攫われてしまった。 そしてこの事件に関係しているのか分からないけど、その日から普通に人には見えない不思議な生き物が見えるようになった。 毎日のように、その不思議な生き物から『お願い』される。 俺は彼らについてよく知るため、京都に向かう。 彼らの正体はいったい何なのか? 朱音がいなくなったことと関わりがあるのか? 俺は意外といた、見えないものが見える人とともに、様々なことに巻き込まれていく。 ※本作の世界はパラレルワールドのようなものです。現実の場所・人物・施設・宗教、その他諸々とは全くの関係がありません。 ※シリアス多め、戦闘少なめです。 ※ひとつひとつの話が短めで、展開を早くしていく予定です。気軽にさらっとどうぞ!!

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 神隠しのアムブロシア

    抗い難い、その味。

    1,900

    0


    2019年10月4日更新

    神隠しにあったように行方不明になった息子が戻って来た。 しかし、彼は何かが変わっていた。 この作品はフィクションです。実際の事故や事件には関係ありません。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 兎を追うな

    神話×信仰×女子小学生

    200

    0


    2019年8月22日更新

    夏休み、お盆のと言うことで父の実家を訪れた女子小学生、輝夜。 親戚や父に辟易し、外へと飛び出た輝夜にお婆ちゃんは兎を追うなと忠告する。 輝夜は途中で、芋虫を助け、そして喋る兎を見付けた。 導かれるように輝夜は、ケが来ない永遠のハレの日が続く世界へと迷い込む 不思議の国のアリスをテーマにした短編です。神話と信仰と、少女のお話。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む