私小説

検索結果:47件

  • むらさき時雨

    人生の分岐点は、十歳の夏に時雨のように。

    10,400

    10


    2022年6月21日更新

    ちぐはぐな家庭に育ち、いびつな形に育った私。 今とは違う、本来の私の人生を送れたかもしれなかった――その分岐点は、十歳の夏にあった。 不意に人生の分かれ道に立たされた私が取った選択は。 6,000字の純文学短編です。 ※ 「小説家になろう」にも投稿しております。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 区隅憲の赤裸々な独白 ~小説を書くための闇深ブログ~

    小説のプロットとか雑記とか本音

    13,100

    50


    2022年6月18日更新

    【※このブログはイタい内容が含まれますがご容赦ください】 慟哭のように文字を書きたい。 何もかも曝け出して悲鳴をあげたい。 ただ泣くだけで私の全てが受け入れられたい。 赤ん坊のように叫び散らすだけで称賛されたい。 肥大した大きすぎた剥き出しの欲求。 けれどそれは、あまりに歪で醜い姿を晒していた。 自己表現と他者評価、どちらも欲しくて堪らない。 その怪物同士の争いは、一向に止まる気配がない。 ――気持ち悪い私を受け入れて―― たった一つの願いが、私を狂わせ執筆に走らせる。 私はもう純粋で無垢な赤子には戻れない。 けれど私の産声は、生まれたばかりの頃から鳴り止まない。 私はただ、本当の自分を誰かに認めて欲しかった。 ◯このブログでは、筆者が思うままに小説のアイデアや雑感や本音を綴ります。 今は主にプロットを書いているところです。 ※基本殴り書きを見直しせず投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

  • 六人の住人

    実録多重人格日記です

    1,300

    0


    2022年6月18日更新

    これは、五人の別人格を持つ、「私」の話。 ※児童虐待や、いじめ、自殺に関する記述があります。悲しいお話で落ち込んでしまう方は、閲覧を御遠慮下さい。※ この小説は、「小説家になろう」などにも同名でアップロードしてございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む

  • 幾星霜を重ね忌まわしき晩夏を凪へ変え

    その罪を許せますか?

    1,000

    1


    2022年4月25日更新

    「罪を憎んで人を憎まず」 この言葉を実践できる人は果たしてどれだけいるのだろうか? 貴方は身内を殺した加害者を一生恨み続けますか? 貴方はその加害者を許す日が来ると思いますか? 事故で叔母を亡くした高校生の少年。葬式の受付を手伝いをしているころへ、加害者の女性が姿を現す。そこで少年が見たものとは… ※シリアスが苦手な方には向かない内容となってます。露骨では無いにしろ、人の死を題材としております。 ※この物語は一部フィクションをまじえた私小説となっております。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 兄と私は似ていない

    ちょっぴり胸糞かも知れません。

    1,100

    0


    2022年4月16日更新

    ずうっと火傷したままだ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 俺の大作が誰にも読まれない! ~区隅憲が長編を読まれるために色々やったこと~

    創作テクや企画や雑記など色々試してます。

    82,900

    510


    2022年3月23日更新

    【※このエッセイは筆者の黒歴史です。イタい内容が含まれますがご容赦ください。現在活動停止中です】 はじめまして。超大作を書いた区隅憲(クズミケン)です。 皆さんは自分が書いた小説を誰かに読んでほしいですか? けど誰も読んでくれませんよね。 このエッセイでは、そんな悩める皆さんのために小説を読まれる必勝法をご紹介します。 ――そんなものはありません―― それがわかれば私は今頃書籍化作家の仲間入りです。 いくらクオリティの高い小説を書いても、Web小説の人気はなかなか獲得できないという現状があります。 なのでこのエッセイでは、人から小説を読まれるべく区隅憲が足掻いた爪痕を残していきます。 そうした抵抗の中で、Web小説の書き方や宣伝の仕方も学びました。 作者の実体験に基づいてそれらを紹介します。 果たして、区隅憲は日の目を見ることができるのか。 とにかく色々なことをやってみます。 現在は創作論を書いたり企画を立てたり雑記を投げたりしています。

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

  • ボクの誕生日

    1年経ちました。

    1,300

    0


    2021年11月22日更新

    執筆活動を始めて1年が経ちました。 なぜ執筆を始めたのかなどが記してあります。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 妹、探しています。

    戦争中、私は妹を探す。

    19,100

    0


    2021年11月20日更新

    例え私がどうなろうと、大好きな妹を探し出す。 そう誓った私は、世界戦争真っ只中の大陸を横断する決意をした。 ここは未来、しかしそれほど遠い未来ではない未来。そこでは法律の革命が起こり、死刑廃止とは真逆の、死刑制度を厳しくするといった内容の法律変化が物議を醸した。それは国や大陸程度の法律革命ではなく、世界単位のものである。 そんな世の中、私、シスルは死刑囚として首の切られるその瞬間を待っていることしかできなかった。しかし、私には二人の仲間がいる。ポピーとメープル、そして、私にはまだ死なない理由がある。 私には、まだ小さい妹がいる。その妹を置いて、私はこの監獄へ収監されてしまったのだ。もう一度妹を見つけ、日常を過ごすまでは死ねない。そう思っている。 その矢先、この世界で突如巻き起こった世界戦争。オーストラリア大陸、そして南北アメリカ大陸競合軍が、ユーラシア大陸中心部に喧嘩を売ったのが発端だ。 その未曾有の世界戦争が巻き起こっている事も知らず、私たち三人は、この監獄を脱獄する事となった。 私、妹を探す。そう決めた心の奥で渦巻いたのは心配だったが、構わない。 戦火の中心で廃屋と化すこの大陸を、命がけで横断して、そこにいるであろう妹を探し見つける。それが私のやるべき事。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

  • 僕はまた金魚鉢の夢を見る

    PVつけました。

    143,807

    837


    2021年11月5日更新

    大学二年生の夏休み、大人になり切れない青年、糸川紡(いとかわつむぐ)は五年ぶりに故郷に帰る事になった。その町は紡にとって思い出したくない思い出の町。だから彼はずっとその場所を避けていた。五年ぶりに見たその町は昔も今も豊かな自然に包まれていて何も変わらない。けれどそこには一つだけ足りないものがあった。欠けてはならない大切なモノが…。五年間の空白。埋まらない溝。後悔という名の悪夢。それら全てを乗り越えた時、人はきっと大人になる。これはそんな子ども以上大人未満の糸川紡が紡ぐ人生の物語。

    読了目安時間:10時間49分

    この作品を読む

  • 呉先生

    作者本人の経験に基づいた私小説

    1,400

    10


    2021年10月17日更新

    超然文学賞佳作入選の作品です。 かわいがってください。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 【長編集】僕と組織と統失と波乱万丈戦闘自伝

    99%実話の統失と組織との戦いの話です

    0

    0


    2021年9月18日更新

    統合失調症になった僕の妄想話が中心のエッセイ風私小説集です。 退職した会社が悪の組織で、|僕《ワトソン》を狙います。 逃げるよう戦い続ける僕の人生が描かれています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む

  • 閉ざされた窓

    「僕はただ彼女を愛しているだけです」

    3,200

    60


    2021年8月2日更新

    「僕はただ彼女を愛しているだけです」

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 美しきこの世界

    例えばその五分が、最期まで続く人生を。

    1,100

    0


    2021年7月14日更新

    【小説をnote( https://note.com/varistarorch )で書き直しています。良かったら見に来てください。】 経験し、想像してみてください。例えば五分間。あなたは眼球以外の体の動きを止め、天井や壁、もしくは何も無い部屋の一角をただ見つめ続けてください。苦痛が待っているはずです。しかしその苦痛は本当の地獄ではありません。なぜならあなたのその苦痛は五分後に解かれ元に戻るとわかっている五分だからです。 想像してみてください。例えばその五分が、最期まで続く人生を。 ある国のクイナと言われる丘には小さな町があります。その町には石畳やレンガでできた道や家が並んでいます。これは、変わらない町の中で、変わってゆく人々の物語です。 カラキランコロン。玄関のドアに付けられた鐘の音が響きました。 「はーい!」 今日もまた、夢の家にミロクおばあさんがやって来たのです。朝食の支度をしていた夢は、とても嬉しそうに玄関の方へと駆けて行きました。夢にとってこの鐘の音が、クイナの町の住人達との幸せなふれあいの始まりです。そしてそれは、明日も明後日もいつまでも、ずっと、続くのだと夢もおばあさんも思っています。 そんなある日、夢はおばあさんと一緒に病院へ行く事になりました。そしてその日を境に夢とおばあさんの大切な日日が始まるのです。誰が悪いわけでもなく何が悪いわけでもなく、多くの人の人生には悲しみというものが訪れます。夢はこの日からおばあさんとクイナの町の住人達とその悲しみの中に入って行きます。決して美談では終わらない救急救命処置、声を失う人工呼吸器、医療の誤診、介護サービス従業員による傷害、そして別れ。そんな悲しみを乗り越えながら主人公の夢は一つの人生を生きて行きます。 ALSは筋萎縮性側索硬化症という難病です。全身の筋肉が弱り、最後には目蓋も閉じる事ができなくなります。ただ、この難病が及ぼす影響もそこまでです。つまり心は健康な時のままなのです。これは難病になった母と共に生きた自分が「そうありたかった」そんな世界の物語です。 主題歌を作りました! 「最初で最後の再開 / 初音ミク」 https://youtu.be/-9bATvNPj7o ※11月4日現在小説を十章目まで書き直しました。

    読了目安時間:10時間32分

    この作品を読む

  • 追憶のもやし炒め

    もやし炒めって美味しいですよね。

    1,100

    0


    2021年6月27日更新

    もやし炒めに関するあれやこれや。 学生時代を振り返ります。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 助手席にて

    助手席について思うエッセイ。

    600

    0


    2021年5月16日更新

    助手席について思うエッセイ。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • はんぶんこ

    悲しみも喜びもはんぶんこ

    200

    0


    2021年4月2日更新

    僕は何者なのだろう。 そして何ができるのであろう。 そんな問いかけに彼女は答えてくれるのか…… 自分が何者か問い続ける不器用な僕と、 彼女との出会いと別れを描いた物語。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 短編小説集Vol2~経験~

    経験がテーマの10分で読める短編集です!

    500

    10


    2021年3月19日更新

    「経験」がテーマの短編集です。 本作では執筆した短編小説のリンクを掲載するようにしました。 1作10分程度で読める程度の文量です。 良かったら、1作でもよいので目を通してみてください。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 【短編】宙を泳いだ猫

    10分程度で読める短編作品第14弾

    2,300

    0


    2021年3月18日更新

    スイミングスクールで不合格を通告され、落ちこむ僕の前に現れた猫。 猫は塀から飛び降りられず、僕に救いを求めるが……

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 作家志望愛詩輝の私小説

    愛詩輝は作家になれるのか。創作・恋愛譚

    79,600

    855


    2021年3月15日更新

    愛詩輝は作家志望。私小説を書き始めた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間46分

    この作品を読む

  • 【短編】狸と蜃気楼

    10分程度で読める短編作品第12弾

    2,900

    0


    2021年3月9日更新

    学生時代の夏休み。 ジョギング帰りの私の前に狸が現れた。 私が住む地域にしてはあまりにも珍しい存在に私は浮かれるが、 母にそんなわけないだろと一蹴される。 だから私は狸の証拠写真を撮影しようと奮闘する。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ひとりぼっち

    書き溜めた詞。想いのたけを込めたうた。

    0

    0


    2021年3月5日更新

    懐かしいうたを口ずさむように紡いだ言ノ葉たち。 間違った使い方をしている言葉もありますが、表現の一部として大目に見てください。 自分のサイト『Beautiful Pleasure』にも載せています。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 【短編】憧憬

    10分程度で読める短編作品第11弾

    4,700

    20


    2021年3月5日更新

    ある土曜日、私は物語を書こうとするがアイディアが浮かばず散策に出る。 そこにもやはりアーティストたちがいて私の胸は痛くなる。 だけど…… 【履歴】 2021/03/07 童話/絵本/その他の日間ランキング2位

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 【短編】幻覚と座敷童

    10分程度で読める短編作品第10弾

    1,800

    30


    2021年2月27日更新

    ある真夏の夜。 金縛りにあった僕の前に女の子の幻覚が現れた。 ……というノンフィクション

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 寄り道

    実体験を基にした私小説

    8,400

    0


    2021年2月19日更新

    仕事の帰り道。 ちょっとした冒険心。 そこで待っていた不思議な出会い。 10年以上前に、自分自身の体験談をもとに文学調で描いてみた私小説ですが、それを少しだけ手直しして掲載しました。 2021/2/4~ 23:00 予約更新 全16話

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 僕の半生

    嘘と真実が混ざっています

    2,100

    5


    2020年12月25日更新

    私小説もどきです。不快感を覚える可能性があります。お気をつけください

    読了目安時間:2時間22分

    この作品を読む

  • 毛布に食べられている。

    毛布…それが恐ろしいものだったなんて…

    1,700

    20


    2020年12月19日更新

    寒い極寒の中… ボクは毛布に捕食されてしまった。 皆さんの家にある毛布も、もしかすると あなたたちを捕食してくるかもしれませんよ? ※ホラー系ではございません この作品は小説家になろう様にも掲載しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 教室にてサマーロマンス

    僕と君とを繋いだ旋律を、今再び奏でよう。

    200

    未参加


    2020年11月23日更新

    僕が密かに好意を寄せているのは、“同性”の幼馴染。 しかし、自分の想いを伝えることができないまま、時間は過ぎていった。 彼に話しかけることもできない日々が続く中、ある日、僕は彼の顔から笑顔が見られないことに気づく。 変わってしまった今の僕にできること。それは、友達として彼に寄り添うことじゃないか。 さあ、僕と君とを繋いだ旋律を、今再び奏でよう──

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 欠落人

    ある欠落と歪さを抱える男の話

    1,000

    0


    2020年11月14日更新

    人としてあるべきモノを欠いた男は、幸せになれるのか。 欠落を自覚し、なおどうにもならぬ己に苦悩し、また開き直り、自嘲する。 人とは、幸福とは、何かを考える。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 人間の極北

    小説かと問われれば小説とは言えない代物

    1,300

    0


    2020年10月28日更新

    カテゴリーに値するモノが御座いませんでしたので、気分で設定しております。 読んでいて意味がわからない。 気分が悪くなった。 そういうお声が寄せられるならば、私は嬉嬉として喜び、悦に浸って小躍りを一日は三週間踊り続けられそうなセリヌンティウス。 お前もか! と言うアンサンブルはエキセントリックに胸ポケットにお納め下さい。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 文学少女の恋記

    フィクションのはずです。

    43,200

    300


    2020年9月24日更新

    恋愛に興味がない乱歩が大好きな女子高校生、藤沢由華。 恋愛をしたことが無いロリコン大学生、中原裕也。 二人はひょんなきっかけで付き合う事になり…… 不器用過ぎるけれど、恋人が大好きな二人の物語。 多分、フィクションです。 誰が何と言おうとフィクションです。 読者にノンフィクションだろ、と怒られてもこの小説はフィクションです。 ※この小説はフィクションです。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む