私掠船

検索結果:1件

  • キーナ・コスペル女海賊団 ー未来への鍵ー 【海賊令嬢シリーズ No.1】

    今、我ら自由の大海を、いざ行かん

    66,310

    30


    2022年2月13日更新

    【第一部】 ー真珠の白を薔薇色に染め上げてー ドイツ貴族令嬢のヴィルヘルミーナは、貴族生活に失望していた。 「もっと自由に生きたい」と言う彼女は、友人の大商人の娘であるエマリーとイリーゼを伴い、大海原の海賊となる。 私掠船として、海賊行為をしてたヴィルヘルミーナだが、スペイン海軍にダブルスタンダードがバレてしまった。 そして、敵の砲火の危機に、現れたのは…… 白馬の王子様ではなく、漆黒の大男、シュベルツの黒船。 ヴィルヘルミーナとシュベルツ、二人の恋の行方は? 時は英西戦争直前! ヴィルヘルミーナの白い海賊船、“Der Schlüssel zur Zukunft”(未来への鍵)号は、今日も明日も、大海原を駆け抜ける。 ノベルアップ+様、先行連載 全11話 【第二部】 ー真紅のモノローグを伝えてー 時は1625年! あのヴィルヘルミーナが他界した。 そして、この年、イングランド王国がスペイン王国との『ロンドン条約』を破棄! つまり、これは、私掠船制度の復活を意味する。 再度、海賊時代の到来なのだ。 そして、時は流れ、世代は変わり…… ヴィルヘルミーナの孫、ヴィルヘルミーナ二世こと、ミーナは祖母の出来なかった自由恋愛とシュベルツ海賊団の出来なかった黄金郷への航海へ向けて出発する。 「我らは、自由と平等の権利を有する者。つまり、海賊だ!」 他サイトでも投稿予定ですが、ノベルアッププラス様に、先行投稿します。 全45話 【第三部】2022年2月3日18:00より連載開始 ー永遠の海賊 エルメンヒルデー 神の愛は、太陽の様にすべての者を照らす だがしかし、愛の届かない日影に入ってしまった少女がいた。 その名は、エルメンヒルデ。 神の愛の届かぬ日影で育った彼女は、やがてキーナ・コスペル女海賊団に入る。 その後、彼女は自分の海賊団を持ち船長となるも、やはり、彼女には神の愛は届いていなかった。 我が友、ここに睡る! イリーゼが振り返るエルメンヒルデとの日々。 全11話

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間1分

    この作品を読む