検索結果:34件

  • あやかし温泉街、秋国

    ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    652,915

    22,742


    2021年4月9日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30時間29分

    この作品を読む

  • 残光の少女

    うらやましい

    1,500

    0


    2021年3月29日更新

    夕暮れの町、その一角の公園で、少年はふと我に帰る。 目の前には、少女と犬。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 潰したい、その背中。

    とある秋の日常のお話。

    300

    0


    2021年3月29日更新

    蚊だって必死に生きているのである。 分かんないけど。 そんな日常の話。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 隠れた秋猫は星を追って

    今やゲームを超えたフレンドと言ってもいい

    0

    0


    2021年3月25日更新

    ソシャゲのフレンドにまつわる、ちょっとビターで、ちょっとミステリな話。 【Twitter企画タグ:#三題茶会】 お題 ・予定時刻を大幅にすぎて ・十パーセントの向こう側 ・サイレンが鳴り響く ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 名城の散り際

    佐和山辺り、今度散歩してみようかな♪

    8,400

    0


    2021年3月19日更新

    慶長五年ーその日、彼は全てを喪失した。その狭間を描く物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 言の葉の落葉

    2020年novelber参加作品

    100

    0


    2021年2月1日更新

    図書館のそばにある銀杏の木の噂。 作中の一節はジョン・キーツの "To Autumn" より。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • あたたかいものを、きみと。

    2019年novelber参加作品

    500

    0


    2021年1月16日更新

    秋の放課後のひとこま。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 去りゆく秋の窓辺

    2019年novelber参加作品

    0

    0


    2021年1月16日更新

    ある秋の日、早朝の窓辺の話。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 秋の夜長コンテスト応募作品感想覚書

    秋よなコン企画の審査覚書

    52,900

    430


    2020年12月26日更新

    ののあさま主催の、『秋の夜長コンテスト』の審査員として読んだ作品の選考基準の覚書。指摘などはなく、褒めるのみ。募集はしていません。 タグ、『秋よなコン』が登録されてないと拾えません。読み終えたら、「読了しました」スタンプを送ります。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • 自主企画:秋の夜長コンテスト

    自主企画第二弾となります

    167,555

    1,290


    2020年12月26日更新

    あの夏コンに続いて、自主企画第二弾:秋の夜長コンテスト! テーマは『秋』! 参加者は随時募集中です! 少しでも興味がある方はご参加or覗いてみてください!

    読了目安時間:1時間37分

    この作品を読む

  • 短編集「花鳥風月」

    四季折々に、通じ合う心ーー夏五篇、秋三篇

    170,600

    5,960


    2020年12月18日更新

    移ろう季節。移ろう心。 日本の美しい風景に彩られた、それぞれの過去、現在、未来。 お読みくださるあなたの心に、彼や彼女達の想いが、どうか希望を灯しますように。 ー秋ー 「私が十一月に描いた絵」 大学最後の文化祭まで二週間。絵のために、自分らしさのために、あらゆるものを犠牲にしてきた彼女が手に入れたのは、孤独という砦だった。 「律のしらべ」 三人でいつかコンサートを、と誓い合ったオーケストラ部の陽太、律、静香。しかし、非情な未来が待ち受けていた。 「クロノスタシス」 子供のまま大人になれたらどんなにいいだろう。しかしそれは一方で、苦しみを伴う罪なのかもしれない。 ー夏ー 「僕が八月に帰る場所」 不登校になった僕を迎え入れてくれた大自然。一夏の出会い。そして別れ。 「命の糸」 今にも千切れてしまいそうな命の糸。絶望した少女は祈る。この糸が、たったひとつの希望へ紡がれますようにと。 「祭りのあと」 彼女が島を出るーー。舞い。囃子。花火。受け継がれてきた祭りのあと、ひっそりと輝く星の行方は。 「秘密の海岸」 僕と君はただの友達?特別だった。ずっとその特別が、いつまでも続くと思っていた。 「初夏のとびら」 進路。家庭。友達。揺れ惑う女子高生の心は、目覚ましの音と共に目を覚ました。 ※現在、一旦の完結とさせて頂いておりますが、次春に改めて連載を再開する予定です。どうぞ、よろしくお願い致します。

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • サプリメントとプチトマト

    かわいいタイトルですが中身は違います

    100

    0


    2020年12月8日更新

    大人になりきれない

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 懐かしく新しく

    SS現代もの書いてみました。

    500

    0


    2020年12月8日更新

    秋、工事、別世界、出会い

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ときこぼれ

    秋は笑いの季節

    2,700

    0


    2020年11月20日更新

    秋のまっただ中のことだった。その知らせは突然にやってきた。 秋といえば紅葉。赤、真っ赤、真っ赤っ赤。だけど私の秋は、タコみたいに色をかえた。白、真っ白、真っ白け、黒、真っ黒、真っ黒け。 秋といえば、運動に、おいしい食べ物に、芸術に読書。『なんとか』の秋が多すぎなのは何でだろうね。 でも私には関係ない。みんなが楽しそうにしてるだけで充分。見てるだけで楽しい。それだけで笑顔になれる、それだけで笑える。だから、私にとっては、秋は、『笑い』の秋。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 秋のスケッチ大会

    どんな絵があるのでしょう……

    5,900

    20


    2020年11月11日更新

    素敵な秋の一日をお楽しみください。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 秋染まる

    秋風運ぶ、涼の色。

    8,120

    0


    2020年10月31日更新

    天高く雲 地に実り 染めて染み入る秋の色 よろしくお付き合いのほどを。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 紅葉前線の二人

    二人だけの特別な秋の旅が始まる。

    6,400

    10


    2020年10月24日更新

    自転車で日本縦断をする自称ユーチューバーのノギカ。 その旅の途中で彼女は一人の老人と出会う。 老人の名は源内といい、彼もまた紅葉前線に乗る日本縦断の旅の最中だった。 旅の仲間を見つけたノギカは半ば強引に源内との旅を始める。 しかし旅の途中で、彼女は源内の謎の行動を目撃することになる。 ののあさんの個人企画『秋の夜長コンテスト』参加作品です。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 夕空に映る心

    朝日の次は夕日です。

    1,000

    0


    2020年10月21日更新

    天才と称された秋暮夕は周囲からの期待に応えなければと自分を追い込んでいた。 そんな夕に、夕空に染まる世界から一つのメッセージが降り立った。 そのメッセージは……。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 金木犀

    秋っぽい詩をかきまし。

    200

    0


    2020年10月14日更新

    俳句を書くつもりが 詩になってしまいました。 良かった御一読 してね。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • アキの空

    ある女子高生の不思議な秋の物語

    11,100

    50


    2020年10月13日更新

    柊女子学園に通う柿沼アキは感情を表に出さないクールな女の子。 好きものも嫌いなものもない。しかしそれには理由がある。 そんな無機質な感情の彼女はとある古民家で不思議な体験をし、少しずつ変わっていく。 「秋の夜長コンテスト」参加作品です!

    読了目安時間:20分

    この作品を読む