空戦

検索結果:7件

  • ぽんこつパイロットが、空に軌跡を残すまで――

    爆撃機に乗る新米パイロットの激闘

    3,400

    30


    2022年8月15日更新

    戦いの空に向かう、とある新米パイロット。 華々しく飾るデビュー戦!!……のハズだったのに!? 飛んでるだけでも精一杯! 真っ直ぐ飛ぶのも四苦八苦……!? 戦場に辿り着くのも大苦戦! 「ぽんこつパイロット」と呼ばれる《彼女》は心も技量もまだまだ未熟。 優美な空と厳しい戦場に翻弄されながら、仲間と共に一歩ずつ毎日を生き抜いていく。 空中戦、対地攻撃、地上戦から整備、料理から恋まで全力で立ち向かう彼女の行く末は―――—

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 大戦争

    これは、人類史に残ったものの一片なり

    1,500

    0


    2022年8月9日更新

    太平洋戦争、大東亜戦争、極東戦争……数々の名を持ち 我々に百年たっても消えぬ記憶を植え付けた大戦。 そんな、大戦では起こったのか、なにを残したのか これは、そんな大戦の一片を綴った物語 ※この物語は史実に基づいているものの作品をうまく表現するために航空無線の技術等を改変しております。ご了承ください。 ※この物語は葉桜の短編集バージョンとなっております。ですが、葉桜だけ、もしくはこちらだけに乗せているシーンがございますので是非両方読んでいただければと思います。 ※不定期投稿になります。ご容赦ください。 ※なろう、カクヨム、アルファポリスでも投稿しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 曇天の騎士

    ドイツ空軍の騎士はそこにいる。

    6,300

    0


    2021年5月2日更新

    第二次世界大戦末期。 ナチス・ドイツは見込めぬ勝利を夢見、未だに戦争を続けていた。 休む暇もなく、連合軍の爆撃機が、戦闘機が、昼夜を問わずに飛び交っている。 兵士や民間人は爆弾や機関銃の掃射を受け、嘆く。 ドイツ空軍はどこにいる、と 空軍は答えない。 答えたところで、望んでいる賞賛が受けられるわけがないと知っていた。 1941年の航空戦から、空軍は血を流し続け、休みもなく戦い続けたが、その栄光はいつしか「当たり前」となった。 正当な評価など、今更求めてはいない。 さあ、私の昔話をしよう。 私にとっては昔でも、君たちにとっては歴史であろう物語を。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • アナコンドルVSフライング・ブルシャーク サメ狩人は挫けない

    猛禽+大蛇VS空飛ぶオオメジロザメ!

    2,100

    0


    2021年2月3日更新

    飛行能力を得たオオメジロザメが、フロリダ西岸の砂浜で人を襲って食らった。メキシコ湾沿岸地域で被害を出し続ける飛行ザメを討伐するために、湾を管轄する沿岸警備隊第八管区はサメ被害専門であるマーク・ファーマーを呼び寄せる。一方海軍はとある科学者が飼育していたアナコンダとコンドルの合成生物「アナコンドル」を接収し、これを使って空飛ぶサメを排除しようとするが…… 巨獣同士による、大空の大決戦! 表紙絵は尾八原ジュージさんによるファンアートです

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 玲瓏の翼(ラノベ版)

    ちょっとクセのある話なので要注意です。

    7,877

    0


    2020年5月13日更新

    何の前触れもなく、地球は世界地図をハサミでバラバラに切り裂かれるように、いくつもの「事象面」へと分断された。 それぞれの国と地域が断絶し、一般人には行き来不能となってしまった世界。 時期を同じくして、並行する異世界から移民が流入してくる。 もとの地球の住人達は世界をふたたび合一しようと異世界民と力をあわせ、この現象を探るべく探査機関を各国で立ち上げた。 本国の場合で言えば、それが「探査院」であり、実際に未知の扉に挑むのが「航界士」と呼ばれる命知らずな一群である。 そんな損耗率も激しい航界士の補充のため航界士修錬校が創設され、少年・少女候補生が、将来の航界士たるべく鍛錬を重ねている。その候補生の一人である主人公は、未熟ではあるが先輩たちの助けをかり、迷いつつも成長してゆく。 だが――訓練を重ねるうち、彼はこの社会の構造を形づくる歪みに気づきはじめる。 ――思惑。 ――陰謀。 ――欲望。 おりしも、彼の周囲にナゾの圧力が。 そしてひそかに接近する雌豹を思わせる不思議な美少女。 幾多の試練を経て、ついに彼は移民たちの女王の御前で開催される勅任航界士の試験に望む。しかし試験空域は事象震が荒れ狂う地獄の底となり、耀腕によって受験者は次々と殉職してゆく。 恐怖と後悔が充ちる順番待ちの広間。 はたして彼は、航界士になるという選択をとるのか? ……などと大層なものじゃ御座いませんが、御用とお急ぎでない方は、是非。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間26分

    この作品を読む

  • アネンスファリアの遺言 "The Anencephalia"

    ドラゴンは「戦闘騎」に姿を変えた––––

    300

    0


    2020年4月28日更新

    ––––かつて、「魔王」は「勇者」に討たれた。安寧の時代は終わり、有史以来の混乱が幕を開けた。 地上から魔物が一掃されたことにより、「大陸」の経済は崩壊。西部に位置する超大国・「王国」では、十数年にわたって恐慌が続いていた。 混乱の収集を諦観した王府と、棄民たちが中心となり樹立された「暫定政府」。二者の紛争の中で、王府は、生体の翼龍を利用した有人航空兵器・アネンスファリアを投入する。そのパイロットである"ゲイズ"––––ウィリアム=ファウラーは、幾多の戦場を渡り歩く中で、自らの罪と直面する。 ※「カクヨム」様でも連載しています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • レッドアロン

    それは、オーロラを纏いし赤鳥

    10,500

    5


    2020年2月12日更新

    ある日、流星は夜中に突然目が覚め、赤色のオーロラを鳥形に纏った隕石が朱ヶ山に落ちて行くのを目撃する。その日以降、その事件はニュースで取り上げられ世間を騒がせるが、あっという間に忘れされていった。 だが流星は、その日以降その光景を何度も夢に見るようになっていて、あの出来事が忘れられなかった。 高校に進学して2か月ほど経った後、突然少女の声が頭に響き、それが何なのか確かめる為に隕石の落ちたという朱ヶ山に向かう。そこで隕石の正体を知る事になり、少女は自身とレッドアロンを助けてほしいと流星に懇願する。 そしてレッドアロンを狙う者達との邂逅から争いに巻き込まれる中で奮闘する流星は、思いがけず自身の過去を知る事になり、争いの中でレッドアロンに集う者達と共に、いつしか全てを知る為にレッドアロンを狙う者達との戦いに、巻き込まれるのではなく、自ら身を投じる決意をする。

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む