検索結果:39件

  • ゾンビのあとしまつ

    あれから早11年

    300

    0


    2022年5月20日更新

    手を合わせてやるしかできない。 献花だって、数が合わない。 あれから十年経つか。早いか遅いか。若いか老いたか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 積層世界

    空と大地の重なる世界

    100

    0


    2022年4月6日更新

    物質を引き寄せる力、『重力』と、斥ける力『空力』のある世界。冥府の国である大地と、神の国である宇宙の間、空に浮かぶ島々に人は暮らす。世界は層と圏に分かれ、それぞれ全く別の人種と文化をもっていた。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 海と空と月のテラス

    パパとぼくの、ママへの秘密の贈り物

    97,128

    2,463


    2022年2月17日更新

    港町の高台にある古い家に、パパとぼくはやってきた。 7日間のバカンスのため。 かつて白い家と呼ばれた建物は、見る影もないほど荒れ果てていた。 10日あまりもすれば取り壊されることが決まっていたが、パパとぼくは、23年前の美しい姿に戻そうと働いた。 家の中の掃除をし、建物をまっ白に塗り直し、雑草だらけの庭をきれいにした。 その家はママが青春の一時、暮らしたことがあった場所だった。 もうすぐママの誕生日。 祝えなかったその日を、パパとぼくは祝おうとした。

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • 魔女のいない国

    自由の空を求め続けた魔女は――

    41,450

    240


    2022年1月28日更新

    その日の夕暮れ――、国で最後の一人になった魔女の死刑が執行されるらしい。 魚住真琴様の「一万字まで小説読ませてください」に感想を書いていただきました! ありがとうございます。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ただ空が、闇が、僕らを包む

    想いを胸に抱いて、闇に受け入れる

    0

    0


    2022年1月19日更新

    首を絞められたような苦しさだけが残っていた。もう二度と会えないことが、寂しかったような気がする。涙は出なかった。 ――――――― 私は彼が好きだった。けれど、彼には彼女がいた。ずっと…想うことしかできなかった。 ――――――― 僕らは闇に包まれている。 (縦読みの方を推奨しています)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • ずっと親友であることに意味があった

    淡く儚く美しく 親友であることの意味

    33,820

    1,715


    2021年12月10日更新

    深い空に浮かぶ星を見上げる度、思い出す。アイツのことを。 そして必ず聞いてみたくなる。答えが届くはずもないのに。 アイツと過ごした日々。忘れられない時間。忘れられないあの日。 忘れちゃいけないあの時。忘れたくないアイツ。 当たり前がこのままずっと続くものと、あの頃の俺は信じて疑わなかった。 それがどれほど大切で貴重なことかも知らずに。 ずっと親友であることに、意味があった。 大学3年生の主人公が、夜ふと星を見上げ、3年前の出来事に思いを馳せる。 幼馴染みで一番の親友であった彼女との、切なくもどかしい物語。 お互いの想いを感じていたのか。 ずっと親友であることに意味があった。 登場人物は、2人だけです。 2021年11月26日、27日、28日、29日 12月1日、5日、6日、10日、11日 ジャンル別 1位いただきました♪ 2021年11月28日 週間6位 2021年11月29日 週間2位 月間 10位 2021年12月2日、3日、5日 週間1位 2021年11月30日 月間 9位 2021年12月3日、4日 月間 8位 2021年12月5日 月間 7位 2021年12月6日 月間 4位 完結後 2021年12月13日 3位 2021年12月16日 日間2位 週間3位 月間3位 2021年12月16日 日間 1位 2021年12月23日~26日 月間 2位 ありがとうございます!

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 青空の下、原色の景色

    夏は異界の門 ひらく

    100

    0


    2021年11月21日更新

    子供たちは知っている 夏は異界の門 ひらく 太陽揺らめき 月は十六夜 惹きあえばほら どこにだって現れる ワクワクのファンタジー

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 蒼天已死

    空よ、蒼くあれ。

    2,400

    0


    2021年10月10日更新

    いつの頃からか、空の色が青から黄色に変わった時代。 空の色が変わったところで人の生活も心も何も変わることはない。 なのにどうして、青い空に焦がれるのだろう。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 使命は灰色

    外に出ると空が回る。だから。

    1,500

    0


    2021年9月29日更新

    砂浜を目指す勇者の不思議系純文。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 少年は空に夢を見た

    空って綺麗ですよね

    1,200

    0


    2021年9月26日更新

    少年は空が好きだった。 ずっと空を眺めいた。 大きな空を自由に飛び回りたかった。 ※小説家になろう様にも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 空はなお赤い

    外に出ることはできない。落ちてくるから。

    1,200

    0


    2021年9月20日更新

    なのにどうして俺は生きているのだろう?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • イリュミナシオン ft.2008年の夏

    流星群は死にゆく星たち

    1,400

    10


    2021年9月16日更新

    伊東圭はいつものように、廃電車に住むリンセーとオセロをしながら、退屈な高校生活を送っていた。 そんな折、リンセーから一人の少女を紹介される。 綿貫みなみ、伊東圭と同い年の十七歳。 2008年の夏、毎年くる季節の一つの始まりに、僕たちは心躍らせていたんだと思う。 何の変哲のない伊東圭の高校2年の夏は、いくつかの秘密を抱えた綿貫みなみと一緒に、短く過ぎていくのだった。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 空の空

    バラッド形式の短編集です。

    8,400

    0


    2021年9月2日更新

    思い付きの短編集

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 空は青かったのだろう

    青いというなら青かったんだ。それだけ。

    800

    0


    2021年8月9日更新

    「人間の思考は正しい正しくないの問題ではない、それは知っているけれども「正しさ」を重んじるのが今の世の中であるのなら、足が蔓延るこの世ではプラスチックのような正しさをぼんやりと信じて生きるだけ」 低温純文。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 夏の夜空と淡い恋

    「夏の5題小説マラソン」②参加作品です♪

    1,100

    5


    2021年7月22日更新

    幼馴染みの雄志《ゆうし》と輝《あきら》、未来《みらい》の3人は花火大会に行く約束をする。 しかし輝がドタキャンし、雄志と未来はふたりで行くことにした。 そして雄志は未来に想いを告げようとするが……。 今作は「夏の5題小説マラソン」2週目参加作品です。 5題全てに参加するつもりです。 そして5つのお話は全て繋がっている! 予定です(^_^;) 1話ずつ、そのお話だけでも楽しんでいただけると思いますが、 5作品を読んでいただけるともっと楽しんでいただけると思います。 応援して下さると嬉しいです(*^^*) よろしくお願いします!

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • そらいろ、いろいろ。

    ふとした瞬間の空を切り取って

    7,200

    未参加


    2021年5月23日更新

    そらいろ、いろいろ。 おなじ空がないのなら、ぱちりとシャッターをきってみよう。 ことばで写真はとれるかな。 そらいろはどれだけ、あつまるかな。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 詩集「空と海と星と花と……」

    空や海や星や風や花…そんな透明な存在へ。

    15,450

    40


    2021年4月30日更新

    (船長)様の、自主企画「海と船の発表会」が素敵だなと思い、昔から書いていた「詩のようなもの」で参加してみようかなと思いました。 拙いですが、16年ぶりに新しい詩も書いてみました。随時更新していきたいと思っております。 表紙画像を変えました。マウスを使ってペイントで描いてペイント3Dでざっと着色してタイトルを入れて。 本当はもっとリアルな桜の花にしたかったのですけどね。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • もっと強く、もっと高く

    楽しくあれ

    0

    0


    2021年4月21日更新

    もっと強くなりたい。もっとこの世界で高く飛びたい。 流行であるVRMMORPG、風と大地と魔法の国。 プレイヤーは、風鳴り羽を入手すると空を自由に飛べる。 戦闘スタイルは主に魔法と剣、槍、盾、弓などがある。しかし、素手で戦う強者もいる。 プレイヤーの目的は定まっておらず、自由度の高い世界観である。 プレイヤーの選択で、世界が変わる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 君へと届け

    あの青い空へ、届け

    1,100

    0


    2021年4月11日更新

    あの青い空に、届け どこまでも、どこまでも遠いあの空に

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 夏のニライカナイ

    なんくるないさ~と笑えるその日まで

    14,055

    20


    2021年3月13日更新

    2014.08.02 なんくるないさ~という言葉が好きです 海も、空も、大きくて。 いつか、沖縄に行きたい。 そしてこれは夢見ているだけのフィクションです 写真は無料フリー素材サイトのぱくたそさんからお借りしています https://www.pakutaso.com/model.html

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • くじらを探しに空へ翔ぶ

    憂鬱な女飛行士、夢見る少女と出会う。

    6,300

    10


    2021年1月21日更新

    魚と石と浮遊大陸が重力から解放されている世界、『虚空』。 ちょっと憂鬱な女性飛翔士が、あるとき「クジラバカ」と噂される少女と出会う。少女は、絶滅したはずの古代生物「くじら」の実在を証明するべく、写真を撮ろうとしていたのだった────。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 蒼穹のカナタ

    新連載開幕。空を舞台とした青春物語です。

    400

    0


    2020年12月17日更新

    単身飛行が当たり前となった時代。 先天性の病気から歩くことが出来ない少女、一ノ瀬碧。彼女は空を飛ぶことに強く憧れていた。そこに一人の少年が訪れる。少年の名前は空波紬。単身飛行を可能とする浮遊靴の技空士だ。彼は碧の父親の依頼で屋敷を訪れ、一年という期限を設けて碧専用の浮遊靴を作ると言うのだった。 そして物語は一年後。空を自由に滑空する碧の姿があった。そして彼女は現代で最も人気のあるスポーツ、空の妖精に足を踏み込むのだった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ガイアの迷走創作講座

    あれやん。お前はいったい何が言いたいねん

    12,100

    1


    2020年11月7日更新

    ノリで書いちゃった創作講座(?)。どうせまたお前、あれだろ、意味不明なやつだろ? はいそうです(直立不動)

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 世界の涙

    少年と空ーーふと考えるキッカケになればと

    3,700

    0


    2020年10月29日更新

    少年の生きる世界は、狭く、灰色に覆われた空の下 今日も少年は言います 「今日も世界が泣いている」

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 使命

    AMG夢コン参加作品18

    5,100

    100


    2020年9月18日更新

    朝霧が晴れたキャベツ畑、僕は今日もキャベツを食む。そこに奴らが来て、根こそぎキャベツを刈り取っていく。奴らにとっては他の種など取るに足らないものなんだ。僕は空に憧れながら奴らの影に怯えていた。 ※なろうにも投稿しました。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 青色に手を伸ばした日

    「──私は、夢を追うのが怖いよ」

    500

    0


    2020年9月11日更新

    AMG夢コン応募作品!初めての応募なので緊張してます。 よく晴れた日に学校の屋上で絵を描いていた少女と、彼女をたまたま見つけた少年が、青空を見ながら『夢』について語るお話。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 私の愛した空

    彼は、私にとって空そのものだった。

    100

    0


    2020年8月30日更新

    天を司るもの、”天司”。 彼はそう名乗った。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 虹の向こうに

    虹の向こうには何があるの?先生の答えは?

    8,800

    10


    2020年8月28日更新

    進路希望調査の紙を書きあぐねているとき、ふと、幼馴染みの健太はどうして子供の頃からずっとパイロットになりたいといっているのか気になって尋ねた。その理由は……。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • Call Raine:ソラの音をきいて

    ソラから女の子が降ってきた系SF

    2,000

    0


    2020年8月15日更新

    ~ある日僕は空色の女の子を天から拾った~ 2種類の人類が存在した。 科学や文明の進化に魅了され、さらなる高みを目指す『先進派人類』。 隣人を愛し、自分たちの進化を捨てて、生まれ育つ故郷に骨を埋める覚悟を持った『旧進派人類』。 相容れぬ2つの人類は、それぞれの世界に分断された。 旧進派人類は地上に住み、先進派人類は”天蓋”と呼ばれる鉄板の世界をソラに作り、空を覆った。 ”スクラップレイン”。 天の人間の残骸が地上に降らせる雨は、まるで地上の人間への嫌がらせのようだ……。 主人公、雲乃雨露(うんのあまつゆ)は、そんな雨が嫌いだった。 天からの落とし物である雨を集めて天に返すことを生業にしている雨露の前にある日、裸体の女の子が落ちてきた。 それは、空の色をした、天からの落とし物だった……。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 見下ろす水面と、見上げた空と

    見つめる先に在るもの。

    9,300

    0


    2020年8月2日更新

    なろうから自作転載。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む