検索結果:115件

  • 怪物スピカは旅に出る ~ケモノだらけの異世界で人間少女はモンスター扱いのようです~

    人間(怪物)少女は、竜人の兄と旅に出る

    280,100

    2,950


    2023年2月7日更新

    【2023/01/16 Liner notesとして挿絵付きキャラ紹介を冒頭に持ってきました!】 看板イラスト:熊木 ――「人間」とは「怪物」の名前である。 竜人・獣人しか存在しないはずの世界で、少女スピカは唯一の人間だった。 理解ある家族に囲まれて暮らしていたが、ある日謎の猫女が襲ってきて……。 この世界では、自分は怪物なのだと改めて思い知らされたスピカ。仲間たちと共に、自分の正体を探す旅に出る。 種族関係が逆転した異世界冒険ファンタジー。SF要素も添えて。 ※活動報告はこちら https://novelup.plus/story/325892901 【2022/05/10 HJ小説大賞2021後期 一次選考突破! ありがとうございます!】 【2022/04/12 200話突破!】 【2021/02/08 日間ランキング総合2位 ジャンル異世界ファンタジー1位! ありがとうございます!】 【2021/02/23 応援ポイント10万達成!】 ※「小説家になろう」でも連載しております ※一部残酷・暴力的な表現、性的な表現が含まれますが、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:30時間32分

    この作品を読む

  • 竜の階

    転移先は竜の大地。生き抜け、帰るために

    261,970

    430


    2023年2月7日更新

    2年前、実の兄と姉代わりだった幼馴染が揃って失踪した。高千穂ナオル(直)は慕情とコンプレックスを引きずったまま16歳の春を迎える。心の通わない父親にある決意を告げ、入学式へと向かったナオルは、突如白い靄に包まれ、気が付いたら見知らぬ森の中に居た。 そこで出会ったマルヴァスと名乗る青年から、自分が異世界からの訪問者、“渡り人”であると聞かされるナオル。 自分の居た世界に帰る為、彼と共に王都へ向かう決心をしたナオルは、最初に訪れた街の宿屋で看板娘のサーシャと知り合い、心を通わせてゆくのだが…………。 過酷な運命に翻弄される少年の、絆と成長を描く冒険ファンタジー開幕。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載しております。 チートありの異世界転移ものですが、チート能力が開花するのはかなり後であり、主人公の無双もありません。 古き良き冒険物語を目指して書いています。長い目で見守って頂ければ幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間3分

    この作品を読む

  • 災禍の獣と骸の竜

    全滅エンドから始まる成り上がり

    10,000

    500


    2023年2月7日更新

    空には竜が、地には精霊がいた時代。何処からか災禍の獣が現れ、世界は一変する。竜が滅び、精霊が滅び、生み出された魔獣で溢れた。 月日は流れ、魔獣の脅威は依然として凄まじいものの、他の生命も徐々に数を増してゆく。 魔獣に両親を殺され、養護院で育った少年は、魔術の資質を見出され王立学院へと入学を果たす。 間も無く実施された院外学習にて、不運にも魔獣に遭遇してしまう。 全ては此処から始まった。 いつか呪いが解けるその日まで、繰り返し繰り返し、この日この場所へと戻ってくる。 ==================== 【更新情報】 毎日投稿 15:00更新 1話4千文字前後。 完結保証。全87話。 第一部:序章~6章 第二部:7章~ 一人称視点、キャラ名無しの作品です。 ▼設定はこちら https://novelup.plus/story/221594512 ※『小説家になろう』『カクヨム』でも投稿しております

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間27分

    この作品を読む

  • これはノベプラで一番つまらない物語です

    目次だけ見ようとかも思わないほうがいい

    3,200

    10


    2023年2月5日更新

    あんた、タイトルが読めないのかい? 一番つまらない物語だって言ってるんだよ。 これは、あんたの住む世界とは全く違う時間と場所の物語だ。 話は、辺境の森に住むちっぽけな子供から始まる。 特別なとりえもなく平和に暮らしてた一人の子供が、いきなり重大な使命を与えられ、世界の命運を握っちまうんだ。 そんなの上手くいくわけないだろう。 世界は滅びの一途をたどるのみ。 火を見るよりも明らかだ。 だからこれは、つまらない物語さ。 希望や勇気、愛や友情…… 見たこともない景色や、胸躍る冒険…… そういったものを望むなら、やめておいたほうがいい。 この物語には何もない。 読むだけ無駄だよ。出ておいき。 ---------- 土日祝17~18時ごろ更新 ----------

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 竜と風の棲むところ

    旅の友は竜と歌。ほかの荷物は一切不要!

    449,000

    7,214


    2023年2月2日更新

    竜と旅する旅行記。 剣は少し出てくるかもしれませんが、魔法は一切出てきません。 旅の途中で、生活能力皆無な主人公が行き倒れる可能性もあり、その時は尻に帆かけて逃げ出します。 知らない都市を観光したり、荒れ地で狩りをしたり、初めての旅は失敗続きだけれど、それもまた良し。 基本的には、質素と不自由に裏打ちされた、解放の旅───になる予定。 よろしかったらご同道下さいませ!

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む

  • 空を目指す竜の子達

    初めて書いた作品です

    3,800

    200


    2023年2月1日更新

    幼い頃に聞いた物語をきっかけに、三人の少女は天界を目指し旅をする。 出会い、恋、色々な想いや過去を乗り越え…… 目指す先へ辿り着くのか。 ※名前や地名が漢字だったり、カタカナだったりします。10代前半の頃に書いた処女作で、あえて直さずに書き続けたシリーズ物です。気になる方は引き返してください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間34分

    この作品を読む

  • 特売たまごは虹色たまご

    パックのたまごが、1個だけ虹色だった

    3,600

    0


    2023年1月31日更新

    みそらくんはオムレツが大好き。その日も小学校から帰ってきたら、つくえの上にたまごパックがあったので、大喜びです。でも、たまごが1つだけ変な色をしている? 不思議に思ってみそらくんがたまごを手に取ると、中から音がして……。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 碧色閃光の冒険譚 ~竜の力を宿した俺が、美人魔導師に敵わない~

    竜の力を解く旅が、世界を巻き込む戦いへ

    472,651

    620


    2023年1月27日更新

    『竜の力を解く旅が、世界を巻き込む戦いへ。 気付けば俺が救世主!?』 竜の存在を信じるかい? 絶滅してから二百年。今や夢物語だ。 でもな、俺の秘密を知る奴は、きっとこう言うはずさ。 あいつは竜の化身だと。 大型魔獣も圧倒の、無双の力を手に入れた。 冒険者の俺に与えられた称号は「碧色の閃光」。 力の謎を解くための旅だったのに、 美人魔導師との出会いが運命を変えたんだ。 きっとこれも何かの縁だ。酒なら奢るよ。 俺の話にとことん付き合ってくれ。 夢と興奮に溢れて、少しスケベな冒険譚。 決して退屈させねぇよ。 著作者:帆ノ風ヒロ 無断転載は固く禁じます。 Amazon Kindleにて、完全版第一巻が発売中!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:25時間4分

    この作品を読む

  • 異界に墜ちた銀機竜

    主人公は9割機械の竜

    400

    0


    2022年12月31日更新

    メシュキア教国の六番小隊に所属する機竜アニマは ワープの失敗で見知らぬ世界へと飛ばされる。 墜落した星は魔物と人間、 人間と人間の戦争が繰り返されている場所だった。 元の世界へ帰る為、魔物との戦争を助けていたが、 その戦争で魔物を生み出す"蝕み"と 教国の敵だった機械軍との接点が見つかり始める。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 無情王の懸想 〜わたしの小さな旦那様〜

    古城に住む、少年主人とメイドの物語

    100

    0


    2022年12月10日更新

    人間族と竜族の戦争から10年。 先代のご主人様に雇われたメイドのティエルナは、代替わりし新たな主人となった、幼い少年に手を焼きつつも、変わらない穏やかな日々を過ごしていた。 ある嵐の夜、主人の「仕事」に関係する客人の訪問が、平穏だった二人きりの生活を一変させる。 ●他サイトでも公開しています。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • アルセ・レイリア

    記憶喪失の少女から始まる物語

    105,100

    465


    2022年12月6日更新

    森の中で出会った記憶喪失の少女と共に青年は家族を助けるためにギルドに向かう。 少女の名前はアルセ・レイリア。 『黎明の五称号』である証の髪と目の色をした少女とともに旅立つのはイルド・ラスファーン。 彼もまた黎明の五称号の一人であった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間25分

    この作品を読む

  • 赤い竜の物語

    赤と竜と魔剣士の話。

    20,500

    120


    2022年11月30日更新

    世界で唯一の魔剣士リシュトが討伐に向かったのは赤い砂漠の竜。 竜──ラサと出会い、二人は短い旅をする。 中編くらいの長さの話を目指してますが、まだまだ途中。 暇つぶしにどうぞ。 短編に変えました。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 竜傭兵ドラグナージーク

    竜に乗る傭兵の物語。

    45,188

    2,828


    2022年11月26日更新

    竜乗りの傭兵、つまり竜傭兵であるドラグナージークはレッドドラゴンのラインと共に帝国領ガランの町の平和を守る。流れ者の身だがガランの町はドラグナージークに優しい人でいっぱいだった。そんな大切な人々を脅かす空の出来事、敵対する王国との戦いのために彼は今日も竜と共に空を舞う。(小説家になろうにも掲載中)。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間18分

    この作品を読む

  • リリス・レイナーと幼いドラゴン 《2022秋期講習 小説勉強会 第2回》

    小説勉強会の第2回応募作です。

    30,100

    0


    2022年11月26日更新

    全盲で両腕失の女魔導士リリスは、幼い竜の特訓に付き合っていた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 続・蠱毒姫 〜魔王の花嫁と冥府の王

    勝つとわかっている勝負など つまらないわ

    56,100

    500


    2022年11月25日更新

    人の国では、自らの発する毒素のせいで「蠱毒の者」と呼ばれ、遠ざけられてきたアウゲ・ギュンターローゲ。故国は王族に生まれる蠱毒の者を魔王の伴侶として差し出すことで魔界の庇護を受け、繁栄している。アウゲもまた魔王の嗣子・ヴォルフの伴侶となり魔界にやってきた。魔王の伴侶は魔王に力を与え、伴侶を得て初めて魔王は完全になると言われる。その彼女を魔界よりもなお深い場所から見つめている存在がある――。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む

  • 無垢の美少女とぬいぐるみのオオカミ ~俺と契約して、精霊巫女になってくれっ!~

    契約巫女とぬいぐるみ型精霊の絆を綴る!

    10,700

    0


    2022年11月20日更新

    精霊巫女の素質を持った無垢な美少女・優奈は、契約してくれる精霊が現れぬまま、あと数分でその資格を永久に失うところまで追い込まれていた。そんなとき、異世界転生を果たし、オオカミの精霊となって出現したタクが、咄嗟に彼女に言い放った。 「俺と契約して、精霊巫女になってくれっ!」 精霊巫女となった優奈と契約精霊のタクは、仲間達と共にこの異世界にはびこる魔物や妖魔達を倒していくが、やがて強大な力に目を付けられ、そしてこの世界の理に翻弄されていく。 ※「残酷表現」の箇所を修正しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間52分

    この作品を読む

  • 生まれたばかりの赤ん坊が竜だった

    みんなけっこう寛容だった

    0

    0


    2022年11月2日更新

    その国の国民は結構寛容だったらしい。おとぎ話だからなのか、それとも実際にそうだったのか。(※重複投稿しています)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • アスマとベル

    次回『テンペスト』編の準備中です。

    30,200

    155


    2022年10月31日更新

    〝魔術〟の存在する世界。 〝魔術大国〟と呼ばれるほどに魔術の発展した〝エアリエル王国〟に一人の王子が誕生した。 それは魔術を使うために必要な〝魔力〟を誰よりも持ち、〝魔王〟と呼ばれ、〝竜〟と共に恐れられる存在だった。 その魔王の誕生から年月が経ち、アスマと名づけられた魔王は、〝竜の血〟によって不死身になった小人、ベルフィーユと出逢った。 小人として考えられないほどの年月を生き、死を望むようになったベルが死ねるように、アスマは元の身体に戻る手伝いをすることを約束する。 そのためにメイドとしてベルが王城で働き始めて、しばらく、アスマの生誕祭を兼ねた竜王祭が開催され、そこで事件が起きた。 何者かがアスマの命を狙っていたのだ。 探偵気取りのアスマも加わり、犯人を捜索していく中で、アスマ達は犯人が〝異世界から来た人間〟であることを知ることになった。 アスマを狙った犯人の凶刃にベルが倒れるなどのトラブルはあったが、最終的にアスマ達は何事もなく、竜王祭を終えることに成功する。 だが、問題はその竜王祭が終わった後も続いた。 異世界から来た人間に雇われ、アスマを狙った暗殺ギルドの一人が隣国、〝ウルカヌス王国の王女〟であると自白したのだ。 その身柄を引き渡すべきだとエアリエル王国政府は判断し、その王女、ソフィアをウルカヌス王国に連れていくことになったのだが、そのためにエアリエル王国を出発した馬車には、アスマとベルが事故で乗り込んでいた。 もちろん、すぐに送り返す判断がされたのだが、そこでソフィアがとんでもないことを言い出した。 それが、〝二人の同行がないとウルカヌス王国に帰らない〟というものだった。 ※「小説家になろう」「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    読了目安時間:34時間32分

    この作品を読む

  • 竜の子と灰かぶりの配達屋

    ダークな話もハートフルな話もあります

    1,100

    10


    2022年10月22日更新

    世にも珍しい竜の子であるボロを相棒にする少女エラは、激務に翻弄される毎日を過ごしていた。彼女達は、危険が各地に跋扈している世界で最も必要とされている仕事についていた。 それが、《配達屋(フェアリーズ)》である。 危険地帯、猛獣、魔物が蔓延っている大陸ではどうしても物流が滞ってしまう。そんな世界で人から人へ繋ぐ架け橋となっているのが配達屋という者達だった。 指定された時間を厳守し、可能であればどのような荷物でも届けることが出来る彼らは、毎日が大量の配達物の山に翻弄されていた。少女エラもその一員だった。 ようやく見習いから一人前と認められ、配達屋として世界を飛び回ることができるようになったエラは、この危険で広大な世界で色んな出会い、別れを繰り返し、一歩ずつ成長していくことになる――。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • シンセティックシューターサヴァイヴ

    密林からの脱出、始まる

    24,350

    210


    2022年10月9日更新

    ホムンクルスとして生まれた主人公、シャーロッテは仲間達と共に船に乗り度に出ていた。 主人である錬金術師ユークリッドが、離島の異種族と希少な鉱物の交易をするため、一緒について行ったのだ。 だがその旅の途上、上陸間近の時に見張りをしていたシャーロッテはドラゴンの奇襲によってマストごと海に叩き落され遭難してしまう。 ――目覚めたところは、排他的な魔物であるリザードマンの勢力圏。それも竜の巫女と呼ばれる最上位に位置する上位種を持つ群れの、テリトリーであった。 現行シリーズ最大の物語が、始まる。 ●お知らせ 皆様の応援のお陰で異世界ファンタジー日間ランキング9位に入りました! ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 文系ドラゴン、旅に出る~老竜と行く諸国漫遊詩歌の旅~

    数百年引きこもってましたが、旅に出ます。

    72,000

    150


    2022年9月27日更新

    スヴェドボリ山の洞窟に三百年余り引きこもっていた老竜・オーケビョルン。 文筆家としての自作を世に送り出すためと、食料を調達するための外出以外はずっと洞窟の中で過ごして、石板に爪で文字を彫っているインドア派ドラゴンだ。 ある日、完全なスランプに陥ってしまったオーケビョルンは、数少ない友人であり自作を持ち込む相手であるマルクスに知恵を借りに行く。 そこでマルクスから提案されたのは「諸国を渡り歩き、インスピレーションを得てはどうだろう」ということだ。 しかし彼は根っからの引きこもり。スヴェドボリ山の周辺から出たことすらない。 怖気づく彼の尻を、彼に同行することを決めたマルクスに叩かれながら、オーケビョルンは慣れ親しんだ洞窟から飛び出した。 とりあえずは山の聳えるバーリ公国の中を、引いては大陸中の様々な国を渡って、自作を書き留めて残すのだ。 今、八百歳を超える文系ドラゴンの、気ままな旅が始まる。 ●コンテスト・小説大賞選考結果記録 ノベルアップ+様 HJ小説大賞2021後期 一次選考通過 ※さくも様(@sakumo_mizuiro)主催の「プロローグ祭」参加作品です。 https://twitter.com/sakumo_mizuiro/status/1166901080577363969 ※表紙イラストはごんのすけ様(@LeoLeo0630)に描いていただきました。ありがとうございます! ※カクヨム、アルファポリス、エブリスタでも並行して連載しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891419424 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/308307794 https://estar.jp/novels/25635916

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 天翔る竜騎士-学生編-

    竜騎士を目指す物語です

    4,600

    10


    2022年9月11日更新

    かつて竜が救った小さな国。決して大きくはないが、繁栄した国で、一人の少年が竜の卵を手にした。それは少年のすべてを変える卵だった。 大切な家族と共にいるため、少年は竜騎士を目指す。 ※白き月物語完結後、8月20日から毎日21時更新。プロローグを先行公開

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • 竜なき世界に響く歌 ―それは月の子守歌、あるいは彷徨う者への鎮魂歌―

    兄、最後の生きた竜。妹、不死身の少女

    6,900

    0


    2022年8月31日更新

    ドラゴンのお兄ちゃんがメカドラゴンやゾンビドラゴンを倒して、人間の姿の妹が歌って彼らの魂を還していくお話です。愚かな人間が多いけど、いい人間もいます。 ========== 百年ほど前、全ての竜は死に絶えた。 残ったのは人間の手により機械化された竜『戦竜機』と、死ぬことができなくなり理性を失った竜のなれはて『屍竜』だけ。 最後の生きた竜メサニフティーヴと、その「妹」を名乗る銀の少女フェガリヤは彷徨う竜を救うために旅をする。 それが妹の使命であり、妹のために何でもすると誓ったのが兄だから。 兄は竜と戦い、妹は歌で魂を導く。 過酷な使命を背負った兄妹だが、一緒だからこそ、絆で乗り越えていく。 ========== ※他のサイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • ゼノエクスウォーズ

    王道ファンタジーを目指します。

    1,100

    0


    2022年8月24日更新

    銀髪の少年剣士ユートは世界でも最強と名高い騎士団であるホーリークロスナイツの第1師団に所属していた。 毎日任務と訓練をこなす中、かつて同じ士官学校の同僚であったゼスナと再会したことにより大きな事件に身を投じていくことになる。それは世界の命運を揺るがすほどであり、彼はその中で本当の自分と向き合っていくことになるのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • ワイバーンを、追いかけろ!【絵あり】

    小説ではなく、絵でワイバーンを模索します

    24,500


    2022年8月12日更新

    ある日、「ワイバーン」についての話題が出たので、以前から気になっていたことを口にしてみた。そしたら、とんでもないことになった。 Ichen様御作品『別冊うつつのゆめ』に呼応した、ある意味、二次的作品。 作者であるIchen様のご許可を得て、二次創作として投稿しています。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 英雄になれなかった君へ

    暖かい目で見守っていただけれ幸いです。

    0

    0


    2022年8月11日更新

    英雄になるためには条件がある。これは英雄に憧れた少年が駆け抜けた人生を唄う物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 竜の薬師は自立したい

    ちゃんと人間社会に埋没するから安心して!

    1,400

    0


    2022年7月29日更新

    物心つく前から竜に育てられており、自分も竜だと思い込んでいたアメリア。しかし六歳の時に竜の王城に半ば騙し討ちに連れ去られた結果、自分が竜ではなく人間だと知らされ、自らの寿命が養母よりかなり早く尽きてしまう事実に気がつく。このまま竜の国で生活すると、自分が早死にすることで大好きな養母を悲しませてしまうと思い立った彼女は立派な竜になる事を諦め、将来は立派な人間になって断崖絶壁で遮断されている人間の国で生活することを宣言。周囲の竜達は彼女の決意と可愛らしさにほだされて、こぞって自立に向けた養育をするようになる。 年月が経過し、周囲の竜達からお墨付きをもらった彼女は、お目付け役の義兄が同行するのを条件に、竜国側から断崖絶壁を挟んで一番近い国での生活を開始する。しかしそこには大きな落とし穴が。 予想以上に人間国側より竜国側での医療知識や技術が進んでおり、アメリアの薬剤精製技術や使用方法、治療法の選択が未知のものであったため、実際に治療を施された者から話が広まって大評判に。その結果、同業の薬師には嫌がらせを受け、難しい治療は医師、軽症などは薬師とのすみ分けができていた人間社会の職域を侵すと医師に敵視され、トラブル続出。それらをなんとか回避していたものの、評判を聞きつけた王太子から国王の病を治すよう依頼されて半ば強引に王城に拉致された結果、王宮侍医を抱き込んだ国王暗殺未遂事件に巻き込まれてしまうのだった。

    読了目安時間:1時間27分

    この作品を読む

  • エルージュティアの竜劇

    僕は全てを懸けて神に復讐する

    68,400

    857


    2022年7月29日更新

    王都から離れた辺境の街、アルフィグ。そこには、平和に暮らす十歳の少年クオトラがいた。仲の良い幼なじみの少女フレーリアや、近所に住む優しく、色々な事に詳しく不思議な青年ルーシュ。温かい人々に囲まれ、華やかでは無いものの、不自由ない楽しい生活をしていた。 そんなある日、大地エルージュティアに伝わる悲劇の前兆、赤く染った満月が現れる。街の大人たちは恐れ、慌てどこかへと消えてしまう。やがて伝説と言われていた悲劇は、現実のものとなりクオトラもその被害を受けてしまう。なんとか街の様子を見るために外へはい出るが、街は地獄絵図と化していた。 命は助かったものの、あまたの大切な人々失い、帰るべき街を失い、後遺症を負ったクオトラ。彼は自身の持てる全てを懸けて、地獄を作りあげた竜神への復讐を誓うが……。 2日に1度更新が目標です!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • 不安粘土の竜

    不安を固めて竜を作った話です。

    700

    0


    2022年7月15日更新

    「この世界が変わってしまってから、人間の心には「不安」が堆積するようになった」 文披31題十五日目 お題:「なみなみ」

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 【溺愛中】秘密だらけの俺の番は可愛いけどやることしれっとえげつない~チートな番を伴侶にするまでの奔走物語

    番を溺愛&伴侶にしたい獅子獣人のお話

    12,500

    0


    2022年7月14日更新

    獅子獣人の俺は黒目黒髪の、この世界では滅多にいない色を纏う幼い人属の番を見つけた。 これは運命だ! 純粋無垢ですれてなくてめちゃくちゃ可愛い! 小動物みたいなとことか、思わず食べたくなる! でも我慢だ、俺。 まだ子供だし、子供特有の乳の香りがしてる。 騎士だからな、我慢できるさ。 ······ん? あれ····この子可愛い顔してやる事しれっとえげつないな?! 何でこんなに魔力が多いんだ?! 嘘だろ····魔獣だらけの魔の森に住んでる?! 魔の森の主の黒竜の番でもあるって····竜にも番ってあるのか?! あれ····俺達人には雄しかいないはずなのに····この子····。 他にも色々と秘密がありそうな、とっても可愛い俺の番を知って、振り回されて、時々怒って、最後はどうにかして伴侶にする俺の奔走物語。 ※主人公は最初こそ騎士ぶってますが、色々残念です。 ※カクヨム、アルファ他サイトでも掲載していってます。 ※男だらけの世界が舞台ですが、BLのような絡みは基本ありません。 ※【メル】男役、番は生涯1人だけ 【フィルメ】女役、番は複数いる場合があります。 ※父母兄弟姉妹祖母祖父の認識はありますが、この世界では人の性別は全て男、雄雌で女という認識がない世界の為に女性は雌扱いですが差別偏見ではありません。 ※初めての投稿なので、ゆるくて生温かい目で見て下さい(多分色々ブレます)。 ※サブも含めてタイトルのセンスは壊滅的にありません(自分的にしっくりくるまでちょくちょく変更すると思います)。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間13分

    この作品を読む