童話

検索結果:250件

  • ポポロと時の刻みし街(絵本版)

    昔の絵本を投稿しました!

    2,700

    5


    2021年5月8日更新

    ポポロとペントスはとある街で慎ましく暮らしていました。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ストーリーテラーには要注意!

    絵本の世界は不思議がいっぱい!

    200

    0


    2021年5月8日更新

    絵本の世界はアリスのもの―― 全ては彼女の思いのまま。 「私は間違ったことなんてしていないわ」 ”この世界を平和にしたいだけなの” アリスは一人、呟いた。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 星の子の願い事

    「あなたの願い事を一つだけ叶えてあげる」

    1,500

    0


    2021年5月7日更新

    星の子のトリスは、願い事を叶えるため地上にやってくる。 「僕を殺して。それが僕の願い事だよ」 そう言う青年に戸惑うトリスだが、あることがキッカケでセカイは一変する。 それぞれの願い事が巻き起こす、残酷で優しいセカイの物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • マッチョ姫

    まず手始めに白雪姫をマッチョにしてやろう

    17,900

    0


    2021年5月7日更新

    いろんな童話をマッチョにします。 ※小説家になろうでも掲載中

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • ル・シャルマンで逢いましょう

    すべての「かつて少女だった」貴方へ--

    9,600

    20


    2021年5月6日更新

    【概要】 貧困層の少女に教育を受けさせ、将来は有名校への進学を保障する代わりに寄付を募る。そんな創設理念の青の鳥学舎。 多くの平々凡々とした少女の中に一際光る二人の少女の描く夢のような時間。嫉妬、羨望、そんなものには負けない絆が私たちはきっとあるーー。 多くの大人になってしまったかつての少女たちへ、そして今まさに青春を生き抜く少女たちへ。 誰しも一度は味わった、あの懐かしいような輝かしいひとときを思い出させてくれます。 【あらすじ】 毎朝、出鱈目な住所を書いて手紙を投函する、青の鳥学舎随一の問題児ヒューイット。破天荒な彼女にはこの学舎は退屈にすぎる。この手紙はいつか、彼女をこの箱庭から連れ出してくれる何者かの勇敢な心を震わせるのだ--。 一方、憧れの青の鳥学舎の生徒になれることに期待に胸を膨らませ、自慢のマルーンの髪も黒く染め、どんな毎日が待っているだろうか、それはきっと規律の取れた生活に違いないと編入してきたアンリエッタ。 まったく性格の違うこの2人、どういうわけか同室になってしまい--?! 貧富の差も互いの違いも乗り越え、2人の少女が友情を築き上げてゆく青春物語。 【ターゲット層】 日々の仕事に、通勤に。疲れてしまった心を一瞬ピュアに戻したいあなたへ。 忘れてしまったあの親友とのひとときを思い出したいあなたへ。 カフェでゆっくり、大人の視点で少女たちの成長を見守りたいあなたへーー。

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 転生先は、<童話>の世界!?~現実世界に戻るため、声フェチ女子大生が記憶を取り戻そうと奮闘します~

    重度の声フェチ主人公×童話パロディ。

    200

    0


    2021年5月5日更新

    宗方望希(むなかた みき)22歳。文学部に通う、重度の声フェチ。――気づいたら、記憶喪失状態で、"どこでもない場所"に立っていました。 現れた謎の光球が、超有名実力派声優そっくりの腰に響くイケボで告げます。 一つ、君は既に死んでいる。 二つ、特別強い未練があるようだから、やり直しの機会をあげよう。 三つ、『新しい世界』に転生させてあげる。昔の記憶を思い出したら、特別に現実世界に生きた状態で返してあげる。思い出せなければ、『新しい世界』で異世界転生ライフを楽しんで。 文学オタクと漫画オタクとアニメオタクと声優オタクを併発している、かなり末期の宗方望希は、憧れの転生ライフに心を躍らせます。 やったぁ、一度でいいから悪役令嬢とかやってみたかった――って、あれ?転生先は、卒論テーマの童話の世界!? 心の声と外見にマリアナ海溝よりも深い隔たりがある<表情死滅系女子>が、誰もが知っている童話の世界で、過去の記憶を取り戻すために奮闘する物語――

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • おとぎの後継者

    これはとある一国の小さな物語である

    56,700

    10


    2021年5月5日更新

    HJ大賞2020後期一次選考突破しました! ありがとうございます! ⚠表紙画像はピクルーから 人間、獣人、機械人形……様々な種族が暮らすネバーランド(夢の国)。長きに渡る『童話戦争』も終わり、平和が訪れた─────そう思っていた。 突如、国民が異形へと姿が変わる原因不明の病が流行り始めた。その病の名を『怨毒』。怨毒となった者は超人的な異能力というものを身に着ける。ある者は炎、ある者は空気、ある者は精神を…… そんな異形である怨毒を倒す組織がある。その組織は『ストーリア』。怨毒に比較的近い存在である『エピソーダー』 ある者は赤ずきんに選ばれ、ある者は雪の女王に選ばれ、ある者は人魚姫に選ばれた。童話に選ばれた少年少女は世界から消えた童話を受け継ぎ、怨毒を倒し真の平和を目指す。 しかし、この夢の国で怨毒化を促し、再び血に濡れた歴史を作ろうとする英雄(ヴォートル)が彼らに牙を向く……

    読了目安時間:6時間12分

    この作品を読む

  • フォロワーさんを創作童話にしてみよう!

    フォロワーさんを童話にしてみました!

    4,400

    0


    2021年5月5日更新

    許可を貰ったフォロワーさんを私なりに童話化してみました! してほしい!との意見があれば是非Twitterに!

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 赤ずきんとオオカミくんはハッピーエンドを果たしたい!

    バッドエンドが約束されたこの『世界』で。

    19,700

    301


    2021年5月5日更新

    【白雪姫編更新中!】 学校にいたはずの普通の高校生、大神 瞭雅《おおがみ りょうが》はいつの間にか見知らぬ森にいた。そこはなんと、異世界──それも童話の世界だったのだ。 瞭雅はその森で自らを『赤ずきん』と名乗る少女に出会う。同じ日本から来たという赤ずきんに、瞭雅は元の世界に帰る方法を尋ねるが…… 「日本に帰るには、この世界をハッピーエンドに導かないといけません」 どうやら帰るにはそれしか道はないようです。 お姫様になったら問答無用に大円団? 悪い魔女を殺したら皆幸せ? 王子さまとキスをしてめでたしめでたし? 「それって本当にハッピーエンドですか?」 導きましょう、見せつけてやりましょう。《本物》のハッピーエンドっていうやつを! 「さっ、次の調査に向かいますよ。オオカミくん」 「だからオオガミだっつーの!」 探偵『赤ずきん』とそれにこき使われる助手オオカミくんが、バッドエンドが約束された童話の世界で真のハッピーエンドを推理し、それに導くために頑張る──そんなお話。 【童話×異能バトル×ミステリー】の欲張りセットの物語、是非ご覧あれ。 ※童話を好き勝手に改変しています。原作が好きな方には不快に思われる展開があるかもしれません。ご了承ください。 ※一章は異世界ファンタジーっぽいですが、一章終了後、ガッツリ現実世界が絡んできます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • トゥーリとヌーッティ Tuuli ja Nuutti

    小人の女の子と小熊の妖精の物語

    76,003

    5


    2021年5月4日更新

    小人の女の子トゥーリと小熊の妖精ヌーッティの日常を描いた短編集です。 北欧フィンランドを舞台に繰り広げられる二人の活躍(?)をお楽しみください。 お好きな章からお読みいただけます。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

  • 銀河鉄道な夜

    反省はします。後悔はしません。

    1,800

    0


    2021年5月4日更新

    In honor of Kenji Miyazawa and Santiago Dabove. 母のための牛乳を買いに家を出た私は、気付くと宙を往く列車の中にいました。 その列車の中で私はこれまでの人生で起きた事や出会った人々を想い出します。 そうして最愛の人との別れを機に列車は速度を上げて行き、私は列車を降りることになるのですが……。 *『銀河鉄道の夜』に材を取った短編小説です(全十二章)。 *「小説家になろう」さまとの重複投稿です。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 童話【少年と青い鳥】

    幸せの鳥、ルリルルはなぜ姿を消したのか…

    700

    0


    2021年5月3日更新

    嵐の過ぎたとある日。 少年は森で怪我をした青い鳥を助ける。 2人(1人と1羽)はかけがえのない友達になり、毎日のように仲良く遊んでいた。 しかし ルリルルと呼ばれるその鳥の羽にはとある秘密があって… …………。 この作品は『転生鳥類』の作中に出てくる童話【少年と青い鳥】から生まれました_:(´ཀ`」 ∠):

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • おとぎ話の主役たちへ

    あなたを守る者より

    29,700

    320


    2021年5月1日更新

    君が何かに困っているのなら、その通りを抜けて狭い路地に入った先にある喫茶店に行くといい。 そこで君は優しい物語に出会えるよ。 さあ、主役たちよ。どうかその壊れそうな心を守らせてください。 おとぎ話をモチーフにしたお話です。 1話完結型です。それぞれの話は繋がっていますが、どの話から読んでも楽しめるようなものにしていく予定です。 第5話以降は不定期投稿となります。

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • 星雪姫と森でなくした本を探す娘

    森で迷子になりました。

    100

    0


    2021年4月29日更新

    名前も過去も本の中に記されたまま、それを森の中で無くしてしまった女のコ『私』は、星雪姫と名乗る女の子と出会う。二人で森を抜けようとさ迷っていると・・・・・。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • おねこのさんぽみち

    おねこの短編集

    3,400

    0


    2021年4月28日更新

    怖い話。 いい話。 いろんな話の短編集です。 サクッと時間があるときにお楽しみください。

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 絵描きの先生

    短編童話です。

    400

    0


    2021年4月28日更新

    童話です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 誰かぼくを助けて

    子供のSOSに気がついて

    4,100

    51


    2021年4月24日更新

    父が仕事で忙しくて引っ越しが多いみつる。 新しい学校で新しいルールに馴染めず、行き渋りをする。 だが、頑固な父はみつるを学校に行かせることにこだわった。 ある日、クラスのいじめっこ、いちだいに目をつけられる。 家では怒られ、学校ではいちだいにしつこくいじめられる毎日。 そんな生活を続けていたみつるの気持ちは氷のように冷たくなっていく。 一年間に及ぶいじめの末、みつるの下した決断とは? ※本作はいじめをテーマにしております 絵本の原作ですが、作品中に陰湿ないじめ描写があります。 小さなお子さんには十分気を付けてください。 それと過去にいじめを体験された方はフラッシュバックを起こすかもしれないので、 閲覧には十分に注意されてください。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • お父さん、大嫌い、大好き

    お父さんなんて大嫌い

    4,300

    0


    2021年4月18日更新

    お父さんが大嫌いな小太郎。 小太郎に怒ってばかりで仕事が忙しくて構ってあげられない父。 だけど、お母さんはお父さんのことを「優しい人」と言った。 それを信じられない小太郎。 ある日、友達の隆一くんと遊んでいると自転車で事故を起こす。 救急車に運びまれ、手術をすることになる小太郎。 その時、見たことのないお父さんを目にする。 ※本作は自転車事故の描写があります。子供向けの絵本原作ですので、お子さんに見せられる時は注意されてください。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 砂糖菓子の国の物語

    ハッピーエンドのお話を更新中。

    51,200

    160


    2021年4月18日更新

    題名変えました。 どこかの時代のどこかの国の、砂糖菓子のような小さな町を舞台にした短編集。 基本的にハッピーエンド。グロなし。 ジャンルは切なめファンタジーほのぼのホラーラブ&コメディの大人向け童話です。 一章ごとに独立した物語です。 ちょっと不思議でかわいくて、ほのぼのしながらもどこか不穏な、なんだか怖くて切ない物語を綴っていきます。

    読了目安時間:5時間52分

    この作品を読む

  • 女児アニメを見る父親  ★ショートショート集★

    ショートショートや童話のまとめです。

    300

    0


    2021年4月18日更新

    ☆★☆★最新話は一番下にあります★☆★☆ 自分が作った思いつきのショートショートや童話を載せていきます。

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む