第一話

検索結果:8件

  • 七殺星 流狼戦記

    やさぐれ狼と渡り巫女の用心棒奇譚

    6,400

    0


    2021年7月29日更新

    時は鎌倉。 平家が壇ノ浦に没してはや十余年。未だ戦乱の傷痕も消えぬ混迷の時代を、人々は苦しみに耐えながら必死に生きようとしていた。 そんな中、盗賊に狙われたとある山里の村に、流浪の男、七殺(ななつごろ)しの狼(ろう)が現れた。 狼は、村の用心棒となって、盗賊退治に乗り出す。 だが、相手はただの盗人などではなかった。討伐に向かった侍達の軍勢を、既に二度までも撃退しているというのだ。 そして盗賊団を率いているのは、死者を操り、自らも不死の肉体を持つ謎の男。 不可思議な力を持つ巫女、撫子も味方に加わり、山の物の怪達や幕府の軍団、果ては龍神をも巻き込んでの大乱戦が開始する。 果たして、狼と撫子はこの戦いを生き延びることが出来るのか。 そして、この世の王を僭称する盗賊の首領の、真の目的とは。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

  • 臆病者の生き方

    あなたは、いつまで思い続けられますか?

    850

    0


    2021年5月23日更新

    「ちとコン」参加用の作品です。 この物語は10年以上前に、とあるMMORPG内のイベントのシナリオとして提出し、ボツった話を加筆・修正したものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 阿吽の夜叉 【お試し版】

    人・鬼・妖の三つ巴の因縁を巡る物語

    1,100

    0


    2021年5月15日更新

    ※本作は「ちとコン」の「既作一話部門」応募作品です。 ※また本作はカクヨム、及び小説家になろう、のふたつのサイトで現在連載中です。是非お目に留めていただけましたら幸いでございます。 「阿吽の夜叉」 カクヨム版 : https://kakuyomu.jp/works/16816410413960757564 小説家になろう版 : https://ncode.syosetu.com/n1570gv/ ───────── 朝霧 烈圭(あさぎり れつか)は九州のとある片田舎に生まれ、地元の高校に通っている女子高生。親兄弟はおらず、幼い頃から親戚の家をタライ回しにされていたが現在は一人暮らし。静かで平穏な暮らしを送っていた。 しかし、高校2年生の春。 クラスで隣の席となった天鬼 夜鷹(あまき よだか)とその兄、天鬼 藍之仁(あまき あいのじん)という転入生の双子との出会いによって、烈圭の平穏な日常は突如として壊される。 この世の大多数の人間には見えざる者共───かつては妖怪や物の怪と恐れられた、不可視の〝異形〟の存在を認識することができる見鬼(けんき)の才を持つ、稀な人間であるということにはじまり。烈圭は彼ら双子に次々と自身の知られざる〝秘密〟の数々を暴かれてゆく。 偶然か必然か。 この奇妙な出逢いをきっかけとし。 烈圭の平穏でありながらも色褪せていた日常は 奇しくも妖しい、色濃き〝怪異〟に染まってゆく。 そうして烈圭は自分の〝生きる〟意味、 〝生かされた〟意味、 本当の〝家族〟の在り処を求め。 人間 ・ 鬼 ・ 妖 古より続く、この三つ巴の存在の因縁に 巻き込まれてゆくこととなる─── かつて、我々を統べる者は 隔てなく全て〝 夜叉〟と謳われ、貴ばれた。 人の子らはそれらを心から畏れ。 妖共はそれらを酷く厭う。 そして、それらの中でも 古き夜の終わりを告げ、 始まりの朝をもたらす彼らを 我々はこう呼んだ──── 『 阿 吽 の 夜 叉 』 これは彼らの〝はじまり〟 そして彼らの〝おわり〟を紡ぐ 幾多の夜叉共の物語─────

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 機械少女ソフィアと神の歯車

    貴方、人間(きかい)じゃないの?

    381,250

    未参加


    2021年4月29日更新

    機械だけの星で生きる機械人の少女ソフィアは、遺跡の奥深くにあったカプセルから古代の遺物カネヤを発掘した。カネヤは機械人では無い。油の代わりに赤い液体が巡っている生身の人間のカネヤは、機械人たちと交流を深めていく過程で、神の歯車〝ギア・ハート〟を集めるという己の使命を思い出していく。機械の少女と人間の青年が〝人間とは何か〟を知る旅の果てに、二人は悲哀と愛憎の創星神話に辿り着くが――。少女と青年のデコボココンビが紡ぐ胸躍る冒険譚! 2021/04/25完結致しました。レビューお待ちしております。ノベルデイズ、魔法のiらんどでも公開中。

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む

  • 奇跡なんかいらない

    私は師匠の書く小説がたまらなく好きだった

    4,300

    0


    2021年4月13日更新

    「私」はご近所に住むご老人の小説仲間「師匠」と創作談義をするのが、たまらなく好きだった。「私」が大学進学して、地元を離れ、長期休暇に帰省してみると、師匠はすでに亡くなっていた。「私」は、師匠の墓前でただ泣くのであった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 序盤だけ繰り返してみる集

    第1話辺りを好きなだけ書く

    0

    0


    2020年9月25日更新

    第一話辺りしか書かないので、中だるみはないはず? 商品化を前提としないので、ストーリーの進行はあまり気にしなくて良い。これが、投稿サイトの利点を活かした一つの在り方......。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 友よ、いつかきっと私もその場所に――

    問題です。この話の主人公は誰でしょう?

    10,100

    0


    2020年6月22日更新

    戦争を共に駆け抜ける相棒。 彼と共に幾度となく戦った相手と、再び出会いそして――。 その瞬間だけを切り取った短編です。 ※イラストは、ノベプラの『あなたの小説のイラスト描かせてください』のルクコさんから頂きました! 5/6 ちとコンの既作一話部門に応募してみました!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • サイコロショートショート

    ショートショート集です。お気軽にどうぞ

    18,500

    105


    2019年9月17日更新

    サイコロで出た目に従って辞書を引き、その単語でショートショートを書きます。連続性無しなので、どこから読んでも大丈夫です。 以前ははてなダイアリーの方でやってました。 以下ルール説明。読んでも読まなくても可です。 道具:0-9の数字が書かれた10面サイコロを5つ(東急ハンズとかで売ってます)。あと国語辞典。ちなみに旺文社の1985年版を使っています。 やり方:3つサイコロを振り、出た目の頁を開く。次に2つサイコロを振り、出た目の番目にある語句を使ってショートショートを書く。 【例】302−15と出たら、→302頁の15番目の語句を使用する。 ルール: 1.出た目には必ず従う事。チートなしのガチンコで。 2.その語句がメインテーマではなくても可。ただし無理矢理使えば語句が浮くので出来る限り文章になじませる事。 3.頁決定の際、百の桁が0の時は0としても10として使っても可。たとえば出目が「015」なら、15頁でも1015頁でも可。 4.語句決定の際、頁の最後まで行ってしまったら頁頭に戻る事。たとえば75が出て頁に60語しかない場合、頭から15番目の語句を使用する。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む