精霊使い

検索結果:4件

  • 問題が発生したため【人生】を強制終了します。 → 『精霊使いで再起動しました。』

    女性だけしかなれない精霊使い達の物語

    4,200

    0


    2021年4月17日更新

    ――その国の王となるには、次期王候補者と精霊使いは、四つの属性の大精霊と大竜神の祝福を受けなければならない。 『ニュースです。昨夜、銀座のビルのテナントの一室で起きた爆発事故で、連絡が取れなくなっていた従業員とみられる男女四人の遺体が発見されました。』 女子大生のハルナはMMORPGにどっぷり浸かった生活を送っていたが、PCパーツ貧乏となり親族のお手伝いで夜のアルバイトへ。不慮の事故により異世界へ転生し、精霊と出会う。 ハルナは失踪した精霊使いの少女と似ていたため、この世界の事情に取り込まれていくことになる。 ※:基本的に毎週日曜日は休載させていただいております、ご了承くださいませ。 【以下のサイトでも掲載を始めました】 小説家になろう様 https://ncode.syosetu.com/n6489fn/ アルファポリス様 https://www.alphapolis.co.jp/novel/623593810/11277286 エブリスタ様 https://estar.jp/novels/25497426 カクヨム様 https://kakuyomu.jp/works/1177354054893181287 ノベルバ様 https://novelba.com/indies/works/913633

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:48時間5分

    この作品を読む

  • レアジョブ【精霊騎士】の俺、突然【勇者パーティ】を追放されたので【へっぽこ幼女魔王さま】とスローライフします。

    炎の魔神【イフリート】を使って焼き肉を。

    184,000

    7,000


    2021年3月7日更新

    【勇者パーティ】の主力として【北の魔王】討伐に貢献した【精霊騎士】ハルト・カミカゼは、ある日突然【勇者】に難癖をつけられて【勇者パーティ】から追放されてしまう。 帝都を追い出され行く当てもない旅を始めたハルトは、ひょんなことから野盗に襲撃されている少女二人を助けることになった。 しかし助けた相手はなんと【南の魔王】を名乗るへっぽこ幼女と護衛のハーフエルフの女騎士で!? 命の恩人として彼女たちの住まう南部魔国に客人として招かれたハルトは、そこで様々な精霊を使役しながら時にだらだら、時にドタバタしたスローライフを過ごすことに――!? ーーーーーー 「時に神をも殺す炎の魔神とまであがめ恐れられる【イフリート】を、お主はなーに肉を焼くことなんぞに使役しておるのじゃ!」 「なんだそのことか。実は【イフリート】は肉を焼くのがものすごく上手いんだぜ?」 「こやつはいったい何を言っておるのじゃ!?」 ーーーーーー 「お、【ポセイドン】か」 「ポ、ポポポ【ポセイドン】!? ちょっとぉ!? 炎の魔神【イフリート】と並び称される海洋王【ポセイドン】じゃぞ!? あんな一瞬でこんなヤバいの呼び出しちゃったの!?」

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

  • 腰痛剣士と肩凝り魔女

    そして俺たちは、家族になる。

    88,800

    100


    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間26分

    この作品を読む

  • マオと不思議なスライムの賑やかなアトリエ

    ほのぼのしながら、スライム先生と大活躍!

    24,460

    200


    2019年7月12日更新

    人に見えない〈精霊〉が見える少女マオは、名門トトリカ魔術学園で一人前の錬金術師を目指していた。 スライム先生ことアイザックの弟子として活動するマオだが、失敗ばかりで成果は芳しくない。 アイザックにかけられたスライムの呪いの期限が迫る中、マオは伝説の霊薬〈フェニクル〉を生成しようとしていた。だが当然のように大失敗してしまい、さらにライバルにはバカにされてしまう状況だった。 ライバルを「ぎゃふん」と言わせ、恩師にかけられた呪いを解くためにもマオはアイテム集めに励む。その最中、マオはたくさんの人々と心を通わせていく。 これはほのぼのとしながらも錬金術で様々な試練を乗り越え、成長していく少女の姿を描いた〈ものづくりファンタジー〉である! ◆◆◆◆◆ この作品は『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む