精霊

検索結果:120件

  • 蒼竜世界の勇者 -魔物と心を通わす青年の世界救済-

    王道を目指した少年少女たちの物語

    553,230

    12,390


    2021年4月13日更新

    風の国ミストラルに住む鍛冶屋の少年ジュードは、ひょんなことから不思議な少女カミラと出逢う。 仕事をこなす傍ら、彼女の力になりたいと願うジュードは徐々に、そして静かに世界の命運を懸けた戦いへと巻き込まれていく。発現していく能力、導く声、立ちはだかる多くの壁。魔法を受け付けない特異体質を持つ彼は、自らに課せられた宿命を知らない。 魔法でぶっ倒れ、女の子達に追い回され、オネェに懐かれ、魔族に身柄を狙われながら、ジュードは多くの仲間と共に世界と向き合う事となる。 ※小説家になろう、マグネットでも載せているお話です。なろうでは書ききれなかった部分もこちらで書いていきたいと思います。 *印つきは挿絵ありです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:42時間39分

    この作品を読む

  • 放ってほしい王女と甘やかしたい僕の破棄騒動

    婚約破棄と溺愛とスローライフ?

    2,150

    30


    2021年4月12日更新

    全然靡かない王女様には婚約者がいるという。 「麓の辺境伯です」 「え、それ僕だけど」 「え、嘘……あ、こ、」 「ん?」 「婚約破棄します!」 「そんな!」 ずっと好きだったから、彼女を追いかける事は止めない。止められない。 山間の小国の第三王女ラウラは有翼人種。ずっと山の奥深くで静かに暮らしていた。ラウラには幼少期から決められた婚約者がいた。顔も見た事がない、名前も知らない麓の辺境伯。ある日、自分の事を好きだと言う目の前に現れた年若い青年は、その知りもしないはずの婚約者で、かつて自分が自身の翼と、王家にしか現れない特異能力を失うきっかけになった人物だった。 何度断っても諦めない青年ダーレは、ラウラと正反対の明るく自信に溢れていて、その眩しさにラウラは苦しくなる。私なんかが愛されていいわけないのにと。ダーレの揺るがないラウラへの想いが、ラウラの心内を変えていく話。 ドタバタあり、ただ甘やかされるだけもあり、たまにシリアスありのごった煮な恋愛もの。 視点がダーレ視点、ラウラ視点、ランダムで展開します。タイトル終わりにダーレ視点→(D)、ラウラ視点→(L)で表記します。 前作クールキャラは演じられない!と同じ世界線。なのでゆるいです。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。 ※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • おひとよしシーフ(Lv99)による過去改変記

    真エンディングの条件は「全員救済」

    3,059,810

    35,502


    2021年4月11日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

    読了目安時間:14時間58分

    この作品を読む

  • 偽り神官様は恋をする

    男装×女装。それぞれ秘密を隠していて――

    2,550

    0


    2021年4月11日更新

    魔女(女)であるのにも関わらず、神官(男)だと偽り過ごすルナード。神官長でルナードの祖父マカリーが、婚約者としてディアルディと言う女性を連れて来た。 ルナードは、マカリーの策略を怪しむも婚約を承諾する。 ディアルディも秘密を持っていた。それは、ルナードと同じく性別を偽っていたのだった!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • プロジェクト・メイジック!-Project MaGIC-

    学園×防災=魔法少女!

    400

    5


    2021年4月11日更新

    世界を船で旅する大型学園、そこに集った少年少女。 人命救助や海上保安、取り分け『防災』に重きを置く学園に舞い降りたひとりの魔法少女アリシア・ユースティティア。 親愛なる上級生の獅童鐘吾、彼の幼馴染の対島楓、その他面倒くさ(もとい)個性あふれる面々とともに、魔法の力で人々の命を救うべく彼女は凛然と困難に立ち向かってゆきます。 『防災の魔法少女』アリシア・ユースティティア。 出動します!

    読了目安時間:2時間52分

    この作品を読む

  • 僕の事を知ってはいけない〜精霊宿りの呪術医戦〜

    真面目+最強+天才+馬鹿=ダークファンタジー

    52,100

    884


    2021年4月11日更新

    比較的おとなしく、真面目でそのうち最強になる予定の主人公(呪術医)。態度も口も悪いが頼れる男(最強呪術師)と呑気で自由気ままで何処かズレてる男(天才呪術師)と馬鹿で短気な勘違い男(多分呪術師)が出て来ます。どの辺りで登場するか、是非ご一読ください。 死を回避する中で、医術が及ばない絶望的状況の中、ブリコルールが行なったものは、呪術だった。 人々はこれを呪術医と呼んだ。 呪術医が増えていくとその思想は分かれ、派閥を生み、明確になっていく権力に、いつしか人の体は実験物のようになっていった。 一夜の幼馴染みの圭は、権力を象徴する『塔』に入ってしまう。戻って来るという圭の言葉を信じながらも、中々戻って来ない圭を心配する一夜は、様子を見に塔に向かった。 塔の下層階のコウとタカに連れられ、向かった先で一夜は、不思議な存在の『彼』の能力で圭と会い、『約束』を交わす。 圭は『印』といってあるものを一夜に渡すと、一夜の前から消えてしまう。 それは、圭が一夜に託したものだった。 『それを持っていてくれれば、必ず俺は戻るから』 一夜の中に託されたものは、圭の心臓だった。 『僕の中に……圭の心臓がある』 塔の支配者に奪われたものを取り戻す為、一夜たちは塔に向かう。 死を回避する為に行った事と、阻止する為に行った事。 だが、呪術医が行い続けてきた呪術に、圭が代償を追う事になってしまった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間6分

    この作品を読む

  • 氷の華

    花の精霊の少女が謎の女性と出会ったお話。

    300

    0


    2021年4月11日更新

    常春の村に降る筈のない雪が降る。 その数日後、花精の少女マトは氷の張った湖で不思議な女性と出会った。 ※自サイトや他の投稿サイトでも公開しています。 ◆「楽園神典」シリーズ

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 赤い惑星 ~大地と水に祝福されし星~

    宇宙飛行士が恋をしたらファンタジーでした

    700

    0


    2021年4月11日更新

    宇宙飛行士で地質学者の主人公が、火星探査へ志願し赤い惑星へ。 彼女はそこに待ち受ける数奇な運命に翻弄されながらも、過去の過ちや自分を取り巻く人々の想いと向き合い、本当に大切なものは何かに気づいていく。 火星にはあるはずのない高度な文明。それを維持する人々との出会いが、主人公ならず周りの人々をも巻き込んでいく。 文明を、民衆を司る、帝と呼ばれる少年。少年を兄と呼ぶ銀髪の美青年は主人公に哀しみの眼差しを向けるが…

    読了目安時間:1時間36分

    この作品を読む

  • それはさておき、俺は宝剣少女とおいしいものを食べて強くなる

    剣の精霊と一緒にどんどん強くなる!

    2,500

    0


    2021年4月10日更新

    「大切なのは未来の平和ではなく、今日の晩飯なんだっ……!」 ――『宝剣祭』。 そう呼ばれる戦いがその世界には存在した。 それは『真の聖剣』を創り出すための儀式であり、『宝剣』と呼ばれる数多の聖剣候補がぶつかり合う大いなる闘争であった。 『真の聖剣』を巡り、地位と名誉、誇りと正義、力に財宝に世界の平和……この世のあらゆるものを賭けた偉大なる戦いが繰り広げられているのだった。 ――それはさておき、この世界へと異世界転移してきた一人の男、零一郎はそんな戦いに全く興味がなかった。 大切なのは今日の晩飯。 身一つで異世界に飛ばされた彼は、まず自分の命を守ることで精一杯だった。 『食べた魔物のスキルを獲得できる』という宝剣の能力を得た彼は、宝剣同士の戦いなんてそっちのけで自分の晩飯を確保していく。 宝剣に宿る精霊の少女――フィアと共においしいものを探す旅が今、始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間12分

    この作品を読む

  • 私は聖女じゃない?じゃあいったい、何ですか?

    リサとアリスの物語

    32,500

    140


    2021年4月10日更新

    ボクは君を守る剣になる!私と猫耳王子の恋愛冒険譚。 ここはいったいどこ……? 突然、私、莉沙《リサ》は眩しい光に包まれ、気がつけば聖女召喚の魔法陣の上に落っこちていた。けれど、私は聖女じゃないらしい。私の前にもう呼び出された人がいるんだって。じゃあ、なんで私は喚ばれたの? 魔力はあるから魔女になれ? 元の世界に帰りたいと思っている時に、猫耳王子が私の前に現れた。えっと、私からいい匂いがする? そういえば、たまたま友達の猫にあげるためにマタタビ棒(お徳用10本入り)を持っていたんだった。その中から一本、彼にプレゼントすると、お返しに相棒になって帰る方法を探してくれるって! そこから始まる帰る方法を探す異世界冒険の旅路。 私は無事もとの世界に帰れるのか。彼がいるこの世界を選ぶのか。 普通の人リサと猫耳王子アリス、二人が出会って恋をする物語。 ※ページは挿し絵ありです。 この作品は小説家になろう、カクヨム、アルファポリスでも連載している作品です。 セルフレイティングは念のためです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間8分

    この作品を読む

  • アルテマランの騎士

    魔法とか特殊能力とかほしいです。

    14,200

    0


    2021年4月10日更新

    ずっと、思い出せないことがあった。それが何かは分からないが、それでも俺は何かを忘れてしまっているんだ――。 十六歳・高校二年生の関谷亮太郎(せきや りょうたろう)は、ある夜、謎の女の襲撃を受ける。忘れてしまっていた幼い頃、一緒に遊んでいた片平鈴(かたひら すず)の記憶が戻った亮太郎は、謎の女と共に異世界へと旅立つ。 亮太郎の過去の記憶が消えた理由と片平鈴の関係は何なのか。謎の女の正体は? 亮太郎と同じ世界から召喚された勇者たちは、一体何のために。 ――精霊は器を満たすもの、満たしたものに力は得られず。そして、満たせるものは彼らの祝福を得られるだろう。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • 魔術少女と呪われた魔獣 ~愛なんて曖昧なモノより、信頼できる魔術で王子様の呪いを解こうと思います!!~

    呪いを解く手段が真実の愛だけとは限らない

    126,700

    245


    2021年4月9日更新

    【分かりやすい概要】 このお話は明るく純粋で自由な美少女魔術師リアが、呪いを解こうとして呪いを掛けられた王子のアルフォンスを振り回したり、呪いで関係ないことでも振り回したりする話です。 【ちゃんとした(中身に近い)あらすじ】 「その呪い、私が解いてみせましょう」 はーい、私は旅の魔術師のリアー!! まぁ実はのんきなことを言ってる場合じゃないだけどね!? なんと私は夜の森で嵐に遭ってしまって大変なことになりました。 吹きすさぶ雨風に、おまけに迷子という絶体絶命な状況!! そんな中、嵐をしのげそうな古城を見つけた私はすかさずそれに食いついた。 やったー、建物だ!! そしてそんな古城にいたのはもふもふの獣人さん……え? 本当は人間なの? 大精霊様の怒りを買って呪いを掛けられたって? ええ!? めちゃくちゃ貴重で面白そうな呪いの研究対象……いや、間違えました。 雨宿りもさせてもらったうえに、こんな大変な呪いに困っていると聞いたら放って置くことはできません。 私が力になりましょう!! ついでに呪いの調査も少しさせてもらいますけれども……!! んん、呪いを解くのに必要なのは「真実の愛」だと言われた? いえいえ、そんなもの曖昧で不確かなものより私の魔術知識で呪いの謎を解き明かしますよ。 「私の容姿を怖がらないうえに、むやみに近づいてこようとする……この子は何を考えているんだ」 いやー、どんなデータが取れるか楽しみだなー。 =これは大精霊の残した真実の愛で呪いは解けるという言葉は無視して、他の手段で呪いを解こうとする魔術師の少女が好き勝手するお話= ※残酷な描写ありは念の為です。 ※2020年6月6日に5話の大幅改稿(ほぼ別物に変更)と、それに伴う12話の微改稿をしました。 ※他のサイトにも掲載してる作品です。 ほぼ週一更新(らしい)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間8分

    この作品を読む

  • 狩人と銀色の花嫁

    登場人物の心情を掘り下げていきます。

    600

    0


    2021年4月9日更新

    人里離れた山奥で、父ゼスト、母マーレの三人で暮らす、六歳のアルス。来年の初等部入学に向け、狩りと魔法を教えて貰うことに。迎えた魔法力検査の結果、アルスが触れた水晶は、今までに見た事もない色を醸し出すのであった……。 一話、二千文字前後で毎日投稿を目標に執筆していきます。投稿時間は不規則です。投稿の際にはtwitterにてお知らせしますので、宜しければ @sion_narou を、フォローして頂けると助かります。 形式的にはファンタジーとさせて頂いておりますが、各キャラクターの想いや裏側での出来事など、深く掘り下げていきますので、話の展開は相当ゆっくりです。ただ、その分心情移入はしやすいかと思います。そういった書き方を取っていますので、どちらかと言うと、ヒューマンドラマの方がしっくりくるかもしれません。 イメージ画は ミカスケ様の許可を頂き、使用させて頂いています。 少しでも多くの方に読んで頂けるよう頑張ります。応援宜しくお願い致します。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間14分

    この作品を読む

  • ソウル・エコーズ ~精霊達への鎮魂歌~

    もしかしたら、まだ魔法はそこにあるのかも

    5,100

    0


    2021年4月8日更新

    ――欠けた魂は己が半身を求めて響き合う。暗闇の中を、その声を頼りにここまできた。悠久の時、果てしない旅路を。 「俺の名前は上月雄大。中学二年生。どうやら一度、よく分からないうちに死んでしまったみたいです」 ある日、雄大は命に関わる怪我を負った、はずだった。 それなのに、何事もなかったように日常生活に復帰したことを皆が不思議に思っている。 医者も首を傾げていたが、彼自身にだって分からない。なにせ、記憶が飛んでいる。 なぜ、自分が血まみれで倒れていたのか。誰にやられたか見ていないのか。 色々な人に尋ねられた。 そんなこと、雄大自身が誰かに聞きたかったのに、どこにも答えはない。 そんな釈然としない気持ちを抱いて、久々の学校生活を過ごした帰り道。 「上月ユータ様、ですね?」 彼は一人の少女と出会う。透き通るような白い肌に、朱く輝く瞳。 真っ白な衣に身を包んだ彼女は、一切表情を変えることなく坂の下にいる雄大を静かに見下ろしていた。 彼女の名はリィナ。 白の少女は雄大を誘う。 かつて存在した魔術師が残した最後の秘術。その儀式が引き起こす戦い。 そんな日常から外れた明日へと。 ☆登場人物紹介はこちら→https://gensoryoki.blogspot.com/2020/11/blog-post_24.html

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 精霊転生〜風精霊を宿す異世界召喚者〜

    裏切りの中にある真実とは

    1,100

    0


    2021年4月6日更新

    精霊。それは自然に宿る小さな魂。だが、千年に一度選ばれた人族に宿ることがある。その力を引き継ぐ者が顕われる。この物語は精霊に転生した末路を知るためにある。 剣と魔法の異世界ファンタジー。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • シアントラリズム物語

    運命を変える力を求めますか?

    500

    0


    2021年4月2日更新

    オルガタン大陸と言う海に囲まれた大陸に存在する聖なる樹に秘められし【偉大なる力】を巡り幾千もの内乱が起こっていた。 しかし、ある時魔人アガルダの襲撃に人々は追い込まれていたがとある1人の人間によって聖なる樹の根元に魔人アガルダを封印する事が出来た。 平和を得た人々は内乱を止めて平和を満喫していた————しかし、オルガタン大陸の中央に建国された国【オジナル】国が魔人アガルダの復活を計画しており、周辺国はその計画の阻止に動き始める。 また争いの時代が訪れる———周辺国の一つであるスジエルにある魔法騎士団レジェースの騎士フェランド・デューリングは神託を受けに白神殿へと赴いていた。 そこで下された神託を聞いたフェランド・デューリングは心強い味方と共に運命を変える戦いへと身を投じて行くのであった—————。

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • ある日、世界中にゲートと呼ばれる異世界への門が現れた。ゲートの向こう側を迷宮と呼び、時間内に攻略できない場合は中にいるモンスターたちが街へと溢れ出す。 それを阻止するべく、発現することで異能を持った人たちを探索者と呼んだ。主人公である篠崎空(しのざきそら)もその1人だ。 空は最弱に位置するF級探索者だが、S級迷宮のA級モンスター相手に、彼は仲間だと思っていた先輩の藤森に囮にされる。 運良く逃げ延びた空の前に、元精霊王を名乗る銀髪幼女が現れた。彼女の名前はエフィタルシュタイン。愛称はエフィー。互いの利益が一致したことにより、空と彼女は契約を交わす。 彼の人生は、ここで転期を迎える。これは最弱のF級探索者が最強のS級探索者となり、やがては世界の真実を知る物語だ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 無能と呼ばれパーティーを追放された俺だが、「無能とはいったい何のことですか?」 俺は、精霊たちの力を使い無双し自分だけのハーレムを作り上げる!

    パーティー追放物、ハーレム物です!

    42,150

    160


    2021年3月25日更新

    「何もできない無能な荷物運びはいらん!」と、いわれパーティーを追放された俺はアルク=スピッチャー。だが、少し鈍感なアルクは誰のことを言っているのか分からずに頭を捻っていた。そんなアルクに罵声を浴びせるパーティーメンバーたち。 やっとの思いでアルクに理解させるも最後にアルクの言った一言は「本当にいいのか?」と自分がこのパーティーに必要な存在であると言っているような一言だった。だがこれがよりパーティーメンバーの怒りをかりギルドから追い出されてしまった。 だがこのことはアルクにギフトを与えた者のお告げにあったことでもあった。そしてその者との約束でパーティーを追い出されるまではパーティーメンバーの補助以外で力を使うなと言う約束をしていた。そして今その約束も果たされて全ての力を使うことが出来るようになった。二つのギフト、精霊使役と精霊王。全ての精霊王の力を使うことが出来ると言う物。そして、この力の一部で俺は荷物運びとパーティーメンバーたちを補助していた。だが今その必要はなくなったのだ。 だが、そんなことを知らないパーティーメンバーたちは今までできていたことが一切できなくなり少しずつギルドでの信用を落としていくいき、気が付くとパーティーメンバーたちの居場所はなくなっていた。 そんなパーティーメンバーたちとは逆に、力の全てを使えるようになったアルクは、呪いにかけられた少女を救って惚れられたり、盗賊から村を救ったり、国の危機をいとも簡単に救いお姫様に惚れられたりと夢であった自分のハーレムを作る目標を叶えると同時に、人々からの信頼も得て気づくといろいろな所で英雄と呼ばれるようになっていた。 これは鈍感な主人公アルクが精霊たちの力を使い無双しながら自分の夢であるハーレムを作り上げる物語なのである。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • 偽聖女として私を処刑したこの世界を、救おうと思うはずがない

    完結。アンハッピーエンド注意!

    12,400

    100


    2021年3月24日更新

    私は偽物の聖女として処刑された。 偽物として、人々に罵られながら、処刑場に引き摺られていった。 そして、冷たく、重い刃が首に叩き落とされて……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • music forest

    童話世界の冒険ファンタジー!!

    4,500

    10


    2021年3月22日更新

    歌姫は歌による幸せを求め、 錬金術師は科学のもたらす発展を求め、 黒幕は全ての糸を糸を引く…… 歌え、造り出せ、真の平和を求めて

    読了目安時間:35分

    この作品を読む