精霊

検索結果:36件

  • 人族世界の魅力を知った少女の体験

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話 内野小素基

    2019年10月16日更新

    大精霊界より生まれた水霊が一人、シファーレス。彼女の体内にはヒューマン・マインドが五割含まれていた。大精霊長よりヒューマン・マインドを十割与える代り、大精霊界の一切の記憶を除去され、人族世界に降誕。そして14歳になった時にシファーレスの記憶の欠片(精獣)が奇襲。精霊伝説の序章の幕間である。

  • おためしで最初の4話だけ読んでみて

    ♡316,500

    〇6,945

    異世界ファンタジー・連載中・60話 Imaha486

    2019年10月16日更新

    「今までお疲れさま」 シーフのカナタはそんな一言で勇者パーティを追放されてしまった。 故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿の宿泊費は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 かつて救われないまま忘れ去られた者達を全員救済し「真のエンディング」へと繋がるトゥルーエンドルートを切り拓く事! 【追記】 第1回ノベルアップ+小説大賞 一次選考通過しました。 これまで応援頂いた皆様、そしてこれから読もうと思って訪ねて頂いた皆様、ありがとうございます。 引き続き御愛顧の程、宜しくお願い申し上げます(*・ω・)ノ

  • もしよければ読んでみてください

    ♡34,880

    〇13

    異世界ファンタジー・連載中・27話 夢見叶

    2019年10月16日更新

    ごく普通の少女ミレイは、五歳の誕生日に精霊の儀受ける。そこで自分のステータスを確認するとなんとすべての能力がオールSSランクそして、見たことのない名前の魔法がった。その夜、聞いたことない声がどこから聞こえてくる。その声に返事をすると目の前に小さく羽をはやした者が現れる。その者は自信を精霊と言っていた。 それから五年いよいよ旅立ちの時。両親と別れ冒険者ギルドのある街へと向かう。そこの教会で祈りをささげていると女性の声が聞こえてくる。その者は自身を神と呼び、ミレイのことを勇者と呼ぶのだった。

  • 空飛ぶ巨大クラゲで冒険はいかが?

    ♡600

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・16話 kurumi_moru

    2019年10月15日更新

    扉を開けたら、そこは巨大な空飛ぶクラゲの上でした。「なんでクラゲの中にダンジョンが?」 王女様と幼馴染みの少年従者、隣国の美形王子がクラゲに乗って、不思議サバイバルするお話。世界はたくさんの想いに守られて、つながっているのです。大地も、人も、精霊も。 恋愛要素はきっとない、はず?

  • 異能力ものの冒険バトルファンタジーです。

    ♡48,470

    〇655

    異世界ファンタジー・連載中・136話 みぃな

    2019年10月15日更新

    "スピリスト" ある者は火を。ある者は水を。 体内で魔力を練り上げることができ、その魔力に何か一つ属性を持つことで力を操る異能者たちの総称である。 彼らはそれぞれの目的のために、精霊石と呼ばれる鉱石を求め、『自らの意思で』魔力を手に入れた。 魔力の代償は、人間と敵対する精霊たちと戦うことだ。 戦力として政府に所属し、任務として下される命令に従い、各地に赴く。 しかしその強大な力は、精霊たちが持つ自然を操る力とよく似た能力であると言われており、彼らもまた忌避される存在だった。 新米スピリストである十三歳の少年ケイは、幼なじみのナオとハルトの二人と一緒に任務をこなしながら各地を旅していた。 そんな日々を過ごすうちに、いつしか人と精霊との関わりに違和感を覚えてしまっていて……。 元気で仲良しな少年少女たちが送る冒険ファンタジーです。 基本的に一章でひとつのエピソードが完結しますが、全体通してひとつのお話を構成しています。 ※時々イラストが出てきますが、特記が無ければ自作です。兼業絵描き。絵はmeenaという名前で活動しています。

  • 昔話や民話のような時代ファンタジー

    ♡4,100

    〇未参加

    歴史/時代・連載中・1話 はなまる

    2019年10月15日更新

    この世のどこかで『優曇華(うどんげ)』という、けったいな名の花が、三千年に一度咲くそうな。『悲劇の起こる場所に咲く』という、大層な曰くが付いておる。 ある日ある時、とある山奥の一本杉に住む仙人の元で、この優曇華の精霊が生を享けた。 悠久の時を生きる精霊と、それを見守る老いぼれ仙人の物語じゃよ。 ▽△▽ ほれ、年寄りの話は長いでのう、膝を崩してお聴き下され。はてさて……その熱い茶が冷める前に『めでたしめでたし』となりますかいな。 急な通り雨じゃのう。この団子屋の軒先に、居合わせたのも何かの縁じゃ。爺いの戯言に耳を傾けて、雨が上がるのを待つのも一興じゃろう? ああ、そうじゃよ。物語はお決まりの文句から、はじまるものじゃて。 『むかーしむかしの、ことじゃった。ある山奥の一本杉に、老いぼれ仙人が住んでおったそうな。ある日のこと……』 ▽△▽ ※表紙絵は牛蒸御飯さん。じっくり見て、惚れ惚れして下さい。 ※伝承や、実在するイチジク科の花、及びカゲロウの卵を指す『優曇華』とは異なり、オリジナル要素を含む設定の物語です。 ※とあるうどん姫との雑談から、ポロッと生まれた物語です(うどん姫ちゃん、ありがとう!)。ですがこれは、うどん姫とは、また別のお話です。

  • わたくし、夜の顔は少しばかり違いますわ!

    ♡500

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・44話 霧沢史也

    2019年10月15日更新

    アリツェは、まんまと逃げおおせたと思った――。 しかし、目の前には黒いローブを着た少女が、アリツェたちを邪教徒と罵りつつ、行く手を阻むように立ち塞がっている。 少女の背後には、父配下の多数の領兵が控えていた。 ――作戦が、漏れていた!? まさか、内通者が出るとは思わなかった。逃亡作戦は失敗だ。 アリツェは考える。この場をどう切り抜けるべきかと。 背後には泣き震える孤児院の子供たち。眼前には下卑た笑いを浮かべる少女と、剣を構えてにじり寄るあまたの領兵。 アリツェは覚悟を決めた。今、精霊術でこの場を切り抜けなければ、子供たちの命はない。 苦楽を共にしてきた家族同然の子供たちを、見捨てるなんてできやしない! アリツェはナイフを握り締め、自らの霊素を練り始めた――。 ★ ☆ ★ ☆ ★ これは、ひょんなことから異世界の少年悠太の人格をその身に宿した、貴族の少女アリツェの一代記……。 アリツェは飄々とした悠太の態度に手を焼くも、時には喧嘩をしつつ、時には協力し合い、二重人格を受け入れていく。 悠太の記憶とともに覚醒した最強の精霊術は、幼く無力だったアリツェに父と戦う術を与えた。 はたしてアリツェは、命をつけ狙う父の魔の手を振り払い、無事に街から逃げのびられるのだろうか。 そして、自らの出生の秘密を、解き明かすことができるのだろうか――。 ●完結まで予約投稿済みです。第五章以降毎日1話更新で完結は2020/3/12となります。 ●第五章~第八章のみ主人公が交代します。ご注意ください。 ●以前掲載していた「追放少女と転生少年」を、改稿前のバージョンに差し替えたものです 【小説家になろう、アルファポリス、カクヨムにも掲載中です】

  • とんでもカンフーはお好きですか?

    ♡3,900

    〇205

    異世界ファンタジー・連載中・50話 読み専のクェイナー

    2019年10月13日更新

    精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 大陸中央の覇者と呼ばれるロザン皇国に、ある日、カイエンと名乗る一人の少年が姿を現す。 彼は残念なことに、人間社会の常識が無く、金の持ち合わせも無く、しかし霊紋を持っていた。 行く先々で騒動を巻き起こしては巻き込まれつつ、『世界を見て回る』のが目的という彼の旅路には、運命に引き寄せられるかのように手強い霊紋持ちが次々と立ち塞がる。 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

  • 自由を守るための戦いがここにある!

    ♡5,000

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・27話 立花紫陽

    2019年10月10日更新

    精霊の存在と力が信じられている古代。 燃え落ちる王宮で不思議な少女と出会ったジンは、彼女に生き延びる希望を託す。 過酷な境遇に耐え、ジンはカミナと再会し、「自由の民」として生きる道を提示される。 全国制覇を目指して進撃するウルカ王国に対抗する国々を影から支える勢力。それが「自由の民」だと知る。 ジンは対ウルカ王国戦を自由の民として戦い、大きなものを失いながらもカミナの信頼を得る。 主従関係を結んだ二人は、自由を守るための戦いへ身を投じていく。 古代和風ロマンファンタジーシリーズ第三部。 守るべき自由の向こうに遙かなる理想郷を夢見て、ジンたちの戦いは時流のうねりとなり、激烈な疾走を開始する!

  • 精霊武器と少年たちの物語

    ♡400

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・5話 黒瀬秀

    2019年10月7日更新

    大震災により出現した「ドレッド」 人々は「ドレッド」を恐怖しながらも生きている。 そんな中、精霊武器の発見と機能を限定しての複製の成功により唯一の希望の光が差し込んだ。 少年少女は武器を手にその戦火に中に乗り込んでいくのだった。

  • 異世界転生×TS×ノーチート

    ♡6,850

    〇20

    異世界ファンタジー・連載中・40話 羊緋紫

    2019年10月7日更新

    私は死んだ、はずだった。しかし、目が覚めると見知らぬ天井。いや、知っている。ここは、フェリックス・グリーウォルフの家。 26歳の平凡女性事務員が、9歳の男の子に異世界転生! 前世を思い出し、病気がちで、ひ弱な幼い身体をまずは健康にしようと決め、日々を過ごしていたが、やがてもうひとつ大事な事を思い出す。それは、この世界が乙女ゲームの世界だということを! 転生したのは男の子!しかも、お父様譲りの厳つい強面みそ顔。おまけに主人公でもなければ、攻略対象者たちの1人でもない、一回名前が出てくるか程度の攻略対象者の兄だった! しかし、前世からの前向き世話焼きど根性で周りをどんどん巻き込んでいく。 やがて・・・ 進みはゆっくりですが、この先BL要素もある、予定です。気長にお付き合い頂けましたら嬉しいです。宜しくお願い致します! ※『小説家になろう』でも投稿している作品です。

  • 大精霊の住む森には魔女と狼男がいたそうな

    ♡1,500

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・3話 朝比奈餡奈

    2019年10月4日更新

    昔々、ある街には忌み子として扱われていた少女がいた。 少女の髪は老婆のように真っ白で、血のように赤い目を持っていた。 ある日、少女の家族は少女を捨てることにしました。 こんな穀潰しで気味の悪い子供はいらなかったのです。 そして、森の中で少女は実の親である父に目を切られ、捨てられてしまいました。 その後少女は大精霊や狼少年と出会い、本当の幸せや愛を知っていく──── このお話は遙か昔の物語… ララ・クロム…盲目の美女。幼い頃に父親によって失明させられた。その時森に捨てられるが、森の精霊に助けられ今は森に住んでいる。その後、狼少年のウルフィーを助ける。白い色の長い髪に赤い目をした忌み子。包帯を目に巻き付けている。 ウルフィー…森に捨てられた狼少年。 狼の姿をした、二足歩行の化け物と言われている。 言葉を喋り、料理も出来る。ウルフィーという名前はララがつけてくれた。灰色の毛皮に黄色の目をしている。 ヒューレ…森に昔から住んでいる精霊。ララが森で捨てられているのを見つけ助けた。今はララ達と暮らしている。 黒色だが少し赤みがかった短髪で黒色の目をしている。

  • 少年とドラゴンの取り戻す旅路

    ♡51,689

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・27話 みつばち

    2019年10月3日更新

    召喚士の少年ラウム。召喚した精霊はディープロイヤルパープルのドラゴン、ヴィオールチェ。しかしヴィオールチェよりも上位のドラゴン、エウアンサス・パニイに魔力を吸い取られ幼竜の姿に。 ヴィオールチェは成竜の姿に戻るため、ラウムは政府に拉致された父親を助けるため、当てのない旅に出たのだった。 最後に彼らの前に立ちはだかるのは、最高で最強のドラゴン、エウアンサス・パニイ。果たしてヴィオールチェは元の力を取り戻し、ラウムは父親を取り戻せるのか。

  • 精霊同士が争う世界に転生!な物語です

    ♡25,100

    〇165

    異世界ファンタジー・連載中・16話 狼狐

    2019年9月30日更新

    【7/22ジャンル別日間ランキング99位!】 差別社会の現代。人生うまく行くことなど少なく、悪い方向へと進み続けた佐藤歩。 今の人生に疲れはて追い詰められた歩は、物理的に人生リセット……つまり死を選ぶ。 そしてとうとう会社の屋上から飛び降り歩の意識は暗闇に放り出される。しかし目が覚めると、そこは精霊がいる異世界で――

  • はーとふるふぁんたじー!

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話 伊志田ぽた

    2019年9月27日更新

    癒術師になる為、専門の学校に通う麻耶。 自分は非才で凡才だからと、人一倍修練と勉学に励む麻耶だったが、一年が経ったある日、宮廷付きの精霊術師にならないかとお声がかかる。 宮廷——国領である咲夜が住まうその館は、宮廷付きの役職でない限りは、一生の内に一度足を踏み入れるか入れないかといった場所だ。 そんなところに、指名で働けるチャンスが来ようとは。 何でも、幼少の頃よりずっと一緒にいるライム、もとい精霊セレスは、本来誰に懐く筈もない程に強大な力を持つ精霊で、麻耶の方にも、それを使役するに足る潜在能力があるのだとか。 嘘だ嘘だとは思いながらも、悩んだ末、麻耶はその話を受けることにした。 刃を出さない刀使い? 有名貴族と同じ部隊!? 果てには勅令魔物対峙!?!? 私の思ってた癒術師って、こういうのじゃない…!

  • 猫様ともふもふ

    ♡30,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・39話 葉柚

    2019年9月26日更新

    婚約者の二股により婚約破棄をされた33才の真由は、突如異世界に飛ばされた。 そこはど田舎だった。 住む家と土地と可愛い3匹の猫をもらった真由は、猫たちに囲まれてストレスフリーなスローライフ生活を送る日常を送ることになった。 レコンティーニ王国は猫に優しい国です。 アルファポリス様にて先行公開してます。

  • 改題しました!旧→リアリティ・オンライン

    ♡29,620

    〇700

    異世界ファンタジー・連載中・30話 池ヶ原龍斗

    2019年9月24日更新

    次世代型ММОRPG「リアリティ・オンライン」プレイ後、突如としてゲームの世界に転移してしまった黒谷龍希と、その妹である風花。 突然の出来事に状況が読み込めず、その上人気のない森で未練や怨念が形となった「ディアム」とかいう精霊に襲われたり、凄まじい空腹で死にかけたり、転移して早々、二人は様々な危機に遭遇していく。 そんな彼らを救ったのは、とある都市のギルドマスターを名乗る少女。 助けられた龍希と風花は少女のギルドへ加入することを決意し、金稼ぎついでにディアムという害悪な存在の討伐に励むが.......

  • ある国家魔術師の少女のお話です。

    ♡2,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 Dellshion(デルシオン)

    2019年9月18日更新

    「あらすじ」 いま、一人の魔術師の少女が深夜、王家の庭へ侵入しようとしていた。 国家反逆罪の疑いで打ち首になってしまった父の遺品が、城の地下宝物庫にあるという情報を手に入れたためだ。 しかしそれは国家魔術師の彼女、『モニカ=E=レーヴェンタール』にとっても危険な賭けだった。もちろん、見つかれば父と同じ断首刑。彼女は警戒しながら一歩、また一歩と目的地へ向かう。 だが、このときはまだ誰も知らなかった、 すぐそこまで『闇』が忍び寄っているという事を。 正しく回っていた歯車が少しずつ狂い始める。 けれど、その引き金を引いたのは、彼女自身だった。

  • これは総てのはじまりの物語。純異世界FT

    ♡1,650

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・35話 晶月翠羽

    2019年9月16日更新

    月の子どもの青年リヒトは、蒼月の島で静かに暮らしていた。しかし、ある日精霊の少女シュリが傷を負って庭に逃げ込んでくる。 彼女を助け、出会ったことで、彼はふたつの世界を巻き込んだ精霊戦争へと巻き込まれていく。 (PG-12/HLBLGL)

  • 知らない世界で僕は暮らす。名前は『ポチ』

    ♡1,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・29話 れのひと

    2019年9月14日更新

    気がついたら知らない場所で、聞こえてくる声に返事をかえしていたら自分の名前が『ポチ』に! どうやらこの世界は今まで自分が住んでいた世界とは違いゲームのような感覚がする。初めてあうモンスターに死にかけていたところを助けられ、職業のことをしったポチは自分の適性職業を確認に向かう。 これから手に入れた職業をくししてここで生活をしていくしかない。そう、『錬金術師』で!