約束

検索結果:35件

  • 天蓋のジャスティスケール

    初投稿です! よろしくお願いします!

    476,400

    7,482


    2021年11月24日更新

    『天蓋』 その場所は、選ばれた『選人』とそれに関わる人間しか入れない特別な場所。 選人は天蓋の奥深くに封印され、わざわいをよぶものを封じる蓋の役割を担うことになる。 これは、選人に選ばれてしまった不運な少女ヤチヨとそれを救うために戦う少年サロス、彼と行動を共にする謎の少女ピスティ、、、。 そして、その運命を受け入れてしまった少年フィリアとヤチヨの親友のヒナタという少女。 この 5 人が織りなす物語。 その物語へと繋がる記憶たち。 全てに集約されるための間の世界。 願いは力に、約束は誓いに、ひとりはやがて縁となる。 天蓋の空想物語はここから始まる。 完全オリジナルのローファンタジーものになります。 作:小泉太良 表紙絵:花圃様 原案:声ディネートプランニング 定期更新にはなりますが、毎度必ずキリが良いところで終わるとは限らない構成になっております。 この作品は今冬リリース予定の同タイトルのキャンペーン投稿となっております。 それでは、天蓋の世界を存分に楽しんでくださいませ!

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 病人の友人

    知っていた。俺らの日々が壊れること。

    300

    0


    2021年11月14日更新

    俺はいつも学校帰りに病院へ行く。 友人に会うために。 日常の変化がすぐそこまでやってきていることを察したある日、俺たちは約束をした。 俺も、彼も、嘘つきだ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 精霊宿りの呪術医戦 〜僕の事を知ってはいけない〜 藤邑一夜編

    真面目+最強+天才+馬鹿=ダークファンタジー

    83,000

    994


    2021年10月15日更新

    比較的おとなしく、真面目でそのうち最強になる予定の主人公(呪術医)。態度も口も悪いが頼れる男(最強呪術師)と呑気で自由気ままで何処かズレてる男(天才呪術師)と馬鹿で短気な勘違い男(多分呪術師)が出て来ます。どの辺りで登場するか、是非ご一読ください。 死を回避する中で、医術が及ばない絶望的状況の中、ブリコルールが行なったものは、呪術だった。 人々はこれを呪術医と呼んだ。 呪術医が増えていくとその思想は分かれ、派閥を生み、明確になっていく権力に、いつしか人の体は実験物のようになっていった。 一夜の幼馴染みの圭は、権力を象徴する『塔』に入ってしまう。戻って来るという圭の言葉を信じながらも、中々戻って来ない圭を心配する一夜は、様子を見に塔に向かった。 塔の下層階のコウとタカに連れられ、向かった先で一夜は、不思議な存在の『彼』の能力で圭と会い、『約束』を交わす。 圭は『印』といってあるものを一夜に渡すと、一夜の前から消えてしまう。 それは、圭が一夜に託したものだった。 『それを持っていてくれれば、必ず俺は戻るから』 一夜の中に託されたものは、圭の心臓だった。 『僕の中に……圭の心臓がある』 塔の支配者に奪われたものを取り戻す為、一夜たちは塔に向かう。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間51分

    この作品を読む

  • 白銀の竜姫と約束の少年

    炎と血の中で結ばれた、龍と人の誓いとは―

    5,200

    0


    2021年10月3日更新

    誰よりも優しき少年は、自らが矛となることを選び、 誰よりも孤独な少女は、一族の盾となることを自らに課した。 止まらぬ争いの中、孤高の竜姫と約束の少年が出逢う時、伝説が始まる。 *10/3追記* 夏乃イロ様[story:705806098]より、大変素敵なイラストをご提供いただきました……! 夏乃イロ様、快くイラストリクエストを受け付けてくださり、誠にありがとうございました。(こちらのイラストは、使用許可をいただいております)

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 親ガチャ

    実は、違うんですよ。

    3,400

    0


    2021年9月22日更新

    今、世間で言われている「親ガチャ」は違うという話です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 海辺の宿題と相合い傘

    「夏の5題小説マラソン」⑤5題完走です♪

    9,100

    5


    2021年8月10日更新

    幼馴染みの雄志《ゆうし》、輝《あきら》、未来《みらい》。主人公の雄志は未来に恋心を抱いていたが、未来は輝と付き合っていると勘違いして思い悩んでいた。そんな時、未来に、子供の時の約束を覚えているかと聞かれる。楽しかった想い出は沢山あるのに、なぜだか約束だけは思い出せずにいた。もやもやする中、ふと、未来にもらった貝殻を探そうと思い立つ。自室をくまなく探してやっと見つける、と同時に貝殻をもらった時の記憶が蘇り、その時の自分の態度を反省する。そして雄志は意を決して未来に電話をする。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 藍ちゃんボクは君を忘れないよ

    猫のリークと少女の切ない物語を・・・。

    1,400

    0


    2021年8月5日更新

    藍ちゃん沢山の想い出をありがとう。 ボクは藍ちゃんを忘れないよ・・・。 藍ちゃんおやすみなさい・・・。 猫のリークと少女の切ない物語をあなたに・・・。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • キミと貝殻と遠い約束

    「夏の5題小説マラソン」③読んで下さい♪

    1,900

    5


    2021年7月29日更新

    夏季講習の帰り、主人公の雄志《ゆうし》と未来《みらい》は、いつもの海辺の洞窟『異次元への扉』から碧く煌めく海を眺めていた。夕方にさしかかろうとしているにもかかわらず、肌を突き刺すような暑さの太陽は高い。そこでふいに「子供の頃の約束」のことを覚えているかと未来《みらい》に聞かれた雄志《ゆうし》。子供の頃の楽しかった想い出は思い出せるのに、なぜだか、その約束だけは思い出せずにいた。 今作は「夏の5題小説マラソン」3週目参加作品です。 5題全てに参加するつもりです。 そして5つのお話は全て繋がっている! 1話ずつ、そのお話だけでも楽しんでいただけると思いますが、 5作品を読んでいただけるともっと楽しんでいただけると思います。 応援して下さると嬉しいです(*^^*) よろしくお願いします!

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 小さな小さな打ち上げ花火

    幼馴染たちの、甘く切ない約束

    1,500

    0


    2021年7月22日更新

    魔法学校中等科に通う幼馴染のジオとサラ。 引っ越してしまうジオとの思い出作りに打ち上げ花火を見たいと思ったサラだったけれど、 二人の計画はそうはうまくいかなかった。 けれどその代わり、二人は大切なものを手に入れた。 建国記念日の夜の、ちょっぴり切なく、けれど甘く微笑ましい時間。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • あの瞬間キミに恋した

    幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語

    500

    0


    2021年7月14日更新

    幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語をどうぞ♪ 天然美少女「渋谷紗羅」×「岡田櫂斗」 高校の入学式の日に 大嫌いな幼馴染のアイツと再会・・・。 何で今になってアイツと会うなんて・・・。 思ってもみなかった・・・。 そして・・アイツを好きになるとは 全然思ってなかったのに・・・。 略して瞬キミです(*´ω`*) 桜川椿の初執筆作品です( ^_^ ;) ブックマーク登録よろしくお願いします(*´ω`*) スタンプ、コメント、感想、レビューもお待ちしています♪

    • 性的表現あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 秘密基地ランデブー

    あの輝きを、もう一度

    4,400

    130


    2021年6月30日更新

    高校生の恭輔は、教室で1人、ギターを弾いていた。そこに現れた幼馴染の奈帆に、文化祭での演奏を持ちかけられた。 乗り気でない恭輔は、自宅で見つけた古いギターを手に取り、小学生の頃の夏休みを思い出した。あの夏、僕は1人の少女と約束をした。 一夏の淡い思い出が、僕の輝きを取り戻していく。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • あの映画はやがて僕の嫌いになる

    映画のような二人の行く末はどうなる?

    7,300

    0


    2021年6月9日更新

    prologue様の短編小説映画化コンテスト用に書き上げた新作の短編となります。 2000文字以内という制限の中で苦戦しながらも書き終えました。もし読んでいただけたら嬉しいです。 テーマは両想いなのに交われない二人の話。 主人公とヒロインは、自分たちを結び付けたある映画のストーリーをなぞらえて約束をします。その約束はどうなるのか? ある映画のタイトルは?

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • タイムチェリー

    平凡な男に訪れた奇跡のような話

    2,900

    0


    2021年6月5日更新

    孤独なまま三十歳の誕生日を迎えた。 愛する人とも巡り会えず死ぬ、そう思って生きていた。 建設現場で働く波瑠は若い社員には馬鹿にされ無視される毎日。 いつも嫌な仕事を押し付けられていたある日の事だ。 大雨の日に地上ハメートルほどの仮設足場から足を滑らせ転落してしまった。 数日後、目を覚ました波瑠は奇跡的に生きていた。 現実の世界ではなく過去の世界で…。 まさかのタイムリープなのかそれとも夢の世界か。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 七色の桜

    0

    0


    2021年3月25日更新

    葉桜ばかりの並木道を歩く青年と少女。青年が約束を守り続ける理由は。 【Twitter企画タグ:#三題茶会】 お題 ・七色の沈黙 ・花篝が揺らめく ・触れた手の温度 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • あの日の約束を ~君に貴方に再び会うため、僕は私はこの世界を必死に生きてゆく~

    君に貴方に会うため、僕は私は......

    1,300

    0


    2021年3月16日更新

    既に死んだ呪いの神ジェラがこの世に残した呪い塊=二体の魔物。その魔物たちは呪い=ウイルスを振り撒き世界を恐怖のどん底に落し入れていた。 そして、世界最大の国の二つアスタ帝国とカクヤ王国もその呪いで甚大な被害を出していた。アスタ帝国の皇女アイカ・アスタ15世とノワース王国の王子ゼロ・ノワースはウイルスが蔓延して会えなくなったお互いを思いながら、かつて小さいころに約束したことを胸に呪いの三連山を目指す。 これは人と接するのが苦手で人と距離をとってきた君と僕が、貴方と私がこの呪われた世界を終わらせる物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 封桜と玉響の君

    またいつか、そのページが開いたならば。

    100

    0


    2021年2月4日更新

    ある時、穂郷町に戻ってきた私は一つの約束を思い出す。 それは、学生として最後の旅行をしたときにある友人と交わしたものだった。 あの日、短い時間であったものの、私と彼女は沢山の話をした。 自分のこと、友達のこと、夢のこと、桜のこと。それから……ひとつの曖昧な約束を交わしたことを覚えている。 あれから四年。その約束を思い出し、私の心はどう動くのだろうか。 この小説はカクヨム・小説家になろう・アルファポリス・ノベルバに掲載しています。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 【BL】女子にモテない僕はイケメン神様とご縁を結びたい!

    【BL】美人系神様×凡人高校生

    500

    0


    2020年12月22日更新

    なぜか女子にモテない僕は、ある日、神社でお願い事をする。 「神様お願いしますっ。明日の告白うまくいきますよーに!」 準備万端、神頼みもバッチリ。 告白はうまくいくかのように思えたが、肝心なところで僕は思わぬことを口走ってしまう。 ※全年齢向け。性的な描写はありません。 ※画像は「写真AC」様からお借りしているフリー素材を加工したものです。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 短編集「花鳥風月」

    四季折々に、通じ合う心ーー夏五篇、秋三篇

    170,600

    6,915


    2020年12月18日更新

    移ろう季節。移ろう心。 日本の美しい風景に彩られた、それぞれの過去、現在、未来。 お読みくださるあなたの心に、彼や彼女達の想いが、どうか希望を灯しますように。 ー秋ー 「私が十一月に描いた絵」 大学最後の文化祭まで二週間。絵のために、自分らしさのために、あらゆるものを犠牲にしてきた彼女が手に入れたのは、孤独という砦だった。 「律のしらべ」 三人でいつかコンサートを、と誓い合ったオーケストラ部の陽太、律、静香。しかし、非情な未来が待ち受けていた。 「クロノスタシス」 子供のまま大人になれたらどんなにいいだろう。しかしそれは一方で、苦しみを伴う罪なのかもしれない。 ー夏ー 「僕が八月に帰る場所」 不登校になった僕を迎え入れてくれた大自然。一夏の出会い。そして別れ。 「命の糸」 今にも千切れてしまいそうな命の糸。絶望した少女は祈る。この糸が、たったひとつの希望へ紡がれますようにと。 「祭りのあと」 彼女が島を出るーー。舞い。囃子。花火。受け継がれてきた祭りのあと、ひっそりと輝く星の行方は。 「秘密の海岸」 僕と君はただの友達?特別だった。ずっとその特別が、いつまでも続くと思っていた。 「クリームソーダ」 母に連れられてやってきた見知らぬ町。照りつける太陽。セミの声。古ぼけた喫茶店。消えない胸の痛みと、忘れられないあの味。 ※現在、一旦の完結とさせて頂いておりますが、次春に改めて連載を再開する予定です。どうぞ、よろしくお願い致します。

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

  • 僕等へ吹く、優しき風に

    僕等は、あの日の誰かの祈り、そして未来

    3,000

    0


    2020年11月19日更新

    それは、怒り、怨嗟の鎖 それは、祈り、未来への絆 誰かは言うだろう 『あれは、この世の地獄だった』と 誰かは言うだろう 『あれは、連綿と続く人間そのものだ』と そして呟く 『自分の生の意味は、積み重ねられた歴史の上に立つ自分自身が決めろ』と 太古より星の記憶を救い流してきた風が、素知らぬ顔で今日も問い掛ける 「君を忘れない」

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • あの日の約束

    4,100

    0


    2020年9月25日更新

    人狼ゲーム映画の主題歌を歌うグループオーディションで、私は憧れのアイドル、秋月玲奈に出会った。 その時、誓った小さな自分への約束と夢のエピソード。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む