純文学

検索結果:363件

  • 未来の死神、過去に哭く

    その期待値の高さが、俺を陥れたんだぜ?

    29,500

    0


    2022年9月27日更新

    とある病室。 美しい死神の目の前には、衰弱しきったある青年の姿があった。 世界の理によって、彼女は彼の命を刈り取らなければならない。 しかし死神は、初対面であるはずの彼のことをなぜか知っていた。 なぜか愛していた。 だから死神は、自身の存在を犠牲にして奇跡を起こす。 過去に行き、彼の音楽の才能を奪う。 彼の音楽の才能が、彼を孤独にした。 世界は孤独となった者から命を奪う。 天才ピアニストとして脚光を浴びていた彼は、しかしその才能に溺れて孤独となってしまった。 そうであるなら、音楽の才能を奪えば彼は普通の少年として暮らしていける。 そう確信して、死神は過去に戻り大鎌を振るう。 それが悲劇の始まりになるとも知らないで……。

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • メティス、今日は何の日か教えて。

    取り敢えず、テーマに沿って綴ってみました

    8,300

    0


    2022年9月25日更新

    【紹介文】 フィクションエッセイ×純文学×詩的な文章を型に囚われずミックスした作品です。 特に印象のある「〇〇の日」を書き連ねていきます。 【あらすじ】 私は、とある作家という職業で仕事をしている。 そして、私には、相棒がいる。 それは、AI搭載のスマートスピーカー『メティス』 メティスから、今日の日を教えてくれる。 それを聞いて、私の思っていることや言葉にしたいこと。 一日の中で、必ず何かの出来事や記念だったものを思うがままに詩的に綴ってみようと思う。 「私」による、ちょっとした型破り(?)ハートフルな現代的日常文芸詩。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 浮遊する私と離散的な遠方世界

    冷製たらこスパゲッティが美味しいな♪

    200

    0


    2022年9月20日更新

    性描写や暴力的表現がどうとか、まるで理解ができないな。人間は基本的に性行為をするものであるし、現在も戦争等による殺戮は普通に行われている。 また、作品のカテゴリーを考えている時点で、それは既に型にはまっている。自由度の高い創作は困難であろう。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 二十四を迎える

    五十音語り参加作品。ホラー?ミステリー?

    1,300

    0


    2022年9月19日更新

    ―――二十四時を過ぎても起きていると、黒くて背の高い人のかたちをしたものが私をさらいにやってくる。 幼い頃から私はそんな空想を信じて夜更かしをしないようにしていたが、ある夜私はその掟を破ってしまう…。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ミクロに巡るマクロ

    最近書いたので供養。

    1,000

    0


    2022年9月14日更新

    当然な日常の中で起きたよくある出来事。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • きみのこえ

    俺の『言葉』に力なんてない。

    9,200

    20


    2022年9月10日更新

    言葉の力を信じられなくなり、他人と対話することを避けるようになった少年・翔馬は、幼馴染で口のきけなくなった少女・澪に付きまとわれていた。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 白杖

    私の醜い顔は彼には見えない

    30,700

    2,055


    2022年9月9日更新

    美沙はトラウマによる心の病を抱えていた。いわゆる醜形恐怖症(実際には存在しない外見上の欠点やささいな外見上の欠点にとらわれることで、多大な苦痛が生じたり、日常生活に支障をきたしたりする病気)である。外出も覚束ない、私生活自体も脅かされている状況で、ひとりの青年に出逢う。彼は全盲で白杖をついて歩く視覚障碍者だった。果たして二人の出逢いはどのように発展してゆくのか。美沙の病んだ魂が癒える日はやってくるのか。 ※毎日19時頃更新致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • それでも、小説は書かない

    欲望を解き放て。

    7,500

    30


    2022年9月8日更新

    大した情熱も持たないままベストセラー作家になり一生かかっても使い切れない金を手にした青年・折川春は、ある日弟子にしてほしいと懇願する少女・柏森静の面倒を不本意ながら見ることになる。もう小説を書く気はないにもかかわらず。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • キミが存在しないラブコメ 〜病弱な僕が世界を変える唯一の方法〜

    キミはいないけど、僕のなかではいるんだ。

    9,900

    2


    2022年9月7日更新

    ※1話平均1,000文字で、すぐに読むことができます。お気軽に読んでください。 ※ラブコメ要素がありますが、人が○にます。 【あらすじ】 神憑武尊《かみつき・たける》は一年前に、とある病院に入院していた患者であった。 その病気の名は《妄想具現症》――自身の妄想によって、自身に備わった五感すべてが侵食される病気である。 病院に処方された薬を飲んで、妄想が具現化しないように生活していく武尊。 一年が経過した現在、武尊は妹の神憑桜舞《かみつき・まい》とともに高校に通い直すのだった。 かつての幼馴染だった一年後輩の布佐良月子《ふさら・つきこ》、小・中学校の同級生だった筬屋真海奈《おさや・まみな》と再会し、再び青春を謳歌しようと武尊は学校で生活していこうとするのだが、その日常は新たな物語が始まる序章に過ぎなかった。 【登場人物紹介】 神憑武尊《かみつき・たける》――病人の少年。自身の脳にあふれ出す情報と戦っている。 神憑桜舞《かみつき・まい》――武尊の一歳年下の妹。桜の花びらのような桃色の髪をしている容姿の整った美少女だが、彼氏はできたことがない。 布佐良月子《ふさら・つきこ》――武尊の一歳年下の幼馴染。月のような黄色い髪が特徴。 筬屋真海奈《おさや・まみな》――武尊の小・中学校の同級生。海のような青い髪が特徴。 火花萌瑠《ひばな・もえる》――武尊と同学年の一歳年下の謎多き生徒。炎のような赤い髪が特徴。 綿里未雪《わたり・みゆき》――武尊の小学校五・六年生のときの同級生。氷のような水色の髪が特徴。 椎菜爽芽《しいな・さわめ》――武尊の入院していたときの三歳年上の患者。草のような黄緑色の髪が特徴。 矢林御琴《やばやし・みこと》――武尊の二学年上の生徒であり新聞部に所属している。森のような緑色の髪が特徴。 ※ほかの小説投稿サイト、筆者のブログにも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • 『Wluf詩集』

    詩及び純文学、“抒情芸術” 作品集。

    20,300

    1


    2022年8月27日更新

    詩は “ 言葉の芸術作品 ” である。 詩は文学の一つであり、いずれの詩も人間のこころや美的感性に訴えて感化させるために、独特の表現方法の様式を持っている。自由詩には、その詩ごとに固有の型がある。 この詩集にも “ 構想 ” がある。この作品にある “ 抒情芸術 ” とは、当たらずと雖も遠からず「 抒情詩の純文学的な作品 」を含意している。純文学とは、純粋な芸術または読者に媚びないと表現されることから、大衆の興味を惹く好物もとい美的感覚よりも、作家の芸術性や美的形成が優先される。それ故に、読者は作品の文に困惑することが頻繁にあると思う。僕は創作につけて、わざと「 抒情芸術 」という “ 創作の銘 ” を打っている。それが、僕の “ 詩の構想 ” であり、命題につき、これらの表現方法を選んでいる。 【最新作品】 《抒情詩》 愛情覚書「刻一刻、君の心の文は変わる」 《抒情芸術》 厭世訪日「薔二薇」 親炙訪日「友誼の後味。」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 筆トレな日々

    「課題書き」に挑戦したものを集めました。

    4,700

    0


    2022年8月27日更新

    文学学校行こうかなぁと思った作家志望の私は、自主トレできるじゃない!と思いとどまった…! そんな自主トレの中で、自らに課した「課題」をもとに書き綴った作品たちです。 ❖素敵な表紙絵はerinちゃん(@ULKishere)から頂きました!❖

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • お奨め作品レビュー・感想まとめ【ジャンル、サイト雑多】

    ジャンル・サイト雑多

    73,300

    146


    2022年8月21日更新

    ノベプラ・なろう・カクヨム・エブリ・DAYS・ノベリズムなど 色んなサイトから、ジャンル雑多におススメ作品をご紹介。作品紹介系のレビューと感想をまとめています。 あらすじを引用させて頂いておりますが、どんな作品なのかわからないと、読者に繋がらないため。 あらすじは作者様に著作権があります。 作家さんに内容を確認していただいてから掲載しています。 (解釈違い、ネタバレ等) 作品リンク一覧直し中

    読了目安時間:17時間15分

    この作品を読む

  • 幼い魔法と未熟な軟膏

    一話完結の短編集です

    8,000

    50


    2022年8月20日更新

    青春、ラブコメ、SF、ホラー、ミステリ、ショート・ショート。純文学からラノベっぽい話。ジャンルを問わないフィクションの短編集です。きっとあなたの好みのお話が見つかるはずです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 一話5000文字に満たないくらいのお話を不定期に更新していく予定です。文章力向上のため、色々なお話を書いてみることにしました。タイトルは雰囲気だけで決めてしまいました。タイトルの小難しく気取った感じに見合うようなお話を投稿できたらと思います。ぜひブックマークお願いします。読んでいただいた方の作品(短編)も読ませていただきたいと思っています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 三十七度五分、媒介性の恋

    短編集『落葉する言の葉たち』より抜粋

    2,100

    0


    2022年8月20日更新

    ――この恋は、虫のせいなんだ。 ※当作品は短編集『落葉する言の葉たち』より抜粋したものを推敲した作品となっております。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • モンスター・イン・ホール

    短編です

    900

    0


    2022年8月19日更新

    穴の中に、一匹。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 鏡鑑の夏と、曼珠沙華

    ──あの夏の眩しさだけは、覚えていた。

    3,100

    0


    2022年8月3日更新

    文芸部員の雨宮彩織は、夏休みの終わり際、"夏"を探しに田舎へと帰省する。その先で再会したのは、かつての幼馴染であり、彼の初恋の相手──椎奈あやめだった。そこで彩織は、彼女に『自分の色を分ける』ことを決意する。昔とは少し違う夏休みのなかで、ただ夏だけを描き続けた幻想綺譚。どこか懐かしくて物悲しい、狂おしくも儚い夏物語。 『縁なしの紺青の空、ただ立ち昇るだけの入道雲、アスファルトに霞む夏陽炎、降り注ぐような蝉時雨──僕は存在しない虚像の夏に、焦がれている。』

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • はためきは空へ

    言葉を、大切な人に送りませんか?

    13,500

    0


    2022年8月2日更新

    大学受験の問題集を買うために、冬の深夜の町へ出た折内翼(おりうち つばさ)。 深夜という時間に、開いている書店は当然中々見つからない。諦めかけた時、まだ明かりのついた書店を見つけた。その場所で翼は、ある同い年の少年と出会う……。 ──「普段言えないけど届けたい、貴方の言葉を大切な人に送りませんか?」 ちょっぴり不思議なことが起こる書店で、静かに羽ばたく物語。 📖全4話、完結まで毎日連載します🕊

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 落葉する言の葉たち

    零れ落ちた棘が、誰かに刺さりますように

    400

    0


    2022年7月29日更新

    『杯』、『他人の自我を吸って生きている。』、『六等星の双子座.mp4』、『無神論者のアズラーイール』等様々なジャンルの短編作品を取り揃えております。どの言の葉たちも分解に時間のかかる作品かとは存じますが、反芻を繰り返し、深く味わっていただければと思います。 ――願わくばどの作品も、皆さまの『栄養』になりますように。 ※本作品は他サイトにて一部抜粋し、掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 春風ポロネーズ

    死にたいと願うすべての人へ

    1,200

    0


    2022年7月28日更新

    誰にも愛されない人はいない、そういう想いを込めました。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 百合色トニック

    対価として奴隷に成った少女の恋路物語

    22,400

    0


    2022年7月18日更新

    三十木高等学院に通う最果詩音はギタリストであった父に憧れ、ギターを始めた。日々練習に明け暮れていたが、思い通りにいかない日常に苛立ちを積もらせる。 ある日、詩音は帰り道の河原で儚げに弾き語りをする女性を見かけ、あまりの上手さに聴き惚れてしまった。 その女性の名前は文瓜文美。詩音と同じ高校の三年生で、学園ではギターの天才として有名だった。 そんな彼女に、詩音はギターの教授を請うが、対価として奴隷になるように求められてしまう。悪魔の契約を結んでしまった。 ※この作品はカクヨム、小説家になろう、ノベルアッププラスにて掲載しています。 毎日投稿目指します!

    読了目安時間:2時間16分

    この作品を読む

  • 呪い隠された姉妹

    とある限界集落での異常な風習

    4,700

    0


    2022年7月14日更新

    猿神様と呼ばれる神様を祭るこの村では、何十年かに一度巫女の血を継ぐ少女が供物に捧げられていた。 捧げなければ謎の病が流行り、巫女たちが村から抜け出そうとすれば全身から血を吹き出し死んでしまう。 そんな村に生を受けた少女は、遂に自分が供物となる時がやって来る。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • それが弾けるまでは

    ほろ苦い、BLを扱った小説です

    300

    0


    2022年7月14日更新

    初投稿です。 BOYSFANコン用、お題フリー。 プロローグ+6話 とある年のゴールデンウィーク初日、新宿駅西口で俺・森山浩斗(21)は今日は『何をやっても上手くいかない日』なんだと覚悟を決めるほど、不運なことが何度とも起こった。 新宿のカフェでバイトをしている俺は、連休初日の激務をひたすらこなす同い年の女子・坂井の白目を剥いた姿と、先輩・加瀬さんのかなり焦った姿に心配する余裕もなくミスを連発。 普段は冷たい店長ですら苦笑いをする程、俺は酷い顔をしていたらしい。 そんな時、新人として入ってきた同い年の彼・宮田アンヘルと痛い初対面を交わす。 ペルーと日本のハーフである彼の、羨ましい程の高い鼻と愛らしいタレ目のギャップに吸い込まれた。 内側に充満する泡に自覚し、それが一目惚れだと確信した時、彼が俺の背中を擦り、 ーー「よろしくね」と丸い笑顔で言ってきた。 それから彼とは、映画を見に行ったりご飯を食べたりする仲になった。 そしてバイト先皆での忘年会で、知りたくないことに触れそうになって、 俺はトイレに逃げ込んで声を殺すしかできなかったんだ…… 「俺の知らない彼の顔は、まだまだ沢山あるんだと改めて思い知った」 俺と彼が出会ってから栃木での出来事までの、9ヶ月の物語。 BLはおろか小説は初めて書くので、易しい目線でお楽しみ下さい!

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • スキップ機能

    こんな特殊能力、あると便利ですよね

    1,850

    0


    2022年7月13日更新

    私は、時間を飛ばす特殊能力に目覚める

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 花の魔女

    国に5人しかいない最高位の魔女。その1人

    8,100

    0


    2022年7月9日更新

    国に5人しかいない、最高位の魔女。 その1人『花の魔女』 花を育て、花を愛し、花を慈しみ、また花を育てて暮らす魔女。 魔法を使わず、ハサミとジョウロで花を育てて暮らす魔女。 その魔女の正体は――? お楽しみを。そして願わくば、貴方の心に響かんことを。 ※全10話。約8000字。7月9日まで、毎日午後9時に投稿。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 別式女、早桃

    戦う女、自立する女、なのです。

    5,300

    0


    2022年7月4日更新

    父母が急死し、御家断絶となり、独り取り残された娘、早桃。 女の身で、自力で生きるための戦いが始まった……

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 子と親

    創作とは現実の延長であると考える人たちへ

    0

    0


    2022年7月3日更新

    定期テストも終わったということでゲームをしていた男は、祖父が倒れたために救急車に乗ることになる。昨日まで当たり前に話すことのできた祖父の変化から、男は何を感じ取ったのか。私小説的であり、エッセイ的でもある一作。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 15th-逆さまの悪魔-

    いつまで苦しめば悪い記憶は消えるのか

    500

    0


    2022年6月30日更新

    高校生になった琴音は中学時代の記憶に苦しんでいる。いとこに対する罪悪感と自分を排斥した人たちに植え付けられた自己否定の考え方が常に彼女を苛んでいる。苦しみは摂食障害の形で表に出ているが……。これはある傷ついた少女の闘病と克服の物語。 今作は拙作「Thirteen」の続編となっております。 表紙は根本鈴子さんに描いていただきました。 ※小説家になろう・カクヨム・noteでも同内容で掲載しています

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 一生

    自らの傲慢さ書き上げた駄作と言ってもいい

    11,000

    0


    2022年6月30日更新

    自分勝手な人間に対し嫌悪感を幼い頃から抱いた少年の日々。「苦悩」を患うのならば人に自ら近寄らず、極力人との会話も避ける。そんなことを幼い頃から日々一時も忘れず意識して生きていた少年だが、高校に上がると一人のがさつな同級生に興味をもたれてしまう。少年はこれまでになかった「信頼とはないか」と思い悩むが、しかし、それは紛れもなく少年にとっての疎外感でしかなかった。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 青が呼ぶ

    オリジナル曲と合わせてお楽しみください!

    0

    0


    2022年6月18日更新

    「人生は作品だ。だから、死ぬことだって作品なんだ」 ゴッホに憧れた青年は、ひとりの少女に運命を託した。 ※この作品は 【水谷駿 Official YouTube Channel】 (https://youtube.com/channel/UCYsQEpGIswtLIRyXU9LnAZg) に投稿されたオリジナル楽曲とリンクしています。 ぜひ、音楽と小説を重ね合わせてお楽しみください。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 灰と流星

    私だけの夜空に、ひとつの星が落ちてくる。

    0

    0


    2022年6月13日更新

    癌で入院している父が、私たち家族に言った。 「生きている間に一度くらい、月に行ってみたかったんだ」 呆れている母に、冷静な兄。 そして私は、ふわふわと月面歩行をする父の姿を想像していた。 ※コバルト短編小説新人賞に落選した作品を加筆・修正したものとなります。 全4話です。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む