経済

検索結果:7件

  • 毎日更新中♪女性向けのじれったい恋愛小説

    ♡193,260

    〇1,860

    恋愛/ラブコメ・連載中・210話 月乃兎姫

    2019年12月9日更新

    【第3回マグネット!小説コンテスト 一次読者選考通過/二次最終選考落ち】 【アルファポリスHOTランキング 最高28位】 互いの領土拡大と鉱物資源をめぐり、大陸を東と西とで二分して勃発した東西戦争。 貴族の名家であるシュヴァルツ家の長男『デュラン・シュヴァルツ』は名誉と家名のため、その戦争へ参加することになった。 しかし運が悪いことにデュランは戦場で味方からの銃弾を胸に受けてしまい奇跡的にも生き残るのだが、今度はそのまま敵側である東の捕虜として捕まり、西側では彼のことは死んだものと扱われてしまっていた。 ―それから1年後。 戦争が終わると同時にデュランは解放され、急ぎ家に戻ると唯一の肉親であった父親は既に病で亡くなっており、幼馴染で将来を誓い合った仲の婚約者マーガレットはデュランの親友で従兄弟でもあるケイン・シュヴァルツの婚約者となっていた。 また父親が残してくれた財産そのほとんどをケインの父親である伯父ハイルに奪われてしまい、デュランに残された遺産は『廃鉱山』と『小さなレストラン』だけであった。 住む家に財産、そして大切にしていた幼馴染の婚約者までをも親友に奪われ、すべてを失ってしまったデュラン。 たった一発の弾丸が、幸せになるはずだった彼の運命を大きく狂わせてしまう。 この物語は婚約者から婚約破棄され、貴族としても没落してしまい、すべてを失ってしまった彼が苦労の末に貴族最高の位である『公爵』になるまでの半生を描いた悲恋のお話。 【1章あたり15万文字前後になります】 第1章 没落貴族の作りかた 第2章 没落貴族の育てかた 第3章 没落貴族の愛しかた 第4章 没落貴族の貶めかた 第5章 没落貴族の殺めかた ※時代背景は近代ヨーロッパ19世紀 ※アルファポリス・小説家になろう・カクヨムでも連載中

  • 感想お待ちしています!

    ♡0

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・7話 きのしゆう

    2019年12月3日更新

    時事ネタについて作者独自の視点で、問題点や疑問点を書いています。また、人間観察でたどりついた独自の着眼点に注目です!

  • 三国志なのに「交州(ベトナム)」が舞台?

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・41話 久保カズヤ

    2019年11月28日更新

    僕は、人を応援するのが大好きだ。 そうやっていろんなとこに投資してたら、案の定、破産。 それでも懲りずに、投資するお金を稼ぐために働いていたら、過労死しました。 ちくしょう! 僕が投資できてない紛争地帯がたくさんあるっていうのに!! まだ、まだ僕は死にたくない!! 転生したのは、百万単位で人が死ぬ、戦乱の「三国志」時代。 その歴史の片隅、ド辺境流刑地「交州」を支配する「士一族」の「士徽」って、誰が知ってんだよ。 ただ、辺境過ぎるせいか、平和過ぎてめちゃんこ裕福な土地だ。 あぁ、そうだ。この土地で金を投げてりゃ、不労所得で楽に暮らせるかもしれない。 みんなを応援できるし、僕も楽だし、みんな幸せ! なんて思ってた。 ────最初だけはね。

  • 2019年11月28日更新

    対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という、むしろ怖い現実について詳しく検証していくつもりです。日本の方がまだ全然マシ…という現実が、幸せなのか不幸せなのかはともかくとして…ですが(^o^; この世界の基本構造は『インフレーション』です。宇宙開闢のシステムがインフレーションであるのなら、その中に生きる我々の基本構造はインフレーションに基づく世界観なのです。そしてそのインフレの経済的現象を『国債』『通貨』『中央銀行』『税金』『経済成長』から読み解こうとする試みです。この正しい理解を深めれば、日本と世界の経済破綻を阻止でき、我々庶民の生活が豊かになる(お金一杯使える(^o^)!)世界が実現できると確信しています。皆さんと一緒に研究し、認識を共有出来ればと思っています。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。

  • 実は割とガチな史実です

    ♡6,500

    〇0

    歴史/時代・完結済・30話 藤瀬 慶久

    2019年11月24日更新

    時は江戸時代後期 幕藩体制の歪が露呈し、徳川政権の基盤が大きく揺れ始めた時代 財政難に苦しむ幕府や諸藩は、『蜜に群がる蟻の如く』商人達へ次々とカネを要求していった 徳川家康から受け取った『諸役免除』の御朱印状を巡って繰り広げられる陰謀の数々に、敢然と立ち向かった町人達の流血無き革命の物語 一体、公儀は何を持って公儀足り得るのか この物語は、近江商人達が自治独立を賭けてカネとコネを武器に武士の公権力と戦った足かけ百年に渡る闘争の記録である ※この物語は『小説家になろう』『カクヨム』『アルファポリス』で連載中の拙稿『近江の轍』の中のエピソードを大幅に加筆・再構築した物語です

  • ゲームに似た世界で必死に生きる人達の話し

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話 戸村和多利

    2019年11月9日更新

    ある日突然、MMORPG「ネクストテラ」のプライヤ達はゲームの世界に取り込まれてしまった。 しかしそこは、ゲームの時のシステムは消え失せ、ゲーム内とよく似た魔法が使えるだけの19世紀頃の世界だった。 探検家と呼ばれたプレイヤ達はギルドや貴族達の派閥闘争、そして戦争に巻き込まれながらも必死に生きてゆく。 果たして探検家達は元の世界に生きて帰還する事が叶うのか。それともこの世界で馴染み生活していく事を選ぶのか。 【この作品は「カクヨム」「アルファポリス」「小説家になろう」と重複投稿をしています】 ※この物語はフィクションであり、実在する国家・団体・地名・人物とは一切の関係はありません。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※この物語は、実際に起こった災害や事件、戦争を参考にした模写が出てきます。

  • 異世界ファンタジーの裏側にようこそ!

    ♡1,800

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・43話 向田洋

    2019年9月1日更新

    獣人マフィアのボスの「お嬢」こと"クニカ・レターレ"は、マフィアどうしの抗争で暗殺者として活躍し「蒼白の死神」という二つ名を得たが、負傷して故郷のパシオライ市に帰還する。 退屈な療養生活を送っていた彼女はひょんなことから「異世界人」を自称する奇妙な少年、"カタリ・アイハ"と出会う。 カタリの奇矯な行動は周囲の人々を置いてけぼりにしながら様々な騒動を巻き起こし、やがてそれは裏社会に渦巻く巨大な陰謀へと繋がっていく。クニカはカタリとともに騒動の渦中に身を投じ、様々な人と出会い、戦い、悩み、時には美味しいものを食べながら、自分自身と向き合っていく。 ◆◆◆◆◆ 剣と魔法のワンダーランドの『裏側』で生きる人々が織りなす冒険劇。 中世ではなく近代風の世界観。 転生者ではなく転生者を受け入れる側から描かれた、一風変わった「異世界転生」の物語。 ◆◆◆◆◆ 9/1追記:完結いたしました。皆様の応援のたまものであります! ※小説家になろう様・ハーメルン様にも投稿中です。