絶望

検索結果:34件

  • 珈琲店アナログアンブレラ。

    魔法社会で「あえて魔法を使わない」珈琲店

    28,200

    40


    2021年4月14日更新

    大企業の社長を父親に持ち、国立学園に首席で入学、誰が見ても幸せな少女はその日飛び降りるためのビルを探していた。 導かれるように偶然見つけたのは、悩みを抱えた人々がふらりと集まってくる不思議な珈琲店だった。 ――魔法を使うのがあたりまえになった世界で、「あえて魔法を使わない」レトロな珈琲店。詩のようなファンタジーです。 ◆ 【キャラクター設定協力】 ・水玉風花さま(ユアン) ※本作は自殺や自傷行為を推奨するものではありません。 【参考文献】 ・田口護、旦部幸博『コーヒーおいしさの方程式』NHK出版 ・丸山健太郎『珈琲完全バイブル』ナツメ社 ・山田栄『知る・味わう・楽しむ紅茶バイブル』ナツメ社

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

  • 目には目を、歯には歯を、絶望には希望を ~絶望捜査官・博多奪還戦編~

    絶望の渦巻く激戦地・博多の街は誰の手に。

    100

    0


    2021年4月10日更新

    『絶望捜査官』本編終了後からいくらか後の話。日本各地を転々とし、絶望捜査官の支配から街を解放するために暗躍する、天満クレハ・ヤヨイ姉妹。二人がとある絶望捜査官の紹介で出会ったのは、別の並行世界からやってきたという、凛紗と名乗る少女だった。 「異世界から来た人間というのは往々にして、絶望的な流れを大きく変えるきっかけとなる。そうだろ?」 絶望にまみれた世界に吹き込む、新しい風。凛紗の力を借り、二人は激しい争いが日々繰り広げられる街、福岡・博多に向かう。 絶望を抱えても、希望を諦める必要はない――世界にそう叩きつけるための戦いが、今始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 絶望を数えるSS

    短いお話をつらつらと。

    4,000

    0


    2021年3月27日更新

    1.世界の滅亡(BL) 2.無意味な苦悩 3.すれ違いと後悔(百合) 4.信頼の消費期限 5.独りよがり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 「人生ゲーム─リアル版─」馴染みのあるボードゲーム スタートからゴールまで 山あり谷あり ますの数は85ます オプションで+15ます

    何処から来たのか何処へ行くのか

    700

    0


    2021年3月23日更新

    現実と逃避と 絶望と希望と 夢か幻か 空想に過ぎないのか

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 蟹の糸

    「人には言えない秘密がある」

    500

    0


    2021年2月17日更新

    蟹に選ばれた主人公とその蟹の話。友情と絶望が対立未満の関係。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 絶望捜査官〜偽りの理想郷に闇は舞う〜

    この世界は、本当に楽園になり得るのか?

    1,000

    0


    2021年2月16日更新

    『絶望捜査官』。 それは絶望の淵に突き落とされた人間を殺すことを公式に認められた政府の刺客。 希望あふれる世界、絶望のない世界を作るために、白昼堂々取り返しのつかなくなった人間を殺す。 その絶望捜査官の一人である天満ヤヨイはある日、家を出て失踪したはずの実の姉・クレハに出会う。クレハは底知れぬ闇を抱えていながらも、生きる気力を持っていた。クレハはヤヨイに協力を持ちかけ、歪んだこの制度の破壊へ向けて動き出す。その先で二人を待つものは新たな希望か、さらなる絶望か。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

  • 夢幻抱擁。

    チョコレート。あなたと同じ。

    1,000

    0


    2021年2月12日更新

    ある日、兄に犯された妹のお話。 ・過去作の転載。 ・「チョコ」「恐怖」「告白」をストレートには使用しておりません。 ⚠︎この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • Nostalgic The Earth

    死ぬなら最期まで幸せに

    2,000

    0


    2021年1月24日更新

    平和な島国を突如襲った謎の病。偶然、生き残った少女「スぺラ」は、他の生き残りたちと最期まで一生懸命生きることを誓った。しかし、その中で、パンデミック前に急に自殺をしたスぺラの親友「アルカ」の真相と、様々な人々の思いが解けていき――――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • 希望と絶望

    詩です!よろしくお願いします!

    400

    0


    2021年1月18日更新

    詩です。(詩のつもりです) タイトルの通り、希望すること絶望することについて書きます。他にも日常で感じたことを。 カクヨムにも同じものを掲載しています。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 泥の安寧

    泥の中に住んでいる。

    300

    0


    2021年1月15日更新

    泥の中に住んでいる主人公の救いのない話です。暗い気分にひたりたいときにどうぞ。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 最悪の魔女スズラン4 災果ての花

    彼女達の決断の果て、その絶望はやって来た

    0

    0


    2020年12月5日更新

    ついに全世界に自分とモモハルが神子であること、そして世界の崩壊が近付きつつあることを明らかにしたスズラン。しかし彼女には迫り来る危機以上に気がかりなことがあった。しばらく前から自分を避けるようになった親友。そしてアイビーから頼まれた、彼女の千年来の友人に関する願い。自分はどうすべきなのか、どうすべきだったのか──迷いながらも少女は北の海へと船出した。世界の命運を左右する重大な決断を下すために。 そして、とうとう彼等は到来した。自らが生み出した全てのものを消し尽くすために。 今ここに最終決戦の幕が上がる。 ◆シリーズ一覧◆ 最悪の魔女1 三悪集いし小さな村 https://novelup.plus/story/289272679 最悪の魔女2 四季の帰り路 https://novelup.plus/story/905781809 最悪の魔女3 天使と剣士と竜の心臓 https://novelup.plus/story/554983250 最悪の魔女4.5 憂鬱異世界旅行 https://novelup.plus/story/341935347 最悪の魔女5 絶望切り裂く紅箒 https://novelup.plus/story/656429352 最悪の魔女6 彼女と歩いた物語(完結編) https://novelup.plus/story/443903434 息抜きの魔女 https://novelup.plus/story/629159476

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間51分

    この作品を読む

  • ガランドウノココロ

    あなたの心と、あたしの空虚なココロの詩。

    100

    0


    2020年11月19日更新

    思わず溢した、あなたの心。 そのカタチは、ヒトを––あたしを––、 殺めてしまうカタチをしていませんか? ヒトの心をこぼされた、あなたの器。 そのミナソコは、 あなたが––あたしが––思っているほど、 深いところにありますか? 海原のように広く、絹のように柔らかい——— そんな夢想を『心』と呼んで、 あなたは、胸の裡に秘めているのですか? なにも纏わず、なにも繕わず——— ———だから、何にも惑わない。 何者でもない『あなた』の『ココロ』。 あなたが灯した、ただひとつだけのその『心』は、 あなたの瞳に、視てもらえていますか——————?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 孤独を吠える(美修正版)

    なろうにあげてたやつの転載です。本人

    0

    0


    2020年11月7日更新

    自然豊かで、文化の街でもあるフェリチタ街には観光スポットがある。 それは崖より下に広がる海の絶景である。 自殺願望のある主人公はそこで風景を味わいながら崖から飛び降りようとするのだが、金髪の美少女と出会うことになる。 ───彼は所詮人間なのですから、そんな末路がお似合いでしょ?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • シンデレラ少女の夢見る春砂糖は冬の夜

    苛立ちと恋と絶望と春のお話です。

    0

    0


    2020年11月6日更新

    雪の降る夜、一人の少女───ロリポップは街の裏路地にて体育座りで冬の寒さを凌ごうとしていた。 ロリポップは売春婦と男との間にできた少女であり、そして捨てられた。世界に絶望した彼女はいつ自殺してやろうかと迷うが、とある少年との出会いが、彼女の今後を大きく決めるきっかけとなる。 ───これは、恋する少女のどうしようもない物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 最悪の魔女スズラン5 絶望切り裂く紅箒

    彼女が気付いた、新たな力

    3,100

    200


    2020年11月5日更新

    魔王ナデシコの“心臓”を喰い破り、ついに姿を現した真の“崩壊の呪い”──それは、始原七柱の絶望と能力の一部を再現した六体の黒い影だった。この日の為に備えてきたスズラン達は、力を合わせて決戦に挑む。しかし、その戦いの果て、彼女達はさらなる絶望を目の当たりにした。 最悪の魔女の冒険と戦いはいよいよ佳境へ。世界を覆った絶望の中、少女はそれでも立ち上がり、懐かしき友と再会する。そして聖実の魔女ロウバイにもまた、新たな友との出会いが待ち受けていた。 ◆シリーズ一覧◆ 最悪の魔女1 三悪集いし小さな村 https://novelup.plus/story/289272679 最悪の魔女2 四季の帰り路 https://novelup.plus/story/905781809 最悪の魔女3 天使と剣士と竜の心臓 https://novelup.plus/story/554983250 最悪の魔女4 災果ての花 https://novelup.plus/story/195034372 最悪の魔女4.5 憂鬱異世界旅行 https://novelup.plus/story/341935347 最悪の魔女6 彼女と歩いた物語(完結編) https://novelup.plus/story/443903434 息抜きの魔女 https://novelup.plus/story/629159476

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

  • イイヒトダケの国

    あまり気分のいい内容とは言えないです

    600

    0


    2020年11月1日更新

    スラムで育った少女マーリアが憧れるのは、綺麗な綺麗な壁の内側の生活。いつかお姉さんが迎えにきて、私は壁の内側で生活するんだ。ガラクタを集めてお金に換えて生活を続ける彼女は、次第に理想が理想でしかないことを知る。 そして彼女は、自分が夢見た理想郷を目指す。 ※気分の悪い表現がたくさん出てきます。不快に感じたらすぐにブラウザバック推奨です。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • くらげでも骨は軋む

    誰かを救うお話です

    11,700

    30


    2020年10月28日更新

    毎日の楽しみは、 弁当屋のバイト終わりに、 揚げたてのコロッケを食べながら家路につくこと。 大学ではいつだって同じような講義が繰り返されていて、 バイト先はいつまでたっても俺しかバイトがいない。 春夏秋冬が巡りゆき、たまに台風や地震がくるけれど、 大きな影響を受けたことはない。 俺はこんな日常を、 ―――もう何百年と続けている気がする。 ============== あの日は違った。 小さい頃に見たあの黒い塊が、 背筋から這い上がってくるのを感じた。 はじめてみた、 教室の端に座っている あの男は天使なのか悪魔なのか。 いや、 そもそも俺は何者だ。 ==============

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 絶望の魔王

    それは最も切ない魔王の物語。

    2,800

    0


    2020年10月27日更新

    ………魔王はずっと待っていた。勇者という存在を。自分達の悲願を達成してくれるはずの、自分を殺してくれる勇者を…。※カクヨム様、エブリスタ様でも掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間31分

    この作品を読む

  • 夢の飛行船。

    夢を諦めてしまったすべての人に……。

    2,100

    100


    2020年9月30日更新

    叶えられなかった夢は、きっと人それぞれ。でも、夢を見ること自体は、いつどんな時でもきっととても美しい。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 遺書

    もうそろそろこの世界は終わっていい

    200

    100


    2020年9月2日更新

    後日連載予定の長編小説から、ある男が書いた散文詩を抜粋しました。 世界に対する憎しみが綴られています。 もしかしたら読んで気分を害する方がいらっしゃるかもしれません。 しかし闇をのぞき込んで安堵するのも、人間の不可解な一側面です。 マイナスをマイナスで掛けてプラスにする効果を意図してみました。 もしこの詩を気に入っていただけたら、長編「ラストリゾート」の方もどうぞ。 そちらでは呪いに抗おうとする人たちが出てきます。 2分もあれば読める分量です。 気軽に読んでみてください。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む