織田信長

検索結果:49件

  • 魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~

    信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    348,100

    47


    2021年12月4日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:63時間10分

    この作品を読む

  • ‪天下統一よりも御家再興がしたいのです(a state revival rather than the states unification)‬

    天下人4人に仕えた小笠原貞慶の大河ドラマ

    17,900

    0


    2021年11月29日更新

    とある乱世の御家再興(リバイバル)物語。 戦国武将小笠原貞慶。 礼法や弓馬術として今に伝わる小笠原流の継承者であり、長野県「松本」の名付け親でもある。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。 この3英傑に従った武将は山ほどいれど、三好長慶を含めた4英傑と直に関わりを持った男は、貞慶くらい。 そんな激レア武将の、御家滅亡からの戦い。 どの戦国大名よりも圧倒的不利な条件から立ち向かった物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 商人ノ姫〜信長最愛の女性・生駒吉乃のモノガタリ〜

    銭は剣よりも強し。商人無双と時々恋愛

    240,700

    132


    2021年11月23日更新

    戦国時代、尾張一の商業地・津島で一番の大店を仕切る商人『吉乃』はふとしたことで織田家の兵糧が横流しされる事件に巻き込まれてしまう。 その勝ち気な性格のせいで吉乃は織田家の侍たちに立ち向かうのだが、その時一人の若武者が吉乃の前に現れる。それは、家督を継いだばかりの織田信長で…… 後に信長の側室となる、生駒吉乃。彼女はどのような人で、どのような人生を送ったのか。 信長最愛の女性とされるその謎多き人物像を、史実とフィクションを織り交ぜながら描きます。 信長の妻として有名なのは濃姫。でも他にも側室はいるんだよ!!むしろ濃姫よりも魅力的で信長に愛された女性がいるんだよ!!みたいな気持ちを小説にしてみました。

    読了目安時間:10時間6分

    この作品を読む

  • 信長の怨霊 ~ニートな僕に取り憑いた怨霊は、僕を学校のヒーローに変えたスーパーマンだった~

    一応、ラブコメ目指して書いています!

    0

    0


    2021年11月21日更新

    希望と期待に満ちた慎也の大学生活は、同級生の悪意のもとに脆くも崩れさり、入学と同時に一目惚れした同級生との、甘い夢を見ることさえも叶わぬ、半ニートな日々を過ごしていた。親への遠慮から、かろうじて授業だけは受けていたものの、完全ニートになる日も近づいている。 そんなある夜、寝ていた慎也を無理矢理起こしたのは、教科書で見た信長そっくりの怨霊だった。 怨霊は慎也に憑依し、怨霊と成った原因を解消しないと退散しないと言う。 しかも、憑依されている期間だけ、慎也の寿命が縮むという、恐ろしいペナルティまで科されてしまった。 焦った慎也は、次の日から怨霊の願いを叶えるために、奔走した。 怨霊は慎也の救いか、はたまた悪魔か、慎也の人生が変わり始める。 *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 大罪人の娘

    女性とお金の新しい視点で歴史を描きます!

    800

    0


    2021年11月14日更新

    明智光秀の娘を主人公に、女性とお金の新しい視点で歴史を描きます! 本格歴史小説を描くことを通じ、『人間の本質』に迫っていきます。 1582年6月2日早朝。 日本史上最大の暗殺事件、本能寺の変が起こります。 織田信長を討った首謀者は、彼が最も重く用いた明智光秀。 2人が願う平和な世を達成目前にして、一体なぜなのでしょうか? 事件の前日、光秀の長女・凛にはある予感がありました。 「『戦いの黒幕』たちが動き出してしまう…… 新たな『闘い』が始まるかもしれない」 と。 【前編・第壱章から第七章まで】 父の策略によって政略結婚の道具となった凛。 彼女が嫁ぐことが決まってから、本能寺の変までを描きます。 光秀は、なぜ信長を討ったのでしょうか? そもそも、本当に首謀者なのでしょうか? 『戦いの黒幕』とは、一体誰なのでしょうか? 凛の言う、新たな『闘い』とは? 視点人物として、同じく偉大な人物を父に持つ武田信玄の子・武田勝頼、毛利元就の子・小早川隆景の2人を加えます。 彼らが後を継いだとき、父がやっていたことは既に『時代遅れ』でした。 しかし父が偉大すぎたために改善はなかなか進みません。 あまりにも早い時代の変化に翻弄され、矛盾と葛藤に苦しみます。 まるで、目まぐるしく時代が変わる今のような…… 【後編・第八章から最終章まで】 織田信長は、光秀の家臣・斎藤利三軍によって討たれます。 『大罪人の娘』となった凛とその妹・珠(ガラシャ)。 凛は逃亡を余儀なくされ、玉は幽閉されました。 しかし、2人の命は一つの『密約』によって保障されていたのです! 2人はそれぞれ、戦いの黒幕たちとの闘いを続けます。 そして、もう一人の『大罪人の娘』である斎藤利三の娘・福。 彼女は凛の意思を継ぎ、江戸幕府に送り込まれました。 徳川家康から孫・家光の乳母に任命され、幕府と将軍を操るのです! やがて天皇から春日局の称号をもらい、女帝として君臨します。 泰平の世か、戦国の世か。 女帝にして凛の後継者・福こと春日局は、日本の未来を賭け『戦いの黒幕』たちとの全面対決に挑みます! およそ250年続いた平和な世・江戸時代は、いかにして作られたのでしょうか? (他、いずもカリーシで掲載しています)

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 信長Take3

    信長再臨! 今度こそ天下布武完遂へ!

    52,900

    135


    2021年10月29日更新

    天正10年『2回目』の本能寺――― 信長は『またしても』自刃で果てた。 「歴史の改変がこれ程厄介だとは……!」 自刃から1億年先の遥か未来で復活した信長が見たその世界は、常軌を逸した正に血で血を洗う凄惨な世界であり、その遠因は己が本能寺で討ち死にした事だと信長は知る。 「本能寺の先へ行く為、世界の為、ワシは負けん! 新しい歴史はワシが作る!」 こうして信長の『3度目』の人生が始まろうとしていた。 信長Take1⇒史実 信長Take2⇒序章(0話)をご覧ください。 注:小説家になろうにて転載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間36分

    この作品を読む

  • 神媒師 -シンバイシ-

    少しだけ切ない、現代ファンタジー

    56,500

    0


    2021年10月16日更新

    滝川瑞貴は、16歳になった日から『神媒師(しんばいし)』としての務めを果たさなければならなかった。 霊媒師は世に知られた存在であるが、『神媒師』は人知れず活動する地味な務めでお金にはならない。 神様と人間世界を繋ぐための特別な存在らしいが、代々滝川家で受け継がれていた。修行も必要ないし、たぶん命にかかわるような危険な事もない。 断ることも出来ないまま渋々始めてみるが、子犬の世話係のような生活になってしまう。 それでも、神媒師として穏やかに変化する日々を楽しみ始めていたが、神様ではない意外な有名人たちからも振り回されることになってしまう。 知らなければ、そのまま過ぎ去るだけの出来事に涙を流す。 人と深く関わることのない生き方をしてきた瑞貴が、悲しいだけの出会いにならないように精一杯の行動を起こします。

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む

  • 宵の薬師  (短編版)

    戦国史に埋もれた癒しと裏切りの秘話

    23,900

    0


    2021年8月21日更新

    永禄12年、岐阜に下向した権大納言・山科言継は、陰鬱な地元武士・佐藤忠能と語らい、その壮絶な過去を知る。そして、いまだに彼を悩ます心の傷を癒そうと奮闘するが・・・ 実在の公家、山科言継による日記「言継卿記」の記載をもとにしたフィクションです。 (※加筆の上、長編化する予定です)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • 魔女と忍の石山合戦

    石山本願寺戦争に魔女と忍が狂い咲く

    175,100

    160


    2021年7月18日更新

    1570年~1580年まで続いた、石山本願寺戦争。 一向宗と織田信長の戦争において信長は何故、こうまでして本願寺を落とそうとしたのか……そんな合戦後期。 信長の元に魔女を名乗る少女達が現われる。異成る力、魔法を持つ彼女等を脅威と思った信長は、彼女等との共生を断る。その後、魔女達は本願寺に取り入り、魔法という力を持って織田軍に壊滅的被害を与え始めていた。 そんな折り、信長は足利義輝の直属の元私兵、羅心亜(らしあ)の民と呼ばれる北方の海からきたという者の末裔達。羅志亜忍軍。彼らに助力を願う。 義輝亡き後、どの勢力の力にもならない事を強く誓っていた羅志亜の民だったが、偶然魔女の国の少年、ラウラ・ノブリスが大怪我で倒れているところを助ける。 そんなラウラを狙って襲い来る魔女と交戦し、鬼人と呼ばれた羅志亜の忍達は石山合戦へと巻き込まれていく。 足利義輝が愛した歴史に名も残らない忍と彼らと共にいた魔女の国の少年の語られる事のない物語を垣間見よ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間59分

    この作品を読む

  • 花繚の動乱

    知られざる信長とお市を描いてます

    63,250

    120


    2021年6月1日更新

    花まつろうは織田の美姫、お市の方の生涯!愛憎相半ばする数奇な血筋、十三歳差の兄は織田信長!戦国を生きる兄妹の運命を描く時代長編!『花繚(かりょう)の動乱』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • 桶狭間の合戦・本能寺の変~聖域なき史実探求~

    歴史家たちの通説への素朴な疑問

    1,600

    0


    2021年5月23日更新

    第1章は「桶狭間の合戦」について、従来の「迂回奇襲説」を否定し「正面攻撃説」が主流になりつつありテレビでも紹介されたが、その新しい通説にも重大な疑問があることを書いてみた。十分な検証もせずこれ以上「正面攻撃説」を歴史家が提唱するなら、それは歴史家としての責任を放棄した暴挙である。どこが検証不十分なのかを具体的に論じていくが、単純明快な内容となっていると思う。 第2章は「桶狭間の合戦」について、第1章で論じた今川軍の進軍ルートの論拠を補完しつつ、論点となる水野信元が徳川家康の成長にとってどのような意味があったのかを考えてみました。 第3章は「三河一向一揆」について、一向一揆の原因が、徳川が織田と同盟を結んだことへの反発であると、なぜ歴史家たちは気づかないのでしょう。 ついで本願寺が東西に分裂した経緯について冷静な観点から論じ、よく言われるような徳川家康の恣意によるものではないと結論づけてみました。 第4章には「キング・オブ・境目の国衆」として、尾張と三河の境目の水野氏について描いてみました。 第5章には「愛宕百韻の前のできごと」として、連歌師里村紹巴の過去の出来事について描いてみました。 第6章は「三方ヶ原の合戦の謎」として、武田軍の進軍ルートが駿河路よりも信濃路の方が史実ではないかという検討をしてみました。 第7章は「本能寺の変の謎」ですが、怨恨説にせよ黒幕説にせよ、明智光秀が一族の運命を背負ってでも決行した事件にしては動機が説明できないではないか?説明できる理由だては一筋しかないではないか? 小説のようなドラマ的表現には物足りなさを感じさせるかも知れませんが、面白みは史実探求の姿勢に求めたつもりです。短編ですので気軽に読んでやってください。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 華闘記

    信長チルドレンが辿る華麗で過酷な戦国絵巻

    38,400

    100


    2021年5月9日更新

    小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣衆など、旧主・織田信長の側近たちが辿った過酷な、しかし極彩色の彩りを帯びた華やかなる戦いと征旅、そして破滅の物語。 ー 織田家を語る際に必ず参照される「信長公記」の記述をふたたび見直し、織田軍事政権の真実に新たな光を当てる野心的な挑戦作です。ゴリゴリ絢爛戦国ビューティバトル、全四部構成の予定。まだ第一部が終わりかけている段階ですが、2021年は本作に全力投入します! (早川隆)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • Fate/Fixed game – フェイト/フィックスト ゲーム –

    儚き世界で催される、ある弟の亜種聖杯戦争

    4,300


    2021年5月7日更新

    ––––AD.1550 星火燎原雪渓 オワリ–––– 🔥織田姉弟(カツノブCP)による亜種聖杯戦争——ここに開幕❄️ 「もし永遠に、子供の頃のように、愛する姉上と面白おかしく暮らせたのなら——」 とある弟が憧憬と共に思い描いた、 たったこれだけの尊き祈り。 それは世界を歪ませ、理を捩じ曲げ、 【尾張の雪原】に亜種聖杯戦争を催すまでに至る。 開戦前。 姉弟はまた巡り逢い、聖杯の器も揃った。 だが。 彼が欲する【一縷の悲願】を成就させるためには、 聖杯の中身となる『英霊』を用意しなければならず、 しかし同時に、 【マスター足りえる存在】もまた彼のみであった。 彼は究極的な措置として、英霊を『一騎ずつ』召喚し、 召喚した英雄豪傑たちとの【一騎討ち形式】を以て 『最愛の姉と共に戦う』ことを決断。 これを強行する。 『本来』であれば——。 マスターが一方に肩入れする時点で、 【八百長試合/Fixed game】は免れず、 各サーヴァントとの戦いの顛末など、 開戦前から決している。 ——そう。『本来』であれば。 これは、歪みの果ての聖杯戦争。 「100年かぎりで『剪斷––センダン––』される儚き世界」 ……そう判っていながらも、 【100年限りの安寧】を得るため覇を競い合う、 まさに『夢幻』の物語。 「————どうか。この『いつか繕われるユメ』だけは、決して醒めて仕舞いませんように」 Illustrator.えもえもん ( https://twitter.com/emoemon0604?s=09 ) ※実在の人物、名称とは一切関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む

  • 【能楽 狂言より『八幡前』】 天下人、十四歳の嫁をとる! ~ねねは藤吉郎のお嫁さんになりたいの~【狂言remix SeriesNo.5】

    『狂言』で彩る天下人夫妻の結婚模様

    100

    0


    2021年4月1日更新

    さあさあ歴史好きの皆さま、恋愛物好きな皆さま。 ここらで一つ「狂言」なんて如何でしょうか? 【第五弾】の狂言は『八幡前』。 今回は『結婚』というテーマに真正面から挑んでみました。 以下はコンテスト用の“あらすじ”なので結末まで書きます。 あらすじ ある日、後に天下人になるとはとても思えない足軽組頭『木下藤吉郎 秀吉』は結婚を申し込まれた。 お相手の名前は『ねね』。若干十四歳の少女である。 突然の告白に驚いた藤吉郎が“ねね”に何があったか尋ねると、何とねねの実の母親がねねの婿を募る、と言い始めたことが分かった。 ねねの婿になる条件はただ一つ『何か一芸がある事』。 藤吉郎は困った。ねねと結婚はしたいがこの一芸とは『武芸』。 武士の生まれではない藤吉郎にはあまり自信がない。 この事を友人に相談したところ『弓矢』と『和歌』の二段構えで『一芸』に挑ことになる。が、あえなく失敗。 打ちひしがれる藤吉郎に、彼とどうしても結婚したい“ねね”は駆け落ちしようと持ち掛け、二人はそろって藤吉郎の家で同棲開始。 数か月後に結婚する運びとなりました。 拙作は『著作権の保護期間が終了している作品を原作とした小説』となっております。 原作は国立国会図書館デジタルコレクションにて公開されている―― ――『和泉流狂言大成 山脇和泉 著 (わんや江島伊兵衛, 1919) 』全4巻。 著作者は4巻とも『山脇 和泉』と奥付に記載されております。 この『山脇和泉』とは和泉流宗家の名跡であり、御本名は『山脇 元照』氏|(1916年“大正5年” 2月25日没 『新選 芸能人物事典 明治~平成 日外アソシエーツ[編]』)となります。 当時の能楽狂言方和泉流の宗家の方です。 よって原作の著作者の没年は1916年。著作権の起算点は翌年の1月1日。 著作権法に記載された没後70年を満たしております。 また公開年に関しても 第1巻 大正6年 3月25日発行 第2巻 大正6年 5月18日発行 第3巻 大正7年 10月25日発行 第4巻 大正8年 5月5日発行と奥付にて記載されております。 著作者の死後に刊行された著作物であるのである種の団体名義の著作物に当たる場合でも、一応公開70年を満たしているをここに示しておきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • Legendary Ishiyama Hongan-ji War

    Rampage of witches !

    2,000

    0


    2021年4月1日更新

    The Ishiyama Hongan-ji War that lasted from 1570 to 1580. Why did Nobunaga try to drop Hongan-ji Temple in the war between Ikko-shu and Oda Nobunaga? Girls who call themselves witches appear under Nobunaga. Nobunaga, who thought that they had different powers and magic as a threat, refused to live in harmony with them. After that, the witches entered Ishiyama Hongan-ji Temple and began to cause devastating damage to the Oda army with the power of magic. At that time, Nobunaga was a ask for help descendant of a former private soldier who reports to Yoshiteru Ashikaga, who came from the northern sea called the people of Rashia. Rashia Ninja Army. I ask them for help. After Yoshiteru's death, the people of Rashia vowed that they would not be the power of any power, but they helped Raura Nobris, a boy in the witchland, who had fallen due to a serious injury. Engaged with a witch who attacks Raura, Russia's ninja, who was called a demon, is involved in the Ishiyama battle. Take

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 信長が来た。

    逆に信長が来た。

    10,100

    0


    2021年3月25日更新

    時は現代、あの織田信長が現代にやって来た。 僕はどこにでもいる高校生。 そんな僕の家に織田信長が突如タイムリープしてきて、僕の家に住み着いた。 渋々信長を受け入れた僕は彼との生活の中で彼の現代に対する考えを聞いていく。 現代の文化を見て彼は何を思うのか。 自分がいた頃とは何もかも違う現代への彼の感想は? そして彼がこの時代にタイムリープしてきた理由は一体何なのか。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 戦国三昧 劉備玄徳と源義経と織田信長と幕末長州藩の戦い

    劉備玄徳対源義経対織田信長対大村益次郎

    2,500

    0


    2021年2月26日更新

    バイオコンピュータゲーム「戦国三昧」で劉備玄徳と源義経と織田信長と大村益次郎が対戦します。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 魔王探偵織田信長の冥推理 ~桶狭間殺人事件ッ! 今川義元を殺したのは誰だぁッ!?~

    織田信長によるギャグミステリーです

    5,800

    0


    2021年2月4日更新

    織田信長は、桶狭間にて今川義元との合戦に勝利した。 大将首を取った者に褒美をやろうとした信長であったが、誰が殺したのかわからない。 容疑者は羽柴秀吉、前田利家、明智光秀、柴田勝家の四人。 誰もが『自分が殺った』と自供していた。 果たして、真犯人――桶狭間の怪人は誰なのか。 永禄三年、魔王探偵織田信長の冥推理が歴史を焼き尽くす! 桶狭間殺人事件、開幕ッ! ※本作品は時系列が正しくありません。また、桶狭間の戦いに参戦していない武将も登場しています。史実とはことなる展開ですので、歴史のテストなどを受ける際には細心の注意を払ってください。 短編です。 8話前後で完結する予定です。

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

  • 信長と作る『新・信長公記』 ~戦国時代に行ったら信長もタイムスリップ者でした~

    織田信長とその軍師、実は未来人である。

    4,900

    0


    2021年2月2日更新

    もし。あなたが今戦国時代に飛ばされたらどうする? そのまま野垂れ死に? それとも農民になって細々と? はたまた商人になって現代知識で稼ぎまくる? どの答えは十人十色だ。今回はその答えの一つを見てみよう。 彼は非力ながらも、持ち前の頭の回転力で戦国時代を生ききった……。 歴史好きの中学生、上村匠海は原因も分からずに戦国時代に飛ばされてしまう。 そこで出会った『織田信長』も未来人であったことが分かり、二人は武将たちの策略に四苦八苦しながらも、戦国の世で生き抜いていく。 目指せ!天下統一!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 私が大河ドラマの主人公に推薦したい武将

    「水行く野末かな」の二次創作

    0


    2021年1月25日更新

    大河ドラマの主人公の候補に水野氏を紹介したく執筆しました。 筆者の別作品「水行く野末かな」を再編集した二次創作作品となっています。なるべく要点を残して簡潔になるように加筆構成していきたいと思います。

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む