美しい

検索結果:9件

  • ハーバリウムの中で蝶に憑かれた君と僕は

    美しく儚い世界を紡ぎたい。

    9,000

    0


    2021年5月30日更新

    花吐き病(はなはきびょう)……口から花を吐いてしまう奇病。 体が花の成分を一切受け付けないアレルギー体質を持ちながら体内で花を生成する能力が生まれた際に発病する。 涙花病(るいかびょう)……涙が花弁となって流れる原因不明の奇病。 感情によって様々な花を流す。 花食病(かしょくびょう)……本人の意思と関係なく、花を食べないと生きていけなくなってしまう奇病。 胡蝶症候群(こちょうしょうこうぐん)……20年ほど前に突然現れた、花吐き病や涙花病などの総称。 いずれも蝶の鱗粉を吸ったことにより発病することからそう名付けられた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • メロウなエンディング

    琴海とミカの、ただ静かな、青春劇。

    0

    0


    2021年4月29日更新

    (この小説は 米津玄師 さんの歌の「感電」にインスピレーションを受けて書きました。) ~本文より~ 月明かりに照らされた夜だ。またあの頃の事を思い出している。今思えば、あの頃はきっと楽しかったのだろう。不思議な事だったはずなのに、未だに疑問など抱いた事が無い。幻のはずだったのに、ずっと現実にいたようにみえているのだ。別れた恋人の事のように思い出しているが、別に恋人だった訳じゃないし、恋心を抱いていた訳でもない。ただ、「そこに居た。」それだけの事だ。ただ、眩かっただけだ。でも、思い出してしまうのだ。思い出したいのだ。彼女の笑顔を思い出す。 「楽しいの。ただあなたと一緒にいることが。」 彼女の台詞を思い出す。確かそんな事言っていたっけ。あの頃の僕らは、社会に呑まれた大人たちなんかが追い付けないような速さでこの世を駆けていた。僕はただ彼女に付いて行っただけだったのだが。彼女は気づけばそこにいたし、気づけばいなくなっていた。僕は今、ただ、その時の記憶を、そのころつけていた日記を読みながら思い出していた。 琴海とミカの、ただ静かな、青春劇。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 言ノ花の森

    言葉の雨を貴方にーー300完結

    169,934

    3,321


    2021年4月28日更新

    綴り人が種をまいて 想いをこめて 読み人が花を咲かせ 光をくれる そうして、この物語は育てられるの ❀ときに物語の中の詩なども載せるかもしれません 色々自由に書いてますが、ぬるい目でお願いします ❀ときに物語でも使うことも あーここで使ったのかとか、気づかれるかも?

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • トレビスのエレナ

    様々な想いを抱えた大人のレストラン

    300

    0


    2021年2月27日更新

    友人が教えてくれた実在のイタリアンレストランの物語。どうしても文章にしたくなって書きました。 マリエさんの恋が産んだ特別なレストラン「トレビスのエレナ」。そこには、料理の鉄人から声のかかったイタリア人のシェフ、エレナ。寂しがり屋のパンクロッカーのようなセカンドシェフ、ジュリアン。そして、地元の伝説の妖精、サオリさんがいた。将来を見つけられなかった僕が下働きに入ったその店での時間は、今でも忘れられない。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 時間泥棒

    異次元法重要人物を描いてみた

    600

    0


    2020年5月24日更新

    フォックス;英語でキツネのこと。 実際に、「フォックス」と言う珍しい苗字の方がいるそうです。 ※作中に出てくる「子狐」「リトルがビッグに」と言うフレーズなどが、失礼になりませんように。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 交錯地点

    短編集。泣きそうで美しい気持ちだったり。

    100

    0


    2020年5月15日更新

    ほんの小さな、でも痛々しい瞬間の話や、どこかの記憶にいる君の話。 基本的に1話完結の短い記憶のお話です。 少しでも、何かあなたの心に残せたら嬉しいです。 私が生きてる限り、完結はしません。 お話の季節ごとで章を分けてます。 お好きな季節をどうぞ。 thank you. ※Twitterに掲載してる内容もあります。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 木漏れ日の君

    彼は木漏れ日みたいに優しくて美しいひと

    100

    0


    2020年5月14日更新

    運命の相手と結婚。 そして子供をさずかり、年を重ねていく。 ひ孫ができた頃、私にどうやらお迎えが来るらしい。 迎えに来るのは先に逝った「おじいさん」なら最高ね。 ああ・・・おじいさんのことを、 「木漏れ日の君」と呼んでいた頃を思い出してきたわ。 天国あたりから迎えが来る前に、お話しておきましょう。 ※上記は世界観であり作者の情緒的紹介です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 藍世界

    人間の儚さと美しさ

    3,700

    0


    2020年5月13日更新

    人間の美しさ、儚さを描きました

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 華鬼

    「ムゲン」と言う力を使いました。

    3,100

    0


    2020年5月9日更新

    同名作品があるそうですが、まだ読んでいません。 「はなおに」と言うフレーズは小さい頃からあって、いつか使おうと思っていました。 美しきとある屋敷の奉公人が、鬼を名乗ってひとを救い、その功績で物書きになるお話です。 ジャパニーズファンタジー??

    読了目安時間:1分

    この作品を読む