美青年

検索結果:9件

  • いにしえの獣さまがわたしから離れてくれません!(物理的に)

    現れたのは、獣な変態美青年でした

    0

    0


    2022年7月28日更新

    育ての親の遺品であるブローチから現れたのは、獣の耳と尻尾を持つ全裸の美青年だった。孤独な少女は不思議な美青年とであう。そして自分の不思議な力とも向かい合うことになりー。 無自覚イチャイチャラブコメ。 お人好しな少女と常識外れの美青年による日常をお届けします。

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 金色の螺旋

    転生を繰り返し、戦い続ける少女の物語

    112,800

    166


    2022年6月27日更新

    大帝国の皇女として生まれながら、その身に宿す強大な神力のために隠され、孤児として育てられた少女麗蘭。己が出自を知らされ皇宮に帰還した麗蘭は、敵国に捕らわれた妹姫を救い出すため、仲間と共に旅立つことになるが……? 若き天才将校、神の血を引く高貴な美青年、力と色に溺れた英雄、焔の如き女傑、危うげで妖艶な黒巫女……神に愛でられし美貌の少女が、様々な敵、味方と出会いながら巨悪に立ち向かう、和風・中華色の濃いファンタジー。 ※改稿が終わり次第、順次アップします(不定期)。 ※シリーズ作品の第一部です。 ※イラストは「豊代さや」様作画です((★)が付いている回は挿絵有)。 ※小説家になろうに掲載したものを改稿した作品です。全10章です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間15分

    この作品を読む

  • 【BL】春愁にまつわるエトセトラ

    昭和浪漫・ジゴロな青年写真家×可憐な情人

    700

    0


    2022年4月12日更新

    ※美青年BL。匂やかな風味の昭和浪漫。ジゴロ気取りの美形写真家が初めて経験する自業自得な恋の懊悩と、桜のように可憐な情人との心のスレ違い。 ほのぼのハッピーエンドはお約束。 表紙「たいとるぐらふぃ」http://underthesky.the-title.jp/ 画像「イラストAC」https://www.ac-illust.com/ ※各サイトの利用規約に則り利用させて頂いています ※転載等は禁止です

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 「オレの前世は、忍びの姫君!?」 押しかけ忍者の400年ごしの求愛がケナゲすぎて困ってます

    忍者2人に執着される苦労性ノンケ男子

    27,000

    900


    2021年12月3日更新

    『BOYSFANコン』参加:お題フリー 【連載中】軽妙でコミカルなBL・現代ファンタジー。 転生忍者の400年ごしの溺愛にジタバタする苦労性ノンケ男子の受難の日々。 ほんのりミステリー要素を添えて。 さかのぼること、江戸時代。 時の征夷大将軍・徳川家康のフィクサーとして名高い僧正・天海上人の直属の隠密部隊・黒賀弥(くろがみ)一族。 妖艶な美貌の忍者・緋凪(ひなぎ)に横恋慕され、池に身を投げ逃れた一族の巫女姫・白那(しろな)は、みずからに"氷霧転結の術"なる忍術をほどこし、400年の時を経て現世に輪廻転生したが、前世の記憶をいっさい持たないばかりか、天海音 真白(あまみね ましろ)という名の男子に生まれ変わってしまった。 高校3年の頃に両親を亡くした真白は、亡母の弟である叔父のルイに引き取られたが、自宅に美容室を開店したばかりのルイに遠慮をして、大学進学をあきらめ高校を中退し、『和家蟻(わけあり)ホームズ』という不動産屋で働き自立した。 真白の職務は、もっぱらカウンター窓口での接客や、内見の案内。そして、"できたてホヤホヤ"の事故物件に入居して1か月ほど暮らし、"安全性"をチェックすることだった。 そんな真白が、20才の誕生日を間近にひかえた頃。 またしてもワンマン社長の絶対命令により、ハードな事故物件に滞在せざるを得なくなった真白は、そこに突然あらわれた汚れたモップのようなボサボサの長髪にボロボロの服を着た悪臭まみれの不気味な侵入者に抱きつかれ、パニックにおちいる。 侵入者は、刀夜丸(とうやまる)と名乗り、「オレは白那姫と再会するために"生滅流転の忍術"を駆使して江戸時代から19回も転生を繰り返してきた」と言い、真白こそが白那姫の生まれ変わりなのだと断言する。 いっぽう、前世において刀夜丸から白那姫を奪おうとした憎き恋ガタキ・緋凪もまた、不老長寿の禁忌の秘術で現世に美貌を保って生き続け、有名な動画配信サイトでフォロワー300万人超えを誇るインフルエンサーとなっていたが、白那姫への執心は衰えをしらず…… ・表紙素材「かんたん表紙メーカー」https://sscard.monokakitools.net/ ※規約に則って使用させていただいています ※画像の転載等は禁止されています

    読了目安時間:2時間12分

    この作品を読む

  • あの子が空を見上げる理由

    北海道が舞台のほのぼの系成長物語です。

    900

    0


    2021年10月12日更新

    17歳の春、隣の廃校に男が住み着いた。美青年にそぐわぬ挙動不審な男は、体育館で「人を幸せにする家具」を作る家具工房を開くという。母の死によって心を閉ざした少女とよく似た傷を持つ青年が心を通わせながら、工房と共に成長していく。

    読了目安時間:3時間36分

    この作品を読む

  • 美しき獅子は唯一(つがい)に出会い、仔猫となる。

    亜人の美青年と、地味な眼鏡っ娘の恋の話!

    1,800

    0


    2021年9月18日更新

    野人、それは人間より美しく、猛々しい存在。 そして、己の「つがい」と決めた存在には命をかける純粋な生き物でもある。 近未来風の異世界で巻き起こる、野人の青年レオと、人間の娘ムツミの「おともだち」から始まる恋と、時にアブナイ物語。 他サイトからの転載ですが修正を加えています。 野人については、別の恋愛ファンタジー作品もございますので、よかったらどうぞ! 「小説家になろう」様に置いてあります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • 鴉 番外編『いつも見てる、と碧鴉が謂うから』

    疲れた現代人が占師の美青年に諭される話2

    0

    0


    2021年7月29日更新

    あなたはもう十分頑張ってきた。 それは辛い道のりだった。 それを認めて、少しは自分に訪れる幸せを素直に受け止めたら? ▼【本編】鴉 —人類の脅威は、恍惚な聲で人を喰らう— https://novelup.plus/story/960106354 ▼【イラスト挿絵付設定集】 https://novelup.plus/story/994146645 TSUKINAMI project 第一弾 グランドホテル方式 オリジナルキャラクタープロジェクト https://kakuyomu.jp/users/nami_akatsuki/news/1177354055521034809

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 番って、なんだろう。

    番、番って……私だって、番がほしい!

    500

    0


    2021年7月23日更新

    ただの偶然で転移した世界は、皆それぞれ生まれながらに獣性を持っていて、己の番が誰なのか本能で分かる世界だった。 そんな世界に運悪く迷い込んでしまった主人公だが、最初に出会ったイケメンの村人がとっても良い人で、行き場のない主人公に手を差し伸べてくれた。それから彼とののほほんとした幸せな生活が始まったはず、だった。なのに、彼にはすぐに番が見つかってしまい、幸せな生活はあっという間に終わってしまう。 それからも恋人はできるのに、なぜかすぐに番を見つけられて別れを切り出されてしまう。そんなことを繰り返しているうちに、ある噂が立てられるようになった。 曰く、――ミオリ・ニシナと恋人になった人は、必ず番が見つかる――と。 そんなときに声をかけてきた貴族の青年、エリオット・クランシーは、一つの契約を持ちかけてきた。 「番が見つかるまで、私の恋人になってほしい」 妙なジンクスを背負うことになってしまった異世界転移者と、なかなか素直になれない貴族の青年のドタバタラブコメディ、になる予定です。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 河童心中

    昭和浪漫ただよう耽美な純文学ミステリー

    19,600

    100


    2021年6月9日更新

    完結済。読切。 昭和浪漫ただよう耽美な純文学ミステリー。 ぼくが子供の頃に出会った、恐ろしくも切なく妖艶な河童の正体とは。 色狂いが高じて信州の寒村に引っ込んだ大成金の父は、離れ屋敷で酒池肉林の乱行の果てに、梅毒治療のために処方されたヒ素の中毒で死んだらしい。 そんな父への憎しみが消えない高慢で気位の高い母は、幼女のような心を持つ姉娘ばかりを猫可愛がりし、父の顔によく似た末っ子の世松(ときまつ)は疎んじて、ことあるごとに土蔵に押し込む。 その晩もささいなことで叱られ土蔵に閉じ込められた世松は、土蔵の高窓から、父が死んでから人のいないはずの離れ屋敷に、浮世離れした異形の美貌の青年の姿を発見する。 その美青年の正体を、信頼する奉公人の朔太郎に聞いてもシラをきられ、これは触れてはいけない秘密なのだと察する早熟な世松だったが、小学校の春休みが終わる頃、思いがけない惨劇によって、いやおうなく残酷な真実を知らされていく。 ※河童は出ません。。 写真素材「ぱくたそ」https://www.pakutaso.com/ ※利用規約に則って使用させていただいています ※転載は禁止されています

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む