群像劇

検索結果:192件

  • 特殊能力持ちの彼氏と仲間達+モブ少女

    ♡4,050

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・143話・392,746字 天草こなつ

    2020年11月29日更新

    レイチェル・クラインは薬師の学校に通う、ごく普通の18歳の女子学生。 この世界に存在する様々な伝説、伝承、魔法、冒険なんかとは無縁の平和な学園生活を送っている。 作った薬草を冒険者ギルドに売るなどして小遣い稼ぎをしているが、冒険に興味はない。憧れないこともないけど、特殊能力も何もないし。 目下の楽しみは、昔から通っている図書館にやってきたかっこいい司書のお兄さんを見ること。 「今日もかっこいいなぁ…。」 レイチェル18歳。運命の出会いや白馬の王子様に未だ憧れている。 いつかすごくロマンチックなファーストキスがしたい。18歳。18歳。 変化のない日々を送る彼女がひょんなことから、ある冒険者パーティーの所でアルバイトをすることに。 内容は、ただただみんなのご飯をつくること。 そのリーダーはあの司書のお兄さん――!? 他のメンバーは、かつての幼なじみの青年に不思議な魔法使いの女の子。 だけどこのパーティー、なんかやる気なさすぎでちょっと変?? それぞれ事情を抱えたメンバーと一緒に悩んだり交流したりするうちに、レイチェルの日常は変わっていく――? 運命の出会いに、素敵なファーストキスの行方は? 今日もレイチェルはせっせと大量のパンケーキを焼き、もりもりの野菜とお肉を切るのであった。 みんな、食べすぎぃ…! 冒険特に始まらない、ほのぼのスローライフ&ラブコメ&時々陰鬱ストーリー。 ※恋に落ちるの遅いですけど気長に見守ってください。 ※途中から暗め・ファンタジー色強めになります。 ※異世界ファンタジーなのですが、暦、曜日、単位やその他もろもろオリジナルにすると自分がこんがらがるので、現実の物を使用します。 ※魔法が存在するもう1個の地球くらいのゆるい世界観です。和洋中色んな現実の食べ物登場します。 アルファポリスさん・カクヨムさんにも投稿中です。

  • オムニバスSFです、よろしくお願いします

    ♡859,553

    〇25,107

    SF・連載中・310話・341,072字 うぐいす

    2020年11月29日更新

    第三次世界大戦は、究極の生物兵器ゲヘナにより終結した。 地球上から国家が消失し環境が激変した世界で生きるのはキメラと呼ばれる獣人達だった。 そんなキメラ達が生きる世界を書いたオムニバス小説。 序章(完結) 人類が生み出してしまった最終生物兵器ゲヘナの暴走で滅んだ地球が再生するまでの話。 殺人鬼の作り方(完結) まだ世界大戦が終わってなかった頃の話。 元々気が弱い犬の頭を持つキメラ兵『ジャック』が殺人鬼に墜ちる。 かたつむりの観光客(完結) 世界大戦終結後、大陸の形すら変えられた地球に七つの大都市が出来た。 謎の美女プリデールと『なんでも屋』のスゥが世界を旅行する話。 甘いマイアズマータ(完結) 違法な人造人間を造り、それを売って暮らす男の下に娘を名乗る少女が訪れる。 男は娘の正体を察し、殺そうとするが……? くろいながれぼし(完結) 荒野で見つけた焼死体を埋葬しようとしたら、それは鉱物生命体だった!? 鉱物生命体クオリアの少女オニキスと、熟練の傭兵ガレスの奇妙な旅。 ほしをみるひと(完結) 世界大戦勃発前、田舎育ちの冴えない少年マーカスが出会ったのは不思議な喋る石だった。 激動する世界の中、一人と一個は生きていく。 不実の湖(執筆中) くろいながれぼしでの戦い以来行方不明になっていたクオリア・パールの反応が確認された。 依頼を受けて現場に向かったクオリア達を待ち受けるものとは一体? オムニバスなのでどの話からでも読んで頂けるようになっています。 評価応援ブクマ、宜しくお願いします!

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡895,926

    〇15,745

    異世界ファンタジー・連載中・6360話・848,647字 ぽてゆき

    2020年11月29日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

  • 三人称で描く少しだけシリアスな群像劇

    ♡230,350

    〇2,682

    異世界ファンタジー・連載中・62話・180,406字 北条ユキカゲ

    2020年11月28日更新

    太古の昔から存在する忌まわしき呪い『散りぬる陽』によって、人知れず破滅へと近づく『現し世』と呼ばれる世界─── 大賢者セルシアスは、神出鬼没に出現する散りぬる陽から世界を守る為、数少ない仲間たちと各地を奔走していた。 迫り来る危機に備え強い味方を必要としていたセルシアスは、強大な魔力を有する魔導師ラシディアと出逢う。この出逢いによって、破滅へと向かっていた世界の運命が大きく動き始める。 麗しき女戦士ジュメイラ、幼くも神々しいまでの美しさを放つ幼女エルミラ。異世界転生してきた『もののふ』に屈強謎生物に超巨大ロボ。 多くの登場人物それぞれに焦点を当てて描かれる、壮大なスケールのファンタジー群像劇。

  • ファンタジーの好きな要素を詰め込みました

    ♡1,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・31話・61,918字 炎川裕三

    2020年11月28日更新

    始まりは幾千、幾万年も昔―――― 【戦神オーディン】は弟である【悪戯神ロキ】の悪事によって【戦神】の神の座を降ろされた。 ロキの責任を自分が背負うことで、【神王ユピテル】に現世での無間地獄の刑に処され、悠久の時を独りで生き抜いた。 オーディンは黄金の槍を携え、世界を駆け巡った。そうして、様々な生き物を目にした。 人類、人のなりをした者【亜人】、人ならざる者【獣人】……、三種族が弱肉強食によって襲い襲われを繰り返していた。 人類は非力であり、亜人にも獣人にも敵うことはなかった。しかし、人類は逃げることで己の命を守り種族を繁栄させ続けた。 亜人と獣人は自然や動物が神の力によって姿を変えた者であり、彼等には種族を繁栄させる術がなかった。その為、この二種族は自然と消滅していくしかなかった―――― 時は流れ、亜人も獣人も世界の表舞台から消え去った。そして、世界を渡り歩いていたオーディンは手持ち無沙汰になり、丘の上で立ち尽くしていた。 人類を陰ながら見続けてきたオーディンは想う。 「この世界はとても残酷であり、亜人や獣人が消えたとしても人類に平等など存在しない」と。 オーディンは神界に居るロキに頼み、広大な土地の崖に王国を築いた。青草の生い茂る草原、大地を潤す湖、他国から攻め入られることのないように片側には切り立つ山々を作り上げた。 人類の居ない王国。オーディンは苦しむ者達を救う為、【トバシラ】と呼ぶ十人の従者を集めた。ロキの手助けにより、彼等には神の力が与えられた―――― 【大国オーディーン】の建国から百年以上が経ち、国内の人類たちは幸福だった。家を与えられ、食料を与えられ、仕事を与えられ、生きる事に不自由のないその国では争いごとはほとんど起きることが無かった。 オーディーン国の豊かな土地を狙う他国からの進軍。その戦闘の終わり際、トバシラのメンバーであるヴェートは戦地から飛び立つ巨大な竜を見たと言う。 オーディンやロキ、亜人や獣人、神の思惑が交差する異種族戦争が今始まる!!! (※神話をベースにしているだけですので、実際のものとは異なります。)

  • カエルと少女の異世界戦記

    ♡172,400

    〇36,460

    異世界ファンタジー・連載中・275話・565,924字 あずM

    2020年11月28日更新

    ※各話に不定期ですが挿絵を新たに描き下ろしております。 更新はTwitterにて報告させていただいております。https://twitter.com/azuemu 『シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした』 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

  • 資金難の主人公がお金を稼ぐ話です。

    ♡2,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話・146,182字 山のタル

    2020年11月28日更新

    広大な大陸の中央には、大陸を東西に分断するように高く聳える『ディヴィデ大山脈』という大きな山脈がある。その山脈の東側の麓に、深い緑の森が広がっている場所があった。 人が寄り付かない程に暗く深い森の中に、人知れず建つ一軒の屋敷があった。 名も無きその屋敷では、屋敷の主で“錬金術”と呼ぶ術を研究している『セレスティア』と、セレスティアの屋敷に居候して“魔術”の研究をする『ミューダ』、その二人を日々支える五人の使用人達が静かに暮していた。 日夜各々の研究に没頭する毎日を送っていたセレスティアとミューダだったが、ある日屋敷の資金が底を尽きそうになっている事が発覚する。 「「このままじゃ、研究を続けられなくなる!!」」 研究一筋のセレスティアとミューダは、自分たちの研究を続ける為の資金稼ぎを決意する。そして経済の中心地と言われる『貿易都市』に、資金稼ぎの方法を探しに行くことになる。 しかし、その行動が切っ掛けになったかのように、世界は大きく変動し始めることになるのであった。 ※R-15は保険用です。 ※小説家になろうで投稿していた作品です。こちらでも投稿することにいたしました。

  • 鬼のような若者と月のような娘の話し

    ♡88,400

    〇178

    歴史/時代・連載中・71話・368,215字 石川織羽

    2020年11月28日更新

    子爵家の跡取り息子である相内柾樹は些細な理由で癇癪を起こし、駿河台の屋敷から家出した。たまたま向かった元門番老人の長屋で、湾凪雪輪という奇妙な娘の世話を頼まれる。やむなく娘を連れて転がり込んだ先は、悪友二人が下宿している両国の古道具屋『数鹿流堂』。見えない何かに引き寄せられるように、この世ならぬもの達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。 時は世事変遷と呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。帝都のとある片隅で宿命の針は動き出す。 ※時代設定上現代では不適切とされる単語や語句がありますが、差別や偏見を肯定助長する意図はありません、あらかじめご了承ください。 ※小説家になろうで完結済み。改稿投稿中です。更新は遅いです。※神・妖怪的なモノが登場するジャンル迷子です。

  • もどかしいすれ違いのBL群像劇

    ♡33,950

    〇220

    恋愛/ラブコメ・連載中・32話・74,232字 シキバヤシコ

    2020年11月28日更新

    ※毎日午前7時、午後9時に更新※ 小さな頃から仲良しだった悠と伊織。 お互いに成長し、伊織の華々しいモデルデビューを複雑な心境で見守る悠だったが、今までと関係は変わらないと言ってくれる伊織に安心していた。 けれど、とある出来事を切っ掛けに二人の距離は離れ、絶交状態に。 その後、縁あって悠も伊織と同じ業界へ入り、今では一、二を争うモデルとして活躍をしていた。 そんな時、悠の元に伊織の所属する事務所からしつこい程にオファーが届き始める。 自分から手を離したくせに今更何をと取り合わない悠だったが、自分の知らない所で次第に周囲を巻き込んでしまい……。 ※以前運営していたサイト(閉鎖済)で公開していた話を改稿し、投稿しています。 かなり古い作品なので、表現が稚拙だったりしますがご容赦下さい。 ※ムーンライトノベル・エブリスタ・アルファポリスにはR18版を投稿してます ※表紙右半分はyasagure様に描いていただきました!ありがとうございます(*´艸`)

  • 俺の人生を、返せ

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話・23,884字 朽木桜斎

    2020年11月28日更新

    【桜の朽木に虫の這うこと シリーズ第二作】 父・似嵐鏡月(にがらし きょうげつ)と兄・アクタの壮絶な死から半年。 ウツロは佐伯悠亮(さえき ゆうすけ)と名乗り、高校生活を送っていた。 彼を救った真田龍子(さなだ りょうこ)との関係もよく、充実した毎日を過ごしていた。 しかしその背後で、謎の組織が暗躍する。 星川雅(ほしかわ みやび)を目の敵にする刀子朱利(かたなご しゅり)、南柾樹(みなみ まさき)のライバルである氷潟夕真(ひがた ゆうま)も、その組織と関係があるようだ。 また、似嵐鏡月に父親を殺害された少女・万城目日和(まきめ ひより)も動きだす。 ウツロは彼女に何を思い、どう動くのか。 宿命に翻弄される少年少女たちの、新たな戦いが、いま始まる―― ※本編の前に、第一作のあらすじを掲載しています。 ※「カクヨム」「NOVEL DAYS」「アルファポリス」にも投稿しています。 ※本作はフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係ありません。

  • 空から落ちると、そこは壊れた世界だった

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・32話・52,952字 行倉宙華

    2020年11月28日更新

    第三次世界大戦によりで地上は甚大な被害を受け、助けを求めたのは空だった。 新しい人類の住居のことを空島――シエロ・アイランドと名付けた。 澤木昴は特に将来の夢や意思もなく、エリートになれるならという曖昧な理由で養成施設ナサニエルに入学する。 第二学年の夏休み前、大人達が全員出払っていた時に空島は急な下降をし始めた。 少年少女だけの終わりの見えない過酷すぎる日々が幕を開けてしまったのである――

  • 私は必ず、お前を幸せにしてみせる。

    ♡218,600

    〇620

    異世界ファンタジー・連載中・62話・220,867字 桜乱捕り

    2020年11月28日更新

    生涯を共にすると決めた彼が二度死んでから、八十年もの月日が流れた。 彼を生き返らせる為に“迫害の地”へ逃げ込み、新薬、新たな魔法の開発をがむしゃらにし続けるも上手くいかず、全てに行き詰っていく。 喜怒哀楽の感情を無くし、薬の副作用で二十四歳の若さを保ったまま、八十年もの時を消費した魔女『アカシック・ファーストレディ』 そのアカシックは、要の薬草が切れたので採取をしに行くと、針葉樹林地帯で捨てられていた人間の赤ん坊と出会う。 二つ目の罪悪感を背負いたくないが為に捨て子を拾い、淡々とぶっきらぼうに育てていく魔女のアカシック。 そして捨て子を育てていく内に、不本意ながらも寄り添える者達が増え始め、独りだったアカシックの心境が徐々に変わっていく。 時には捨て子に励まされ。時にはウェアウルフに論され。時には黒龍に激励され。遠回りな道のりで新たな事を学び、忘れていた過去を思い出し、闇に堕ちていた心が少しずつ浄化され、失った感情を取り戻していく物語。 ぶっきらぼうで不器用な一人の魔女と、拾われた捨て子の一生の一部を。 毎週、水・土曜日に更新中。

  • 夏の空に笑う、君に俺の手は届かない

    ♡2,100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・11話・30,395字 伊ノ蔵 ゆう

    2020年11月28日更新

    ジャンル別日間最高25位✨ありがとうございます 田舎とも、都会とも言えない街 ー時並町ー。 ここには立派な杉の木のある公園が有名だった。 【現在】 高校二年生の、和水。 和水には幼なじみで彼女の、圭夏がいた。 和水には幼なじみで親友の、悠哉がいた。 和水は知っていた。 圭夏は彼女にならないことを。 【過去】 妖精が見える少女、椿。 椿には六つ上の姉、桜がいた。 椿には初恋の先輩、亮太がいた。 椿は思っていた。 亮太は、自分のことなんか見ているわけがないと。 皆を繋ぐ少年、悠哉は知っていた。 自分の身体に異変が起こっていることを。 全員が知り合うことで進む彼らの物語。 彼らが紡ぐ、青春と、一抹の恋の物語。 さあ、これから大好きな音楽の話をしよう。 ノベリズムにて連載中 小説家になろう、カクヨムにて、違った演出構成、展開で完結しています

  • 二人の運命は、世界樹に絡め取られている

    ♡23,100

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・42話・256,217字 うたまる ひろ

    2020年11月28日更新

    万物を支配する『世界樹』と呼ばれる物が実在する世界。 その秘密が記された『世界樹の本』を狙う者たちによる争奪戦が巻き起こった。 主人公とヒロインは『ギフト』と呼ばれる異能力を駆使して敵を退けながら、『世界樹』の秘密に迫る旅に出る。 しかしその旅の中で、二人は自らに待ち受ける『宿命』を知ることとなる――。 これは、絶望に戦いを挑む全ての人のための物語。 【作品情報】 19世紀ヨーロッパをモデルにしたファンタジーです。 あまり今風ではない古き良きファンタジーの空気感を目指しました。 登場人物一人ひとりが、まるで本当に生きているかのようなリアルで活き活きとした振る舞いをするよう、描写を苦心しました。 メインストーリーを群像劇が支えてこの作品ができていることを感じて頂ければ望外の喜びです。 ・チートなし、ハーレムなし ・『ギフト』と呼ばれる一人一能力を駆使して戦う ・ハッピーエンド(予定) ・小説家になろうとの重複投稿です(https://ncode.syosetu.com/n9717fz/) 【作者Twitter】 @hiro_utamaru2

  • 戦乱と謀略の異世界を駆け抜けろ! 

    ♡6,600

    〇85

    異世界ファンタジー・連載中・68話・212,383字 南野雪花

    2020年11月28日更新

    ひょんなことから異世界に飛ばされた高校2年生、赤羽北斗は論理人間であった。 しかも科学や物理の成績が良いわけではない、ただの屁理屈屋の奇人だった。 大嫌いなオカルトが普通に存在する異世界。 そこは、魔法使いたちが支配する場所。 斜陽へと向かう魔法王国で、魔法を使えないがゆえに蛮族として虐げられる人々とともに、彼は戦いの渦へと巻き込まれてゆく。 転移の際に手に入れた、たったひとつのチカラを武器に。 1972年からやってきたオカルト嫌いの少年が、剣と魔法の世界をまかり通る!

  • 心を描く剣と魔法の王道ファンタジー

    ♡9,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・47話・198,931字 If

    2020年11月28日更新

    黒白両女神の坐す神聖の地・ラフェンティアルン。大陸は二柱の女神によって二つに分かたれ、その境では七百年もの間、両女神の使徒らが絶えず争い、血を流し続けていた―― ……これが七百年間語られ続けた、世界の在り方の真実、“らしい”。というのも、草原で目覚めた青年・ランテは、全ての記憶を失っていた。そう聞かされても、ピンと来ないどころか、何か違和感があるのだ。当然、根拠なんて何もないのだけれど。 「それって、本当の話?」 全ては、その一言から始まった。 --------------------------------------------------------------- 記憶と歴史の謎を追う、異世界ファンタジー冒険譚。剣あり魔法あり仲間ありの王道ファンタジー。閉鎖されてしまった『小説ストーリーテラー』で十年ほど連載していた作品『Hearts』のリメイク作品です。長い旅路になりますが、ぜひ一度、ご覧ください。 ※イラストは、三隈巡さんに描いていただきました。ありがとうございます!

  • 異世界に飛んだ少年少女の物語

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話・80,484字 グリゴリグリグリ

    2020年11月28日更新

    異世界転移。 読んで字の如く、今いる世界とは異なる世界に転移してしまうこと。 獣人やら魔法やら、とにかくファンタジーと聞いて思い浮かべるような物は何でも揃っていそうな異世界であるが、そう簡単に転移できるものではない。 古来より白い兎を追ったり古ぼけた本を開いたり、果てはトラックに轢かれたり。異世界転移できる者はそれこそ、主人公になれるような奇特な運命を背負っていなくてはならない。 これはひょんなことから異世界に転移してしまった少年少女三人。これはその三人――平有樹、倉敷奏汰、平凜々花それぞれの物語である。 なろうとカクヨムで『異世界渡航記』『異世界軍属記』『異世界探索記』とそれぞれ別個で連載しているのを一つにまとめたやつです。

  • 群像劇風。毎日更新ゆったりファンタジー。

    ♡4,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・33,660字 海老飛 里糸

    2020年11月28日更新

    かつては魔王を倒した魔法使い……でも、今は記憶喪失で中身も別人!? レストランで目を覚ました主人公の前にいたのは、彼を恩人と慕う竜の少女。彼女に自分が蘇ったことを教えられるが、主人公には記憶がない。わかるのは此処が見たこともないファンタジーな異世界で、体の主・マグは俺じゃないってことぐらい。 魔王が倒された数年後から始まる、剣と魔法と機械もある冒険ファンタジー。 ―――――――――――― 第1話のみ主人公のマグ目線で一人称視点。1000~2000文字程度。それ以降は三人称も混ざり~4000文字の長めのものも含みます。 話の流れは群像劇風。名前のある登場キャラ全員でお話が繋がります。 ちょっぴり懐かしいRPGのようなお話を目指して執筆中です。 全6話で完結予定 2話まで毎日更新予約投稿済み(2020.11月現在) ※戦闘・残酷描写・異種男女恋愛・ギャグ・シリアス、軽めのラッキースケベや微ハーレム要素なども話によっては含みますが全体的にゆっくり進む王道ファンタジーです。 なろう掲載時より台詞や描写の追記、修正等あり。

  • 少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    ♡389,795

    〇1,120

    現代/その他ファンタジー・連載中・89話・196,256字 三ツ葉 きあ

    2020年11月28日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。

  • 歪んだ世界で生きる人たちの生と死の話。

    ♡58,581

    〇1,280

    異世界ファンタジー・連載中・57話・247,041字 葛西

    2020年11月28日更新

    対極が織りなす世界で、月が満ちる夜に空は赤く燃える。 世界が朽ちゆくなか、人は助けと楽園を求めた。 かつて、戦争によって荒廃し息絶えつつあるアドニスを救うべく、導師が協力者とともに楽園ベル・エールの門を開いた。 楽園の恩恵によって荒廃した大地は息を吹き返し、人々に安寧を与える。 しかし、安定したと思われたアドニスも二百五十年前の暴動によって再び衰退の一途を辿ることとなる。 アドニスを取りまとめる教会と楽園を研究する魔法使いは、再びベル・エールの扉を開こうと模索していた。 シルビア派の魔法使いヴェルジーネは、シェカラートのギルドを拠点に人々の依頼を受けながら日々を送る。 レクラン派の魔法使いラスは、ルヴェール・ヴェレの後継者候補として多忙な日々を送っていた。 荒廃していく世界の日常の中で、猟奇的な事件や歪な出来事が起き始める。 その歪みに違和感を覚え始めた時、世界への疑問が浮かび上がる。 ベル・エール《楽園》とは何か? 楽園を求め、歪んだ世界で生きる人々の生と死の話。 * * * 生きること、死ぬことを歪んだ世界で生きる人々が見つめるファンタジーです。 全3部の予定です。 よろしければお付き合いいただけるとうれしいです。 ※ 水・土曜日定期更新です。 ★付きはイラストを掲載しています。 なろう様にも投稿しています。