群像劇

検索結果:23件

  • そのアパートは異世界へとつながっている。

    ★2,100

    現代ファンタジー
    連載中 23話 / 2019年6月17日更新

    『物体転移が得意な人材急募。寮完備』 ネットで見かけた募集広告をきっかけに、謎の組織『ゲートキーパーズ・アパート』で働く事となった祥太郎。 そこにはマスターと名乗る初老の紳士のほか、結界術を得意とするドレス少女マリー、『気』を操るアスリート系女子の理沙、ちょっとチャラい予知能力者の才、謎のゆるふわ美女の遠子が住んでいた。 そこそこチートな能力者たちが異世界に行ったり異世界人と戦ったり異世界からの侵攻に立ち向かったり――異世界を相手に、そこそこ頑張る話です。

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ★15,580

    異世界ファンタジー
    連載中 656話 / 2019年6月17日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。

  • 恋愛/ラブコメ
    連載中 39話 / 2019年6月17日更新

    渡波 千歳(わたりなみ ちとせ)は、間違った事と自覚しているのにも関わらず不登校になり、自らを責め、蔑む日々を送っていた。幼なじみの綾上 千代(あやかみ ちよ)は、千歳を案じて頻繁に部屋を訪れるものの、千歳の拒絶を恐れて部屋から連れ出すことが出来ない。 ある日、千歳は散歩に出ると、同じ学校の制服を着て歩く1年先輩の春川 沙奈(はるかわ さな)と出会う。「この時間に出歩くって、僕と同じ不登校か?」聞けば、彼女も千歳と同じ不登校だった。しかし、千歳と沙奈は様子が少し違っていた。「どうしてこの人、こんなに明るいんだろう?」 不登校で自分を蔑み続ける千歳と、不登校なのに明るい沙奈。二人の出会いから、運命の歯車はゆっくりと動き出す。 毎日18時頃に更新予定!!

  • 純文学/文芸
    連載中 79話 / 2019年6月17日更新

    主人公・向島大吾はその短躯・痩躯による脆弱なフィジカルにもかかわらず、両利きの足と卓越したテクニック、そして必殺のフリーキックをもって世界最優秀選手への夢を一歩一歩描いていく。 ☆☆☆☆☆ 日本代表の父がバロンドール受賞者にズタズタにやられ引退を迫られた際、向島大吾は自らもバロンドールを志すようになる。 大吾の兄・真吾は188cmの日本を代表する大型FW、しかし大吾は小学生の時点で168cmありながら、高校生になっても168cmだった。 フィジカル頼りだった大吾は絶望するが、気持ちを切り替えてテクニックを磨く道を選び、プロフットボーラーとして契約を結ぶ。

  • シリアスな作品です。※微グロ注意。

    ★6,720

    異世界ファンタジー
    連載中 17話 / 2019年6月17日更新

    誰も知らない山奥にひっそりと存在する研究所には、特異体質を持った八人の人間が収容されていた。どこか普通とは違う扱いの難しい者たちばかりだったが、中でもリリオラという少女は特別だった。風変わりな言葉遣いをして、十代とは思えぬ価値観を持つ彼女は、他の被検体と違って目立った抵抗も無いが拘束具を着けられ、飽きるほど繰り返される退屈な日々を送っていた。だがある日、研究所から彼女を除く被検体の七人が脱走し、親交のあった研究員が殺されたことでリリオラは初めて自分の意志で動く――。

  • 群像劇って小説媒体向かないとおもいました

    ★200

    異世界ファンタジー
    連載中 3話 / 2019年6月17日更新

    「異次元ホテルへようこそ! 当ホテルは多数の次元と繋がっており、様々な世界からお客様が訪れます。見たことがないような異世界の芸術や美食。夢のようなの体験。快適な時間を約束しましょう。――ええ、爆破予告なんて馬鹿げたものが届いていても、です」 異次元ホテルに爆破予告が届いたとして、終末と化した世界に住むバロン・フォールズは犯人を捕まえる命令を受けた。ホテルからの物資支援が途絶えれば僅かな生き残りも途絶えてしまう。重要な命令を受けて意気込むも、バロン自身に大きな問題がいくつもあった。 彼のパートナーとしてあてがわれたのはホテルで働くアンドロイド。しかし両者の職への意思は対立していた。ろくな捜査もできないまま時間が過ぎていき、問題だらけの客が次々と事件を起こしてしまい…………? 勇者の手から逃げた魔王とそれを仕留めんとする女勇者。 新婚旅行でホテルに訪れたヤンデレ幼妻と彼女の愛に気づけない愚かな夫。 伝説の宝石。ルナティックストーンを盗もうと計画を企てる怪盗バカップル。 ホテルの創立記念パーティを進めようとする支配人。 パーティのメインディッシュにされたくない豚と神話生物。彼らの友である蜘蛛。 SF,ファンタジー! 動物、機械、魔王! 普通ではありえない組み合わせの登場人物がおりなす群像劇がここに幕を開ける。 表紙イラストは@whitenoise_siroが製作者です。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 20話 / 2019年6月17日更新

    相和義輝(あいわよしき)は新たな魔王として現代から召喚される。 だがその世界は、世界の殆どを支配した人類が、僅かに残る魔族を滅ぼす戦いを始めていた。 無為に死に逝く人間達、荒廃する自然……こんな無駄な争いは止めなければいけない。だが人類にもまた、戦うべき理由と、戦いを止められない事情があった。 人類を会話のテーブルまで引っ張り出すには、結局戦争に勝利するしかない。 だが魔王として用意された力は、死を予感する力と全ての文字と言葉を理解する力のみ。 自分一人の力で戦う事は出来ないが、強力な魔人や個性豊かな魔族たちの力を借りて戦う事を決意する。 殺戮の果てに、互いが共存する未来があると信じて。

  • アヤカシ×ミステリー×ローファンタジー

    ★2,910

    ミステリー
    連載中 12話 / 2019年6月17日更新

    これは記憶喪失の少女とアヤカシたちとの絆の物語── SF風ファンタジー×和物×ミステリー ***あらすじ*** 西暦二〇一〇年 科学技術と医療が急発展した世界。すべては異界に封じた《物怪》を浄化する準備のためだ。 ただし、それを知るのはごく僅かな人間だけだった。 《物怪》とは異なる《アヤカシ》と共存していた秋月燈は、とある事件をきっかけに記憶を失ってしまう。 少女の周辺で暗躍する怪異事件。 噂、情報が封鎖された社会。 薄氷の上に成り立つ平穏な生活に、燈は違和感を覚え、記憶を取り戻そうと奔走する。 しかし、それを阻む現象が燈を襲う。 少女の傍にいる《アヤカシ》と謎の式神、見守る龍神、不穏な影──《物怪》。 様ざまな事件と、登場人物たちが交錯する群像劇。 燈が記憶を取り戻す決意をした時、少女は世界の本当の姿を知る。 アヤカシの幸福とは? 人の幸福とは? 「……それでも私は、記憶を取り戻したい」

  • 君と一緒に、生きていきたい。

    ★420

    その他
    連載中 20話 / 2019年6月17日更新

    「君に任務を与えるよ。僕の直属の部下となって、ある施設へと向かってほしい」 新米調律師である西藤和樹が訪れたのは、深い森の奥にある廃墟同然の研究所だった。 今にも崩れそうな建物の中、彼は単身地下へと潜る。 一つ、一つ、現実から離れていくような異空間。 辿り着いた一室には、15年前より破壊されたままの人型マナ発生装置【プラスティカ】が眠っていた。 「プラスティカの恩恵で生まれ育ったこの国だ、その祝福を閉ざして何処に向かうと言うのかい?」 「あいつの本質を、お前らはみんなわかってない。目を背けているのはどっちの方だ!!」 国を揺るがす至高の道具。 ただその祝福には、何かしらの犠牲が必要だ。 「直すか」 「壊すか」 さぁ、選び進むとしようじゃないか。 これは終止符を突きつけられた現実に立ち向かう、ディストピアファンタジー系ヒューマンドラマ。 ーAttentionー ・2019/06/03連載開始 ・新作ではなく、n番目のリメイクです ・多視点群像劇スタイル ・不定期更新 ・他サイト(E☆エブリスタ、小説家になろう)でも連載中です 6/13:第1章1節のプロローグを一つの話として区切りました。

  • 戦火は無くとも平穏は遠い

    ★300

    純文学/文芸
    連載中 4話 / 2019年6月16日更新

    欧州各地で激しい争いが繰り広げられるようになってからおよそ二年。とある大国には未だに火の手が及ぶことは無かった。 しかし悩みを背負う者達にとっては、決して平和ではなかった。 Fergus (ファーガス)と同一世界観の番外編です。本編を読んでいなくとも特に問題はありません。 病を抱えているキャラクターが登場しますが作者に差別や侮辱の意図はありません。ご了承ください。 カクヨムでも同じものを連載しています。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年6月16日更新

    シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした。 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルと白姫はトカゲ族、そして黒姫と戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 様々な思惑が交差する戦略群像劇。 そして姫神システムの真実とは……

  • 挿絵多めキャラ濃い目のダークファンタジー

    ★500

    異世界ファンタジー
    連載中 5話 / 2019年6月16日更新

    「夜空に黒月浮かびし時、悪魔現れり」 脱獄からはじまる魔法使い達の冒険譚。 悪魔との契約によって力を得る魔法使い達の世界“オズ”。11年前に起きた、悪魔の関わる「ブラック・ムーン」事件によって無実の罪を着せられた少年ベルは、復讐を果たすために逃亡を続けていた。その最中少年は、自身の母親に掛けられた呪いを解くために魔法使いを探している少女と出会う。1人の少女との出会いが、少年の逃亡の旅を大きく変化させることに… 少年は魔法世界の各地を巡りながら逃亡の旅を続けるが、その影では世界を揺るがす大きな陰謀が動き始めていた… アクションあり、ミステリーあり、笑いありのダーク・ファンタジー。基本的には1つの物語が1つの町で完結する構成にしていますが、第3章からは雰囲気が変わります。作者が7年近く考え続けて来た、世界の奥行きの深さが魅力です。 全13章で500話前後を予定しています。結末は決まっています。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 19話 / 2019年6月16日更新

    【この三人はいつまでも一緒!】が口癖の幼馴染でクラスの人気者で誰もが可愛いと言う『夏目楓』と親友で頭がよく運動神経抜群の『風間晴木』。 その三人の真ん中にいるのが心優しい性格の『笹森優(ささもりすぐる)』。彼は、完璧な二人の所に自分がいることに疑問を持っていたが、そんなこと気にせずに、二人はいつも優のことを助けてくれていた。 容姿も、勉強も、運動も特に取り柄のない優だったが、その心優しい性格は誰もが認めるものだった。 しかし、ある日突然。就寝をして目が覚めるとそこは見たことのない景色が広がっていた。驚くことに、それは優だけではなく学校全体で同時に起こった出来事だった。 そして、きっちりと学校のクラスごとに集められ、夏目と風間も目が覚めると優と同じ状態となっていたとのことだった。 すると、そこに現れた謎の人物『ルキロス』。彼が言うには、この世界の名前は『ワールドエンド』と呼ばれるもので、人々は『エンド』という能力を使って暮らしているらしい。 優達はこのワールドエンドを自分のものにしようとしている敵『ガリウス』と戦うために呼ばれたと説明される。混乱しながらもクラスの中心人物の風間はみんなで協力して戦おうと宣言し、続くように楓と優もその意見に賛同する。 だが、クラスメイト達が強力なエンド能力を披露していく中。優は『フォース』という効果の分からないハズレの能力だった。クラスメイトに馬鹿にされる中。楓と迅は庇うように、優の前に立つ。 その時は優はどんな世界でも二人が助けてくれると信じていた。だが、ガリウスとの戦いが激化していく中、優は全く戦闘で使えず次第に二人からも見放されていく。 そして、悲劇は突然に起きる。【ごめんね、優……もう庇いきれない】【お前が少しでも使えたらこんなことしなかったのに、残念だよ】と、冷たく宣言され、クラスメイトから一斉攻撃。 さらに、優は楓のことが好きだったのに、目の前で晴木に取られてしまう。全てを失った優。しかし、『フォース』の能力の本当の力を知り、最弱から強くなっていく。全ては見返すために……そして、生きていくために。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 14話 / 2019年6月16日更新

    山男なアラサー坊主が異世界に迷いこんだ。 出会った少女を助けて行くと意外とモテてしまい、いつの間にかハーレムに。

  • 機械の体を手に入れた正義のヒーローの物語

    ★2,300

    SF
    連載中 2話 / 2019年6月16日更新

    世に悪党が蔓延り、善良で無力な市民はただ涙を流す。 法と秩序を守るべき警察も、法を守るが故に凶悪な犯罪者達を厳しく取り締まる事が出来ずにいた。 「力無き正義に価値はない」 この現状を苦々しく思っていた防衛省技術研究本部所属の研究者『藤原浩太』は、ある日防衛省内の同志を秘密裏に募って新たな研究を始めた。 それは、とても表には出せない非合法な研究だった。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・組織・国家とは一切関係ありません。

  • これはひとつの時代の始まりと終わりの物語

    ★800

    ミステリー
    連載中 12話 / 2019年6月15日更新

    古くより人々に元気と笑顔、そして勇気や夢を届ける存在、アイドル。 かつてはそれだけで多くのファンを動員できていた。 パフォーマンスや歌の巧拙にかかわらず。 しかし、時代が変われば、今まで通用していたものが通用しなくなってくる。 アイドルという名称が嘲りのまじった意味になってきたあたりから、それが如実に現れ始めた。 アーティストと呼ぶ水準に達しておらず、頑張る姿勢ばかりが目について夢を与えない、楽しくないと批判が高まり、客足が遠退いた。 それにトドメをさすかのように、急速に台頭してきたアイドル声優。 今まで築きあげてきた地位は、一瞬にして彼女らに奪われ、企業からもファンからもアイドルの悉くが弊履のごとく捨てさられた。 結果、多くのアイドルが解散し、アイドル戦国時代と呼ばれる時代が終わりを迎えた。 これはひとつの時代の始まりと終わりの物語。 注意:この作品はフィクションです。 出来ごとのいくつかは事実をもとにしていますが、今あるこの世界に実在あるいはかつて実在した人物・団体・建物・事件などにはいっさい関係ありません。

  • どんでん返しを用意してるのでお楽しみに!

    ★1,200

    SF
    連載中 14話 / 2019年6月15日更新

    『蠱毒』という呪術をご存知……だろうか。 それは、壷の中で無数の毒虫に共食いをさせる。 そして、最後に生き残った虫こそーーモットモオゾマシク……最凶ノ……『厄災』トナルーー …………………… 人を異形の怪物へと変える化学物質「オニノトキシン」。 その脅威を前に、人類は手をこまねいていた。 そんな中、「黒野影仁」率いる独立武装組織「半鬼狼」が立ち上がる。 徐々に解明していく絶望的な真実。 現世という壷の中、喰らい合う者たちの果てに『鬼』を見る―― ――悲しく苦しいミステリアスSFアクション開幕。 エブリスタ様、カクヨム様にも載せてます

  • スライムの歩みに合わせたぼちぼち生産道

    ★3,960

    SF
    連載中 11話 / 2019年6月15日更新

    とあるVRMMOにて、一人の男がリアル都合でドロップアウトした。そのゲームは少しの遅れが致命的になる加速世界。止むなく周りに置いていかれてもいいようにと生産者に鞍替えするが、その世界もまた決して楽と言えるものじゃなかった。 男はそれでもゲーム内で生産職として食らいつく。かつての友に笑われないように。 やがて男の作り上げたポーションは、本人の知らないところで掲示板を炎上させるほどの効果があると口コミで徐々に広がっていく! 『ただ美味しいだけ』のポーション製作者の四苦八苦を綴った苦労譚をーー今紐解く。 ※小説家になろう様でも同タイトルを掲載していますが、話の構成が大きく異なります。そのまま転載ではないのでその点ご注意下さい。 ◎なろう版=店を持ち、店舗拡大に向けて人脈を獲得しつつ頑張る話。 ◎ノベプラ版=店を持たず、周囲から置いていかれながらも自分なりの楽しみを見つける話。 と、だいぶ変わります。原作を知ってても知らなくても問題ないように書いてますので、ご安心ください。 ※この作品のスライムは数あるスライム種の中でも最弱と呼ばれる生産特化。自衛手段を一切持たないので弱っちぃままですが、主人公には大変重宝されています。

  • あなたの、大切な『もの』は何ですか。

    ★550

    異世界ファンタジー
    連載中 33話 / 2019年6月14日更新

    発動されたのは、『女神回収プログラム』。 悪魔とともに地へ堕ちた神と、追った神。同時に堕ちてしまった女神たち。 これより物語は始まり、神々は人となり、輪廻転生の輪に組み込まれていく。 やがて地上では、女神たちは独特の特徴を持ち、産まれた。それは『神』と称えられた血筋となり、『絵本童話』と『伝説』に姿を変え、静かに眠り続ける。 長い時を経て、ある大陸には『伝説』が、また、ある大陸には『絵本童話』が、そして、残る大陸には『伝説』と『絵本童話』が他の大陸の話として残った。 『伝説』の点と点が繋がり、線になったとき、渦となって動き出す。『伝説』と姿を変えた『神』と称えられた血筋は、静かに眠り続けた──はずだった。 ゆるやかに『伝説』は動き始める。 運命に逆らうのか、受け入れるのか。 大切な人を、大切なものを守りたい──。 あなたの、大切な『もの』は何ですか。 女神が誰かと知ったとき、今までの幸せは一度崩れるでしょう。そして、女神の『最後』の決断を知ったとき、『幸せ』とはなにかと自問自答するかもしれません。 最後に女神は微笑みます。 永い永い願いを叶えることができたと。 ――なにが幸せで、なにを祈り、なにを望むのか。 真の『幸せ』を願って。 過去生→現世→来世+αの長編小説。 過去生のつながりや、『女神』は誰なのかと探しながらお読み頂くのも、楽しみのひとつかと思います。 堕ちた女神の末路と、禁忌を犯した女神の行く末を描く物語。 現世に至るまでの過去生と、現世あっての来世でこの物語。そして、その先に──信じること、裏切ること、許しあうことでハッピーエンドを迎えます。 【ネット小説大賞六 一次選考通過作品】 第一部【15】願わぬ再会 までの公開。20181106【序】追加。 【ネット小説大賞七の一次選考通過せず】 20190404プロローグ改稿、【序】削除、【1】異端児 序盤に【序】の数行追加、【1】異端児 前の章変更。 ※未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨するものではありません。 ※他の小説サイトでも連載中。 ※★=キャラクター紹介のイラストがあります。

  • 竜たちが暮らす世界。

    ★2,900

    異世界ファンタジー
    連載中 8話 / 2019年6月14日更新

    竜たちが暮らす世界。二本足で大地に立つ竜の一族はリュクゴスムと呼ばれていた。自然と調和して生きる事を良としていた彼らは他の部族と争いを好まなかった。しかし、考えが異なる他の部族との軋轢の中。彼らの世界を揺るがす異変が静かに始まっていた。