自宅警備員

検索結果:3件

  • アウトドア系男子が、自宅警備員になる方法

    私、“陽キャ”が一番嫌いな人種なんです。

    1,800

    5


    2020年12月11日更新

    ★第1回ノベプラ大賞にて、一次審査を通過しました!ありがとうございます! ―――――――――― 新年度。新入部員を獲得すべく、村木実(むらき みのる)が所属する演劇サークルは体験入部会を開いていた。 そこに訪れた新入生・本城綾乃(ほんじょう あやの)彼女が魅せつけた演技に惹かれ、なんとしてでも彼女をサークルに勧誘しようと村木は奮闘するも、度々追い返されてしまう。どうやら彼女は、根っからの“陽キャ”嫌いのようで……? “陰キャ女子”と“陽キャ男子”。絶対に交わることのなかった二人が、様々な経験を経て二人の距離を徐々に深めていく――。 これはそんな凸凹な関係二人の、ちょっぴり(?)チグハグな大学生活を描いた物語。49%の後ろ向きさと、51%の前向きさでお送りする、新しいラブコメディである。 【アナウンス】 ■本作品は、不定期に18時更新をしています。次の更新日について詳しくは、筆者のツイッターにてご連絡しております。 ■皆様から頂いた素敵なイラストは、キャラ紹介の回などでご紹介させて頂いています! ■この作品は、小説家になろう様にも同時掲載させていただいております。

    読了目安時間:23時間14分

    この作品を読む

  • アンノウンストーカー

    誰も知らない百合ホラー

    0

    0


    2019年12月24日更新

    これは主人公である彼女が大学一年生になり、半年が過ぎた頃に起こったお話。 篠崎秋那はある日、中学時代に自分がイジメていた元同級生の本城綾乃と再会する。秋那は当時のように彼女へ向かって話し掛けるも、すっかり雰囲気の変わってしまった彼女にあっさり言い負かされてしまう。 あまりの屈辱にふて腐れている中、今度は秋那が現在付き合っている彼氏から、一本の電話が掛かってくる。その内容は、身に覚えのない彼への罵倒の数々だった。 イマイチ状況が掴めないまま、思い悩んでしまう秋那。するとその時、スマホに見覚えの無いアドレスから一通の件名の無いメールが届く。 『酷いなぁ。せっかく秋那のためにここまで動いてあげたっていうのにさ。少しは感謝してよね』 そのメールの送信主は、名を『A』と名乗った―ー。 ■この作品は、小説家になろう様にも同時掲載させていただいております。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 吸血鬼になってしまったので自宅の警備に専念したいと思います。

    昔の作品引っ張り出して来ました。

    1,500

    0


    2019年8月5日更新

    吸血鬼。 僕はその存在を否定していた。 しかし、吸血鬼に吸血され、同じ吸血鬼になってしまったからには認めない訳にはいかないだろう。 吸血鬼はそれほど良いものではなかった。むしろ弱点が多すぎる。 特に日光はダメだ。灰になる。 昼間は出歩いたらいけないんだよな。だったら、引きこもってもいいよな。 だって、死ぬわけにはいかないからな。 これは僕の吸血鬼としての日常を綴った物語だ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む