検索結果:9件

  • 全て1ページの色んな初めての物語。連載中

    ♡3,500

    〇10

    詩/短歌・連載中・26話・19,103字 マサル

    2020年10月29日更新

    詩のような、小説のような、そんなショートショート集です。全て1ページで書かせてもらいます。色んな色に合わせた様々な人達の初めての物語達。初めての時って心が動きますよね。これはそれをたくさんの人の視点から書いた物語達です。 全ていい話とは限らないし、つまらないものもあるかと思います。でも、読んでもらえて何か心に残ったものがあったなら嬉しいです。 この作品は70ページまではすでに魔法のiらんど内で書いた作品のため、修正入れて一応毎日更新してみようと思います。それ以後は1週間更新で、100ページまでいけば完成とさせて頂きます。 自分1人で書けるか分からないので、何か書いて欲しいエピソードなどあれば、じゃんじゃんリクエストお願いします。

  • 世界の『色』が視える十二歳☆

    ♡88,400

    〇1,697

    現代/その他ファンタジー・連載中・190話・345,873字 一ノ神(かずのしん)

    2020年10月28日更新

    ヴォワ・デート―― 自称『探偵』。 性別 女。 年齢 十二。 イギリス人。 音、熱、刺激、『情報が色で視(み)える』統合失調症障害者。当然、人がつく嘘と真実も。 その能力を活かした謎解きは警察も期待を寄せている。 一時彼女の能力を――障害を治そうというTV企画もあったが、イギリスの財産を失うと批判されその企画は打ち切られた。 ある日美術品「時の秒針」が盗まれる―― 解決したと思ったらさらわれる作者、 最高傑作「神赦婚姻(しんしゃこんいん)」のなぞとは? 百合っ娘なパートナーを連れてヴォワは今日も世界を視続ける。 *09/08から更新時間を変えさせていただきます。 これまで夜の08:05更新でしたが朝の08:05更新になります。 よろしくお願いします。

  • 自信の無い少女と仕立て屋のお話

    ♡27,700

    〇550

    現代/その他ファンタジー・完結済・2話・6,048字 丹羽 すず

    2020年10月20日更新

    骨董屋の一人娘と青年の一晩の交流のお話

  • 色とは、とても残酷な世界である

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・3,538字 狼狐

    2020年10月19日更新

    ――黒は、他の色を食べちゃう強い色。白はどんな色にもなれるけど、自分を忘れちゃう色―― この世界には皆が知っている言い伝えがある。黒はこの世界を蝕む最強の色。決して白が……いや、他の色すべてが交わってはならない色。交わると色を食べちゃうから。 ――なのに、どうして、君は。 純白を好む白色は、臆病者ばかり。こっちも他の色と交わる事を許されていない。白が白でなくならないように、白い世界に縛り付けている。 ――なのに、どうして、お前は。 ――私を見てそんなに悲しい顔を浮かべるの? ――俺を見てそんなに寂しい顔を浮かべるんだ? 色の世界はとても残酷。そう知っていても、「くろ」と一緒にいたいと願う少女「しろ」は、色に染まりながらも、旅をする。

  • 「君にカラー(個性)はあるか?」

    ♡21,900

    〇520

    異世界ファンタジー・連載中・62話・148,694字 KOU

    2020年9月6日更新

    色と色とが争い合う世界。それはいつの世も同じ。 色は綺麗だ。しかし、混ざり合うことで全く別の色になる。鮮やかでもあり、そして醜くも成り得る。 貴方の見ている物は単なる“色”だろうか? ある人はカラーという。そう“個性”だ。この世に同じカラーは存在するのか? 人にも、動物にも、そう生き物全てにカラーがある。 カラーとは何か。個性とは? 集団で生きる者にとって個性など必要無いのではないか。 いや、生まれ行く生き物全てにカラーは無差別に与えられていく。 否が応でも従わなければいけない己の個性(意志)。 その意志により形成されている世界。そんな世界に一人の青年が降り立った。 現代にありふれたごく普通の派遣社員・夢太。 ふとしたきっかけで、色がぶつかり合い、星と共に生きる異世界へと放り出された夢太。 この世界ではとある聖石を求め、世界のあらゆる人々が争い合っていた。 そんな世界で夢太は、幾多の出会いやトラブルに立ち向かう。 色と星が司る異世界ファンタジー!「君はどんな色(カラー)だ?」 これはただの転移・転生物ではない!! ※タイトルは草食動物さんにて作成して頂きました。

  • 夢はあなたにとって一番美しい世界

    ♡400

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,600字 ゆずっこ

    2020年9月1日更新

    僕は夢が無い。今も昔も。だから夢のある世界に憧れている。 そんな世界が好き。 そして、僕は僕が嫌い。今も昔も。

  • 短編集。泣きそうで美しい気持ちだったり。

    ♡100

    〇0

    文芸/純文学・連載中・5話・1,488字 白雪 裕子

    2020年5月15日更新

    ほんの小さな、でも痛々しい瞬間の話や、どこかの記憶にいる君の話。 基本的に1話完結の短い記憶のお話です。 少しでも、何かあなたの心に残せたら嬉しいです。 私が生きてる限り、完結はしません。 お話の季節ごとで章を分けてます。 お好きな季節をどうぞ。 thank you. ※Twitterに掲載してる内容もあります。

  • 心の中は混ざり合うばかり。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,146字 松本まつすけ

    2020年3月13日更新

    夕暮れの美術室に一人、絵を描く生徒が残っていた。 その絵は、どうすれば完成するのか分からなかった。

  • 神秘的な彼女と僕の小さな物語

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・11,709字 銀月

    2019年11月26日更新

    台風が通り過ぎたあとの、秋の気配の中で彼女に出会った。 ※※※※※※※※※ 色。香り。感覚。 空の青。薔薇の香り。嬉しい、悲しい、寂しい、そして誰かを愛おしく想う気持ち。 それらは個人的な体験だ。 僕らは僕らの世界に閉じ込められている。 僕が見ている空の綺麗なブルーも芳しい薔薇の香りも、もしかしたらきみが見て感じるものとは違うのかもしれない。 でもそれは悲しい。 僕はきみと同じように感じたいんだ。 僕はきみと同じ世界で生きていたいんだ。 きみと僕の青が同じ青でありますように。 ◎登場人物 ・神田智也(かんだともや) 真面目で奥手な大学生。偶然出会った星野早希に心を奪われる。 ・星野早希(ほしのさき) 主人公と同じ大学に通う学生。なぜか植物に詳しい。神田智也と同い年と思えないほど冷静で落ち着いている。