苦悩

検索結果:12件

  • 探検の書

    普通の人が転生したら多分こんな感じ。

    7,200

    0


    2021年4月13日更新

    俺は5歳の時に異世界に転生した事を自覚した。そこから始まる様々な出会いと別れ、苦労と努力の生き様がここから始まった。 佐藤翔太は日本人として生まれ育ち病死して眠りについた。しかし気がつくと異世界の神殿で"祝福"と言うステータスを貰うための儀式の時に完全に前世の記憶を取り戻した。そして転生した翔太は今世ではフィデリオ愛称リオは周りを見ると明らかに別世界である事に現実逃避しつつも夢にまで見た異世界に興奮していた。 俺は異世界で過ごして行くうちに世界中を旅して回りたいと言う好奇心や偉大な両親や祖父達と同じような冒険をする冒険者に憧れを持つようになる。そして地道な修業と下積み、異世界の価値観の違いに悩まされながら成長して冒険していく物語である。 こんな方にオススメしております ・主人公が最初っから強いスキル・強い道具はお腹いっぱいな方。 ・ハーレムが苦手だけど恋愛・親愛・情愛などの愛模様が好きな方。 ・冒険も良いけどそれと同じくらい日常的な生活模様も好きな方。 逆にこんな人はオススメしません ・生死に関する基本思想に残酷な描写が書かれているのでそう言うのを見たくない方。 ・今後、戦闘場面とかで暴力的描写を書く事もあるのでそう言うのが苦手な方。 *初のオリジナル投稿小説です。 *少しでも話や世界観などが面白いと思って頂けましたら、ブックマークや評価などを頂ければ幸いです。 *本作の著作権はぶちゃ丸(YU-END)にあります。 *無断転載は禁止しております。ご理解よろしくお願いします。 *小説家になろう・カクヨム・アルファポリスで同時連載をしています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間31分

    この作品を読む

  • 祓い屋物語~水木亜夏土編~

    祓い屋物語シリーズ第一弾

    500

    0


    2021年3月21日更新

    霊媒師三傑、水木家に妾腹として誕生した水木亜夏土。 霊媒術もあり霊力も豊富で己の成長のために東京祓い屋教育専門学校に入学した。 だが入学してからまもなく、かつての黄金時代に引け目を取らないほどの祓い屋が集まった学年になってしまい、入学する前はそこそこ優秀だと感じていた自分が一般家庭出身の同級生にも劣っていることを目の当たりにする。 そして同級生に劣等感を抱いてしまった亜夏土は次第に自信をなくしてしまい、霊媒師としての活動が出来なくなるほど衰退してしまった。 担任により育てられる。かつての黄金時代の生徒を育てた教師により育てられる。 時には生前祓い屋だった幽霊により育てられる。 これはそんな水木亜夏土の迷いと苦悩、そして成長を描いた物語である。 この物語はフィクションです。 実際に存在する人物・地名などは一切関係ありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • エピローグ

    最高の物語。私はそう思っていた。

    300

    0


    2021年3月3日更新

    とある作家の苦悩。 最高の物語の最高のフィナーレを……。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 異聞録:東京異譚

    台本調の現代伝奇。葛藤と成長。読み易いよ

    45,400

    100


    2021年2月12日更新

    ―陰陽思想― とは、何か? "陰"と"陽" 光と影、昼と夜、男と女― 受動と能動、その二つに分けられ、相反するその二つは一方だけでは存在し得ない― 森羅万象その全ては、その二つが調和することで秩序が保たれる― だが… そのバランスは、ひどく繊細である それを崩すモノは、何処にでも居る そして、それを正すモノも… 陰陽織り成す東京を舞台に、一人の男とその仲間達が夜を駆ける 和製ファンタジー、伝奇作品「異聞録:東京異譚」の世界へようこそ。 東京で起きる怪異に、一人の男とその仲間達が夜を駆け、 銃や刀や拳やら肉体言語で語っちゃう、現代伝奇アクション。 となっております。 ※本作はフィクションです。 ※本文中での宗教、思想解釈はあくまで個人の見解です。 ※なので、この世界ではこの解釈になっております。 ※後に変わる事もあります。 ※本作は台本調のシナリオ文体です。作者が台本を打っているからですね。ご了承ください。 ※本作はゲームシナリオを意識した構成となっています。 -以上となります。 準備は良いでしょうか? それでは… ようこそ、異聞録:東京異譚 へ― Welcome to the strange story : Tokyo Anomaly

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む

  • 拝啓、フランツ様……。

    誰にも理解してもらえないかも……

    1,300

    3


    2021年1月11日更新

    思いつくまま筆を走らせた短編集です。

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • アルファベットの物語

    一話完結の連作短編です。

    2,500

    0


    2020年11月6日更新

    一話完結の連作短編。大人になったばかりの子供たちの苦悩や疑問を様々な角度から愉快に可笑しく解決していきます。 人生の壁は、飛び越えるのも、逃げるのも、立ち止まるのも、鍵で扉を開けるのも、壊すのも、その全てが正しい。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 謝罪国家

    ゴメンで済んだら警察はいらない。

    400

    0


    2020年7月25日更新

    ゴメンで済んだら警察はいらない。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 「お一つどうですか?」

    七夕にちなんだ作品です♪

    300

    0


    2020年7月7日更新

    七夕に合わせて、恋愛ものを書いてみました。 今回は、2人の視点で分けた二部制のショートストーリーです。 1話 ~霞空~(彼の視点) https://youtu.be/A__ABuv2rfA 夢を抱き上京するも、理想と現実のギャップに苦悩する青年。 地元においてきてしまった、当時の彼女に想いを馳せている時、出会った一人の女性。 それは雰囲気だけで、似ても似つかない人だったが、彼を動かすには十分だった。 そして彼は走り出す。あの笑顔を求めて。 2話 ~七夕~(彼女の視点) https://youtu.be/DjxPbfjZazI 幼馴染で小さい頃から大好きだった彼。将来は結婚して一緒になるんだ、そう思っていた。けれど独り残される。いろんな誘いはあったけれど、彼が忘れられなくて、今日もまた独り、短冊を作り星に願う。 叶いもしない。そう思った時、一つの流れ星が。そして…… ――――――――――――――――― 想いのすれ違い、環境の違い、色々あって上手くゆかない時もある。 けれど話して、相談してみると、意外と上手くゆくこともある。 七夕にちなんで、お互いの想いを、短冊に乗せて送り合ってみては如何でしょう? 遠く感じていた距離も、縮まるかも知れませんよ♪ スキマ時間などに、ご覧いただければ、幸いです。 ※ショートです。 ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 ※プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 炎の画家

    君も筋トレをしよう!

    100

    0


    2020年6月9日更新

    高校生で画家をしている南條杏里は、幼い頃に見た美しい炎を書くべく、 火事で全焼した実家がある故郷へと向かう。そんな故郷での出合いによって彼女は少しづつ変わっていく。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 先生はどうして「先生」になったんですか?

    新しく赴任した先生と高校三年生の1年間

    100

    0


    2020年5月1日更新

    県立桜森高校に、新しく赴任することになった高谷圭人。 赴任早々、落合沙織が所属する3年C組の担任をすることになる。 最後の学生生活。生徒たちは悩んだり、泣いたり、笑ったりと毎日を精一杯生きている。そんな彼らに対して、高谷は冷たい態度・言動をとる。そんな高谷を見て、生徒たちは思った。 先生、どうして「先生」になったんですか?

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 足リナイ脳ノ補イ方

    人を愛するって素晴らしいことだ

    5,000

    0


    2020年2月21日更新

    二十二歳 この歳になって初めて、自分の脳が他の人の脳とは違うと知った 発達障がい 仕事もダメ、人付き合いもダメ、全部うまくいかない、できない それでも僕は、みんなと同じように誰かを好きになって 愛することができると知った 初めて愛してしまった人をなんとか喜ばせるため、彼は様々なことに気がつきます 自分はどんな人間か 生きるために何をするべきか 仕事とどう向き合うのか 人とどう向き合うのか 自分に何ができるのか 普通とはなんなのか 恋愛×遅く訪れた青春×ヒューマンドラマ 暗くはないです アルファポリス第1回ライト文芸大賞 優秀賞 (↑改稿して転載) ―――――――― ・この作品の主人公は発達障がいであると設定していますが、行動や言動が全て発達障がいであるからとは限りません。診断を受けた方のお話を参考にはしておりますが、作品に出てくる内容は多くの中のほんの一例にすぎません。 ・主人公は自分も自分の個性と、わからないながらに向き合います。物語の序盤には「障がい」と「個性」が混同するという内容が含まれます。 ・作中、主人公と向き合い主人公を理解しようと奮闘する支援者も出てきますが、向き合い方などについてもこれが必ずしも正しいとは限りません。 (『冊子「虎の巻」シリーズ~発達障がいのある人たちへの八つの支援ポイント~』出典:札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課 ※作中出てくるものです)

    読了目安時間:3時間27分

    この作品を読む

  • ボーンテイル

    明治時代、価値観を変える絵描きの苦悩話

    1,700

    0


    2019年11月7日更新

    ――いつだって夢を抱いていたのさ。 夢を素敵と笑うのか、夢を愚かだと笑うのか、どちらかで生き様は変わる。 主人公、雲村紅(くもむらこう)。いつのころからか、精神病だった。 兄の絵に陶酔していた紅は、兄が死んでから益々精神病の気を強くしてしまい、葬式の日から蘭という名の兄にうり二つな幻覚を見だす。 蘭は捻くれた言動ばかりをするが、それは現実を直視できない自分への言葉だった。 本当は絵を描きたいのに、兄の絵に負けると思って描くことができない紅。 紅は、兄の絵を嫌っていたと無意識で思ってたことに気付かないで、それを指摘する蘭を必死に否定する。 紅はある日、従兄弟の正司と遭遇する。正司は過去、兄を虐めてきたので、紅は大嫌いだった。 だが正司は嫁も精神病で、幻覚の言葉を真に受けて死んでしまったことがあり、親戚の又聞きで紅の病気を知り、嫁を信じなかった償いがしたくて精神病を治させると決意する。 徐々に現実に直視していく紅。ある日、紅は蘭の世界の夢を見る。蘭の世界は己が昔描いた絵の世界、兄にも勝って称賛された骸骨だらけの世界なのだ。 蘭は信じていた骸骨たちに裏切られ、茫然としていた。 蘭は赤子のように、今まで紅が現実に関して疑問に思っていたことを、ぶつけてくる。 紅は、蘭に答えることにより、自分と向き合えるようになった。 目が覚めてから、紅は正司に蘭のことを話し、今まで、どんな場所でも兄が主役だったことが不満だったと打ち明ける。 正司からの言葉により、今まで兄の絵に陶酔していたのは、それほど兄が素 晴らしい人物だと思いこまなければやっていけなかったからではないかということに気付く。 これは、兄が死んでから始まる弟の物語。 兄が死んでから、葛藤していく芸術家の物語。 「ずっとずっと、兄さんが――羨ましかった」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間50分

    この作品を読む