街づくり

検索結果:4件

  • 天使転生?~でも転生場所は魔界だったから、授けられた強靭な肉体と便利スキル『創成魔法』でシメて住み心地よくしてやります!~

    失敗の繰り返しで送る魔界スローライフ

    13,600

    0


    2022年6月29日更新

    強大な魔力と強靭過ぎる身体、そして便利スキル『創成魔法』を授けられ天使みたいなものに転生、でも場所は魔界でした。 その力を使って魔界を住み心地良くしようと画策するも舞台は外気温450℃の超々灼熱の大地。 住み心地は食からと作物を作り出そうとするも高温で燃え尽きてしまう。 それならと燃える木を作るが、収穫した実も燃えてました! 逆転の発想で大地を冷却しようと雨を降らせるも、その結果が大洪水。 何でもできるから何度も失敗する。 成り行きで居ついてしまったケルベロス、レッドドラゴン、クラーケン、元・書物の自動人形らと共に送る失敗だらけの魔界ライフ。 様々な物を創り出しては実験実験また実験。果たして住み心地は改善できるのか? ──────────────────────────────────────── 誤字脱字に気付いたら遠慮なく指摘をお願いします。 また、物語の矛盾に気付いた時も教えていただけると嬉しいです。 この作品は以下の投稿サイトにも掲載しています。 『小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n4480hc/)』 『ノベルバ(https://novelba.com/indies/works/929419)』 『アルファポリス(https://www.alphapolis.co.jp/novel/64078938/329538044)』

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:23時間18分

    この作品を読む

  • 魔王討伐の旅の途中、主人公のカルマはパーティから戦力外通告を受けて、交易都市クレアドールへと置き去りにされてしまう。 だが、そのリストラは優しさに満ちたものだった。 手切れ金として使い切れないほどの資金。宮殿クラスの家屋に大勢のメイドや召使い。生活に困らないよう、近隣の企業や店も買収していってくれていた。 『あいつら、俺のこと好きすぎるだろ……』 パーティのリーダーは、カルマの姉――勇者フェミル。子供の頃からの凄まじいブラコン。現在進行形でカルマを甘やかしたくて仕方がなかった。凜々しく美しい姫騎士イシュタリオンも、カルマのつくるご飯が大好きで好意を抱いている。ツンデレな賢者リーシェも、努力家のカルマのことが好きでたまらない。断腸の思いでリストラしたのだろう。そもそも、カルマは強い。ギルドではSランク判定を受けるほどの実力なのだ。チート級に強い姉たちのせいで霞むだけなのである。 しかし、姉の気持ちを察したカルマは、自分が町でぬくぬくと暮らすことこそ、姉ちゃんたちが安心して旅を続けることができると思い、この贅沢な環境を受け入れることにする。 ――だが、勇者フェミルたちは、カルマ離れできないでいた。 旅の最中、カルマに会いたい衝動に駆られる。なにかと理由を付けて、彼女たちは町へと引き返してしまうのである。カルマを甘やかすため、屋敷の改築に私兵団の結成、さらなる企業の買収、交通網の整備などの内政を行い、なかなか旅に戻ろうとしない。 ひたすら発展していく町と、自分の生活環境を眺めて、カルマは思う。 ――このままでは魔王討伐ができない。俺のせいで世界が滅びる。 旅に戻ってもらうため、カルマは甘やかしを振り切って、姉たちを町から追い出そうとするのだった。

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • 呪われてしまった異世界転生者だけど、今日も元気に生きています

    異世界ほのぼの冒険(旅しない)物語です

    5,900

    0


    2021年8月2日更新

    井ノ上土筆は転生者だ。 物語に限らず主人公とは無縁の人生を歩み、子宝にも恵まれ、それこそ、日本政府がモデルケースとして用いるような極めて平凡なサラリーマンだった。 極めて平和な人生を歩み、子育ても一段落し、老後のプランを考え始めた矢先、出張先で突然意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまった。 多少の未練を残しながらもこの世にしがみつく程でも無く、魂が帰す場所である輪廻《りんね》へと還る予定であったのだが、その途中、ここ異世界ラズタンテの神を自称する存在《アティアノス》により掬い上げられたのだ。 それが偶然なのか必然なのか、それこそ正に神様のみぞ知る所なのだろう。 土筆はアティアノスと名乗る神からの神託を受け入れ異世界ラズタンテへ転生する事になったのである。 しかし、光が強ければ闇もまた深くなるのは世の常だ。 土筆がラズタンテの地へと転生する一瞬の隙を突かれ、敵対する魔王の妨害により呪いを受けてしまったのである。 幸運にも転生は無事終えることが出来たのだが、受けた呪いにより能力が大幅に制限されてしまう。 転生後、土筆が身を寄せていた教会に神からの啓示を受けた高位の神官が入れ替わり立ち代わり訪れては解呪を試みたのだが、誰一人として成功する者は現れず、最終的に新たな使命を担い再出発する事で落ち着いたのだった。 御《み》使いとして現れたコルレット=ラザ=フリルの計らいによって、同じような境遇にある天使メルト=リト=アルトレイと供にメゾリカの街に拠点を移し、新しい使命を果たす為に活動を始めるのであった。 *この小説は他サイトでも投稿を行っています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間6分

    この作品を読む

  • 魔王城城下かんらく街へようこそ!

    平和な世界征服はじめました

    600

    0


    2020年12月4日更新

    歴代の魔王たちがやってきた暴力に訴えた世界征服は成功しないらしい。新たに生まれた魔王に突きつけられたのはそんな事実だった。 そこで方針転換をして魔王城の城下に街をつくることを決める。快適すぎる街をつくり、人間たちを呼び込んで一番大きな国にする。そうすれば世界征服したも同然だと。 こうして魔王や配下の能力、さらには魔王城の機能を有効利用した破天荒な街づくりが始まったのだった。 しかし、そんな計画も謎の存在との遭遇や人類側の思惑により事態は複雑化していく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む