裏切り

検索結果:36件

  • 魔術師たちのカナデアイ~交錯する想いと戦い~

    〈神の子〉〈救世主〉と仲間の成長譚

    2,300

    未参加


    2021年4月13日更新

    魔法界には〈神の子〉〈救世主〉という、五百年に一度生まれる存在がいた。 その存在は、争いの絶えない魔法界に平和をもたらすかもしれないという伝説の存在だ。 そんな存在として、王族であるギリッシュ家に生まれたカキは、本当にそんな存在なのかと疑うほど才能がなかった。 それでもカキは諦めず、仲間と共に最強の戦闘魔術師になるために、日々奮闘している。 これは、カキとその仲間たちが様々な困難に立ち向かいながら、成長していく物語だ。 小説家になろうで完結済みの作品となります。(加筆修正をしています) セルフレイティングを一応設定していますが、そこまで派手な描写はないと思います。 一日二話、19:00と21:00更新の予定です。(稀に、話の内容などから3話更新などにする可能性があります。その場合は、前書きでお知らせします) 第一部から第三部までは登場人物紹介を兼ねた序章のようなものになっています。 かなりの長編となりますが、楽しんでいただけると幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間40分

    この作品を読む

  • 鈍き刃のストラグル

    ――選べ。ここで死ぬか、私と一緒に来るか

    32,400

    0


    2021年4月12日更新

    「――選べ。ここで死ぬか、私と一緒に来るか」 地上は草木も生えないほどに荒廃し、巨大な都市シェルターでの生活が当たり前になった世界。 突如出現した未知の物質『アボミニウム鉱石』は生物の進化を促し、これまでの全てを一変させた。 その影響によって誕生した異能を持つ新人類『ネクスト』と、旧人類『オリジン』は、一つの事件を境に戦争へと突入。 数少ない土地と資源、そしてアボミニウム鉱石を巡って、終わることのない戦いを繰り広げていた。 ネクスト陣営に所属する主人公・マサムネは、オリジン陣営に所属する女ネクスト・ルシアーノとの激闘の末、敗北を喫する。 失意の中突きつけられた選択は、『生き残りたければ私の仲間になれ』というものだった。 生きて仲間と再会するために『裏切り』を選択したマサムネは、ルシアーノと過ごす中で彼女の素顔を知ることになる。 かつては敵だった二人の関係は、やがてお互いの背中を預けるかけがえのない相棒へと変化していく……。 これはひとつの裏切りが引き起こす、揺るぎない信頼の物語。 ・ただいま隔日更新中

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間39分

    この作品を読む

  • 友情と恋愛

    読んでくれると有難いです!感想も下さい。

    100

    0


    2021年3月31日更新

    信用していた友人に裏切られた。 バスターミナルでバスを待っているあいだ鞄を友人あずけた。 戻ってきてみて鞄の中を見ると財布がない。 犯人は友人だった。 友情と恋愛を描いた作品です!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 裏切りは私の身に付き纏っている

    性欲、怨恨、理想まみれの物語。

    1,000

    0


    2021年3月27日更新

    闇血帝国は吸血鬼と半吸血鬼の貴族に統治されている国だ。吸血鬼の祖先は、悪魔の力に汚染された妖精だが、今、彼らは他の妖精と人間を統治している。吸血鬼の貴族は先進の魔法文明を築いた上に、効率的な制度をも作り、平民たちから金銭、労働力、血液を搾取している。吸血鬼の貴族は自分の脅威になる物――真銀の武器と光明系の魔法書を厳しく管制しているので、自由と平等を追求したい平民と奴隷たちは、帝国の辺境へ逃げて遊撃戦で貴族たちに抗う。 若き氷泉妖精であるヴワディスワヴは「自由」という言葉とは無縁だ。彼は国を裏切った上に、同胞も裏切ったからである。彼は反乱軍の一員だったが、今は反乱軍の裏切者だ。 彼に裏切者になることを強いたのは、セクシーボディを持つ二人の美人の吸血鬼――スルツク城主のエウフェミアと保安官のアルドナ。この二人は全然違う魅力を持っている。エウフェミアは肉付きがいい爆乳美人で、優雅且つ狡猾、アルドナは細身の巨乳美人で、明るくて気が強い。 同胞から見れば、全ての家族が吸血鬼に虐殺されたこの氷泉妖精は、美人の吸血鬼に誘惑されたせいで裏切の道を歩み始めた。だが、ヴワディスワヴは自分が吸血鬼に抗っている反乱軍たちに打撃を与えるのは、社会の平和と安全のためだと信じている。 政府の特殊部隊に参加させられたヴワディスワヴは、反乱軍が帝国への真銀の密輸入を摘発した後、更に、帝国の貴族と市民も事件に関わった事を発見した。裏の支配者を捜すために、彼の上司のエウフェミアは、彼とアルドナに魔物と反乱軍だらけの帝国北部の辺境に行くことを命令した。 ヴワディスワヴはそこで昔の仲間と敵に再会する。彼は目立たないようにしなければ、任務を完了して自分を守ることができない。任務を行う時、彼とアルドナは貴族と反乱軍の関係は光と影のようなものだと徐々に理解する。彼らの微妙な共生関係を破壊する以外、反乱軍が帝国に大災害をもたらすのを防ぐ方法はない。 しかし、ヴワディスワヴが予想できなかったのは、裏切はいつも彼の身に付き纏っている――裏切者の彼は他人に裏切られることになるのだ。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • お好み焼き戦争

    拙作ですが、読んでくれたら幸いです。

    800

    0


    2021年3月20日更新

    大学生の裕也は、友人の太一に乗せられて学祭の屋台でお好み焼きを出すことに。裕也は麺入り派であったが、太一は麺なしのお好み焼きを出そうとする。麺入り派と麺なし派で別れた裕也と太一は売上で競うことに。騙し討ち、裏金、妨害、何でもありの戦争が始まる。 ※他サイトにも投稿させて頂いています。 ※最低週1で投稿できるよう、頑張る所存です。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 【問題】次の文章を読んで誰が正しいか答えなさい

    価値観を問う物語

    900

    10


    2021年3月20日更新

    「おめでとうございます。貴方は超能力者に選ばれました」 ① 人智を超えた力を危険視して、根本から超能力を消すのを目論む人格主義の軸屋(じくや)。 *人格主義「人間の尊厳を守ることは、無条件に達成されるべき絶対的な正しさである、とする考え方」 ② 個人の自由を奪う権利は誰にもない。然るべくして、超能力者の在り方も自由を謳う相対主義の赤平(あかひら)。 *相対主義「物事の価値観に優劣はなく、いろいろな考え方があってもよいという考え方」 ③ 人類の発展になると考え、超能力は肯定すべきとする快楽主義の南(みなみ)。 *快楽主義「快楽を善とし、苦痛を悪と定義する。人間の本来あるべき健康と心の充足を得るべきだと主張する考え方」 ④超能力なんて偽物の強さ。関わらないのが最善であると無視する体験主義の五宝(ごほう)皇真(おうま) *体験主義「理屈や直感は不確かであり、それよりも自分の体験・経験が大事だという考え方」 *の引用元:吉岡 友治=監修「萌えて学べる!! 思想コレクション ○○主義、○○イズムを擬人化!」(株式会社カンゼン・2011) これは五宝皇真が猶予1年の植物状態の幼なじみを目覚めさせるべく、超能力の世界で奮闘する。様々な考え方に揉まれ苦しみ成長して幼なじみを救う物語。 *植物状態の人間……遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい) *当小説、文章の著作権は作者『作者名』に帰属いたします。許可なく無断転載、使用、販売を禁止します。 只今1章の修正中。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間9分

    この作品を読む

  • エスタ・ムエルタⅡ-パンドラの猫ー

    不器用な男達が生きる意味を探す物語です。

    1,900

    0


    2021年3月11日更新

    ※既刊「エスタ・ムエルタ -黒き蝶-」(辰巳出版)の続編にあたる物語ですので、前作をお読みいただいている方向けの内容になっております。 MV【Youtube】https://www.youtube.com/watch?v=JE8mBXmZjo8 ※続編ではありますが「1冊完結」で書いていていますので、本作は【黒き蝶編】とは異なる物語になっています。登場人物は共通しているので、Ⅱからでもお読みいただけるかと思います。 ※前作の「あらすじ」と「登場人物紹介」を載せておりますので、初めての方はそちらをご一読いただければ、本作の雰囲気もつかめるかと思います(^.^) ※既刊の続編掲載については出版社の許可を得ております。 【あらすじ】 ラナの騒動が片付いて数ヶ月。シュウ達は相変わらず、のんびりと【パリピオ】を経営し、ザント・ワーム駆除で生計を立てていた。そんなある日、リリア宛に奇妙な小包が届く。それを境に、リリアは黙って家を空けることが多くなった。その行動の裏には、ひとりの中年紳士の姿があった――「黒き蝶」の続編です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む

  • 純白の剣、漆黒の花~もしも時が許すのならば〜

    ファンタジー恋愛アクションetc…な小説

    15,500

    0


    2021年2月23日更新

    同僚殺しの罪を着せられた、ファドナ王国の騎士クリス。 無実の証明と引き換えに、敵国の捕虜・暗殺者のアハトとその連れの少年と共に逃亡の旅に出ることに。 アハトと少年の目的地はファドナの首都アーデン。 彼らを目的地まで無事送り届ける事、それが取引の対価だった。 お安い御用と引き受けたものの、この逃亡劇、一筋縄ではいかなくて――。 追跡、襲撃、厄介ごとetc…。 道中様々な人と関わり、助け、助けられながら。 一行は、自由と平等、正義の都・首都アーデンを目指す。 クリスとアハト――光と闇、水と油のような二人。 その限られた時間の中で、ゆっくりと育まれていく二人の奇妙な絆。 いつかは終わる、その絆を前に。 互いに一歩も踏み出せず、只、時が過ぎるのを虚しく見つめ続ける二人。 「一分でも、一秒でもいい。あともう少し、もう少しだけ君と――」 無情なる時は刻み続ける。 人の願いや想いなど知る由も無く、誰しもに平等に、淡々と、永遠に。 (ダーク要素あり、シリアス要素多め、恋愛要素あり)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間51分

    この作品を読む

  • ラストアドベンチャー(ハード版)

    昔他サイトで描いた作品のリメイク

    1,300

    0


    2021年2月20日更新

    2007年くらいに原稿用紙に書いた本格派RPG作品のリメイクです。 魔女サライトマンが世界を支配しようとするが レックスら若者は止められるのか!? とてつもなく強い魔女サライトマンを倒すには 五星の秘具と 三聖の神器を 手に入れる必要がある。 船に乗って行く世界あり 複雑な仕掛けのダンジョンあり 仲間との出会いや別れもある壮大なRPG作品です。 しかし壮大ながら グダることないストーリー展開は読みやすさもあると思います。 ただし (読みやすいver)と 違い 読みにくい重厚なのは序盤だけ。 序章すぎたら一気に展開が早くなります。 長編といっても 昔の作品のリマスターなので 下手に グダらないように サクサクと 展開します。 ゆっくりハード版には ない追加要素も たっぷり楽しむなら(読みやすいver)の方をオススメします。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 口溶けるカカオスイーツの想い

    あなたはどこで本当の想いに気づけますか?

    7,700

    0


    2021年2月12日更新

    杉本ほのか 十七歳。 好きな人に手作りチョコを渡すお話。 本当の想いに気づけますか。 ★15分程度で読めますので是非お読みください。 ★タイトルの意味を、読み終えた際に再び楽しんでいただけたら幸いです。 ★展開に裏切られる場合があります。そういう意味で恐怖を盛り込みました。 「恐怖のチョコレート 三題噺短編コンテスト」参加作品

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 狂言教室

    昔書いた供養作品。色々甘いです。

    100

    0


    2021年1月17日更新

    宝生大学病院の院長、宝生雄大の愛孫娘、里香が誘拐事件に巻き込まれた。 一切の交渉の余地を与えず、警察すらも振り回す犯人グループ。 彼らが手先として利用してきたのは、里香のクラスメートの子どもたちで……。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 無能な元領主は有能な妻のペットになる事にした

    ダメ夫×天才起業家妻の逆転再生物語

    1,900

    0


    2021年1月9日更新

    「サリアン。彼女と一緒に暮らすよ。この館に住まわせる。子供が出来たんだ。」 一生の愛を誓った私の夫はそう言って私を別宅へ住むよう提案した。 貴方に私を側に置く意味はもう無いのね? じゃあ.........別れてあげる。 貴方からは何も貰わないわ。さよならリグ。私、貴方より幸せになってみせる。 夫婦の決別から始まるお互いに大切な人を失った2人の再生の物語。 全9話です。 ◆アルファポリスで投稿しています。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 人狼ゲーム

    未定

    100

    0


    2020年12月31日更新

    未定

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 人の願いをだけ聞き入れ、叶えてきた英雄はルーディン。 最終決戦でなんとか魔王を瀕死にまで陥れるが、その覇道と民にむける善意によりトドメを刺すのを断念。 脅威ではないことを悟ったルーディンは故郷へと帰還し婚約者である姫様の元へと急ぐが、仲間の密告により人類の裏切り者であると決めつけられ処刑されてしまう。 ルーディンが最後に見たのは仲間と関係を作っていた婚約者と、人々の侮蔑の眼差し。 一方、ルーディンに恋心を抱いてしまった魔王は彼を蘇らせるため死者蘇生の大魔術を利用してなんとか復活。 「汝に問おう。余の夫婦となり人間共に復讐を果たさんか?」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 非業の枷

    善と悪がテーマのダークファンタジー

    40,200

    50


    2020年12月22日更新

    「赤い髪に、赤い瞳。長く伸びた耳は魔を象徴する。 それは世界に災いを呼び、それに出会った者は阿鼻叫喚の時代を生きることになるだろう」 レグリアナ神殿の書物庫にある古い書物に、世界中の誰もが知る「魔物」の特徴とその後に起こるだろう予見が残されている。 何も知らない無知な人々はその予見を信じ切っていた。と同時に、魔物など現れるはずがないとも信じていた。 聖殿歴2440年。 予見書に記された「魔物」の子が誕生する。――その子の名を、リガルナと言う。 リガルナは、最初はまるで人の子のように生れ落ち、やがて成長とともにその姿を変えて行き、誰もが恐れる魔物そのものの姿となった。 幼い時まで一心に愛情を注いできた両親は人が変わったように手の平を変え、その子を散々痛めつけて捨てた。人々の心無い言葉を浴びせられて、追われて、逃げ込んだ先では裏切られ……。 人生と、夢や希望をすべて失ったのは、彼が16歳の誕生日の日だった。 絶望と孤独を味合わされ、国を追われたリガルナは復讐と人々に対する憎悪を胸に、当てもなくさ迷う。 気づけば海を渡った遙か西の大陸にいて、誰も寄り付かないことで有名な死の山の麓に立っていた。 ―― 一体俺が何をした? 胸に沸く黒い闇の塊に従い、リガルナは復讐をするために生きることを選んだ。 ※人が誰でも持っている「善」と「悪」がこの物語の一番のテーマです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間27分

    この作品を読む

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    43,200

    520


    2020年12月12日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • 迷宮下層へ置き去りにされた底辺冒険者が裏切者へざまあ!銀髪美少女に救われ、成り上がる冒険譚

    ど底辺でも絶対に負けない! 

    1,300

    0


    2020年11月19日更新

    ど底辺でも絶対に負けない! ざまあしてやる!! 深き迷宮の底で冒険者アルセーヌは絶対絶命の危機に陥っていた。クランの裏切りにあい、置き去りにされたのだ。 オーガの大群に囲まれ、喰い殺されそうになったアルセーヌをすんでのところで助けたのは謎めいた銀髪の美少女冒険者、通称『銀狼』のツェツィリア。 ツェツィリアは、自信皆無となっていたアルセーヌを熱く励まし、迷宮から脱出した。 数奇な運命に翻弄され生きて来たふたりはクランを組み、復讐と幸せ成就を誓い、新たな人生の第一歩を踏み出した。 旧作『底なしの迷宮・見捨てられた冒険者は最深部で愛する君に出逢う』を大幅加筆改稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • キミのキスは毒の味

    お酒の勢いで書きました。後悔はない。

    5,500

    0


    2020年11月17日更新

    キミと付き合ってもう半年・・・・・・ 僕らの仲は・・・・・・

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 裏切りロンド

    亡国の王子は裏切り者と蔑まれる。

    0

    0


    2020年10月7日更新

    亡国の王子は、森の中で不思議な少年に助けられる。 素性がばれる前に少年を殺さなければ。 己の裏切りに苦しみながら、悪夢の先に見た結末。それは。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • あの夕方を、もう一度

    死んだ軍人のやり直し革命譚

    40,700

    753


    2020年10月4日更新

    あの夕方、俺は死んだはずだった。革命軍としてメタンプジコーズ王国に逆らい、総長を奪われた。処刑台へと走り、間に合わず、仲間であり友人である彼が処刑する様を、俺はただ見ていることしかできなかった。がむしゃらに、落とされた首に駆け寄って、それからすぐに俺も首を落とされた。見事な犬死だった。 なのに、なぜか俺は生きていた。浴びていた血も、折れた左腕も元通り。周りを見れば処刑場でも何でもない、いつかに滅びたはずの自身の故郷だった。そして自身が18年前に戻っていることに気付く。「これなら、助けられる……、」何が起きたかはわからないが、もう一度チャンスが与えられたことは理解できた。「もう二度と、死なせてたまるか。」 殺されたはずの革命軍人のやり直しファンタジー戦記

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間13分

    この作品を読む