言葉遊び

検索結果:19件

  • 10秒で読める Twitter ご挨拶日記

    Twitterで引用ツイートした語録です

    13,600

    10


    2021年10月25日更新

    7To3yuki±@七兎参ゆき のアカウントで 交流の在る皆さんや私の物語「十彩の音を聴いて」を応援して戴いてる皆様に ご挨拶&ご著作のご紹介させて戴いたコメントを綴るメモ的な日記帳です。 毎日の様に更新すると思いますが 思い出した時にでも纏めてご覧下されば幸いです。 朝食の飯テロ付です。(いまの画像は手前味噌ですが「茄子と獅子唐の味噌炒め御膳」です。) ※2021.8.29 より掲載致しました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 猫の夢

    猫と人間の、少々スパイシーな日常の一コマ

    33,300

    11


    2021年10月24日更新

    おかえりなさい。 日々に隠れてるあれこれを一緒に旅しましょう。 基本的に一話完結、独立しています。 お好きな話からどうぞ。 ⭐︎エピソードが増えてきたので、章に分けました。 これまでいらっしゃってくださった方々には、エピソード順が前後してしまい、御免くださいませ。 ⭐︎2021.9.26 「中国」章のエピソード。 元ネタがあるものは、後書の最後に追記しました。 併せお楽しみくださいませ。 ⭐︎システム上仕方がないのですが、「最新話を読む」から飛ぶエピソードは、必ずしも最新のお話ではないようです。

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • イモータルキラー 〜殺し屋の少女と不死者の男。そして表を向かない白金貨〜

    殺し屋の少女が生きる意味を問うお話

    54,600

    0


    2021年10月19日更新

    ——あたしはミア。冥土の土産に教えてあげるから、真っ直ぐ天国まで届けなさいよ。 ターゲットにそう告げてその命を奪っていく少女は、殺しによって仮初の秩序を保っている世界で『月夜の怪物』と呼ばれ、恐れられる殺し屋だった。 そんな彼女は殺し屋でありつつも、殺すことで生きるという至極当然の摂理に疑問を持ちながらも日銭を稼ぐために依頼を請け負っている。 心の中では普通の生き方を望みつつも、殺し屋として達成した依頼は数知れず。彼女はここ数年間、失敗など考えられないほどの快進撃を積み重ねていた。 しかし、殺しても死なない男と出会ったことによってその栄光は崩れ去り、停滞していた物語が動き出すことになる。 それをきっかけに男を取り巻く過去、因縁、そして陰謀。それら全てをひっくるめた強大な運命にミアは身一つで抗うことに。 「生きるために殺すなんて、人の幸せを奪って幸せになるなんてできるわけないじゃない!」 「生きる意味が見出せないんだったら、俺のために生きてみないか?」 これは殺し屋の少女と不死者の男。そしてその周囲の人間たちが様々な事件に巻き込まれながら、生きる意味を問う。そんな物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • プジョー暴行の報告書

    完全に言葉遊びです!

    200

    0


    2021年10月18日更新

    昼間に幹線道路で後方から前の車に追突する交通事故発生! ハメット巡査はマラハッド巡査部長に出来た報告書を提出しに部屋に向かった…

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 朽ちた空中庭園の片隅で、今日も魔法の歌が擦れて響く

    魔法の歌を、あなたと僕のリアルな歌を

    111,750

    171


    2021年9月12日更新

    空中庭園、龍、魔法、剣、そんなファンタジーに絡めながら 言葉遊びをしてみたいのです。 当たり前の言葉や、当たり前の感情を、 ありったけの言葉魔法にこめて。 例え擦れて、聞くに耐えないメロディーだとしても。 そんな詩集はいかがでしょうか? ※カクヨム、マグネットにも掲載しています。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • グラスハープ

    どっちのグラス? 看板猫も大活躍。

    3,900

    150


    2021年8月23日更新

    ショウウィンドウに座る猫に引き寄せられ、入った店にあったのはグラスハープ。 と言っても、グラスを並べて演奏するあれじゃぁない。 弦として張る植物により異なる効果がある、竪琴らしい。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 真白な黒-神々の忘れた記憶-

    これは主人公灯夜の日記である

    1,500

    0


    2021年6月3日更新

    かつて世界には【色】と呼ばれるものがあって、かつて世界には【夜】と呼ばれるものがあったという。 そんな世界はどれだけ美しかったのだろうか。 そんな世界はどれだけ醜かったのだろうか。 舞台は日野出国、日本 これは、黒峰 灯夜と神に行き会った少女達の物語。 神と行き会い、共に生き合う物語。 色と夜を失った世界の物語。 色として現世に再び現れた八百万の神々。その神々に身体を奪われた人々の、忘れた記憶を巡る物語。 真白なのに真黒い、真黒なのに真白い、そんな色の物語。 主人公、黒峰 灯夜。 この灯夜という主人公は主人公最強とは程遠い、主人公最弱。 最弱主人公、灯夜による神々との奮闘記。 自らも神として、また【黒】という色としての始まりから終わりまでの物語である。 「返してもらいますよ、この世界に皆の黒を」 雨の後に虹が出るとは限らない。 でも、雨が降らなくては虹は出ない。 「灯夜? ここ何処?」 「おい美月!! ここはあらすじ紹介のコーナーだ!!」 「ほほー ちょっと狭いね」 「ほほーじゃあない!! まだお前は出てくるな!!」 「えぇー何でー?」 「何でじゃあないだろ!! お前はこの時点では、まだ登場してないのだから!!」

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • いつわりの 満月ながめ 酔う人よ

    この世を夢と 信じて生きよ

    44,250

    638


    2021年5月31日更新

    Twitterに書いていた短歌と詩、たまにRAPを掲載していく予定です。 専門家というわけでもなく、ほぼ現代仮名遣いなので読みやすいと思います。 題 (タイトル)と解説を付けてありますので、情景を思い浮かべる参考にどうぞ。 2021 4/28 追記 いくつかの作品をまとめていたのですが、とても面倒なので1日1作としました。 2021 6/1 追記 私事を優先するため、休業期間に入りました。再会時期は未定です。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 甘く落ちることができない

    ごめんね。私の涙は恥ずかしがり屋なんだ。

    88,800

    2,560


    2021年5月28日更新

    貴女の掌に踊らされる画家のお話。 『貴女の掌の上で踊っても良いけれど、釈迦の掌より、貴女の掌は気持ちよく踊らせてくれるのかな?』 イラストは探求快露店さんから頂きました。

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む

  • E=(mc)2~葬体生離露夢~

    「アリス・プレザンス・リデル」

    1,500

    0


    2021年4月28日更新

    アリスものはたいがい「夢落ち」です。 それをふまえて、アリス好きさんに読んでもらいたい作品。 もちろん、不思議の国のアリスを書籍で読んだことがない方にも。 この作品はルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」からわたくしめが影響を受け考えた、主人公アリスのお話です。 また、作中の「OSERO」と言う詩は作者オリジナルですが、作中アリスが考えたような設定になっています。ご了承下さい。 また詩の題名は発音と書体を気に入って採用したものであり、ボードゲームのリバーシ、つまりオセロのつづりを間違えたわけではありませんことお知らせしておきます。 大好きなアリスものを手掛けて自分は幸せ者です! ぜひ新たなるアリスをご覧あれ! この作品の始まりには、ふたつの序章があります。 もうすぐ物語の始まりです。 楽しんでいただけたなら、これ、さいわい。 どうぞよしなに。

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 隠し詩

    詩の中に隠れた言葉を見つけて――。

    19,200

    0


    2021年4月6日更新

    は じめと お わりと で じ が繋る わ けはさ あ ま ん中辺 り を探そ う り ずむは の こさず に と にかく 時 かんだ わ

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 東方幽棲抄 ~ 今日も今日とて、ツンデ霊夢に殴られる

    言葉遊びと巫女の暴力に満ちたユーモア文学

    100


    2021年3月27日更新

    「ふざけるのも、大概にしなさい!」 怒号が発せられたと思うや否や、霊夢の放った鋭い拳は、俺の腹に深々と突き刺さった。拳が腹を貫通したと錯覚するほどの衝撃に、うめき声とともに肺の中の空気がこぼれ出る。 俺は膝から崩れ落ち、そのまま畳の上に倒れこむ。悶絶する俺を尻目に、霊夢――この博麗神社の巫女は、不機嫌そうに足を踏み鳴らしながら、どこかへ立ち去っていった。 「……相変わらず、いい踏み込みのリバーブローだったね、あれは。世界を獲れる一撃だ。間違いない」 横合いから、のんきな声が聞こえてくる。俺の親友であり、一緒に幻想入りした優だ。 「そんな感想は、どうでもいいから……。まずは俺に心配の一声とかあっても、よくないか……?」 「いつも通りの日常の風景に、わざわざ感情を動かす道理なんて無いでしょ」 俺の恨めし気な声をよそに、優は飄々として答えた。 紫さん――幻想郷の管理者である八雲紫に招かれ、優と一緒に幻想入りしてから、早数ヶ月。はたく・殴る・蹴るなど、俺が霊夢から暴力を受けるなんて、さほど珍しくない光景だ。 ……おっと。この一場面だけを切り抜いたら、霊夢の風評が著しく悪くなりかねないな。彼女の尊厳に配慮して、きちんと説明しておこうか。 とはいえ、俺と優が霊夢と出会い、こうして幻想郷で日々を送るようになる過程に触れておいた方が、より理解を促しやすいだろう。 まあ、いわゆる昔語りだ。そんな堅苦しい話でもない。ソファーにでも座ったり、布団に寝っ転がりったりしながら、のんびりと耳を傾けてくれ。 それこそ、小説を読むように。 ============== (作者からのコメント) こちらの東方Project二次創作小説は、作者が過去に書いていた小説をリメイクしたものです。 最初は、幻想入り前(プロローグ)と幻想入り後の話を並行して投稿します。幻想郷での話を読みたい人は、プロローグを読み飛ばしてください。 物語の展開は、原作準拠する形で『紅魔郷の紅霧異変』から順に始めます。 自分の書きたい物語を作ることを最優先するので、登場人物同士の言葉の掛け合い……『言葉遊び』を多めに描写していこうと思います。 ちなみに、「幽棲抄(ゆうせいしょう)」とは、「俗世から離れた、ゆったりとした暮らしの物語の抜き書き」という意味です。

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • 黒猫ツバキと海のおばけ

    魔女VS海の怪物!

    15,600

    36


    2021年2月16日更新

    黒猫ツバキは魔女コンデッサの使い魔である。 ある日、コンデッサとツバキは豪華客船に乗って海への旅行に出掛けるが……そこには恐るべきモンスターが待ち構えていた! 「黒猫ツバキシリーズ」のお話ですが、単品としてお読みくださっても大丈夫……だと思います。 ※船長様の自主企画「海と船の発表会」参加作品です。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 言葉遊びは駄目なこと? ~拡大解釈=やってはいけない?~

    言葉遊びや拡大解釈への個人的見解です

    100

    0


    2021年2月4日更新

    昨今、各所の小説投稿サイトで度々目にするだろう『言葉遊び』や『拡大解釈』。主に主人公の能力やスキルといった物に用いられ、万能な力に近づけたり物によってはチート級にまで引き上げる要素であり、それ故に批評されがちなこれらの行為。 それは本当に悪い行いなのでしょうか? そしてそもそも何故指摘されるのか? このエッセイではそれらについての個人的な見解などを語っていきます。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • レトリック・ノート

    文章で、小説は面白くなる。

    7,900

    30


    2020年9月10日更新

    ありふれた朝の出来事を19の修飾技法で書き分けていく、ことば遊び的実験小説。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 君の言葉を「希望」と言わせておくれ

    届け、言葉の力PJ参加作品。とどけ!

    4,500

    100


    2019年12月1日更新

    台風19号被害支援プロジェクトである【届け、言葉の力PJ】 平成30年度豪雨災害被災地当事者だったり、東日本大震災被災地が故郷の尾岡が、色々な感情を詰め込んだ、4編の詩集です。 気持ちのこもった言葉が集えば、それが行動になる。待つだけでもなあく、眺めるだけでもなく。そして忘れることなく。 そんな気持ちを無造作につめこんだだけの4編。どこかワンフレーズでも共感してもらえたら。 そう思います。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • こころ音色

    貴方のこころに優しい音色を奏でたいのです

    4,600

    0


    2019年11月29日更新

    こころの音色を奏でましょう。 それは響き合って、時に不協和音を生んで…… 貴方のこころに、何か残れば幸いです。 2019/10/20 「届け、言葉の力。」プロジェクト参加作品に設定致しました。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 男の娘

    男の娘

    800

    0


    2019年10月27日更新

    この小説は読者の認識によって内容が変化します。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • まさか、そう来るとは……

    なんだ、これ。

    3,860

    0


    2019年6月3日更新

    長い間音信不通だった幼なじみが、突然帰って来た。 何故か、あんな格好で。 念のため。 「この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません」 重ねて申し上げますが、「念のため」。 R15のタグも保険です。 無くても大丈夫な気はしますが、一応、付与しておきます。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む