記憶

検索結果:25件

  • テーマは『記憶』と『想い』です。

    ♡0

    〇0

    ホラー・連載中・2話・5,102字 桜桃

    2020年10月26日更新

    林の奥に小さな小屋がある。 そこには噂があり、どんなに固い匣でも開けてくれるらしい。 その人の名は筺鍵明人。そして、その小屋に一緒に住んでいる妖、カクリ。 明人は依頼人の前では紳士的な振る舞いをするが、カクリの前では性格が一変。ガサツな自由人。 そんな2人が開けるのは人が誰しも心の中にある想いを閉じ込めてしまっている匣。 開けるためには自分の気持ちを認め、向き合うのが条件。そして、匣を開ける為には記憶を引き換えにしなければならないらしい。 このような事をするには明人自身にも理由があるらしくーーー。

  • 失われた記憶の中で笑う、彼女の影

    ♡500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・4話・10,405字 アラン

    2020年10月25日更新

    大学生の上村紘斗は、毎日のように同じ夢を見ていた。 それは、高校時代の記憶。 休み時間の教室。 毎回同じ女の子が自分に話しかけてくる。 顔には黒い影が落ちていて、誰なのか分からない。 彼女について、どうしても思い出せない。 君は一体、誰なんだ。 紘斗は様々な人間と関わり、少しずつ自分の過去の記憶に近づいていく。 夢の中の彼女は。 そして、自分は一体誰なのか。

  • 感情のおもちゃ箱

    ♡6,200

    〇0

    詩/短歌・連載中・54話・15,230字 ありす系緑黄色野菜

    2020年10月25日更新

    ありす系緑黄色野菜の紡いできた詩集のようなものです。 私は詩についてよくわかっていません。この作品がなんなのか、それはあなたが思うことです。 不定期更新。

  • 詩です

    ♡3,100

    〇0

    詩/短歌・連載中・34話・7,472字 葵井柳宇

    2020年10月24日更新

    他のところで発表したりしてなかったりする過去の詩たち。最近は新しいのもここ。 ふらっと立ち寄るみたいに、ぺらぺらっとラフな気分で捲っていただけたらと思います。

  • とある二人の、ありふれた「ある一日」

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,685字 通り雨

    2020年10月23日更新

    カップラーメンを作る間に読めるくらいの、掌編(三つ目)です。 手を伸ばせば触れられる。声を掛ければ答えてくれる。 それでも、違う時間に生きている。 繰り返す二人だけ毎日の、なんでもない一幕のお話。

  • 引き裂かれる、でも繋がり続ける運命。

    ♡1,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話・18,455字 海月陽菜

    2020年10月19日更新

    鷹尾優と佐藤柚子は会社の同僚で、交際三年目に入ろうとしていた。 その矢先、優と共に階段から落ちてしまった柚子は、意識不明の重体に。 「もう十月なのに、桜が咲いてるの。私、夢でも見てるのかな……」 病院で意識を取り戻した柚子は、約二年半分の記憶を失っていた。 「俺は、二年前からお前と付き合ってて——」 「私の好きな人は、進藤先輩だよ?」 そう、柚子は二年と半年前まで、同じ経理課の進藤先輩のことが好きだったのだ。 それでも優は諦められず、もう一度柚子を振り向かせようと必死になり、そんな優に柚子は再び惹かれていく。 しかしそんなある日、柚子の頭の中には幼い頃のある記憶が蘇る。 その記憶は二人に、残酷な真実を突き付けた——。 ※カクヨムでも「君の好きな人は——」として投稿しています。

  • 記憶を食う怪物と戦うために記憶を捧ぐ

    ♡700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・10,790字 幼田ヒロ

    2020年9月24日更新

    一〇年前、『マクスウェルの悪魔』が現れてからこの世界は一変した。 実体を持たず、人の記憶のみを奪い去る怪物。その怪物は人間が密集した場所に出現しやすい傾向にあるため、人々は等間隔に住み、少人数で生活するようになった。 『マクスウェルの悪魔』に唯一対抗することができる武器、エクシス。神楽石と呼ばれる鉱物からとれる金属・神楽を使い、作られたそれは、使用者の記憶の一部と血液を捧げることで特殊な力を発現し、実体を持たないはずの『マクスウェルの悪魔』に触れることが出来るようになる。 エクシスを用い、悪魔を討伐する者たちは、想起兵(エクソシスト)と呼ばれた。 日本で随一の悪魔討伐数を誇る少年、朝日タクトは、政府の高官から、ある任務を言い渡された。 レアという名の少女の護衛任務。それを、3カ月間、住み込みで行う。というもの。 悪魔を呼び寄せる特異体質のレア。悪魔を倒せという、本能じみた衝動に突き動かされ、記憶を失うことを厭わず悪魔と戦うタクト。 2人の出会いは、世界を変える。 白き世界は、記憶の果てに。

  • キーメモリー【ホヤニス協会編】の続編です

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話・23,544字 ロヒサマ

    2020年9月21日更新

    キーメモリー【ホヤニス協会編】の続編です。 ホヤニス協会を滅ぼしたエリル一行は、新たな目的である打倒ベイックに向けて、サントス騎士団本拠地のサントス城を目指す。 しかし途中でブレンド王国の姫と出会い、自分達の弱さを痛感してしまう。そして新たな力、五獣を使いこなすジェル姫と共に、修行をする事となる。 さらに待ち受けるのは、最悪の出来事だった。 ツンデレと執事が加わりパーティはより華やかに、騒がしくなる。禁種の詳細が明らかになり、舞台は世界へと広がる。 前作を読んでいただいた方々へ。ありがとうございます。拙い文章ですが、お楽しみいただけたら嬉しいです。

  • 実際記憶って不確かなものなんだ

    ♡200

    〇0

    SF・連載中・9話・22,598字 天然水

    2020年7月26日更新

    <あらすじ> 記憶を無くした少年が徐々に記憶を取り戻していく話。 2072年。一発の核爆弾が核戦争への引き金となり人類は滅びの一歩をたどる。わずかに残った人類は一つの島に集結し、その後の世界を担った。終戦から40年かけ、人類は新たな国アルゼウスを開国する。その国は管理者により、絶対的な平和が約束された唯一無二の国で、人々は新たな時代を作り上げていった。生活は耕作が中心と言う、発展するかなり前の時代だ。 そんな中、新たに調査隊と言うものが結成された。その調査隊はアルゼウスから国外へと足を運び、国の発展のため過去の産物、パストパーツを漁っては、国へ持ち帰ると言う仕事だ。 調査隊のおかげもあり、国は発展を繰り返し、進んでいく時代の流れは多種多様な自身の在り方を構築していった。 そんなある日のこと、調査隊の3名が1人の男と出会う。その男は記憶を無くしていたが、3人との出会いで少しずつ記憶が呼び覚まされる。 3人の記憶には存在しない過去の記憶!?その記憶が何を意味するのか?思い出すたびこの世界の本当の真実へと近づいていく・・・・・・

  • 鮮明な灰色の物語、その七。

    ♡19,000

    〇300

    ミステリー・完結済・6話・10,431字 御 一

    2020年7月15日更新

    あしひきの山路越えむとする君を心に持ちて安けくもなし 彼は姿のない恋人を探す。 彼にとっては、ほんの少し、昔のこと。 これは彼が「今の彼の名前」になる前の話。 そして、根底の話の、一片。

  • 僕は、彼女に会うために過去に飛ぶ。

    ♡27,700

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・17話・27,941字 アラン

    2020年6月29日更新

    しがない派遣社員、風間大吾は今日も退屈な日々を過ごしていた。 高校時代に友達になれなかった咲本春香のことを今も考えながら。 そんなある日、怪しげな男に出会う。 「過去に戻りたいと思ったことはないか」 過去に行けるのは一ヶ月だけ。代償は記憶。 大吾は自分の想いを叶え、咲本春香と良好な関係を築くために、過去へと飛んだ。 僕の初めて書いた小説です。 この作品は、pixivでも連載しています。

  • 古の約束を果たすために……

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話・17,187字 キユラ

    2020年6月17日更新

    遥か昔この世界には勇者が居た。世界で初めて生まれた勇者……“始まりの勇者” ありとあらゆる者を分け隔てなく救った正義の象徴。 勇者は邪神を討ち、世界に平和をもたらした。しかし邪神を討つと同時にその姿を消した。 それから数千年の時が流れた—— ある日、勇者として異世界へと召喚された主人公・神木ユウジ。 しかし彼には他のみんなと違い、何故かステータスが無かった。 故に他の勇者たちに気づかれないように“死獄の谷”より突き落とされ、秘密裏に処刑されてしまう。 ユウジが気が付くとそこは亜人の集落だった—— ※プロットを作ったので一章は完結させられると思います。 ※前のやつ読んだことある人は裏話的なものだと思って下さい。(ちょっとしか書いてないのでどうでもいいかもしれませんが……) ※ある程度進んだら小説家になろう、アルファポリスにも記載します。

  • 壊れ物のような少女の美しさを描いた掌編

    ♡2,500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・2,945字 海山堂

    2020年6月15日更新

    女の部屋で夢ともまぼろしともつかない影像に目覚めた後で、私は八年前、青森で出会った一人の娘のことを思い出した。娘は壊れ物のように美しい声をしていた。今は東京に勤めに出て来ている娘に、私は三たび会うために赴いたー。

  • 「やっと見つけたわ、あなたの記憶」

    ♡4,900

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・27話・101,585字 ロヒサマ

    2020年5月25日更新

    記憶を売り買いする時代。人の身分は価値ある記憶によって成り立っていた。少年ビンはある事件に巻き込まれ、エリルと共に旅をする事になる。 時は三年が経った。少し気弱な青年ビンは、真面目なお姉さんエリルと一緒に修行をしていた。古来種の記憶を持つエリルは風を操り、超常種を持つビンは千里眼を使い旅に出る。道中、元気いっぱいの少女アイリスと出会い旅に花が咲いた。さらに誘惑お色気お姉さんのキャンネルが加わり賑やかになる。 エリル達は、奪われた父の記憶を取り戻すため、ホヤニス協会のアジトに乗り込むが、そこに待ち受けていたのはエリルの父が残した四つの記憶だった。 優男×真面目×お馬鹿×お色気の、記憶をテーマにした異能力バトルです。 [story:353585671] 描いていただいた絵のリンク [story:592627550] ゆえ様の作品【迷睡草】のリンク 是非お読みになって下さい!

  • 書きたかったことを書きました

    ♡600

    〇0

    SF・完結済・1話・4,970字 雑務

    2020年4月20日更新

    星空の神秘は誰もが感じたことがあると思います。 その神秘の仕組みを自分なりに解き明かし、小説という形で論じてみました。 少しでも星空の見方が変われば幸いです。

  • 私が最後に見た夢はあなたの夢だった

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・9話・27,430字 さかき原枝都は

    2020年4月18日更新

    Pays de reve ペイドゥリーヴ とはフランス語で夢の国と言う意味。 人は夢を見る。 だが、その夢はすぐに忘れ去られてしまう。 大切な人との思い出でも、そして生きて来た奇跡もすべてを失い、夢の国へと迎え入れられたスレイユ・ミィシェーレ。 彼女はどんな夢の国の世界にいるのだろう。 そしてこの夢の世界を創り上げた本当の人物とは? 何もかも失い、そして自分の命さえも消え去ろうとしている。 そんなスレイユ・ミィシェーレの前に現れた片脚の無い幼きシスター。 カオリ・ラヴィナーレ、彼女は夢の国の水先案内としてスレイユの心に触れる。 それにはスレイユへの愛しい想いがあったから……。

  • 寝る前十五分。儚い感動。

    ♡1,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・4,849字 朱色の梟

    2020年4月10日更新

    私の前世は不老不死だった。 本来なら死なない筈の不老不死が何故前世になっているのか──それを、『私』を知るための物語。

  • 観察日記のように、彼達の記憶を記録する…

    ♡500

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・22話・65,215字 琥珀

    2020年3月23日更新

    もしもの話。 とある日、あなたは目を覚めて、見知らぬ天井を見えた。 ベッドシーツも、好きなキャラクターではなく、無地なシーツになった。 いつもベッドに置いてるぬいぐるみはなくなって、 その代わりに最新のスマホがある。 あなたが時計を探してみたけど、いつもの場所には置いてなかった。 スマホを見ると、もう10時以降だった。 あなたの記憶に、我が家のルールとして、9時になると全員も起きないといけない。しかし、今日は9時まで寝ても親に起こされなかった。 あなたは、自分の左手の手首を強く握ってみた。 痛みを感じたから、ここは夢じゃなく、現実だったとわかった。 昨日寝る前の光景を思い出し、目の前にある見知らぬ景色を比べてみた。 全然違うんだ。 こんな時、あなたは、 昨日の自分と今日の自分は、同じだと信じるでしょうか。

  • 記憶を消してもう一度あのアニメを見たい。

    ♡0

    〇0

    SF・完結済・1話・595字 宜野座

    2020年3月15日更新

    記憶を消して、もう一度あのアニメを見たい。あるアニメにハマった少年のお話。

  • 新連載。

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・7話・30,279字 棘野 咲希

    2020年3月4日更新

    幼い頃に初恋をしてから、中学では恋愛というものとはほど遠い生活を送ってきた主人公『白崎 健吾』。 高校ではそんな自分を変えたいと思い、クラスの中でも積極的に他の人達と接するように心がけるが、高校生活を1ヶ月終えても、何も発展はなかった。そんな中、ある日突然転校生がやって来ることで彼の高校生活にも爽やかな風が吹き始める。