認知症

検索結果:5件

  • モクメサン

    天井の木目が嗤う。

    0

    0


    2022年8月18日更新

    認知症の祖母の介護を離れて暮らす母1人に押し付けていた彩名。 祖母の葬儀の為に帰省すると、母はひどく憔悴していたが、近所の人々は「よくできた嫁だ」としきりに褒めている。 祖母はありがとうありがとうと言いながら死んでいった。 最期まで母に感謝していたらしい。 お焼香の際、棺桶に眠る祖母の首元の痣に気付いた彩名は、子供の頃に祖母の部屋の天井に見た、「モクメサン」のことを思い出す。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 結―ユウー

    現役介護士が、介護士の日常を描きます。

    130,489

    700


    2021年11月10日更新

    「新卒の子を一人前にすることができたら、辞めて良いわよ」 『給料が低い』『割に合わない』――。 そんな思いから辞職を申し出た浩司に、上司はそう言った。 春、介護に夢を抱く新卒社会人、駿介と、介護の厳しさを知る介護士、浩司が出会う。 二人の出会いが、お年寄りたちの運命を変えていく。 重度の認知症を患うお年寄りとのコミュニケーション……。 お年寄りの送り迎えを行う『送迎業務』の難しさ……。 お風呂嫌いなお年寄りとの闘い……。 人手不足と言われる介護職の日常を、現役介護士が描きます。 ※残酷な表現等はなるべく避けますが、『介護』が苦手な方はご遠慮ください。 (小説家になろうでも公開中です)

    読了目安時間:5時間56分

    この作品を読む

  • 記憶坂

    まだら記憶の母と、子への愛と、意地の物語

    11,515

    180


    2021年5月6日更新

    私は記憶をなくし、時折思いだす。 自分の名前が好きではなかったが、最初に思いだすのはいつも名前。 それがとても愛おしい。 家族からは愛されている。大切にされている。 それはわかる。そして、秘密にされていることがある。 それが私にとって大切なことであるから、家族はそれを隠す。 その理由も。 最後の、最後の、私の使命。 私は、そこにいかなくてはならない。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 僕はうまれた~認知症になった母との10年~

    あれだけ気丈だった母が認知症になった。

    500

    0


    2020年1月6日更新

    自宅介護を選択した僕と母との新しい生活

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 痴呆症の時計技師

    今回は心理描写と情景描写にこだわりました

    550

    0


    2019年6月23日更新

    彼女が訪れたのは白髪の老人。 母の二つの頼みを叶えるために彼女はその老人のところに歩いていく。 二つの頼みの一つは「古びた懐中時計を直してもらうこと」 そしてもう一つは...... 日曜短編です。 今週は情景描写、心理描写に力を入れてみました。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む