認識世界

検索結果:1件

  • ZEKUR 〜この世界の正体〜

    精神の素粒子。現実世界はその振舞い。

    200

    0


    2022年5月25日更新

    私が見ている「赤」と、あなたが見ている「赤」は同じか? 人間が認識している世界と、虫の認識している世界は同じか? 否。 認識というなは感覚機関の性能や特徴で変わるはず。 こうは言えないだろうか? 「五感と全く同じ情報」=「現実世界」 科学はこの世界の現実のすべてを物理で表す。 だが実は現実を物理的なものと捉えているのは我々人間の勘違いではないのか? 我々が現実と感じている物や事象。それらはすべて五感の情報の集合でしかないのでは? このようなことがテーマの小説です。 仏教で言う「色即是空」を私なりに科学的に捕らえなおしてこの物語を構成しました。 物語の中で人類は、精神の素になる素粒子を発見します。そしてこの素粒子の振るまいこそが精神活動であり、その判明と共に今まで謎であった様々な神秘現象が応用可能な科学として解明されていきます。 そんな世界観のお話ですが、この小説は科学でもオカルトでもありません。ましてや宗教や哲学の小説でもありません。 様々な思惑を持ち、状況に巻き込まれる登場人物達。 闘争,友情,愛情,孤独,葛藤... そのような人と人との人間模様として、この物語は進んでいきます。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む