謎解き

検索結果:64件

  • 異世界召喚と、少女たちの同居生活(癖強)

    ♡1,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・31話・88,273字 とゐち

    2020年10月1日更新

    人間が絶滅し、 亜獣と呼ばれる強大生物が棲息する世界で目覚めた現代の少女・彩百合(さゆり)。 命の危機を救ってくれた亜人の少女・タルトに、亜人の都市【亜人街】へ案内される。 その後、情報屋の少女・フルッフと出会い、 彩百合は僅かな手がかりを追い、元の世界へ戻ろうとする。 それは、 絶滅した人間が残した遺物――【アナベル】。 不思議な現象を引き起こすそれが、少女たちの日常を非日常に変えていく。 クセが強い(かもしれない)、異世界召喚と少女たちの同居生活が始まった!

  • 憑依・皮モノ・寄生の詰め合わせ♪

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・4,448字 影光

    2020年10月1日更新

    今や世界中で利用しない者の方が少数派と言っても過言ではない“SNS”。 ネット掲示板“Fetishism Festival”に,ある日“ホルダー”所持者という者が現れた。 それは隠語で,理解した者のみ別の場所に招待される。 全国各地から四人の“ホルダー”が集いし時,彼らは“女子会”を開催する。 ただし,それはタダの“女子会”ではなかった。 新たな憑依信者・皮モノ信者・寄生信者よ…目覚めよ!(なんちゃって) タグは予定です。何時も通り特殊な括弧を使用しています。 ※“残酷描写・暴力描写・性的表現”全部入れましたが“お守り”です。 更新日は土曜日(予定)

  • 現代を舞台にした冒険・伝奇ものです

    ♡4,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・34話・103,540字 はるかい

    2020年9月30日更新

    高校三年生の夏。 水奈は、アメリカにある世界最難関の考古学専門大学に入学することが既に決まっており、暇を持て余していた。 そんな折、考古学者である父親から、今のうちから経験を積むようにと、海外への一人旅を勧められる。 嫌がる水奈と強引な父親の喧嘩は、互いに一歩も譲らず、その日は終わってしまう。 明くる日の朝、目を覚ました水奈が見た光景は、辺り一面のブドウ畑だった……。 「いっ、いっ、いやああああああ!」 これは、主人公の水奈が一人前の考古学者となり、そして、考古学者ランキング1位になるまでの物語である。 ※他のサイトでも投稿している場合があります。

  • 少し着色ありの事実です。

    ♡1,200

    〇0

    ミステリー・完結済・3話・2,480字 uchuukaeru

    2020年9月29日更新

    世間がコロナで騒がしいある朝、自分しかいないはずの部屋で小さく声が聞こえた。 作者の身に起きた怪奇現象の謎を読者は解けるのか!

  • 精霊を科学的に解析して賭博するお話です

    ♡1,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・35話・228,760字 rkp

    2020年9月24日更新

    科学で真実を暴き出し、イカサマで真実をひっくり返す! 邪神が支配する異世界に召喚された二人の主人公。 天才ギャンブラー、冴木凛は森羅万象あらゆるものを斬り裂くという伝説の剣を手に入れた。 秀才女科学者、逢沢鈴は森羅万象あらゆるものを結合させるという伝説の腕輪を手に入れた。 異世界に召喚された直後に伝説の武具を手に入れた二人だったが それは、非常にピーキーなチューニングを施された、イマイチ使いづらい武具だった。 しかたなく、冴木凛は天性の運とイカサマで、逢沢鈴は根性の粘り強さと科学知識で 襲いかかる魔物や精霊たちを次々と叩き伏せていく。 この世界の精霊たちは大のギャンブル好き。しかも非常に厄介な特殊能力まで備えていた。 二人は協力し、能力の謎を科学で解き明かし、イカサマにはめて精霊を支配していく。 やがて二人は、世界の存亡をかけて邪神に対して壮大なギャンブルを挑むことに…! 主人公たちの武具は基本的にチートですが、タイトルにあるように全く使いやすくないため、いわゆる『無双』はほとんどありません。 知恵と知識でやりくりしていくタイプのお話に仕上げております。 作中に出てくる精霊術と呼ばれる術は基本的に魔法と同じですが、これまでよりメカニズムを詳細に追求してみました。あれこれと様々な能力が出てきますが、基本的には一つの原理で作用するように設計された術になっています。 あと、やたらと科学の要素が強いです。『魔法を可能な限り科学で解釈する』というのが隠れコンセプトなもので、その辺に拒絶反応がある方はご容赦ください(なるべくシンプルに書いているつもりですが) 最後に、この作品はベタベタの恋愛要素も含んでいます。 きちんと白黒つけた終わりは用意していますので、そこはご安心ください。 ※本作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

  • 魚に関する文字パズルで遊んでみませんか。

    ♡10,100

    〇10

    ミステリー・完結済・6話・837字 村崎けい子

    2020年9月24日更新

    魚住真琴さん主催「文字の魚のコンテスト」の参加作品です。 ジャンルに何を当てはめるか迷ったのですが、謎解き要素があるのでミステリーにしました。 皆様にお楽しみいただけましたら、幸いです。

  • 楽しんでいただけたら何よりです。

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・23,060字 黒猫きなこ

    2020年9月20日更新

    人間、エルフ、ドラゴンなど、様々な種族が入り交じった世界は、大災害「ドラジア」によって消滅した。 それから5000年もの年月が経った現在、世界は9つの公認国家と世界公安機関セルビスによって統治されていた。 とある国の崖に位置する、経歴・進路不問の魔法学園ヴェルゾディア。 この学園に所属する鬼人シルトは、エルフのルミエル、人間のウィリアとともに数多もの課題をこなし、学園第3位にまで上りつめた。 しかし、ある日彼らに課せられた課題を発端に、世界を巻き込む大事件が引き起こる。 果たして彼らは次々に立ち塞がる困難に立ち向かえるのか

  • 名探偵×迷探偵のポンコツ推理コメディ

    ♡176,100

    〇3,095

    恋愛/ラブコメ・連載中・52話・166,011字 夙多史

    2020年9月19日更新

    高校生で探偵として名を知られている杜家偵秀。ある日、彼のクラスにシャーロック・ホームズの子孫を名乗る少女が留学してきた。彼女の名はシャーロット・ホームズ。名探偵を自称する彼女と、知る人ぞ知る名探偵の杜家偵秀。二人の探偵の邂逅は、有無を言わさず推理対決へと発展するが……そこで彼女の口から飛び出したのはポンコツな迷推理ばかりだった。 ※毎週土曜日更新予定 ※なろう版から加筆修正を行った別バージョンとなっております。 ※イラストは黛クロナ様から頂きました。

  • 誰でもなれるスマホ探偵 シリーズ②

    ♡10,400

    〇0

    ミステリー・完結済・1話・5,208字 新開 直

    2020年8月16日更新

    俺は公立高校に通う至ってフツーの学生……この前までは、だが。今はカースト最上位になったらしい。 なにせ俺は車椅子を押す美少女と付き合っている。(詳細は前作『今日もJKは車椅子を押している』をご覧ください) ある日、JK=朝凪百合さんが笑いながら言った。 「うちの会社にメロンパンに取りつかれた男がいる」 ん……? 危険だ! ――――――― ごめんなさい/勝手にシリーズ化しました。キャラが気に入ったので。 でもシリーズ①の『今日もJKは車椅子を押している』を読まれなくても楽しめる内容です。 ①を読んでいただければ、なおさら嬉しいですが……。 *この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

  • 現在 改変作業に為 掲載停止中!!

    ♡1,000

    〇0

    ミステリー・連載中・1話・253字 友智 コウ

    2020年8月8日更新

    ある日 自分をミロンと名乗る 赤い小鳥を助けた 女子高校生 早宮 美紀(はやみや みき) 赤い小鳥を助けたことにから 様々な怪異 事件に巻き込まれる。 早宮だか ミロンのある話を聞き 協力して行く二人が送る 熱く 奇想天外な謎とは一体!?

  • 犯人は「スタンプが欲しかった」と自供

    ♡6,400

    二次創作・完結済・2話・2,375字 camy

    2020年8月3日更新

    ある日、barにいる俺のもとに電話が……かかってこなかった。 1周年公式創作フェアの「スタンプセット」が欲しかっただけ。 でも、作者もまた「探偵脳」なので、謎を仕込まずにはいられなかったみたいです。

  • ドラキュラ伝説を巡る伝奇ファンタジー

    ♡18,100

    〇100

    歴史/時代・完結済・53話・163,881字 神崎あきら

    2020年8月1日更新

    織田亜希はアンティークショップで龍の紋章の表紙がついた古い本を手にする。中に描かれた宗教画はルーマニア北部の修道院の壁画だった。不思議な縁を感じた亜希は、一人ルーマニアへ旅立つ。 現地で出会った青年と龍の紋章の本を手にドラキュラ伝説を辿る旅が始まる。本を狙う謎の美青年、白装束の集団、本に隠された謎、心躍る現代伝奇ファンタジー。

  • 2020年8月1日更新

    ファンタジー×青春×ミステリ!? 自分の適性と才能を自覚しながら≪勇者≫を目指す天才≪占い師≫の冒険と彼が出会う難事件とは 騎士団の≪勇者≫に憧れる少年ローラン・ヒルベルトとケータ・アンドウは実践経験を積むため探索者として日々戦いに身を投じるが,ある日クレアという美しい少女と出会う。自分達や彼女らが何者かに追われていることに気づき、犯人を捜すこととなる。 (この物語はファンタジーメインのちょいミステリで、魔術を使ったトリックを扱っていきます。描写された情報だけで十分犯人が特定できるはずです。探索者ローランと探偵アンナのダブル主人公で、数人のメインキャラ主観と時々三人称視点で進めます。単位・暦はわかりやすさのため現代日本に合わせることにします。第一章はローラン少年の挫折まで。第二章はローラン青年が学院時代に巻き込まれる事件、第三章はローランが他国に行ったりする展開を予定してます。) ※ 2020/08/09 第一話を読みやすくしました。2020/09/27 第二話を読みやすくしました。内容は変わりませんが、かなり捕捉しました。 ※ この作品はカクヨム、小説家になろう、ノベリズムでも掲載しています

  • 「ミステリー短編小説コンテスト」参加作品

    ♡25,300

    〇0

    ミステリー・完結済・1話・5,641字 成井露丸

    2020年7月31日更新

    学年一の天才少女・篠崎玲奈が理科の中間試験で13点を取った。それは学年の一大ニュースとなった。 放課後職員室に呼び出された玲奈を待つ涼真。――実はその点数には隠された意味があって。 「ミステリー短編小説コンテスト」参加作品。青春恋愛。 表紙画像はあままつさんのフリーアイコンをお借りしています。

  • 先輩からの謎を鈍感男子が紐解く!

    ♡4,200

    〇100

    ミステリー・完結済・5話・11,371字 ごごまる

    2020年7月31日更新

    形骸化した文芸部には部員が二人いた。有智高才な先輩と、平々凡々な自分だけ。本が好きなわけでもなんでもない二人だが、放課後は活動場所である図書室に集まり、そこでそれぞれやりたいことをする。そんな中、しばしば先輩が突拍子もなくクイズを出したりする。凡人には考えたこともないような『天才クイズ』を。 先輩の卒業が近づいてきたある日だった。先輩がいつもと違う口ぶりである質問をしてきたのは。 「この図書室にいるといつも時間が早く過ぎる気がするんだ。どうしてかな?」

  • 思い出すと、今でも胸が苦しくなる

    ♡3,100

    〇0

    ミステリー・完結済・5話・18,841字 安藤啓太

    2020年7月31日更新

    「世界の仕組みを知る必要など無くとも幸福な人たちが沢山いる」と先輩は言った。僕らが見る日常には沢山の謎がある。川に出来る渦の形だとか、光の動きだとか。でも沢山の謎を解くべきものだと認識せずに、見逃している人たちがいっぱいいる。でもそれは解いたっていいし、解かなくたっていいからだ。 先輩との関係は不確定性に満ちていたけど、僕はそれが大好きだった。あの日々を思い出すと胸が苦しくなるんだ。 ※スピンオフ「あの日の君は今の私をどう思うんだろう」

  • 音楽 × 冒険 × スチームパンク‼

    ♡254,150

    〇6,822

    SF・完結済・66話・234,153字 トモユキ

    2020年7月31日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが……。 その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された秘密。 謎多きピアノ調律師。 裏世界で暗躍する男達。 霧煙る街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 --------------------------------------------------------------------- コンセプトは、音楽 × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 第二部、完結しました! (2020/07/31) --------------------------------------------------------------------- 【更新履歴】 2020/1/23 第一部完結しました。 2020/2/2 第二部 予告編を更新開始 2020/2/14 第二部 予告編終了 2020/5/15 第二部 プロローグ公開、予告編を第一章として改稿、公開 2020/5/28 第二部 連載開始 2020/7/31 第二部 完結しました。 ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙写真: https://pixnio.com/ja by Tama66

  • 推理小説好きのマスターが出す謎の真相とは

    ♡44,300

    〇410

    ミステリー・完結済・1話・9,156字 RS世代@ミステリー短編小説コンテスト最優秀賞受賞!

    2020年7月27日更新

    梅雨の時期、読書喫茶でバイトする主人公は、マスターから「推理小説の苦手」を克服するため、とある謎を持ちかけられる。 安楽椅子探偵気分になってマスターの挑戦を受けた主人公は、果たして謎を解決できるのか。 ※2020.9.9ミステリー短編小説コンテスト(日常の謎コン)にて最優秀賞をいただきました。

  • 謎、それは謎である限り謎である。

    ♡1,300

    〇0

    ミステリー・完結済・4話・7,846字 総督琉

    2020年7月23日更新

    日常とは謎である。 そもそもなぜ日付は進み、なぜ世界が存在しているのか、それ自体謎である。 だがそんな謎はいつまで研究したって解けるはずもない。なら我々は身近に潜む謎でも解き明かそうではないか。 ーーそちらの方が、"現実的"だ。 彼は常に現実的を求める。 だって彼は、現実に生きているのだから。

  • 夜の小学校に、生首が浮かんでいたんだ。

    ♡18,000

    〇6

    ミステリー・完結済・14話・18,412字 坂本光陽

    2020年7月18日更新

    若草小学校には、〈夜の校長〉という怪談がある。夜になると男の生首が校内を徘徊し、うっかり見てしまうと高熱を出して死んでしまう、というのだ。相次ぐ生首目撃者。生首写真の恐怖。近所の中年クレーマー。謎が次々と連鎖して、生徒たちはパニックに襲われる。まさに、怪談めいた事件だ。そんな時、事件の謎を解明しようと乗り出したのは、ウルマとシロという小学5年コンビだった。