警察

検索結果:52件

  • 【BL】死んだ俺と、吸血鬼の嫌い!

    300年続く、この恋の終焉に、───

    114,550

    665


    2022年1月24日更新

    <<BOYSFANコン:②『バディもの』の応募作品です>> 天涯孤独のソーマ・オルディスは、【オカシナモノ】が視える。 とある事件で、唯一の肉親であった姉を失った後、一人で生きていく中、 死霊のような生気のない人間の形をしたもの、得体の知れない怪物のように見えるもの、 そんな【オカシナモノ】が視えるようになり、ソーマはいつからか、人と距離を置くようになった。 ある日、街を歩いていると、シェラント女帝国警察組織の特殊警務課(通称サーカス)で働く、 華やかな青年、ネル・ハミルトンに「待って!」と呼び止められる。 ソーマが視ていた【オカシナモノ】が、吸血鬼に噛まれた人間の成れの果て、悪霊【ベスィ】だということを知ると同時に、 ベスィを視認できる稀少な存在として、サーカスの警務官になるよう、推薦されてしまう。 自分とは正反対の、ヘラヘラしたネルを見ていると、苛立ちが収まらないソーマだったが、 時折起きる原因不明の頭痛が、ネルの能力によって、その体液で緩和されることを知り、 渋々、ネルと一緒に行動を共にすることになった。 ソーマは、大嫌いなネルにキスで体液を与えてもらうことに反発しながらも、 共に、ベスィの事件を解決する中で、ネルの優しさを感じ、徐々に、ソーマの心は溶かされていく。 ネルとの関係が深まり、ソーマが自分の恋心に気づく中、二人はある日、全てのベスィの元凶である吸血鬼・レンと遭遇。 レンの顔を見た瞬間、ソーマは、自分の身に起きた過去の事件を思い出す。 ヘラヘラと意地悪ばかり言ってくるネルの隠された真実を知り、ソーマは驚き、ネルの元から逃げ出してしまう。 ネルと離れながらも、ソーマは自分の事件の謎を追っていく中で、自分とネルの恋に纏わる、長きに渡る因縁を知ることになる。 自分が愛していた人は誰、何故ネルはあの時、自分のことを呼び止めた、どうしてネルを嫌いだと思ったか、ネルの能力の謎。 驚愕の事実が明らかになっていく。 「俺はずっと…ずっと、ネルのことが、好きだったのか…」 ソーマが逃げ出したことで、傷ついたネルを救い出し、その運命の恋を成就させるために、共に優しい未来を迎えるために、ソーマは立ち上がる。 すれ違いにすれ違いを重ねてきた、二人の恋の行方は、───!? { 爽やかチャラ警務官 × ツンデレ人嫌い }ケンカップルバディ★ ※R15表現アリ

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間29分

    この作品を読む

  • 【第二部始動】激闘!異世界警察24時最前線スペシャル!

    異世界×本気のリアル警察24時

    72,050

    250


    2022年1月22日更新

    《至急至急!自称勇者と名乗る男が暴れているとの申報》 【3月28日第一部完結しました!!!!】 ある日、I県とC県の県境に、異世界の大陸が地震と共に出現した。 現代日本と文化も種族も原生植物も違う大陸、【ガーランド王国】。 ゴブリンは畑を荒らし、ドラゴンは空を飛び、異種族が不法入国してくるわの大騒ぎでI県警は大パニック。 そんなこんなで県警だけでは対処しきれないと、政府が対応に乗り出した。 種族雇用均等法。正規の移民手続きを経て戸籍を獲得した者は種族問わず日本国で仕事ができる。 それは、警察官も例外ではない。 異種族相手に少ない人員で対応できないと、I県警は種族にかかわらず警察職員の採用を始めた。 今日も異世界との境にある境島警察署の警察官達は、不法就労の異世界人達を強制送還し、自称勇者や騎士を職質するのだ。 元リザード族戦士の 毒島(ぶすじま)巡査部長。 鑑識一筋ドワーフ族 土井頭(どいがしら)警部補。 オーガ族 会計課長 緒方(おがた)課長。 エルフ族 江田島(えだじま)主任。 亡きガーランド王の二男、新人巡査 ユリウス・フォン・ガーランド巡査 個性豊かな面々が、今日も地域の安全を守っている。

    読了目安時間:6時間12分

    この作品を読む

  • 意味が分かると怖い話 白百合の咲く時期に

    分かる人ならすぐ分かるでしょう

    6,550

    0


    2022年1月21日更新

    意味怖って本当に色々な種類が有りますよね。 今回扱うのは、とある趣向の持ち主なら直ぐに分かる仕様です。 尚、取材と、アイデアの提供に協力及び合意を下さったフォロワー様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 最凶センチネルと最強ガイド(BL /全年齢)

    ライトな感じのセンチネルバースBLです!

    1,100

    0


    2022年1月18日更新

    テーマ:②「バティ」 2099年、東京。 2025年に勃発した第三次世界核戦争の最中、ロシアの研究機関から漏出した人工ウイルスによって凶暴化した獣(凶獣)が人間を襲う世界。 警視庁に所属する森遥(もりはるか・23歳)は、凶獣による殺人事件現場の交通整備に駆り出されていた。 現場では、警視庁特別凶獣対応専門部隊、通称『特獣(とくじゅう)』のメンバーが捜査にあたっている。 五感のひとつが異常発達する先天性の特殊能力『センチネル』を武器に、凶獣を駆除する特殊任務部隊だ。 憧れの特獣の仕事ぶりを眺めていた遥だったが、突然特獣のリーダー格の男に連れ去られ、凶獣確保の手伝いをさせられてしまう。 リーダーは藍(アイ・26歳)と名乗り、強引に遥を特獣に所属させた。 遥は自分勝手な藍に反感を覚えるが、なぜか自分だけに藍の心の声が聞こえる事に気づき動揺する。 藍は五感全てが異常発達しており、その突出した能力から「最凶」と恐れられる男だった。 センチネルの能力は精神コントロールが難しい。そのためサポート役として『ガイド』と呼ばれる人間が必要だ。 しかし特殊な藍には、彼をサポートできるガイドはこれまで見つからなかった。 藍は遥のガイドとしての能力に気づき、彼を手元に引き寄せたのだった。 遥に藍の心の声が聞こえるのも、ガイドの能力のせいだという。 藍のガイドになるよう命じられた遥は突然のことに反発するも、その役目を引き受けることになった。 ガイドとして藍の生活面でのサポートも任せられてしまった遥は、彼と同居する羽目になってしまう。 私生活でも相変わらず自分勝手な藍だが、藍が自分に向ける異常なほどの独占欲、自分にだけ見せる弱気な一面に次第に惹かれていく。 最初はめちゃくちゃだった2人の相性も、公私共に息が合うようになり次第に絆は深まっていった。 一方、凶獣の首都襲撃が頻発していることに違和感を感じていた特獣は、捜査の結果、裏で大手製薬会社である「ククヴァラ製薬」が糸を引いていることを突き止める。 しかし、ククヴァラ製薬に所属する実行犯の名を聞いた途端、藍は遥に何も言わずに突然行方不明になってしまう。 さらに翌日、特獣は強制的に解散させられ、同僚たちは散り散りになってしまい……。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • ドロップアウト・ランナーズ 〜賞金稼ぎ 檜山進一郎の不本意な日常〜

    世の中、多少ハズレた方がおもしろいらしい

    20,000

    0


    2022年1月16日更新

    檜山進一郎は駆け出しの賞金稼ぎだ。 今日も賞金の掛けられた銀行立て籠もり犯を捕まえ、賞金首管理センターで換金してきた帰りなのだが、どうも釈然としない。 銀行に突入した衝撃で車はボロボロ。 稼いだ賞金も修理代で右から左に流れていく。全然稼げてない。 それもこれも隣でのんきに鼻歌を歌っている先輩賞金稼ぎ真島のせいである。無遠慮な上に無軌道で無計画。そんな真島に振り回され辟易している。 反省の色が見えない真島と口論になった檜山は不注意から、道の真ん中に立っていた老人を轢いてしまう。 ※この作品はカクヨム様、エブリスタ様にも掲載しています。

    読了目安時間:2時間18分

    この作品を読む

  • 火葬屋ジッポ

    ヤニとライターオイル香る火葬アクション

    118,300

    580


    2022年1月12日更新

    「たとえこの街でも、死んだ人間は生き返らない。決してだ」 死んだ人間がキョンシーへと転化し、生きた人間を襲う街――チャイナタウン。一九九七年から世界各地の都市がチャイナタウン化する中、二〇〇〇年に日本で初めてキョンシー転化現象が起きたのは、横浜でも神戸でも長崎でもなく、池袋だった。 そして二〇〇六年、両切り煙草”パーカッション”をこよなく愛飲する火葬屋ジッポと、キョンシーでありながら”魂”を持つ少女リュィ、池袋駅北口辺りに位置する雑居ビル――比良坂ビル五階に居を構える二人は、閑古鳥を飼いながら、少ない依頼をこなし、キョンシーの火葬に明け暮れていた。 そんな彼らの許に、ジッポの師であり、リュィの母でもある黄燐――一年前に死んだ彼女の陰とも言える男、デュポンが現れる。 これは、死を覆された街で巻き起こる、死者を想う物語《メメント・モルトス》。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。また、この物語はいかなる政治的意図も持たず、実在の人物、団体、民族、国家などを誹謗中傷する意図はありません。 ※この作品は、喫煙を推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間20分

    この作品を読む

  • みんなのサスペンス~ちょっぴり残酷な物語

    ひとりはさみしいね

    1,100

    0


    2022年1月7日更新

    ニートとは、英語でNot in Education, Employment。 就学、就労、職業訓練のいずれも行っていないことを意味する。 日本では、15~34歳までの働かず、通学や家事を行っていない若い無職の人のことを言う。 ニートが増えることを危惧した政府はニート撲滅委員会を結束し。 ニートに適材適所な仕事を与えることにした。 久留里 大輔もそのひとりだった。 大輔のもとに委員会から一通の書類が届く。 その書類は、大輔がひらかた警察の特殊課へと配属されることが決まったことを伝えるものだった。 大輔に拒否権はない。 大輔は、静かにうなずき。 それに従った。 ※以前書いた作品のリメイクです。 亀更新になりますが楽しみます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む

  • 無差別るうれっと―伝染る狂鬼―

    人生はルーレット、そして恐怖は伝染りゆく

    1,200

    0


    2022年1月3日更新

    【人生はルーレットである】 ある日、人気小説【人生はルーレット】の著者が行方不明になった。 それからというもの、各地で起こる様々な兇器を使った関連性の無い無差別殺人事件。 だが1つ……1つだけあるのは、全ての現場から同じ指紋が検出されていることだった。 捜査を受け持った水戸辺警部は部下の克己とともに犯人に迫るが、証拠である指紋だけでは犯人に辿り着くことが出来ず、ただ空を掴むようなものだった。 その背中を、鬼の面がジッと見つめていることを知らずに。 ※熱でうなされる中、夢で見たものを断片的に繋げつつ、脚色してみました。 ホラーって初かも。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 同乗者たち

    「輪廻転生」が科学的に証明された世界の話

    21,800

    0


    2022年1月1日更新

    「輪廻転生」が科学的に証明された世界。 前世で犯罪を犯したものは、ランク付けされ管理される「前世法」が、人々を支配していた。 その前世犯罪を取り締まる『前世監理官』である主人公ヨーイチは、ある日、奇妙な少女と出会う。 「わたしは、あなたの来世」 そう嘯く彼女は、これからヨーイチが大量殺人者に値する「Sランク」をつけられるほどの罪を犯すというのだが……? ※本作はnote、ノベリズムにて完結済み作品です

    読了目安時間:4時間55分

    この作品を読む

  • 猫と珈琲と死神

    読者への挑戦状付きミステリーです

    3,000

    0


    2021年12月22日更新

    閑静な住宅街のマンションで起こった殺人事件。 捜査が進む中で現れたのは四人の参考人。 事情聴取が進むごとに明らかになる被害者の本性と真実。 彼女を死へと導いた死神は一体誰なのか? 【読者への挑戦状】付き短編ミステリーです。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 異能捜査官

    異能力を持った、警察官達のお話。

    1,000

    0


    2021年11月22日更新

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • アフロデカ、ハワイへ行く! ~イタリアマフィアと金の美女~

    シリアス・ギャグ混じりの刑事もの。

    140,900

    140


    2021年9月24日更新

    女好きでアフロな国際捜査官、藻佐(もさ)打投椎(うっとうしい)。 世界を股にかけて事件に挑む彼が、次の仕事に指名された先は――常夏の楽園、ハワイ。 ガッツポーズを決め、喜び勇んで向かったその先で待ち受けていた仕事は、ハワイにいるイタリアマフィアの構成員を捕まえることだった――! のんびりハワイで過激な事件。アフロデカ藻佐の仕事が幕を開ける! ※表紙絵は赤坂しぐれ様より頂きました!使用許可を頂きまして表紙絵にさせて頂いています。ありがとうございます!! ※ミステリー分野にて、日間1位を獲得致しました!破茶滅茶な奴らが騒ぐこの物語をお読み頂いた、全ての方々に感謝を! ※こちらの小説は2022年春頃非公開予定です。なお、スタンプ、コメント等頂きましても返信は致しません。純粋に作品を読んで楽しんで頂ければ幸いでございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間44分

    この作品を読む

  • 特捜魔法少女最前線

    魔法少女×警察ものです。

    2,050

    0


    2021年9月5日更新

    駅前の交番に勤務する大葉政宗巡査は、異世界からの来訪者が起こす事件に巻き込まれてしまう。 その結果、警視庁捜査共助課・特別指定不確定犯捜査係に配属され、異世界から来た魔法少女・加納つばめ、東大卒キャリア・榊原真奈美とともに、マジカルな捜査活動を行うことになるのだった…。

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 僕は彼女と結婚した。

    一途な男の話

    0

    0


    2021年8月23日更新

    恋愛なのか?恋愛に気持ちは必要なのか?一途な男の恋愛話です。 時間軸がバラバラでパズルみたいになりました。上手く組み立ててみて下さい。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 本官、異世界に異動でありますか!?

    ポリスだって異世界で生きていきます

    10,000

    100


    2021年8月22日更新

    現実世界で警察官をしていたユーリ。 白バイで事故って死んでしまい、神に出会う。 誤って死亡させてしまった神はこう言った。 「一つだけスキルをマックスにしてやろう」 そこでユーリが手にしたスキルとは? 異世界勤務開始であります!

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 外国に行くことになった僕と、魔法捜査研究所、あ、それから殺人事件

    研修先の異国で、僕は不思議な人に出会った

    19,700

    0


    2021年8月16日更新

    突然海外に行くことになった譲原秀介(ジョーシュ)は空港にいた。行き先は魔法で有名な国である。行く理由はなかったけれど、行かない理由もない。ジョーシュは突然の海外行きを受け入れる。 ジョーシュは空港で薬学を学んでいるという少女カナと出会う。カナはジョーシュの行き先を「何もない国」と言った。カナは名家の娘のようで、故郷に対する思いは複雑なようだった。 カナに案内をしてもらい研修先へと着いたジョーシュ。しかし馴染むことができない。 そんな日が続いていたがジョーシュは魔法捜査研究所というに転属となった。事実上の厄介払いだった。 そこで出会ったのがミステリアスな研究員のコーネ。あったその日に「あなたは私の穴を埋めるのよ」といい圧倒されてしまうも、なんだかんだと彼女の元は落ち着くところだった。 そんなある日カナが父親殺しの罪で捕まってしまう。 カナがやったはずない。ジョーシュは自分の直感を信じて無実の証明に奔走する。手掛かりはカナの荷物だけ。 ジョーシュは真実たどり着けるのか? ジョーシュは最後に何を得たのか? 軽薄な文章が織りなすライトミステリー開幕!! ※カクヨム様でも投稿しております。

    読了目安時間:3時間5分

    この作品を読む

  • パラベラム 警視庁特異能力班

    過去は、実弾となる。

    100

    0


    2021年8月12日更新

    特異能力『パラベラム』が確認された現代。 東京にある警視庁……その地下に安置されているのは対犯罪パラベラム制圧部署。 特異能力班。だがそこは、本物の税金泥棒、人材の墓場と揶揄される警察の流刑地だった。 そんな警視庁の厄に異動を命じられた宮守一馬は、獅噛佑治とバディーを組まされる。 互いに正反対な二人はいがみ合う日々。だが、やがて特異能力班はパラベラムを使った事件へと巻き込まれていく。 弾倉が回る。 傷んだ者が握るのは拳銃。 装填する銃弾は過去。引き金を絞るのは、望む指先。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 断末魔の視覚

    ブロマンス要素たっぷりの異能力ミステリー

    3,900

    0


    2021年8月10日更新

    霧生椋は、過去のとある事件により「その場で死んだ者が最後に見ていた光景を見る」という特殊能力を発現させていた。けれどもその能力は制御が効かず、いつ何時も人が死んだ場面を目撃してしまうため、彼は自ら目隠しをし、視覚を塞いで家に引きこもって暮らすことを選択していた。 ある日、椋のもとを知り合いの刑事が訪ねてくる。日本で初めて、警察に「異能係」という霊能捜査を行う係が発足されたことにより、捜査協力を依頼するためである。 椋は同居人であり、自らの信奉者でもある広斗と共に、洋館で起こった密室殺人の捜査へと向かうことになる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間44分

    この作品を読む

  • 令和の名探偵シャーロック・ホームズ

    毎日更新

    1,400

    0


    2021年8月1日更新

    それは、学校への通学途中に起きた悲劇だった。 この物語の主人公でもある安心院大器(アジム タイキ)がいつもと何ら変わらないお馴染みの通学路を歩いていると、いきなり前からずっと勢いよく人が自分に向かって走って来た。 慌てて避けようとしたが、既に遅かった。 驚くことに、ソイツは主人公のスクールバッグをそのまま持ち去っていったのだ。 俗に言う、ひったくりに遭ってしまった主人公。 あまりのことに呆然となるが、すぐさまソイツを追ったが結局は無駄足となった。 次に残された手段は警察しかなかった。 その足で交番に赴き警察官に盗難にあったと伝え、その時の状況を事細かく説明した。 まさか事情聴取に半日も取られ、その日は学校にも行けず散々な目にあってしまう。 そんな思いまでしたというの2週間経っても連絡一つ寄越さない警察にしび切らす主人公。 そう、主人公にはどうしてもこのスクールバッグを取り戻したい理由があった。 スクールバックの中に、大切なものが入っていた。 それは、ある人から受け取った主人公にとって、かけがえのないもの。 そのためにーー主人公はついに動き出す。 そこで、主人公は噂で聞いた必ず依頼をやり遂げるという、とある探偵事務所に依頼することを決めた。 そしてここから、安心院大器(アジム タイキ)の歴史が始まるのだ。 ーー人生なんて言葉では足らない、歴史の改革だ。

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • ギャンブラー金を拾う

    交番に届ける前に、増やそう!

    1,000

    0


    2021年6月18日更新

    拾った百万円を、ギャンブルで増やしてから交番に届ける話です。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む